引退馬 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年05月07日

進みましたが、恐いなぁ

オーロツェッキーノ


屋内周回コースで軽めのキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。「ツメの具合もよく、順当に負荷を高めることができています。それに伴って動きは確実に良化しています。あとは速目を行った際にツメに不安が出ないか、それだけですね」(早来担当者)


18秒までは大丈夫なのです。ただ得てして体質が弱い馬というのは15秒を乗り出したら頓挫します。18秒を乗れるようになったのは前進ですが、そこからなんですよねぇ・・・何とかデビューまではこぎつけて欲しいところです。
posted by めてお at 22:52| Comment(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気性って直らないよねぇ

ストゥレガーレ


6日、7日は坂路で軽めの調教を行いました。「間隔を開けないと出走できませんので、この中間は調教量を減らさないように坂路中心に乗り込んでいます。どうしても精神面で弱いところがあり、普段も馬場入りの際にうるさかったりと気性の難しさを見せています。この期間にじっくりと乗り込んで、気持ちが前向きになるように取り組んでいきたいですね」(木原師)





本当に気持ちが前向きになるように取り組めるのですかね?





(全体の預託数が少ないから)入厩したら使いすぎる位数を使ってくれますし(全体の預託数が少ないから)放牧に出すこと無く鍛えてくれます。その点一口向きの厩舎である事は間違いないですし、とても感謝しています。ただ、もう少し改善しようとする具体策を見せていただけると出資者は救われるのですがね。まぁ素材が素材なだけに仕方ないところでしょうけど

最後まで木原陣営には足掻いてもらいたいところですが、ウインゼフィールで気性が治らない事はさんざん痛感させられてますのでねぇ・・・
posted by めてお at 22:39| Comment(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

次走は芝ですと

ストゥレガーレ


29日は軽めの調整を行いました。「いい感じで好位を追走していたので粘れるかと思ったのですが、自分からやめてしまったようです。やはり気性的に難しいところがありますね。レース後、馬体には異常ありませんが、タイムオーバーでしたので、間隔を開けて芝のレースを使うことも考えています」(木原師)


流石に厩舎もトーンダウンですね。まぁ出資者はとっくにトーンダウンなわけですが(苦笑)

外から被せられるとレースを止めてしまうのですから、逃げに出るか直線追い込むか・・・まぁ期待はしないですけど最後の最後まで足掻いてもらいましょう。
posted by めてお at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間がぁ〜

オーロツェッキーノ

オーロツェッキーノ4月.jpg

屋内周回コースで軽めのキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っています。「ツメを始めとする馬体に違和感もないので、この中間は大幅にペースを上げています。元は移動直前までいった馬だけに痛いところがなければペースアップは楽ですね。今の感じからしてそう遠くなく速いところを行うことができそうです」(早来担当者)


屋内周回コースで軽めのキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っています。「乗り始めてからは非常にいい形で負荷を高めることができています。ツメさえ問題がなければトントン拍子で進められると思っていましたが、その通りに来ていますね。送り出すまでにまだ時間は要すると思いますが、日に日にこの馬のよさが出てきている点は好感がもてます。馬体重は482キロです」(早来担当者)



最終期限が迫ってますが、この更新を信じれば8月9月辺りならギリギリ出れるかもしれません。
順調に進んでいる2歳勢と比べると如何ともしがたいですが、それでも信じて応援するのみですね。せめて姿を見たいぞ〜
posted by めてお at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

気の悪さ? 違うよ足が 遅いだけ

ストゥレガーレ


22日は栗東Bコースで追い切りました。「併せた相手を追走して、最後は少し遅れましたが、やはり単走よりも併せてやった方が動きますね。先週末に登録した交流競走は残念ながら除外になってしまったので、あまり待っていても仕方がないので、今週から使っていくことにします。乗り込みはしっかりしてきているので、あとは実戦で気の悪いところを出さないでくれればと思います」(木原師)25日の京都競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に田中健騎手で出走いたします。


25日の京都競馬ではスタートから押して3番手を追走。3コーナー過ぎで手ごたえが怪しくなり始め後退し11着。「今日は外枠でしたし、前に行ったほうが有利な馬場でしたのでスタートから積極的な競馬をしました。いい感じで追走していたのですが、勝負どころで外からこられると自分から競馬をやめてしまいました。休みの間に体はよくなってきていると思うのですが、気性の成長がもっと欲しいですね」(田中健騎手)久々の競馬でしたが途中から進んで行かなくなってしまい、残念ながらタイムオーバーでのゴールとなってしまいました。5月25日まで出走できませんが、今後の予定はレース後の状態で決めていきます。



期待をしていたら週中にエントリしていたと思いますが、いきなりは勝負にならないと思っていたので結果次第と思っておりました。
ただ、今回の結果はある程度は想定していましたが、想像以上の惨敗でレース直後は軽く凹んでおりましたw

レースは京都の不良のダート馬場でスタート直後は3番手につけてましたからそこそこの着順が見込めるかと思いましたが、10着馬とは大差がついた11着。今の未勝利クラスは今後上位クラスに出世する馬はほぼ勝ち抜けしている状態ですからストゥレガーレの今後は判り切っていたことは言え辛いものになってしましましたね。
1次募集で一番欲しかった馬がこの成績ですので、やっぱり見る目ないですねぇw 
posted by めてお at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

やっと坂路で25秒

オーロツェッキーノ


屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン25秒のキャンター1本を行っています。「周回での乗り運動でもツメに違和感は出なかったので順次負荷を高めています。坂路ではまだ軽めですが問題ない動きを見せていますね。今後もツメの状態をよく確認しながら少しずつ進めていきます。馬体重は486キロです」(早来担当者)


やっと坂路に入ることができましたが、2歳馬の方が全然進んでおります。果たしてデビューできるでしょうか?
弱小一口馬主の経験から「もう無理でしょ」という感覚が大勢を占めておりますが、最終決断がおりるまでは諦めません。ちなみにサルスエラの時の感覚に近いので相当マズイ状況と思っております・・・
posted by めてお at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

次のレースで大体わかりますねぇ

ストゥレガーレ


8日は軽めの調整を行い、9日は栗東DWコースで併せて追い切りました。「相手には遅れましたが、今のところ併せて走っても気の悪さは見せていませんし、順調に乗り込めていると思います。このままスムーズに調整が進めば、あと2週ぐらいで出走できるのでは。今週末からは地方交流の登録も検討しながら、使う番組を考えていきたいと思います」(木原師)


気の悪さかぁ・・・そう言えばそんな弱点がありましたねぇ、すっかり忘れてたw
地方交流戦を含め、ストゥレガーレの適性を探る作業と続けながら何とか勝利を目指して欲しいところですが芝を使う事は必ずチャレンジして欲しいぞ。
posted by めてお at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まぁ間に合うのかなぁ?

オーロツェッキーノ


屋内周回コースでダクと軽めのキャンター1200mを行っています。「乗り込みを継続することで体調は確実に上向き、課題でもあるツメはいい感じに伸びてきています。裂蹄箇所も確実に回復しており、悪化する様子も見られないので今後はいい形でペースを上げていくことができそうです」(早来担当者)



まぁこの状況ならギリギリ間に合うかもわからないですね。
前途多難ですが頑張って欲しいところです。
posted by めてお at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

正直キツイっすよねぇ

オーロツェッキーノ


屋内周回コースでダク1600mを行っています。「歩様に目立った違和感はないもののツメが完全に伸び切ったわけではないので慎重に調整を進めています。とはいえここまで一連の流れを見るとツメは回復傾向にあるのでひとまずホッとしています。今後も乗り運動を行う中でツメを伸ばしていきたいと思います。馬体重は488キロです」(早来担当者)



今は4月。残された時間はあと5ヶ月程度なのでツメが伸びてきたくらいでホッとされても困るのですがねぇ。
少なくとも5月の連休までに乗り運動が始められないとデビューは無理でしょうから正念場です。まぁ本音はデビューは無理だと思ってますが、クラブが決断するまでは前向きに応援するのみですのでオーロの生命力に賭けたいところです。
posted by めてお at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その選択しかないよなぁ・・・

ストゥレガーレ


1日は軽めの調整を行いました。「今朝はDWコースでキャンター程度を乗りました。これから速いところをやっていってどうかですが、今のところはうるささも見せていません。状態を見ながら徐々に進めていくつもりですが、地方交流も視野に入れていきたいと思います」(木原師)


やっとストゥレガーレ帰厩しました。
去年のレースを見る限りこの放牧で劇的な変化が無ければ勝ち上がりは厳しいでしょう。勝つことだけを考えれば地方交流が無難だと思われます。ただねぇ地方交流で勝ち上がってその先勝負にならないパターン(Gミッションパターンね)は一番出資者にとって酷なので、中央の未勝利戦に挑んで欲しいというのもありますね。
ただ叩いて良くなるBT系ですからそこに一縷の望みを・・・
posted by めてお at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

あれ、予想より早い復帰だ

ストゥレガーレ


屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行い、週2日はハロン15秒を計時しています。「この中間から速めのキャンターを開始できたように、乗り込んでの良化にはいいものがあります。見た目にも馬体に張りが出てきている点は評価していいと思います。今後も丹念に乗り込むことで更なる良化を引き出し、休養前とは違った結果を出せるようにしていきたいと思います」(空港担当者)


屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行い、週2日はハロン15秒を計時しています。25日に空港牧場を出発し、山元トレセン経由で27日の栗東帰厩を予定しています。「移動当初は馬体のケアを第一に考えてきたこともあり、その後のペースアップもスムーズに行うことができました。ここ最近はハロン15秒を計時すると快活な動きを示してくれています。いい形で送り出すことができそうです。馬体重は448キロです」(空港担当者)



夏ぐらいまで復帰は無理と思っていただけに嬉しい誤算。
この時期の未勝利は順番で勝ち馬が抜けていきますからストゥレガーレもチャンスが回ってくると信じております。勿論厳しいと言う事は承知してますけどね。
希望としてはダートではなく芝の1400〜1600あたりを使って欲しいところ。ピリッとしてほしいなぁ・・・
posted by めてお at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

そろそろスケジュールが出そうです

ストゥレガーレ


屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター2本を行っています。「ここ最近の動きを見ると週を追う毎に内面の状態が良化していることがわかります。動きもそれに比例するようによくなってきました。まだ移動の予定は出ていませんが、今後もどんどん乗り進めることができそうです。馬体重は456キロです」(空港担当者)


あと1月もすれば移動のスケジュールが出そうな感じです。
この馬と先日の弥生賞にも出走したハイローラーを見る限り「とにかく使い倒す調教師」という評価は当たらずとも遠からずと言った感じだと思います。脚が丈夫な馬ならとても良い調教師かもしれませんね。
ただ、休息を挟むタイミングを逸してしまう感じも否定できませんし、ハイローラーの使い方を見ると「空き巣狙い」は全く出来ない感じがしますw 
悩むなぁ・・・
posted by めてお at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

やっとウォーキングマシーン

オーロツェッキーノ


歩様に安定感が出てきたこともあり、ウォーキングマシン調整を開始しました。「見た目にツメは割れていますが、馬がだいぶ気にしなくなってきたのでマシンを開始しました。当面はケアが必要かと思いますが、一歩前進できたことは何よりです」(早来担当者)


確かに一歩前進ではあるんですけどねぇ・・・とにかく時間が欲しいです。
ウォーキングマシーンは進歩ですが、乗り込みまでは時間がかかりそうですので、運良く出走できたとして小倉1戦、福島1戦ぐらいか?
posted by めてお at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

さぁ生き残れ!!

ストゥレガーレ


周回ダートコースでダク800m、ハロン25秒のキャンター2500mを基調に、週2日は屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。「徐々に負荷を高めていますが、馬体の状態に翳りが見られないのは何よりです。しっかりとケアしていることで連戦の疲れも癒えてきているので、今後は乗れば乗るだけ良化を引き出せるでしょう」(空港担当者)



3歳の未勝利戦は走る馬はどんどん勝ち上がり、後は命を賭けたサバイバル戦に突入していく訳ですが、ストゥレガーレは確実にその戦いに一生を賭ける事になります。

更新もようやく「疲れ」という言葉がなくなってきましたが、12月6日が最後のレースで今日が3月3日ですから・・・本当に時間かかりましたねぇw

ただこの世代の1次募集で、予算の都合があるとは言え指名した馬ですから当時は「走る」と思っていた訳です。まだその考えは捨てていないですからアッと驚く変わり身を期待しています。
posted by めてお at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進展が無い・・・

オーロツェッキーノ


ツメの回復を待つため、舎飼休養を継続しています。「まだツメの割れ目は目立っており、馬も気にしている感じです。一日も早い回復を目指す意味でも馬房内での完全休養としています。ツメが伸び、歩様も落ち着いてきたら軽めの運動から開始したいと思います。馬体重は484キロです」(早来担当者)



今まで裂蹄というのをあまり愛馬で体験した事がないので分かりませんが、1ヶ月経っても全く前進しませんので痛い怪我です。厳しいなぁ。
posted by めてお at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

少し前進か?

ストゥレガーレ


周回ダートコースでダク800m、ハロン25秒のキャンター2500mを基調に、週2日は屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。「この中間、疲れ予防として背腰にショックウェーブをあてました。順当に良化を見せているのでハロンペースを上げましたが、難なく対応できています。今後も体のケアを併行して行いながら、徐々に負荷を高めていきたいと思います。馬体重は448キロです」(空港担当者)


夏場の復帰を目指して万全の体勢にまで持っていって欲しいところ。
走れない馬体だとはまだ思いたくないんですよね・・・
posted by めてお at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

さて体勢は整いますか?

ストゥレガーレ


周回ダートコースでダク800m、ハロン25秒のキャンター2500mを基調に、週2日は屋内坂路でハロン18〜20秒のキャンター2本を行っている。「先週から登坂本数を増やしていますが、疲れが出ることもなく、スムーズにキャンターを消化することができています。まだ万全の状態とは言い切れない部分もありますが、乗り込む中で良化は見て取れるので、今後も乗り運動を行うことで状態を上げていきたいと思います」(空港担当者)



まだ万全の体制になっていないと言うところが厳しいですな。どれだけ疲れてたんだって話ですよ。

何度も申し上げているように、未だ勝ち馬と1秒以内の競馬をした事の無い馬ですので、劇的な変化がなければ勝ち上がりは不可能。正直今現在の更新だとアフタービート07の方が勝ち上がりの可能性は高いんぢゃないかとさえ思うw
ただ、血統も馬体も決して未勝利で終わる馬とは思いたくないので奇跡を信じるのみ、だから頑張ってくれ〜
posted by めてお at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

オーロ終了です

オーロツェッキーノ


舎飼休養。「周回と坂路を併用していい感じに進めていましたが、調教中に右前裂蹄を起こしてしまいました。結構深く割れており、裂蹄線が下がるまでは舎飼休養を余儀なくされそうです。割れ方からして乗り運動開始までに3ヶ月程度は要しそうな感じです。ようやく軌道に乗りかけただけに非常に残念ですが、今後は出来る限りのケアを行い、一日も早い運動の再開に全力を注いでいきます」(早来担当者)




オーロツェッキーノ終了です(涙)




ノーザンファームのアウトレットクラブという特性のあるキャロットですから、この手のリスクは承知しなければなりませんが(オーロはノーザン産ではないので厳密に言うと全く違いますが)実際直面するとキツイですよねぇ。
前々からキャロットの会員さんならオーロの1歳〜2歳の更新をご存知でしょうが、もしご存知無い方はオーロのカテゴリから過去の私の更新をご覧になってください。素晴らしい言葉が並んでおります。サラブレットは一寸先は闇ですねぇ・・・だからこそブレイクのような稀有な存在を引いた時の喜びは凄いのですが、頓挫する姿はやっぱり見たくないぞ。

物凄〜〜〜〜〜〜〜〜〜くポジティブに考えれば同じキャロットのサブコンシャスのように8月にデビューして連勝できるような馬も居ますが、そんなのは極めてレアなケース、一口馬主歴だけは豊富なめておさんですのでそんな例は慰めにもなりませんw

落しどころは再ファンドという事でしょうが、ステイゴールド産駒である事を考えるとダートってねぇ?
正直今日は凹みました。ブレイクで浮かれるなって神様からの戒めかなぁ・・・出資直後は本当に期待していただけに残念極まりないです。
posted by めてお at 22:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間かかります

ストゥレガーレ


周回ダートコースでダク800m、ハロン25秒のキャンター2500m。「乗り始めてからは状態に後退は見られず、ゆっくりとしたスピードではありますが、疲れは抜けてきている感じです。今後もゆったりと乗り進める中で状態を上向かせていきたいと思います」(空港担当者)


この調子なら次走は北海道でも構わないとさえ思いますが、基本的に木原厩舎は阪神・京都、夏は小倉と言った使い方をされますので北海道ではないですね。
クラシック云々ではなく勝ち上がり云々レベルの馬ですので、じっくり調整し、乾坤一擲の仕上げで未勝利戦に挑んで欲しいです(わー悲しいw)
posted by めてお at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

怪我しないで〜

アフタービート07


現在は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っています。また週3日は登坂本数を2本とし、そのうち1日はハロン16秒程度の時計を出しています。ここ最近は馬群の中や後方で我慢させる調教を課していますが、どの位置にいても行きっぷりはよく、随所にかなりの底力を感じることができます。坂路で2本登坂する日も息の戻りは早く、すぐにケロッとしているところを見ると心肺機能も優れていそうです。毛ヅヤもよく、体調も良好なので、今後も思い通りのメニューを消化することができるでしょう。



出資者としてはとても気分の良い言葉が並んでおります。昨年のオーロツェッキーノの更新を思い出しました(それじゃ駄目ぢゃンw)。
このまま順調に行ってくれれば夏のデビューも見えてきそうです。それにこの馬の場合は同士がたくさんいらっしゃいますから今から本当に楽しみです。ただ最速デビューしたとしてもあと4ヶ月もの時間がありますからトラブルが無い事を切に祈ります。
posted by めてお at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

2ヶ月疲れっぱなしです

ストゥレガーレ


ウォーキングマシン調整。「レースを使ってきた疲れがあるようで身体の張りが物足りない感じです。まずは疲れを癒すことを第一に考え、背腰を中心にショックウェーブ治療を行っていきます」(空港担当者)


ウォーキングマシン調整。「乗り運動を行わず楽をさせていますが、まだ疲れが残っているようで全体的にパッとしない感じです。今回は疲れを取るのと同時に立て直しを目標とした放牧なので、できるだけいい状態で乗り運動へと繋げていきたいと思います。ただし、乗り運動を行うことで代謝を促せる部分もあるので、状態によっては今週末くらいから軽く乗ってみることも視野に入れています」(空港担当者)


屋内周回コースでダク800m、軽めのキャンター1200m。「疲れは完全に取りきれていない感じですが、軽めに乗ることで良化を促せる部分もあるので乗り運動を開始しました。今後も軽めの運動を継続していけばいい代謝を促せるでしょうし、状態の良化にも一役買ってくれると思います。馬体重は455キロです」(空港担当者)



疲れていると言われてますが、昨年の12月の初旬からストゥレガーレは疲れっぱなしです。
2歳の小倉デビューで6戦ものレースをこなした影響をもろに受けていますねぇ。
いままで散々カズーの放置地獄で悩まされていたので、レースを多数使ってくれる姿勢はとても好感が持てたのですが、結果これは失敗ですよね。
和田厩舎のように短期放牧を挟みながらレースの間隔を詰めて使うのと、ずっとトレセンで使い詰めるのは違うというのが分かりました。競馬は難しいや・・・
posted by めてお at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌〜な感じです

オーロツェッキーノ


屋内周回コースでダクと軽めのキャンター1800m。「徐々に距離を延ばしていますが、まだ様子見の段階であることに変わりはありません。ツメにも違和感はないので今後も進められると思いますが、もうしばらくは大事を取って周回で様子を見ていきたいと思います。その方が今後のペースアップがよりスムーズなものになると思います」(早来担当者)


屋内周回コースでダクと軽めのキャンター1800mの後、屋内坂路で軽めのキャンター1本。「試し乗りを行ってもツメに違和感はなかったのでこの中間から坂路に入れています。ペース的には軽いものですが、問題なくこなしてくれていることには好感がもてます。今後も様子を見ながら少しずつ負荷を高めていきたいと思います。馬体重は480キロです」(早来担当者)


正直な話、一連の更新を信じておりません。何となくですが昨年のアイテールの更新と被ります。ツメが弱いというのは本当に厄介ですねぇ・・・補償減らしでデビューだけはさせる気がしますが、まともに勝ち負けできる体制になるのでしょうか?
posted by めてお at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

ほら言わんこっちゃない

ストゥレガーレ


16日に辰巳牧場から山元トレセンへ移動。「先週こちらに来て調整していました。連戦の疲れもありましたし、ソエの症状も出ていましたので、こちらでは楽をさせて少しでも回復するように取り組んでいました。山元に移動できる態勢になりましたので、本日無事送り出しています」(牧場担当者)「一旦トレセンの近くに出してもらいましたが、今日受け入れ態勢を整えることができました。まずは到着後数日間かけて状態をチェックするつもりで、その際の見解次第でこのまま調整していくか、北海道で立て直しを図るのかを判断していくことになると思います」(山元担当者)


やっぱり相当疲れてたな・・・後半の更新を見ると、次走は北海道なんてオチもありそうで少し怖いですね。
posted by めてお at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく競馬場へ

オーロツェッキーノ


厩舎周りや厩舎内廊下でのダク調整。「先週よりも若干調教負荷を掛け始めたように、ツメを含め脚元の状態は安定しています。今後も折を見てペースアップしていきたいと思いますが、あくまでも馬の状態に合わせて、焦らずに取り組んでいければと考えております」(早来担当者)


まずはジックリゆっくりしっかりと。
デビューまで気を抜かずにお願いします。
posted by めてお at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

何とかなりそうな感じです。

オーロツェッキーノ



厩舎周りでの常歩運動。「ツメの状態、歩様に違和感はなかったのでさっそく乗り運動を再開しています。その後も問題はないので来週にはペースアップできそうです。一時はひやひやしましたが、この分なら遅れは最小限に留められそうです」(早来担当者)



ひやひやしたのはコッチですw
でもこの更新で言うように最小限に止められたとしたら、ラッキーと言うしかないです。運はあるようですね。

ブレイクを1200〜マイル、この馬には2000m以上での活躍を期待しているので何とか頑張って欲しいところ。まずはデビューする事が大事ですのでジックリと行って貰いたい。ストゥレガーレ? それは言わない約束ですw
posted by めてお at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこ〜

ストゥレガーレ


10日に栗東近郊の辰巳牧場へ移動。近々山元トレセンへ移動予定。



辰巳牧場ってどこ〜
posted by めてお at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

土曜日の結果が更新されてました(驚)

ストゥレガーレ


6日の阪神競馬では好スタートを切るも、芝の部分でスピードに乗り切れず中団の位置取り。3角あたりから後退していき15着。「着順こそ悪くなってしまいましたが、距離が短くなってペースが速くなった分モタれるところもありませんでした。気を抜かせないようにして、徐々にこの距離の競馬を覚えさせていけば、慣れも出てきて内容も良くなってくると思います。今日は馬場も湿っていてこの馬には不向きでしたしね。このあとは休ませると聞いていますから、リフレッシュしたあとの次に期待します」(田中健騎手)「いろいろな条件を使ってきましたが、慣れてこれば今日の条件が良さそうですね。続けて頑張ってくれましたし、右前にソエも出てきているので、ここで一息入れてあげることにします。長い目で見れば走ってくる血統でしょうから、いい状態で帰ってきてほしいですね」(木原師)近日中に近郊の牧場へ移動し、その後山元トレセンへ放牧予定。



まず、土曜日の結果が更新されている事に驚きです。キャロもサービス面を強化したのかと思いきや、今日の結果は更新されていないので気まぐれだったかもしれませんねw でも最低でもレースの翌日には結果と言うか更新内容は知りたいですので今後も継続してくれる事を望みます。

さて、その更新ですが、放牧に出すと言う先生の方針は大賛成と言うか私の心の中を見透かされているようで怖いっすw
ただ、レースを見ていると芝コースでスピードに乗り切れなかったと言うよりはダートコースに入ってスピードを落としている気がするのですが・・・ダートはこなせなくは無いけど巧者ではないですね。馬体重からも非力な印象もありますので個人的には芝の1400位が丁度良いのでは、ないかと思っています。もっとも能力的に足りないという要素が一番なのですが(涙)

この放牧でどこまで建て直せるかが今後の大きな課題ですね。せめて来年の夏位には掲示板に載りたいですので、もしスパッと行くならこれを機会にやっちゃってください。勝ち上がるための最善の方策を期待します。


(追記)
日曜日の結果も更新されてました。キャロも漸くクラブサービスに力を入れてくれるようです。もう少し時間を早く更新もしくはメールサービスを導入してくれれば最強になるんですけどねぇ・・・
posted by めてお at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

15着・・・

ストゥレガーレは阪神1R若手騎手限定のダート1400mに出走、ブービーの15着でした。

まぁ仕方ないでしょう。距離短縮による劇的変化を期待して複勝を1000円だけ買ってましたが実況で名前を呼ばれたのは1度きりでした。追走で脚を使ってしまった感じでしたね。個人的には暫くこの距離を使って欲しいところですが・・・

結局のところ能力が足りないのでしょう。もちろん出資者ですから変わってくれる事を期待しているのですが、去勢や転厩といった思い切った方針転向をしないと変わらない気がします。
転厩については、木原厩舎の今までの対応を見ると不満は無いですので個人的には角居クラスに行ってくれない限り除外。まぁこの成績の馬を預かってくれる訳は無いですのであり得ない選択。そうすると去勢という事になるのかなぁ・・・まぁそれで走れるようになるのであれば賛成ですが。まぁ去勢云々の前に一度休ませてあげたいですね、心の底から休みを求めている気がしています。月曜の更新を見たいですね。
posted by めてお at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

いい選択だと思います

ストゥレガーレ


3日は栗東Bコースでの追い切り。「ビッシリはやっていませんが、いろいろと追うコースを変えてみたりしています。動きは良かったですし、特に悪いところも見せずに走っていました。ここまでのレース内容を見ても、走る方に気が向かないと競馬にならない感じなので、今回は少し条件を変えてみます。この距離で最後まで集中力を切らさなければいい方に出るかもしれません」(木原師)6日の阪神競馬(2歳未勝利・若手騎手限定・ダ1400m)に田中健騎手で出走



木原先生は今回距離を短縮してきました。
この先生は本当に色々試してくださいます。このまま1800mを使いつづけても成績は変わらないので距離短縮を希望していましたが期待通りの選択です。嬉しいなぁ。
個人的には今回は久しぶりにストゥレガーレの馬券を買ってみようと思っています。勝てるとは言い切れないけれど変わる可能性は多少はあるかなぁと。逆に言うと今回ここで掲示板近くまでこれないと相当厳しいと言う事になりますけどね。
番組選択は若手騎手限定戦というのも良いと思う。何とか前進を期待!!

posted by めてお at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

厳しいなぁ・・・

オーロツェッキーノ


舎飼休養。「右前の裂蹄は思いのほか軽かった感じです。今は保護鉄を履かせた状態で舎飼で様子を見ていますが、早ければ来週あたりからマシンに入れ、年内に乗り運動を再開できるかもしれません。馬体重は475キロです」(早来担当者)


年内に乗り運動再開というレベルだと、トレセン入りは他の馬との兼ね合いもあるでしょうから5月以降の可能性も出てきましたねぇ。
念願のノーザン早来育成も、ファンタストのようなペースになってしまったw
まぁこればかりは仕方ないですので、復帰を祈るのみです。大勢さえ整えばやれると思ってるのですがねぇ・・・
posted by めてお at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする