レッドスピリッツ(引退) 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年09月08日

引退

レッドスピリッツ

2.09.03 

(中川厩舎)
近々、社台ファームに放牧の予定でしたが、骨片除去手術であれば、美浦トレセン内の診療所でも行えるため、場合によっては美浦にて手術を行う可能性が出てきました。手術前に再度、詳しい検査を行い、より細かな状況を確認します。

12.09.05 

(中川厩舎→ミホ分場)
昨日、美浦トレセン内の診療所にて、骨片除去手術前に再検査を行ったところ、骨片の剥離だけでなく、以前に骨折線が見られた右膝の外側にも亀裂(ヒビ)が確認されました。本日、ミホ分場に移動しています。今後については、獣医師、関係者間で協議してまいります。

12.09.06 

引退
再度のレントゲン検査の結果により、骨片の剥離以外に全治9ヶ月程度の亀裂骨折が判明し、改めて関係者間で今後に協議しましたが、治療に時間が掛かってしまうこと、また例え治癒したとしても、再発の可能性も否定できないという獣医師の診断も考慮して、残念ではございますが、引退を決断致しました。出資会員様には改めて書面にてご報告させていただきます。長い間、レッドスピリッツ号にご声援いただき、ありがとうございました。


この馬の周りでは不可解な事が多すぎました。まず何はともあれ古い骨折線ってやつがこの馬を語る時の暗部だと思うんですよね。
今回の更新でもそうですが致命傷は古い骨折線の近辺。ここにマンカフェ牝馬なら高く売れる素地があった東サラというクラブで1200万という安さで募集できた理由があるような気がしてなりません。まぁ誰も答えはわからないですがね。

相性の良い東サラでの初の未勝利引退馬。このクラブでの「全頭勝ち上がり」を続けたかったので残念です。
唯一得たものは中川厩舎は信頼できそうだという事くらいかなぁ?
posted by めてお at 08:07| Comment(2) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

別に庄野を責める訳ではないが

レッドスピリッツ


12.08.29 

(中川厩舎)
曳き運動60分。
中川調教師「ここに来て少し歩様に硬さが出てきたので、今日レントゲンを撮ったところ、レース後に撮った時は見つからなかったのですが、以前に骨折した箇所の剥がれた骨片が残っており、それが原因でレースや稽古をしたりすると気にするようです。現状、曳き運動では問題ないのですが、今後についてはこの後の様子を見ながら考えて行きたいと思います」

12.08.30 

(中川厩舎)
中川調教師「まだ弱いところを残している馬ですが、一度使って上積みが見込めたので、ここで使えなくなってしまったのは残念です。ただ、この馬をやらせてもらうと決まり、実際に見に行った時から、雰囲気のある馬だと思っていましたし、馬体を見ても未勝利で終わる馬ではないとの思いもあります。少しお時間を頂戴しますが、社台ファームの方で剥がれた骨膜の除去手術を行い、治癒後、地方で中央復帰の権利を得た後は、再び中央で走らせたいと思います。今日、喉の方も内視鏡で検査しましたが、こちらは手術が必要なほど症状は悪くないとのことでした。場合によっては休養中に手術を施す可能性もありますが、現時点では流動的です。牧場側の受け入れ態勢が整い次第、北海道に放牧に出させてもらいます」


なんだかずっとボタンを掛け違えたまま過ごしてしまいましたね。別に庄野を責める訳ではありませんが、競走馬としてのスタートに躓いたまま挽回できずに終わった感が強いですね。もう彼の預託馬に出資することはありませんが2頭の馬で良く勉強させていただきました。

前走のダートのレースを見る限り地方で2勝してくることは恐らく大丈夫だとは思いますが、デセーオのように上手く行くかどうかは別の話です。デセーオは中央でも十分勝ち負けしていた馬ですが、スピリッツはいろいろと問題を抱えている。難儀だなぁ・・・

勿論復帰に期待しておりますしスピリッツなら恐らく大丈夫だろうとも。時間は1年くらい掛かってしまうかもしれませんが仕方ないでしょう。

それにしても今年の3歳世代は自分の相馬眼の無さをこれほどまでかと痛感した1年でした。

レッドグルーヴァー 1勝
レッドコースト 恐らく地方転出
レッドスピリッツ  地方転出
フェリスタス 引退
レチャーダ 引退

酷過ぎるよ〜(涙)
まぁ5頭の内2頭が村山と庄野の馬を買っているんだから仕方ありません。自業自得ってやつですわ。
posted by めてお at 20:44| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

やっぱり喉は不安だ

レッドスピリッツ


12.08.22 

(中川厩舎)
曳き運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路で2本乗る。
1本目 75.3-56.1-37.9-19.7 馬なり
2本目 71.5-53.5-35.5-17.2 馬なり
担当助手「先週の金曜日は角馬場で調整し、様子を見ながら坂路で乗り始めました。昨日、今日と坂路で2本乗りましたが、歩様はしっかりしていましたし、膝の方も気になる感じはないので、様子を見ながら徐々にペースを上げて行く予定でいます。節ですぐには使えないと思うので、そのあたりも見ながら次に向けて進めて行きます。喉の方は、坂路をこのペースで乗っても鳴っていますが、酷くなった感じはないので、稽古への影響はありません

12.08.23 

(中川厩舎)
曳き運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路で1本乗る。
 67.6-49.8-34.0-17.9 馬なり
担当助手「火曜日、水曜日と坂路2本で調整して来て、今日はメリハリをつける意味で坂路を1本だけ乗って調整しました。今のところ歩様はしっかりしていて、キャンターで上っていても気になるようなところはないので、膝の方は良い意味で安定していると思います。節ですぐには使えそうに無いので、この後もゆっくり緩めない程度に調整して行き、週末くらいから少しやって行く予定です。使った後も飼葉は食べていますよ」


膝が問題無さそうなのは何よりですが、喉は心配ですね「稽古では」大丈夫でもレースで影響を及ぼしたら厳しいですから。やはり危惧していたとおり節の関係でスーパー未勝利1発勝負になりそうです。芝を使うのか?それとも脚元を考えてダートなのか? どちらにせよ悔いの残らないレースになるように調整していただきたいものです。
posted by めてお at 23:46| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

恐ぇよ

レッドスピリッツ

12.08.15 

(中川厩舎)
曳き運動60分。
中川調教師「競馬が終わって、上がり運動の時に脚をつけなかったので、競馬場の診療所で以前に骨折した箇所を、レントゲンを撮って調べました。結果は異常なし。時間が経つにつれて脚もしっかりつけるようになったので、自分で気にしていて、少し癖になっているのかも知れないですね。昨日、今日と運動だけでしたが、出掛けの歩様も気になるようなところはなかったですし、いつも通りしっかり歩いていたので、この後も様子を見ながら次に向けて進めて行きたいと思います。明日からは軽く乗る予定です」

12.08.16 

(中川厩舎)
乗り運動60分。
担当助手「昨日までは曳き運動だけ行っていましたが、今日は人を乗せての運動を行いました。出掛けの歩様も使う前と変わらない感じですし、普通に歩いていて、躓くようなところも見せていないので、今日の感じならレース後も脚元の方は大丈夫だと思います。使った後で、体は寂しくなってはいますが、飼葉もしっかり食べているので、次に向けて進めて行きたいと思います。今日は先生が北海道なので、明日どうするかはまだ決まっていませんが、今の感じなら普通に乗って行くと思います」


栗東トレセンで坂路を上ると違和感が出ていた馬ですから正直レース後の更新はビビッてたんですけど、いきなり脚をつかないだのレントゲンだのって恐いわww

まぁスピリッツの癖と言うことで安堵した訳ですが、これってひょっとして前の厩舎ではこの癖を見るやいなや牧場送りの判断を下したのかなぁとも思いました。
今のところ中川厩舎悪くないと思います。レースは運が良ければあと2回。最悪スーパー未勝利1発という事になろうかとは思いますが何とか奇跡を起こして欲しいです。
posted by めてお at 23:26| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

掲示板逃しました

レッドスピリッツ




12.08.08 

(中川厩舎)
曳き運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路2本で追い切る。
1本目 71.0-53.7-36.1-17.8 馬なり
2本目
外キョウエイストーム 49.4-36.3-23.8-12.1 強目
内レッドスピリッツ 50.5-37.1-24.3-12.3 仕掛
中川調教師「今日は坂路で1本目に18−18くらいのペースでジックリ乗った後、2本目に2頭併せを先行して内で追い切りました。喉が鳴る馬で、先週の感じだと終いどこまで苦しくなるのか分からないので、今週は稽古で動く馬と併せてビッシリやりました。道中もスムーズで掛かるようなところもなく、終いも思っていた以上に良い手応えでしたね。時計も悪くないですし、これでほぼ仕上がったと思います。競馬は来週、8月18日の新潟・ダート1800m(牝馬限定)を考えており、膝のこともあるので、少しでも負担が掛からないように減量の杉原騎手で行くことにします。今のところ飼葉もしっかり食べていて、順調に来ていますよ」
担当助手「今日も先週と同様、先行して内で追い切りました。道中も喉は鳴っていますがスムーズに走っていますし、終いも止まる感じはありませんでしたよ。時計は速いですが、まだまだ余裕もあるので、今日の感じなら喉の影響も出ていないと思います」



12.08.09 

(中川厩舎)
曳き運動60分。
中川調教師「昨日坂路でビッシリやったので、今日は運動だけで様子を見ました。出掛けの歩様もしっかりしていましたし、追い切った反動はないですよ。昨日やった事で気合も乗って来て、大分やる気になって来ています。レースは来週でも良いと考えていましたが、これ以上稽古をやって入れ込んでも良くないので、今週日曜の新潟・ダート1800m(牝馬限定)を杉原騎手で使う事にしました。初めての競馬で揉まれて力を発揮できないと困りますし、ゆったり流れるこの距離はこの馬には良いと思います。仕上がりは良いですよ。初めての分、割引はありますが、稽古だけ走ってくれれば気の良い馬ですし頑張ってくれると思っています。明日は坂路とウッドで乗って、最終調整をして行きたいと思います」


残念ながら優先出走権を逃す6着。
レースを見ていましたが好スタートを切りましたがドンドン後ろに下がってしまいました。杉原騎手も道中気合をつけながら何とか追走している感じ。直線の伸びは中々だと思いましたが流石に上位とは離れすぎていました。

初めてのレースと言うこともあって戸惑っていた様にも感じましたし内枠も痛かった。なので今日は仕方ないかなぁと思ってます。普通ならここを叩いて次、その次と行けるのでしょうが、ここで優先権を逃したことで次走スーパー未勝利1発勝負となる可能性は高いとは思いますが、クリアしてくれないかなぁと思っています。
調教の動きを見る限り未勝利で終わる素材とは思えないので、膝と喉というウィークポイントを抱えながらの調整は大変でしょうが、何とか次走を万全な態勢で迎えられるように祈っております。

posted by めてお at 20:11| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

膝注意!!

レッドスピリッツ


12.07.19 

(中川厩舎)
曳き運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路1本とゲート練習。
 エラー 馬なり
中川調教師「今日は坂路を18−19くらいのペースで上った後、ゲート練習を行いました。最初は前扉を開けたままで3回ほど曳いて通し、スムーズに通っていたので、次は前扉を閉めたゲートに行って練習をしました。前扉が閉まっていると、最初は半分入って、その後に拒みましたが、長鞭で気合を入れたらやっと入るようになって来ました。それを3回程繰り返し、4回目は手開けで出しましたが、駐立の方は大丈夫でしたよ。この感じなら、もう少し練習して行けば良くなって来ると思いますし、内容次第では来週試験を受ける事も考えています。今まで甘やかしていて、馬自体がワガママになっている感じですが、ビシビシ怒りつけながらやって行けば問題ないと思います。今のところ膝の方は大丈夫ですよ」


「3度目の正直」となるか「2度ある事は3度ある」となるのか。
兎に角膝のケアだけはシッカリやっていただきたいですね。
膝が壊されないことを祈って・・・

フレアー.jpg

膝はヤメテーww
posted by めてお at 22:58| Comment(2) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

新潟からなら

レッドスピリッツ

12.07.06 

(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も順調に進めることができて、火曜日には坂路で13−13を乗っています。もちろん稽古後も問題ないですよ。今日現在で具体的な移動日の連絡はないのですが、先生は新潟を使いたいと話していたましたから、来週あたり声がかかるかもしれないですね。いずれにしても移動を頭に入れて進めていきます。骨瘤は完全に固まっていますし、馬体重も変動なく489キロと安定しています。速い処を乗り進めても、変わらず落ち着いていますよ」


牧場での調整は上手く言っている様子。後は順調にレースに向かえるかどうかって話ですが、前科がありますから何とも言えませんね。新潟から使えるようならスーパー未勝利1発勝負にはならないと思いますので少しはチャンスが広がるかなぁと。とにかく無事に。

posted by めてお at 16:09| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

環境が変わったので

レッドスピリッツ


12.06.29 

(山元トレセン)
担当スタッフ「火曜日に坂路で14−14、今日は15−15くらいで乗っています。先週の金曜日に周回コースで速い処を乗っていますが、落ち着き過ぎているくらいの雰囲気で気持ちも安定しています。本当に大人びてきましたよ。この中間はゲートもやってみましたが、嫌がるようなところもなく、気になる点は全くありませんでした。今日、中川先生も状態確認にいらっしゃいましたが、動きに納得してくれて、再来週くらいの移動というイメージを持たれたようです。順調なら新潟あたりでいけるかもしれないですね。馬体重は変わらず489キロです」


マンカフェに新潟というイメージは無いんですけどどうなんでしょう?
中川厩舎に転厩した事でスピリッツの更新を結構前向きに見れるようになっています。ただ中川先生にとって厳しいのが金成先生とどうしても比較してしまう事ですかね? まぁ単純に比較するつもりはありませんが・・・ねぇ?
posted by めてお at 00:44| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

今週一番の嬉しいニュース

レッドスピリッツ


12.06.22 
転厩のお知らせ
山元トレセンにおける調整は極めて順調に進んでいますが、これまで入厩後に二度の頓挫を経験しているため、今後は山元TCを拠点として、より近場の美浦トレセンと連携(出し入れ)する形で馬を仕上げていくことになりました。そのため、栗東トレセンの庄野厩舎から、美浦トレセンの中川公成厩舎に転厩の運びとなりました。出資会員の皆様には、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

中川調教師「写真を確認しましたが、雰囲気のある馬ですね。太め感もなさそうです。すぐに牧場と連絡を取って、現在の状況を確認させてもらいます」

山元担当スタッフ「今週は火曜日に坂路2本目に14−14を消化。金曜日は2200mの周回コースで、ラスト1000mを15−14くらいで乗っています。馬体重は489キロと変わりませんが、体付きが良くなって洗練されてきたように思います。先日やってみたゲートは入りも駐立も問題ありませんでしたが、今後も何回かやってみるつもりです。きっちり乗れているように、今は骨瘤を含め気になる点はありません。2〜3週後にはトレセンへ移動させて、新潟に使えるくらいのイメージでどんどん進めていきたいと思っています。順調です」


マージービート以来の嬉しい転厩です。一度も庄野厩舎ではレースしてませんが、レースをあの厩舎で迎えるとなるとこれからのストレスが半端無いと思っていたのでこのニュースは大歓迎。中川調教師はそんなに知らないですが、まさか庄野厩舎より下と言う事はあるまいw
正直勝ちはあきらめていたんですが、これでもう一度希望が持てました。関東と言うこともありレースも生で見る機会も増えそうですから、何とか数少ないチャンスをものにしたいところですね。

一応デセーオのところも確認しましたが残念ながら転厩のニュースは無くw
東サラの人、セットでもかまわないですよ〜
posted by めてお at 19:26| Comment(3) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

骨瘤か・・・

レッドスピリッツ

レッドスピリッツ201103.jpg


12.03.30 

(グリーンウッド)
マシン運動60分。馬体重474キロ。
担当スタッフ「常時、脚元の状態を確認していますが、前回、骨折線が見られた箇所の影響というよりは、右膝下の内側に出来た骨瘤の方が悪さをしているようにも見受けられます。骨瘤箇所は熱感があり、軽く押すだけで痛がる素振りを見せています。症状が緩和してこないと騎乗運動はできないので、しばらくマシン運動を進めていきます。引き続き、患部の状態を確認しつつ治療も行っていきます」



リアルアヴェニューは骨瘤で1年棒に振りました。



リアルの様に仕上げに定評のある厩舎ならまだ可能性はあるでしょうが、庄野厩舎の仕上げの下手さは昨年散々味わってますのでね。前から厳しいとは思っていましたが更に輪をかけて厳しい状況になってまいりました。

更新写真は凄い好きな馬体に成長してきているだけに悔しいの一言。山元に居た時は骨瘤なんてワードは一切出てこなかったので、正直何故こんな事になったのか理解できないんですよね。この怪我に関しては庄野厩舎だけが特段悪いとは思わないんですが相性が悪いの一言で片付けたくありません。
posted by めてお at 13:42| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

覚悟を決めないと・・・

レッドスピリッツ


12.03.23 

(グリーンウッド)
担当スタッフ「今週に入ってからも、まだ右膝周辺には熱感が残っています。現在は曳き運動のみにとどめ、治療しながら経過を観察しています。日々、患部の状態を確認しつつ、今後どのように進めていくか検討していきたいと思います」


育成で順調でもトレセンの調教で1ヶ月ともたない脚は致命的ですね。
とりあえずこの未勝利戦が無くなるまでは様子見するんでしょうが・・・
posted by めてお at 14:45| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

スピリッツ続報

レッドスピリッツ


12.03.14 

(庄野厩舎→グリーンウッド)
レントゲンの検査の結果、以前に骨折線が確認された右膝周辺に炎症を起こしていることが判明し、腕節炎という診断が下りました。現在も熱感があるため、グリーンウッドに放牧に出し、経過を観察することになりました。


一口始めて久しいですが、自分の愛馬や他のクラブ馬の更新を含めて「腕節炎」って言葉初めて聞きました。まぁ私が気にしてなかっただけの可能性が極めて高いですけど・・・

腕節炎(参照 kotobank)


重いとも軽いとも書いてありませんが、スピリッツの過去のいきさつ、怪我の時期、調教師と総合的に判断するに相当厳しくなりました・・・
posted by めてお at 22:21| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

これはなぁ・・・

レッドスピリッツ


12.03.13 

(庄野厩舎)
先週末の調整後、前脚の歩様に乱れを生じたため、舎飼にて様子を見ています。引き続き、ハ行の状態が続いているため、明日以降、詳しい検査を行います。



庄野厩舎は嫌いですが、今回のこの件については庄野厩舎全然悪くありません。前回の入厩時も最初の登坂で骨折の疑いがあり北海道へ結果古い骨折線というオチでしたが、2月29日に入厩してまだ序の口ってところでコレですからもう馬に問題があるとしか言いようがない

スピリッツはサラブレットではあったけど、こと「競走馬」という点においてはダメなのかなぁ?
カタログの写真に惚れて出資した馬でしたが、確かにあの馬体で1200万円。勘繰りはしたが・・・勿論信じてるけど厳しいトレーニングができなさそうですもんねぇ。
posted by めてお at 23:39| Comment(2) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

時間掛かるわ

レッドスピリッツ


12.03.08 

(庄野厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下の角馬場でダク調整後、軽めに坂路一本。その後、ゲート練習。
坂路 助手 65.2−48.9−33.3−16.7 馬なり
助手「今日もゲートの確認をしましたが、帯同馬がいれば、それについて素直に通過しますが、一頭だと近寄るのもままならない感じですね。昨日も言いましたが、ここでジタバタしても仕方ないので、どっしり腰を据えて、地道にコツコツと日々の練習を重ねていきます。まだレースに使っていないのに、腹周りはスッキリし過ぎている感じもしますが、胸前やトモの形は良く、立ち姿も悪くありません。ゲート練習を行いながら、並行してジンワリ乗り込んでいけば、体力もついてきて全体にしっかりして来ると思います。焦らずゆっくりと進めていった方が、この馬には良さそうですよ。暖かくなってきて代謝も上がってくるので、時期的にもちょうど良くなってきていますからね」

12.03.07 

(庄野厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下の角馬場で軽くダク調整後、軽めに坂路一本。その後、ゲート練習。
 栗東坂路 69.9−52.3−34.6−17.5 馬なり
馬場の悪い坂路を気にすることもなく、素軽い走りで登坂。その後のゲート練習では、前扉が閉まったゲートに入れようとしたところ、イヤイヤと拒否の姿勢。その後、前後の扉を開けた状態で引いてもらうと、ゲートに体が触れないよう慎重に通過。落ち着いて上手に出来たところで、今日の練習は終了。
助手「とっても臆病な子のようですね。牝馬だしごねさせてはいけないので、少し時間をかけて練習を重ねていったほうが良さそうです。ゲートの目途が立つまでは、時計になるところは控えて調整していきます。飼い葉の食いは安定しましたよ」


これは時間かかりますねぇ。
ゲートに難を抱えているってのは先々、特にサバイバルに突入の時に脚元すくわれそうで嫌ですねぇ。
posted by めてお at 00:26| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

スタートライン

レッドスピリッツ


12.03.01 

(庄野厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下の角馬場でダク調整後、軽めに坂路一本。
 栗東坂路 助手 70.4−51.7−34.5−16.8 馬なり
助手「今日も軽めに坂路一本の調整。昨日は初めての環境に戸惑う面があって、走りにも力みがあったり、その後の飼い葉の食いもイマイチでした。その辺も考慮して、今日は坂路を上がっただけで、ゲートには行きませんでした。牝馬だし、あまり急いでゲートや調教を詰め込んでも良くないですからね。ただ、適応能力は高いようで、今日は落ち着きも出て飼い葉も食べています。牧場でかなり乗られていたの、腹周りが巻き上がって、一度競馬に使ったような雰囲気をしています。肌艶なんかももう一つですが、これから暖かくなってくれば、状態も上がってくると思います。キャンターの走りや背中の雰囲気は良かったです。膝のこともあるので、よく状態を観察しながら調整していきます」

12.02.29 

(山元トレセン→庄野厩舎)
昨日、栗東トレセン・庄野厩舎に入厩。
今日は乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下の角馬場で軽くダクを踏んだ後、軽めに坂路一本。
栗東坂路 助手 75.6-54.2-35.6-17.1 馬なり
庄野調教師「昨日入厩して今日から調教開始。状態を確認する程度のペースで乗って様子を見ました。環境の変化と雰囲気の違いからか、気が入り過ぎて、走りに力みが見られました。まずはゲート試験があるのだから、今からそんなにも気張らなくてもいいんだけどね。女の子だし、メンタル面も気を付けながら、ゲート試験の合格に向けて調整していきます」


とりあえず試験合格しなければ始まりませんので。
庄野さんが使う芝、ダートの中距離に適性があることを切に願います。
posted by めてお at 01:08| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

で、いつなのよ?

レッドスピリッツ


12.02.24 

(山元トレセン)
担当スタッフ「先週は坂路で2ハロン25.3秒を乗りましたが、その後も疲れも見せずに順調にきています。ただ、速いところをやりだして気持ちが入ってきているので、今週は14−14くらいで緩急をつけています。あまりテンションは上げたくないので、馬の雰囲気を見ながら進める方向。馬体重は485キロ。体はもう少し増えてもいいと思うけど、きっちり乗り込んでの数字ですからね。先週よりちょっと増えているように、体調面も良好です。具体的な日時は決まっていませんが、調教師からは近々トレセンへ戻すと聞いていますよ


庄野厩舎にとっての近々って来週なのか、再来週なのか?はたまた1ヶ月以上先なのか?
ちなみに昨年のデセーオは

2010年10月14初入厩→11月18日宇治田原に逆戻り
2011年1月7日再入厩→2月25日ゲート合格→4月3日デビュー

って流れ。初入厩の時は宇治田原で15−15を2週続けたあたりでのものでした。昨年は震災があり番組とかが混乱したとは言え、大体3ヶ月はデビューまでに時間がかかる感じ。これを仮に来週あたりにスピリッツが入厩するとしてもデビューするのは5月下旬って事になる。

当時のデセーオよりも乗り込み量が豊富で、尚且つ山元トレセンで調教を加減までするまで調整が進んでいるスピリッツが入厩できないという現実は、馬に対してよっぽど自信があるのか、あるいは優先順位が低〜〜〜いのか。
多分優先順位が相当に低いんだろうとは思いますが、オープン馬大量輩出の大厩舎ならともかく本年度1勝の厩舎にヤラレルのはねぇ。今週アーリントン出走のワイドバッハはエース格でしょうが、未出走3歳馬が先ほどターゲットで確認しても4頭居ます。と言うか全17頭の預託三歳馬で勝ち上がりは前述のワイドバッハのみ。後は1勝もしてないどころか出走数も全部で3走している馬がマックスw 
デセーオを見ても仕上げるのが決して上手な厩舎ではないと思ってますが、仕上げが上手くない厩舎にしては出走数が少なすぎる。これじゃ勝てるもんも勝てねぇってばw

posted by めてお at 08:22| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

次の一手が多分この馬なんです(涙)

レッドスピリッツ


12.02.03 

(山元トレセン)
担当スタッフ「今日は坂路で14.5−14.5。15秒を少し切る感じで乗りましたが、疲れも見せないですし、歩様にも特に問題は感じません。このまま進めていけますね。この血統らしい煩さは見せるようになりましたが、稽古ではしっかり走るし、マイナスに働いている訳ではありません。気持ちにも余裕があるのだと思いますよ。馬体重は480キロです」


レッドセインツが屈腱炎になってしまった今、本州に居る めてお軍団 は今日走ったリアルアヴェニューとデセーオ、マーベルとスピリッツの合計4頭。デセーオはまだまだ時間がかかりますしマーベルは絶賛放置中。ぶっちゃけ4月頃までの出走を考えるとリアルの次の出走は彼女と言うことになりますが、預託厩舎は庄野厩舎ですからそんなに早く使うわけがない(苦笑)

本当に手薄だぁ〜

posted by めてお at 22:02| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

一山超えたか?

レッドスピリッツ


12.01.27 

(山元トレセン)
担当スタッフ「今日から坂路で15−15を開始しました。乗り味は良いようですし、バタバタすることなくスムーズに駆け上がってきました。動きにも余裕があったように体力がついてきているし、マンハッタンカフェ産駒らしい煩さが出てきたように元気いっぱい。このままイメージ通りの調整でペースアップしていけそうです。馬体重は480キロ。順調です」


何とか軌道にのってきた感じです。でもまだ15−15ですからデビューは早くて3月。預託調教師の性格や方針を考えると下手すりゃ5月w ま、気長に待ちます。

過去の出資馬と比較しても、成長した立ち姿が1番シックリ来ている馬なので、無事なら良いところまで行ける素材だと信じているんですがね。
posted by めてお at 11:06| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

何とか間に合え

レッドスピリッツ


12.01.13 

(山元トレセン)
担当スタッフ「来たばかりなので何とも言えない部分はありますが、環境の変化にも戸惑いませんでしたし、飼葉もしっかりと食べていますね。馬体重は入場時で475キロ。明日から坂路で17−17を開始するつもりですが、様子を見ながら、どんどん乗り進めていきたいと思います」

12.01.12 

(社台ファーム→山元トレセン)
昨日、山元トレセンに移動しました。
担当スタッフ「直線走路でしっかり乗り込んで、良い状態で送り出せたと思います」



何とか4月ぐらいにはデビューできればと思います。あと3ヶ月・・・厳しいかなぁ?
posted by めてお at 01:32| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

頑張れ〜

レッドスピリッツ


12.01.06 

(社台ファーム)
担当スタッフ「引き続き、直線走路でしっかり乗り込んでいます。乗り進めても全く問題ない状態ですね。まだそう速いところはやっていませんが、この感じなら様子を見ながら進めていけると思います」



何とか5月ぐらいにはデビューして欲しい。夏場のサバイバルに巻き込まれないようにしてくんないかなぁ・・・

とにかく体質の点で難点がありそうな馬なので、社台Fでリセットしてもらってジックリ基礎体力をつけてもらえれば。貴重な3歳戦力なんで何卒。
posted by めてお at 20:29| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

諸事情で・・・

レッドスピリッツ


レッドスピリッツ201112.jpg


11.12.22 

(社台ファーム)
担当スタッフ「今週より直線コースでの調教を再開しました。乗ってみても、歩様等は全く問題ないですね。様子を見ながらになりますが、これから移動に向けて徐々にペースを上げていきたいと思います」


今年のめてお軍団の2歳は最悪な未来を簡単に想像できる状況です。まともに機能しそうなのがレッドグルーヴァーしかおりません。症状的に次の可能性があるのがスピリッツなのですが、それとてようやく直線コースでの調教が再開できたというもの。写真を見る限りやれそうなんですがねぇ・・・
posted by めてお at 13:41| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

古い骨折線だと分かった割には・・・

レッドスピリッツ


11.12.12 

(社台ファーム)
マシン運動120分。
担当スタッフ「引き続き、マシン運動を続けています。患部の腫れも引き、獣医の指示を待って、乗り出しのタイミングを図っているところです。今の感じなら、そろそろ乗り運動も開始できそうですよ」

11.12.16 

(社台ファーム)
マシン運動120分。
担当スタッフ「引き続き、マシン運動を続けています。獣医のゴーサインが出るまで、今の形で進めていきます」


レントゲンの骨折線が「昔の骨折線」だったというのが判明してから早一月。調教を開始できない現状を踏まえると骨折こそなかったけど脚元なりに不安があるという事でしょうか?

実際スピリッツの症状ってどうなんでしょう? 会員に気遣って情報をオブラートに包むのは優しさでは無いと思いますがねぇ
posted by めてお at 21:19| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

膝はねぇ

レッドスピリッツ


11.12.02 

(社台ファーム)
マシン運動120分。
担当スタッフ「引き続き、マシン運動を続けています。膝の状態を見ながら、乗り出しのタイミングを図っています。体は緩めずに来ていますよ」


症状が重くなかったのは不幸中の幸いですが膝ってのが気になりますわね。この先どういう方向に進むのか見守っていきます。
posted by めてお at 23:05| Comment(2) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

まぁ結果的には

レッドスピリッツ


11.11.25 

(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重491キロ。
担当スタッフ「マシン運動を開始しました。右前膝の違和感もなく、獣医師からの騎乗調教再開指示待ちです。馬はとても元気です」


このスピリッツの一連の流れですが、トレセンで「違和感」を感じて骨折等を未然に防げたのでしたら好プレー。一切問題なかったのに北海道まで送ってしまったのでしたらそれはただのボーンヘッドです。答えはどっちなのかは分からないのですが、結果的には最悪の状況にならなかった事は正直ホッとしています。

ただし、デセーオにも出資している立場から言わせてもらえれば、結果論だけで片付けられないくらいの「運気の無さ」「相性の悪さ」を庄野厩舎に感じてしまうんですよね。好プレーだったのかもしれないという事を認めた上でね。

この頓挫がどれくらいのロスになったのか? 2ヶ月くらいでしょうか?
スーパー未勝利突入になるとテンパった庄野厩舎の餌食なので何とか5月くらいまでには勝ち星挙げて欲しいなぁと思います。
posted by めてお at 19:26| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

どうなの?

レッドスピリッツ



11.11.11 

(社台ファーム)
精密検査の結果、骨折箇所のレントゲンに映っているのは古い骨折線とのことでした。現在も、痛みや歩様に見せることはありません。今後については、来週以降、再検査を行い、それでも問題ないようなら、運動を再開することも検討しています


色々と突っ込みたいところ満載ですが、スピリッツに関しては全て社台系の育成だったりする訳で・・・ファンタストだったらどれだけ騒げたかw

古い骨折線ってのも嫌な感じです。いつ折れていたんだって話で。
しかも実際問題として古い骨折線にもかかわらず脚は腫れていた訳ですから別の原因が必ずあるはずですが、それについてはまだ掴みきれていない。

もし何ともなければラッキーですが、そうだとしても無駄な長距離輸送を課してしまったのだから影響はゼロではない。うーんスピリッツは「運」というとても大事な要素が非常に薄い馬ようです。


posted by めてお at 00:17| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

軽い症状であって欲しい

レッドスピリッツ


11.10.28 

(社台ファーム)
今週はじめに北海道の社台ファームに移動しています。輸送が続いたため、まずは舎飼で気持ちの安定を図っているところです。27日(木)には、北海道を訪れた庄野調教師が、スピリッツの様子も確認しています。週明け以降、社台クリニックでレントゲン検査を行い、今後の治療方針を検討していきます


症状は軽ければ良いのですが、膝というのが気になるところです。
祈るしかないですね。
posted by めてお at 22:24| Comment(2) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

スピリッツ終了

レッドスピリッツ



11.10.19 

(庄野厩舎→グリーンウッド)
土曜日の坂路調整後に右膝に腫れを発症しました。歩様には見せていませんでしたが、念のため、全休明けの18日にレントゲン検査を行ったところ、骨折線が写っているとの診断でした。本日、グリーンウッドに移動して、舎飼にて様子を見ています。今後は、社台ファームに戻り、社台クリニックで更に詳しい検査を行う予定になっています。



あ、そうですか。骨折ですか・・・・・仕方ないことです。仕方ないことですが運がねぇなぁと。ココデオワッチャウノカシラ?

骨折の具合にもよりますが、3ヶ月では帰って来れないでしょう。そうするとまたスーパー未勝利云々の戦いに突入が決定的ってヤツでもう嫌になる。庄野厩舎の預託馬にとって一番大切なのは「時間」それが無いのだから、もう終了を覚悟するしかないですね。はぁ。。。。

アヴェンチュラの秋華賞で微妙に凹んでいるところにこの攻撃は痛いなぁ。無理して一口続ける理由もないしなぁ・・・
posted by めてお at 22:32| Comment(3) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

無事入厩。後は・・・

レッドスピリッツ


11.10.14 

(セグチ→庄野厩舎)
本日、栗東トレセン・庄野厩舎に入厩しました。
担当スタッフ「セグチで十分時間を取って調整してきたので、グリーンウッドは挟まず、トレセン入りとなりました。到着後も大幅な馬体減もなく、体調は安定しているようです。馬体重は484キロです」


漸くトレセン入厩です。
この厩舎は可能性を求めるチャレンジを一切しないところが非常に気に食わないところですが、唯一素晴しいと思うのがずっとトレセンに置いて調整をしてくれるところ。馬房回転派の厩舎とは一味違うと思います。

後は以前から申し上げているとおり庄野厩舎の「見立て」とスピリッツの「特性・適性」が合致することを信じてやみません。ここが違ってしまうと未勝利終了までその条件をひたすら繰り返すだけなので辛く、悲しくなるだけですのでね。さてどうなりますか?
posted by めてお at 08:49| Comment(4) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

さていつ頃か?

レッドスピリッツ


(セグチレーシングステーブル)
瀬口氏「週初めにこちらに来場しました。移動後も輸送熱などもなく問題ないですね。現在は、1200〜1400mを軽めに調整。グリーンウッド移動までの微調整といった感じで進めます」


東サラ用の馬房をデセーオがずっと独占していましたからね。
もう1〜2ヶ月は早く厩舎に入れた馬を・・・スピリッツのみ出資されている方申し訳ない。
ただデセーオも地方行きが決定しましたから思う存分馬房を使っていただきましょうってまだグリーンウッドですか。勿体付けずに早く入れて欲しいですね。

本当にスピリッツの「適性」と庄野厩舎の「見立て」が一致する事を願ってやみません。
posted by めてお at 22:12| Comment(2) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

勿体無い

レッドスピリッツ

レッドスピリッツ7月.jpg


11.07.29 

(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、周回1200m、直線1000m。馬体重476キロ。
担当スタッフ「順調に乗り進めています。緩急をつけて必要以上に追い込まないよう気を付けています


仕上がりつつある馬を必要以上に仕上げないようにするのは大変でしょうねぇw
無理して秋にする事無いのにねぇ? まぁ調教師が2歳は早く下ろさないと公言しているのですからポリシーどおりですから文句は言えませんねぇ。ただ勿体無い・・・
posted by めてお at 21:19| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする