引退馬 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2008年08月27日

うまく調教してください

ストゥレガーレ

「不安に思っていたゲートやモタれる面が出てしまいました。後で注意を受けたほど直線はモタれっぱなしで、まったく追えていないのに6着まで来ていますから、能力があるのは間違いなさそうです。今度は、調教からリングハミとブリンカーを着けて調整していきます」(木原師)


次はまともに走って欲しいですね。
阪神開催ぐらいでしょうか? それとも小倉に使うのか?
posted by めてお at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

次走に期待ですね

ストゥレガーレ


24日の小倉競馬では道中は中団内々を追走。なかなかの手応えで直線へ向くが伸び切れず6着。「調教でもたれるところを見せていたので注意しながら乗りましたが、レースではそれ以上にもたれてきましたね。脚を残したまま直線へ向きましたが、スムーズに追うことが出来ず伸び切れませんでした。まだこじんまりして力が付ききってない印象ですが、随所に素質を感じる馬なので、レースを覚えてくればすぐ勝ち負けになると思います」(和田騎手)「乗り込んできたので、仕上がりとしては悪くありませんでした。ゲートに不安があったので、厩務員にゲート入りさせましたが、まずまずのスタートでホッとしました。直線しっかり追えればもっとやれたと思いますが、精神的にまだまだ幼いですね。一度使って変わってくるでしょう。このまま在厩で調整していきます」(木原師)


まぁレースで見た感想そのままですが、使って変わってくれる手応えを陣営が掴んでくれているようですので次走を楽しみにします。

それにしても今まで私が出資した厩舎だったら間違いなく放牧と言ったところですが在厩で調整。うまく厩舎の1軍扱いまで頑張って欲しいです。何とか年内に1勝を〜
posted by めてお at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

ちっちぇ〜

ストゥレガーレ


21日は栗東DWコースでの追い切り。「坂路で追うとちょっともたれる面があるのでコース調教はこの馬に合っていますね。実際に今週の動きもよかったし、新馬戦に向かう馬としては上々の仕上がりにもってこれたと思います。ゲートに不安があるので先週末に練習しましたが拍子抜けするくらい大人しくこなしてくれました。レースでもそうならいいのですが、練習でスムーズすぎると逆に少々不気味ですね(笑)。輸送もあるので楽観はできませんが、ゲートを含め上手くこなしてくれれば面白いところはあると思います。馬体重はおそらく410キロ台での出走となるでしょう」(担当助手)24日の小倉競馬(2歳新馬・芝1800m)に和田騎手で出走。







ちっちぇ〜〜〜〜〜〜






まぁ小さい馬体は予想はしていましたが、420〜430Kgぐらいで競馬を迎えられると思っていたので少し面食らってます。当日300Kg台になってなければ良いのですが・・・
当日は7Rを走るスタンニングの事を考えると大雨が降って欲しいところですが、この小さい馬体、今の荒れ馬場の小倉、スタート出遅れる可能性が高い事を考えると雨が降られると正直厳しいですね。うまく行かないなぁ。でも頑張って欲しい。勝って欲しいですが贅沢は言いません、掲示板が目標ですね。
それにしても今回のライバルは面白い名前が多い
ダノンフーバーフーバ、ドンドドーン、ワシャモノタリン、ウィアーザスター・・・小田切さんの馬のウィアーザスターが一番まともに見えるw
posted by めてお at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨よ降れ〜

スタンニング


8月24日(日)小倉7R 3歳未勝利(芝1800m)に吉田隼人騎手にて出走予定。
「色々と手を講じてはいるのですが、レース、稽古内容ともにあまり変化が見受けられないのが悔しいところ。ただ、中距離以上の混合競走がひとつしかない中、中2週の間隔で出走に漕ぎつけられたのですから、まずは良しとしなければいけませんよね。今回はレースを経験してきた上での芝レース出走。何かキッカケを掴めるような走りを見せて欲しいものです」(角居調教師)


まぁ出走できただけ良しとしましょう。新潟2200の方が良かったですけどねぇ・・・
レースも稽古内容も変わらない現状では期待するのは酷というものですが、最後に目覚めて欲しいものです。
騎手は吉田弟君、あのシャイニングヒルを唯一馬券圏内に持ってきた男ですのでスタンもお願いしたいですねぇ。
もし勝負になるとすると大雨がふって泥んこ馬場になる時だとは思いますが、その2走前は410Kgたらずのストゥレガーレが走りますから極端な馬場の悪化は困る・・・直前にじゃんじゃん降ってもらうしかないですかねw
posted by めてお at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出走叶うか?

ぼく馬によるとスタンニングは23日新潟3Rと24日小倉7Rに登録しているようです。
新潟は念願の芝2200m、小倉は芝1800mですので願わくば新潟ですが、新潟の高速馬場は合わないでしょうねぇ・・・


雨よ降れ〜、ぢゃんぢゃん降れ〜(頼む〜)


という心情です。新潟で大雨が希望ですね。今日、会社帰りに思いっきり喰らったスコールのような大雨が新潟競馬場上空だけに降って欲しいものです。それでも勝負にならない可能性の方が高いと思いますがw

小倉は小倉で馬場としては痛んで来てスタンに向いてきているとは思いますが1800mは厳しいでしょうからねぇ。でも広尾のオフィシャルでは小倉になってますからこっちが本命なのかなぁ・・・
posted by めてお at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

頑張ってくれよ〜

オーロツェッキーノ


1日1時間のウォーキングマシン調整を行っています。依然としてトモ脚に疲れが感じられるので、まずは疲れを取り除くことに重きを置き、状態が改善次第、乗り運動を再開したいと思います。


うーん。トモの疲れ云々というのは「まだ2歳だから平気」なんて軽く見ていると、3歳の夏までそのままなんて事は平気にあるので心配ですね。期待馬だけに復活を期待したいところです。
posted by めてお at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

和田騎手でデビュー

ストゥレガーレ


14日は栗東坂路での追い切り(53秒7−38秒9−25秒3−12秒9)。「馬場もそれほど良くない中で、この時計で終いも12秒台。乗り込みも豊富だけれど、余裕を持って仕上がったと思います。兄を見ても距離はあった方がいいでしょう。来週が楽しみです」(木原師)24日の小倉競馬(2歳新馬・芝1800m)に和田騎手で出走予定。



来週のデビューが決まりました。
騎手は和田騎手。評価はいろいろあるとは思いますが、数少ない「勝負をする騎手」の一人ですので、私は嫌いではありません。
24日は札幌記念。有力騎手が札幌に行く事も考えられるので個人的には良い騎手を確保してくれたと思っています。むしろこの先ずっと乗ってくれる可能性もありますので(岩田騎手ランクですとブレイクでも次走乗ってくれるか分かりませんからね)そういった意味合いからも好感です。まぁいきなり勝てるとは思いませんが、好調なキャロット2歳陣ですので流れに乗ってくれる事を期待します。
posted by めてお at 21:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと2回・・・奇跡はないですよね?

スタンニング


8月17日(日)小倉7R 3歳未勝利(芝2000m)に出馬投票したものの、優先順位が低く、除外になりました。
「(第3回小倉開催の)3〜4週目ともなると、初出走や休養により待機していた馬が多くなりそうですので、逆に1〜2週目の方が出走のチャンスがあると見込んでいたのですが…。ゲートインまであと1頭のところで除外となってしまいました。おそらく新潟は未勝利馬まで出張馬房が回ってきませんので、来週8月24日(日)小倉7R3歳未勝利(芝1800m)を意識。取りあえず、未勝利戦あと2走のチャンスを与えてあげられるよう、調整していきたいと思います」(角居調教師)


ついに角居先生からの最後通告が来ました。
まぁ覚悟は出来てましたし、今までの彼の戦跡を見れば至極当然の決断ですが、やはり寂しいですね。
あと2走のうち1走が芝1800mですし2200を超える未勝利戦も無いですので実質終了です。欧州血統の数少ない可能性に賭けた馬でしたが、一度もときめく事なく終わってしまいました。あのシャイニングヒルでも未勝利2着という「見せ場」を作ってくれたんですけどね(苦笑)

あと2戦だけですが、出資者としては最後まで全力で、奇跡が起こる事を信じて応援します。隠れたギアがあればなぁ・・・
posted by めてお at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

1200ぢゃないぞ

ストゥレガーレ


6日はゲートから追われた。「ゲートに不安があるので、今朝はゲートから3ハロン追いました。まだ出てからフラフラしているところはありますが、ゲート内は隣の馬が暴れそうになってもギリギリ我慢していましたし、これならレースに向かえそうです」(木原師)今のところ24日の小倉競馬(2歳新馬・芝1800m)を目標にしている。


てっきり1200mだと思っていましたが1800mに使うとのこと。レベルは1800の方が高いと思いますが、ここで見所のあるレースが出来れば先が見えてくるので頑張って欲しい。
正直カタログを見た時に出資を決めて、一度もぶれなかった馬なのでこの馬が走ってくれないとめておさんは困ってしまいますw まぁいきなりは厳しいでしょうが兎に角目処をたてて欲しいものです。
posted by めてお at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

次がラストだね

スタンニング


栗東トレセン在厩。レース後も異常はなく、続戦にむけての調整が施されています。
「放牧を挟むなどして中途半端にレース間隔をあけたところで、かえって最後の出馬ラッシュに揉まれて出走機会を失う可能性も考えられます。よって、ここはあえて中1週での出走を意識。来週8月17日(日)小倉7R 3歳未勝利(芝2000m)または、小倉5R3歳未勝利(ダ1700m)の出馬状況を確認しつつ、投票を決めていきたいと思います。普通に追走する分には支障がないものの、肝心の瞬発力やキレがどうして発揮できなくて…。チークピーシズの着脱など、何らかの手を講じていきたいですね」(角居調教師)


チークピーシーズ云々のレベルではありませんが、対策を講じていただけるのは感謝の一言。でもねぇ・・・・

芝の2000mも瞬発力が無い同馬にとっては厳しい条件。せめて逃げる事が出来れば、まだ一縷の望みがあると思いますけど、ペースが上がった時についていけない馬が後方に控えていてはねぇ。まぁ次が最後になるのはほぼ確実でしょうから最後の彼の姿を目に焼き付ける事にしましょう。
posted by めてお at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

駄目だぁ・・・終了かな?

スタンニング


まずまずのスタートもダッシュがつかず、道中は後方3番手を追走。3角でペースが上がると頭を上げてモタついてしまったため、4角に大外に持ち出し挽回を図りましたが、鋭い伸び脚を見せることなく、結果14着での入線となっています
「本当はもう少し前に行こうとしたのですが、スタート後の行き脚が付かず、モタモタしているうちにあの位置取りに…。砂を被るとフワフワ遊ぶような面を見せていたため、4角では思い切って外に持ち出してみたのですが、手応えの割にはギアがスムーズに上がらず、スピードに乗せていくことができませんでした」(藤岡佑騎手)
◆勝負所からスムーズな加速が利かないのが本馬のウイークポイント。瞬発力を強化すべく牧場での攻め馬を工夫したうえでレースに臨みましたが、体つきこそ良化していたものの、この一戦ですぐに結果として反映することは叶いませんでした。芝よりも手薄な相手関係を優先しダート戦を選択しましたが、陣営が目論んでいた「前々での競馬」が叶わなかったのが最大の誤算とはいえ、ここ2戦、レース振りに精彩がなかったのも事実。番組は少ないですが、次回は芝の長距離戦を視野に調教師と調整を進めていきたいと思います。(HTC)


もうこれは駄目でしょ。
先行しようとしても先行できない。追い込もうにもギアが無い。芝の長距離は番組が無いと駄目な材料が3拍子揃ってますのでね。それに芝の長距離がプラスの材料だって言ったって「芝の長距離なら何とかなるかも」という希望的観測で話をしているのであって得意かどうかなんて走ってみないと分かりませんので。

個人的には再ファンドという馬でもないと思うので、もし現役にこだわるのであれば障害練習を始めるという方法しかないと思いますが、障害も今は層が厚くてなかなかレースに出走できませんし、今日メテオバーストが勝ったように平地の脚力も求められますので甘くはないのですよね。
今回の更新には角居先生のコメントが無いので何とも言えませんが、次を使ってもらえるかは何とも微妙だと思います。もし使ってもらえるにしても次がラストラン。追い込まれました。
このベタベタの欧州血統に出資した時点でこうなる事は覚悟していましたが、いざ現実に直面すると寂しいですね。授業料は高かったですけど、次に活かします。もうサドラーズ系はいらねぇ(って当たり前ですよねw)
posted by めてお at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

出走確定

スタンニング


8月3日(日)小倉5R 3歳未勝利(ダ1700m)に藤岡佑介騎手にて出走予定。
「稽古では併せた相手に遅れを取る形。ラストのもうひと伸び、瞬発力があれば、もっと楽に競馬ができるんですけどね。目下は長い距離のレースがありませんので、ダート1700mへ。芝1800・2000mよりは、メンバーやレースの緩急が落ち着きやすいので対応も可能かと思われます。少しでも前々の位置から競馬をするのが理想です」(角居調教師)

- 調教時計 -
08.07.30 助手 栗東坂良 1本 53.9 …… 26.6 14.0 一杯に追う
クリストフォルス(古500万)一杯に0.6秒先行1.2秒遅れ

08.07.27 助手 栗東坂良 1本 56.7 40.9 26.1 13.0 一杯に追う

08.07.26 助手 栗東坂良 1本 61.1 44.3 28.8 …… 馬なり余力


今週は期待できないなぁ。
この調教で使うというか、こんな調教しか出来ないのでどうしようもないんでしょうね・・・騎手は文句無いと言うか逆にこんな状態で藤岡騎手に依頼するのは申し訳ないです。
相手が同じ広尾のクリストフォルスにこれだけ突き放されては望みも薄いですね。もちろんクリストは現広尾馬の中でも上位に来る馬だとは思いますが・・・

>ラストのもうひと伸び、瞬発力があれば、もっと楽に競馬ができるんですけどね

これがあればとっくに勝ち上がっていると思うんですよね(苦笑)

ここで掲示板に来れなければもう次は無いでしょうから実質ラストランになってしまうかもしれないところですので、最後の最後全力をもってスタンニングには頑張ってもらいたいところです。
posted by めてお at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小倉のデビューです

ストゥレガーレ

30日は栗東CWコースで併せ追い。「最後は一杯になってしまいましたが、全体の時計としては悪くありませんでした。まだ子供っぽいところがあるので、もう少し走りに集中してくれれば良くなりますね。お兄さんもそうでしたがタイプ的に叩いて叩いてよくなるタイプかもしれません」(木原師)具体的なレースは未定も3回小倉競馬2、3週目でのデビューを目標にしている。



第3回小倉の2〜3週と言う事は8月23日、24日で1200mと1800mの番組が組まれていますが恐らく1200mを使うのでしょう。
そんな時期なら阪神まで待てば良いと思いますが、逆に有力馬がどんどん出てくる事を考えるとこの時期に小倉に挑んだ方が良いのかもしれませんね。兎に角頑張って欲しいです。
posted by めてお at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかくジックリと

オーロツェッキーノ


乗り運動を再開してからは右飛節の不安が蒸し返すことはなく、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行うまで進めていました。しかし、この中間は右トモ脚の歩様に翳りが見られたので、現在は大事を取って1日1時間のウォーキングマシンにペースを落として様子を見ています。症状からして特定の箇所を傷めたことによるものではなく、おそらく長い休みを経た上で乗り運動を再開したことによる疲れが出たものと考えられるので乗り運動の再開にはそう時間はかからないと踏んでいます。春先からの成長には目を見張るものがあり、十分な丸みがある好馬体になってきているので、坂路調教を開始すれば以前感じられた乗り味のよいキャンターを堪能できるようになるでしょう。


半年前ぐらいの更新ではこの馬がブレイクの様な活躍をするかと思っていたのですがねぇ。
モヤモヤした感じが続いていて不安だなぁ・・・
posted by めてお at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

馬っけ出してます

ストゥレガーレ

23日は栗東DWコースでの追い切り。「長めから追ったのは初めてだったけれど、全体で81秒台と上々。なかなかいい動きを見せてくれました。ただ、かなり気性がキツく、牡馬に対しても馬っけを出すほどなので、これから追い切りを重ねてそのあたりがどうか、という心配はありますね」(担当厩務員)


まぁ頑張れw
めてお軍団伝統の「気性難」をしっかり受け継いでくれているところに妙な好感を覚えますが、苦しめられそうだなぁ・・・
posted by めてお at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じ入厩でも・・・

スタンニング

【7月24日】
 栗東トレセン在厩。帰厩後は、坂路主体の稽古。昨日は一杯追いを消化しています。
「フラットコースで3頭併せを行うと、それなりに馬が走ってしまいますので、今回は坂路を中心にしっかり追う稽古も何本か取り入れ、メリハリを利かせた調教のもと、復帰戦を迎えたいと思っています。レースは最短で8月3日(日)小倉7R 3歳未勝利(芝2000m)または小倉5R3歳未勝利(ダ1700m)。いずれにせよ第2回小倉開催のうちには使っていきたいですね。ペースを上げていく際に、もうひとつ上のギアが入ってくれると、競馬がもっと楽になるのですが…」(角居調教師)
【7月22日】
 18日(金)に栗東トレセンへ帰厩。坂路にて意欲的に乗り込まれており、20日(日)には終い2F26.5秒を消化しています。
「いずれにせよ、しっかりと乗り込むことを前提に、『今度は牧場とトレセン間の出し入れを行いながら、つねにフレッシュな状態で競馬に向かってみる』(調教師)ことになり、早速帰厩の運びとなりました。仕上がりは悪くありませんので、来週から出馬投票を行っていくことになると思います」(野田担当)


ローギアとセカンドギアだけでレースに勝てと言われても、いくら世界の角居でも困ってしまう訳ですw
候補の2レースなら芝2000を使って欲しいですけどそれでも距離は足りないよなぁ・・・小倉なら函館の方が向くのでしょうけど、貴重な北海道の馬房はこんな馬には使えないでしょうから、何とか小倉で未来が見える走りを期待したいですがね。
posted by めてお at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

小倉かそれとも阪神か?

ストゥレガーレ

17日は栗東坂路で終い重点(62秒6−12秒8)。「今朝は終いだけでしたが、まずはここまで順調に乗り込めています。ソエも気になりませんし、全体的な体調もだいぶ持ち直している感じです。デビューまでにはもう少々時間をかけてやっていきます。徐々に時計を詰めていく方針です」(木原師)



マイペースで進めているようで何より。
楽しみですねぇ。
posted by めてお at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

秋デビューで全然OKですよ

オーロツェッキーノ

屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っています。周回コースで試し乗りを行ってきましたが、右飛節の状態に悪化は見られなかったのでこの中間から坂路入りを果たしています。不安も消え去ったので今後は積極的な乗り込みを行い、順調なら今秋のデビューも十分可能でしょう。


来年の春デビューとか言われたとしてもウイン、サウスときている私にしてみれば全然問題ないのですが、最近2歳デビューというのが普通になってきているので多少贅沢になって来ているのか秋デビューというのが少し残念に感じています。慣れって怖いなぁw
posted by めてお at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ゲート合格

ストゥレガーレ


9日は調整程度。「ゲートは一時期のうるささもなんとかおさまって、うまく合格してくれました。ソエもだいぶ治まって、ケアしながらではありますがこのまま順調に進められそうです」(木原師)

4日にゲート試験を受け、無事合格。「無事合格してくれました。ソエの方も大丈夫そうなのでこのままデビューへ向けて進めていきたいと思います」(木原師)


ゲート合格は競走馬になる第一歩ですので喜ばしいです。
角居厩舎や森厩舎あたりですとゲート合格後に放牧なんて事もありますが流石の木原厩舎ですのでトレセンでジックリです。小倉あたりで姿が拝めそうですね(個人的にはギムレットと言う事もあり新潟で見たいが・・・)デビュー戦のアナウンスが楽しみです。
posted by めてお at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞬発力って

スタンニング


アカデミー牧場在厩。常歩、ダクによる準備運動後、おもにハロン16〜18秒ペースのキャンター3000mを消化。週1〜2回、15−15を乗り込まれています。
「『同じことを繰り返さないためにも、課題をしっかりとクリアしていくイメージをもって、稽古を重ねてほしい』と調教師。スピードに乗っていく際に脚の回転数は上がるのですが、完歩自体が伸びてこないところがありますので、馬の後ろからビュンと前に抜け出して走りきる稽古を重ね、瞬発力の向上に励んでいます」(野田担当)


瞬発力というのは鍛えて向上するものなのでしょうか?
少なくてもウイングポストでは無いですがねw
北海道開催が終わるまでにに間に合うのかなぁ・・・
posted by めてお at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

何とか

オーロツェッキーノ

右飛節に生じた腫れが和らいできたため一歩進んだ調整を取り入れています。現在は厩舎内廊下で1日20分の常歩運動を経て、屋内周回コースで軽めのキャンター1800mを行っています。休養を挟んだことは残念ではありますが、これまでの調教疲れがすっかり抜けたようで馬体全体に程よい余裕が出てきました。日々の運動も大人しくこなしていますが、屋外で乗っていないことで体力が有り余っている様子で何か気になることがあると少々煩いところを見せることもあります。今後は飛節の経過をしっかりと見定めた上で徐々に屋外での調教を取り入れていくことにします。



とりあえず一時期の停滞状況からは打開されたようです。
値段は一番安いですが、一番出世しそうな馬ですのでこれ以上の停滞はご勘弁。頑張って復活してもらいたいです。秋の長いところからスタートして欲しいものです。
posted by めてお at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こっちは順調と言えば順調

ストゥレガーレ

2日はゲート練習。「3頭の真ん中でゲートを出しましたが、だいぶ辛抱してくれるようになりました。大人しくはないものの常識の範囲内。慣れもあるのでしょう。ゲートからの出はまだ速いとまではいきませんが、なんとか順調にきています。今朝の練習の後様子を見て、早ければ今週中に試験を受けるかもしれません」(木原師)


器用さは無さそうですし、ゲートも遅いとなるとスケールの大きさという一口馬主が一番欲しいとも思える要素が無い限りいきなりの好走は無さそうな感じです。でもこの時期にトレセンで調教が出来ていると言う事が素晴らしい事ですのでね。使って徐々に良くなってくれれば最高なのですが。
posted by めてお at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏競馬出れるのかなぁ?

スタンニング


アカデミー牧場在厩。常歩、ダクによる準備運動後、おもにハロン16〜18秒ペースのキャンター2000mを消化。週1回、15−15を乗り込まれています。
「今朝は併せ馬で15−15を乗っており、こちらに来た直後の状態を考えれば、回復は早い方と言えるでしょう。現在の馬体重は473kg。飼葉をちゃんと食べるわりには、すでに太めが解消しつつありますので、このまま速めを重ねていけば、問題なく帰厩の態勢を整えることができそうです」(野田担当)


全然前に進んでいる感じがしませんねぇ。北海道で走れるんだろうか・・・
posted by めてお at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

ジックリ仕上げてもらいましょう

ストゥレガーレ


25日はゲート練習。「ソエは残りますが、気にならない程度です。ここに来て、ゲートで悪いところを見せるようになってきてしまいました。もぐって見せたりと、兄のレグルスキッドに似た素振りを見せています。できれば縛りはしたくないので、ゆっくり進めたいと思います」(木原師)



兄貴のレグルスキットはオペラハウス産駒ですからまた違うとは思うのですが、兄弟ですから似てくるでしょう。そうすると兄弟の癖を知っているスタッフがいるというのは心強いですね。
そもそもこんな早いうちから入厩するだなんて思っていなかった馬ですからゆっくりやってもらいましょう。父タニノギムレットから考えても小倉や北海道よりも新潟の方が向く馬でしょうから、最終週あたりに間に合ってくれれば最高なんですけどね。
posted by めてお at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは素質の問題ですねぇ

スタンニング


アカデミー牧場在厩。常歩、ダクによる準備運動後、ハロン16〜18秒ペースのキャンター2000mを乗り込まれています。
「今朝はアグネスネクタル(1600万)との併せ馬。馬自身に走る気はあるものの、ペースを上げていく際に気持ちばかりが前に出て、体がついてこない感じになり、併走にアワアワするところが見受けられました。まだ腹回りが太く映るなど稽古不足の状況でもありますので、これからピッチを上げていく中で、その反応がどう変化してくるかに注目したいと思っています。発汗のいい馬ですし、体のほうはすぐに戻ってくるでしょう」(野田担当)


準オープンの馬と併せたとは言え、この更新はいただけないですねぇ。なかなかシンドイ未来が待ってそうです・・・頼むから奇跡を!!
posted by めてお at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

セコイぞキャロの再ファンド

サルスエラの引退の手紙が来ました。

その中には再ファンドについて記載ありましたが




セコっっい



っすよキャロの再ファンドわ



続きを読む
posted by めてお at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジックリ、ジックリと

ストゥレガーレ


18日は栗東坂路からゲート練習。「今のところ問題なくゲート練習をこなしています。まだ試験を受けるという段階ではありませんが、特に悪いところもないので、このまま進めて行けそうです。ソエが出ていることもありますし、馬体の張りも牧場のいい頃に比べると今ひとつなので、時間をかけてやっていきたいですね」(木原師)


普通ならグリーンウッドや宇治田原あたりの外厩で鍛えられるところでしょうが、流石木原厩舎バッチリ栗東で調教されています。
木原厩舎に求めるのはこの厩舎の万全なケア。もちろん上位厩舎の方がケアは上手いのは間違いないですけど、上位厩舎だからって万全のケアが出来る訳ではないのでどちらも変わらないでしょう。
小倉、血統を考えると新潟辺りで姿を見かけたいのでソエを注意しながた育ててもらいたい。頑張ってくれ〜
posted by めてお at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバレや

スタンニング


アカデミー牧場在厩。現在は、常歩、ダクによる準備運動後、軽いキャンター2000m(単走)を消化しています。
「歩様に異常はありませんので、今週末より、ハロン18秒ペースを乗る予定。馬は元気を余しており、飼葉喰いも良好ですから、今後もこの調子でピッチを上げていけるものと思われます。来週からは併せ馬を再開し、前の馬について行こうとする稽古にも着手。前回は通して強めの調教を課しましたが、今回は強弱をつけたメニューにより、帰厩態勢を整えていく方針です」(野田担当)



頑張ってください。自分の為にも。
posted by めてお at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

サルスエラ引退ですって

サルスエラ


「ここにきてようやく順調に乗り出せていましたが、今度は左前脚に痛みが出てしまいました。検査の結果、左前脚の外側に小さな骨瘤を発症していることが判かりました」(牧場担当者)協議の結果、未勝利戦終了時期に間に合うことは難しいと判断し、再ファンドを前提とした引退手続きをとることにしました。18日に中央競馬の競走登録を抹消し、地方競馬へ転出することになります。規定の条件を満たせば、出資会員の皆様を対象に再募集を行い、JRAに再登録する予定です。なお、詳細につきましては後日書面にてご連絡いたします。


結局こんな形で終了ですね。
原因が特定できない怪我を騙し騙しやる位なら再ファンドの方が馬のためだと思いますので歓迎と言えば歓迎なんでしょうが、何だかなぁ・・・まぁ復帰後は友道厩舎から別の厩舎に移ると思うので最短で戻ってくる事を期待するのみです。

あと、サウスの再ファンドは一度補償を精算した後に成績を上げた場合に追加出資の形だったのですがキャロットはどうなんですかね?
posted by めてお at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

頑張って治して欲しい

オーロツェッキーノ

ウォーキングマシン調整を行っています。乗り運動を休止する原因となった右飛節の腫れは休養させることでだいぶ落ち着いてきましたので、検査を経た上で近日中に乗り出すことも検討しています。


まぁ秋を目指してくれれば。
ただ当初一番の期待馬がウォーキングマシンでそうでもなかった馬が入厩ですからサラブレットはわからないですねぇ・・・
posted by めてお at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする