サヴァラン(引退) 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年07月31日

こんなに落ちる奴私のキャリアで初めてですw

サヴァラン


24日にゲート試験を受けましたが、不合格となりました。「1回目はスムーズにこなせましたが、2回目にゲート内で座り込んでしまいました。練習では駐立も寄りも問題ないので、苦しい時期に来ているのかもしれません。ただ、ここで放牧に出したらここまでのことが無駄になってしまうので、来週は縛ってみようと思います。いずれにしてもゲート合格までは進めたいと思います」(音無師)


29日は栗東坂路からゲート練習を行いました。「先週金曜のゲート試験の際、ゲート内で座り込んでしまったので、今朝から縛りを始めました。今朝が初めてなので暴れていましたが、その方が効果があるので徐々に良くなってくるはずです。ずっとゲート練習中心に進めてきて、馬も精神的、体力的にキツい時ですから、早いうちに縛って克服しておけば、後々はゲートもスムーズになると思います」(音無師)



いままでの私の出資馬の中で「普段のゲートが悪くても試験は1発だった」という馬が多かったなかでサヴァランは2回目も失敗w

牧場では抜群のスタートダッシュ力を褒められた馬ですが、スタートセンスが無いのでプラマイゼロ、むしろマイナスな気がしてますw

まだまだ子供の2歳馬。ゲートが嫌な物というトラウマが残らなければ良いのですがねぇ・・・
この更新を見る限り恐らくはゲート試験合格したら放牧でしょう。逆に次も落ちて、試験に受からずに放牧という選択になると音無厩舎の構想から漏れて、デビュー時期が相当先になってしまう事も簡単に想像できますので、何とか受かって欲しい。祈るような気持ちです。
posted by めてお at 11:13| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

落ちちゃったw

サヴァラン


22日はゲート試験を受けるも、不合格。「練習の時に隣の馬を気にする素振りがあったので1頭で受けたのですが、出が遅いということで不合格になってしまいました。駐立や寄りは問題ありませんし、スタートも2歳新馬としては十分合格レベルにあると思うのですが、スターターが厳しい人だったのでしょう。近々再試験を受けることにします」(東田助手)



ゲート試験は不合格ですが、まだまだ時間はありますのでノープロブレム。
スタートが速いと言われているサヴァランですので、ゲートセンスが良ければ楽しめると思いますので、何とか辛抱してゲートに慣れてもらいたいところです。
8月の中旬ぐらいにはデビューできそうですね。楽しみです。
posted by めてお at 00:34| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

栗東でスタート

サヴァラン


8日はゲート練習を行いました。「暑くなってくる時期に入厩したので体力的なことを心配したのですが、火曜日も坂路を上がってもケロッとしていますし、そのあたりは問題ないようです。今朝からゲート練習も開始しました。まだ通す程度ですが、おとなしいしこのまま進めて大丈夫そうです」(音無師)



記念すべき栗東での第一回の更新です。

暑い中いきなりバテバテですと言った更新ではないのが何より。
今後どうなるかは分かりませんが、2歳三羽烏の中で一番の高額馬なので一番稼いでくれないと困りますw

この馬の何が楽しみって、日本の厩舎の中でもトップランクの音無厩舎をサヴァランを通じて学べると言うのが本当に楽しみです。厩舎の本質を学びたければその厩舎の馬に出資するのが一番ですから。

正直個人的には音無厩舎はあまり好きな厩舎ではありません。ヴィクトリーの皐月賞の時、田中勝春に「岩田のように乗ってくれ」と言ったのは有名な話で、「なんて失礼なやつだ」と思いましたし、今までPOGでも「音無厩舎だから切った」なんて事もしょっちゅう。

ただ、馬を丁寧に扱うイメージはずっとありましたし、古馬になってから花開く馬が多いイメージもありますので、期間が決まっているPOGは無しにしても、一口ならば一度出資をしてみたいというのがありました。


所属馬のメンバーも超一流ですし、スタッフも過去の名馬達から勝負に行く時の仕上げというのもノウハウとして出来上がっているでしょうから、サヴァランの器分だけは必ず埋めてくれるはずと期待しています。

posted by めてお at 11:23| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

早く入厩して欲しいぞ

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。7月4日に栗東トレセンへ入厩する予定です。「1週ごとに状態は良くなってきているように感じますね。他のスタッフも言っていましたが、雰囲気が良くなってきました。適度に気持ちが乗るし、中間にやったゲート練習などもスムーズにこなしてセンスのある馬です。性格的にも癖はなさそうですし、現時点で注文するところはないように感じます。週末にトレセンへ入る予定なので、まずはいい形でゲートを合格してほしいですね」(GW担当者)



この馬はトレセンに入ってみないと何ともいえない感じがしますが、とりあえずは順調そうで何より。頭は悪くなさそうですね。

同じ父のオースミダイドウの様な感じで2歳戦を過ごしてくれればなんて思ってます、勿論デビューするまでの間だけですから許していただきたいw
音無厩舎の戦力になるような馬になって欲しいなぁ・・・
posted by めてお at 00:10| Comment(2) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

小倉でデビューか?

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。「こちらが気にしていた体調面ですが、慎重に取り組んでいることで極端にガタッとくる感じはなく、またいい状態になってきていますね。2歳馬ですし、体調に変化が出やすいですから、調教内容を上手くコントロールしながら取り組んでいきたいですね。音無調教師も定期的に見ていて、できれば7月中に入厩させてあげたいということも言っていましたから、しっかり体調を整えて、トレセンへと送り出せるようにしていきたいですね」(GW担当者)



先週の更新ではどうなるか分からないような感じでしたが、何とか夏場にはデビューできそうな感じです。

何とか音無調教師のおメガネに叶うように、戦力になるような馬に育ってもらいたいところですね。順調だ〜。

posted by めてお at 00:22| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

小休止だね

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。「移動から少し時間が経ちましたが、本当の意味で体調が万全と言うところまでには至っていないのかなという感じですね。表にはあまり見せにくい部分なので、最初はあまり感じなかったのですが、まだ若い馬ですし、輸送や環境の変化による疲れもあったのでしょう。それなので、今は上手く調教の内容をコントロールして体調をよりいいものにできるように取り組んでいます。入厩までの間は仕上げるというより、体調重視の調教を行っています。体調を良くしてあげれば、体も雰囲気も上がってくるものですし、繰り返しながら少しずつ上のレベルへと良くしていきたいですね」(GW担当者)


そもそもが音無厩舎の馬なので、急ぐ必要が無いのですが、この調子だと阪神デビューは無理ですね。

ただ夏の小倉ではデビューできそうですから非常に楽しみです。各種POG本でも「穴馬」的存在で取り上げられる事もしばしばですので本命級の活躍を期待しています。とは言え適正はマイルまで(
or ダート短距離)だと思いますがw
posted by めてお at 00:36| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

大事に育てていただきたい

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。「首が太くて短く、ごつい体をしている馬ですから、多少窮屈なところがあるのですが、悪いところはない馬です。また調教の動きを見ていても、先天的なバネを持っているように感じますし、これから変わってくれそうな馬だと思います。今でも感じのいい馬ですから、これから大事に育てていけばいい競走馬へと成長してくれそうですね。今のところ6月半ばから下旬くらいに入厩を考えているので、それまではじっくり乗り、入厩に備えて体力を養っていきます」(GW担当者)



先天的なバネが勝つか、窮屈なところが勝つか・・・とにかく6月下旬の入厩までなんとか怪我無くお願いしたい。

距離の壁はありそうな感じですが、近親のタイキシャトルのように短距離でガンガン稼ぐような馬になって欲しいものです。
posted by めてお at 00:09| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ホッとした〜

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。「極めて順調ですね。乗り込みを重ねていることでピリッとしてきました。心身ともに良化傾向にあるので今週から少しずつ速いところをやり出しているところです。動きのよさを感じている馬ですから、この流れを継続しながら乗り込み、トレセンへ送り出せるようにしていきたいです」(GW担当者)


今日の2歳の更新は喉鳴だのハ行だの骨瘤だの「ザ・キャロット」という感じでしたので良かったなぁと言うのが本音ですが、今回頓挫してしまった馬の事を考えると喜んでも居られませんね。一刻も早い復帰を願っています。

posted by めてお at 18:47| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

二の矢

サヴァラン


周回と坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「いいですね。体調も安定していますし、調教も順調に乗れていますよ。もう1週間くらいは今の感じを続けて、徐々に負荷を強めていこうと考えています。グリーンウッドまで来ているということはいつでも移動できる態勢を作って送り出せるようにするということですし、常に移動のことを意識しながら厩舎とも相談していければと考えています」(GW担当者)


このまま順調に行けば夏の小倉でしょうかね?
この子もPOG本では音無厩舎の特集には必ず顔を出しますし、最近の当ブログの検索ワードでも上位に来ていますのでPOGファンの方も気になる存在なのかと思うとワクワクします。とは言え一番はリアルだったりしますけどw

本で見る限り、音無先生が一番期待しているのはインペリアルマーチの様ですが(欲しかったんだよねぇ・・・)こいつも頑張って鍛えて欲しいところですね。
posted by めてお at 00:05| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

デビューが楽しみ

サヴァラン


周回と坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「先週末に先輩のマゼランと一緒にこちらに移動してきました。まだ入厩については決まっていませんが、いつ移動の声がかかってもいいように体調を整えていきます。今は他の2歳馬たちも何頭か来ているので、それらの馬たちと一緒に調教を行っていますが、その中で見ても歩く時の脚取りや走る時のフットワークを見ていても素質を感じさせてくれる馬です。多少硬さがあり、もっと器用さを出してあげたいなという課題はありますが、それは今後走り方を覚えていけばいいものへと変わっていくはずです。楽しみですね」(GW担当者)


2歳勢の中で1番デビューが早そうなサヴァランです。デビューが本当に楽しみで仕方ない。

1つ勝つというのは大変ですが、ライバルが少なく、賞金も稼ぎやすいですから早くデビューできるというのはそれだけでも有利ですから期待しちゃいますね。2年連続朝日杯に出走できるように頑張ってもらいたいところですw
posted by めてお at 00:12| Comment(2) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

おっしゃ脱北!!!!

サヴァラン


7日にNF早来を出発し、山元トレセン経由でグリーンウッドへ移動予定です。「先日、音無師が状態を確認し、『状態が整えば早めに連れて来たい』と話していました。その後も速目を積み重ね、状態もだいぶ上がってきたので移動させることにしました。あとはグリーンウッドで入厩前調整を行うだけですね」(早来担当者)



音無先生グッジョブです!!!!!!!


これで6月の阪神もしくは小倉のデビューが見えましたかね。
音無厩舎で早期デビューは想像してませんでしたが、ルージュとブレイクで2歳の夏にデビューする事の大切さを痛感しておりますが、この子も何とか期待に応えてくれそうですってストゥレガーレも小倉デビューですけど(苦笑)

馬体から短距離に適正があると思っておりますので、夏のデビューはもってこい。今からワクワクします。
posted by めてお at 22:58| Comment(4) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

馬っぽくなってきました

サヴァラン


サヴァラン4月.jpg


屋外周回コースでハロン18〜20秒のキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター1本を行い、週2日はハロン15秒を計時しています。幼さは残るものの速目を繰り返すことで馬体は見た目にもよくなってきました。この分なら今後もさらなる変わり身を期待できそうです。


少し前は牛みたいな馬体をしていましたが、だんだんスペシャルウィークの「線の細さ」みたいなものも加わってサラブレットらしくなってきている気がします。
年内にデビューできるかなぁ? 父スペシャルから2000m前後で活躍を期待して出資した馬ですが、1200〜1600ぐらいが良さそうな感じですし2歳戦で使いだせれば楽しみが広がりそうです。
posted by めてお at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

早いよねぇ?

サヴァラン


屋外周回コースでハロン18〜20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター1本を行い、週2日はハロン15秒をマークしています。気性面で時折幼さが見られますが、レベルの高い運動を継続することでだいぶ走りに集中してきた感じを受けます。馬体にはいい筋肉がつき、父の産駒らしいシャープさが出てきました。速めを開始したばかりの段階で随所に良さを見せていることから、夏頃には更に一皮剥けた姿を見せてくれることは間違いないでしょう。


更新にもあるように夏場が本当に楽しみです。ただこの時期に週2日の15秒は早すぎると思いますが・・・
posted by めてお at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

良い方向で成長している(と思う)

サヴァラン

サヴァラン4月.jpg

乗り出してからの良化は著しく、NF早来育成の2歳馬で一番進んだ組に属して調教を行っています。現在は1日1時間のウォーキングマシン運動で身体をほぐした後、屋内周回コースでダクとハロン18〜20秒のキャンター1800m、屋内坂路でハロン16〜18秒のキャンター1本を行っています。また週2日は屋内坂路においてハロン20秒と16秒の計2本登坂しています。キャンターに下ろした際のスタートダッシュは素晴らしいものがありますが、道中はしっかりと走りに集中し切れていない様子でスタート時の勢いそのままに駆け上がっている感じです。そのため、今後は落ち着きをもって調教に臨めるよう、折り合い面に注意していきたいと思います。なお、本馬は4月23日、24日に行われる第一回産地馬体検査を受検予定です。


良いですねぇ。短い距離で能力発揮しそうな馬体になってきました。
仕上がりも早そう、なおかつスタートダッシュが素晴らしいなんて妄想が膨らんで仕方ないですよw
産地馬体検査を受けるとなると各種POG媒体にも取上げられる可能性も高くなるでしょうからねぇって取上げられなかったらショックでかいですけどw
楽しみだ〜
posted by めてお at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

短距離の血か?

タイキシフォン07


タイキシフォン3月.jpg


屋内坂路での調教を開始した後もスムーズに事を進めることができています。現在は1日1時間のウォーキングマシン運動で身体をほぐした後、屋内周回コースでダクとハロン20秒程度のキャンター1800m、屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター1本を行っています。坂路入りした当初は安定感を欠く走りを見せていましたが、今ではすっかり慣れが出たようで、スタートダッシュには素晴らしいものがあり、瞬時にトップスピードに乗れるようになりました。ただし、走りに完全に集中しているかといえばそうでない部分もあるので、このあたりの改善が今後の課題となるでしょう。


筋肉質の馬体で短い距離で良いスピードを持ってそうな感じがします。良い感じに成長していますね。
後はスペ産駒の「走る馬」は薄い感じの馬体が多いのでその辺りがどう出るかが課題だと思います。ウェルシュマフィンの血が出ていると信じたいところですw
posted by めてお at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

良い感じです♪

タイキシフォン07


NF早来在厩。504`。現在は1日1時間のウォーキングマシン運動で身体をほぐした後、屋内周回コースでダクとハロン23秒のキャンター1500m、屋内坂路でハロン18秒程度のキャンター1本を行っています。この中間から屋内坂路での調教を開始しましたが、まだ日が浅いこともあり、登坂する際の走り方に安定感を欠いています。こういった面は反復して調教を行うことで解消するものなので心配はなく、今後は息の入れ方、折り合い面といった基本的なことを大切にしつつ、調教を進めていきたいと思います。



身体的なトラブルがなく、坂路に入れたのは好感。厩舎的にも使い出しが遅いことが考えられますので、逆に今の時期に坂路で17秒だの言われた方が怖い訳です。NF早来育成でもありますから本当に楽しみ。スペシャルの上昇気流よ来年まで続いておくれw
posted by めてお at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ノーザンのじっくりはこの時期で18秒

タイキシフォン07

屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っています。ここまでじっくり進めてきたことがよかったようで坂路入りしてからも良好な動きを示しています。


キャロット(ノーザン&空港)でこの時期を順調に過ごせると言う事は、ファンタストやグローバルと言ったところで育成された馬よりも大きなアドバンテージを得たと言う事に等しいです。グローバルの育成については、まだ新しい育成牧場ですから、設備はあるので今後ノウハウの蓄積が進めばそれなりになってくるとは思いますが、個人的には現状ではファンタストと同じ位という位置付けなので(怒られますかね?w)。

後はこのまま無事に行ってくれる事を祈るのみです。怪我だけはしないでくれ〜
posted by めてお at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

良い感じ♪

タイキシフォン07


タイキシフォン07.jpg


移動直後から開始した馴致調教はスムーズに進み、この中間からコース調教に移行しました。現在は1日1時間のウォーキングマシン運動の後、屋内周回コースでダクと軽めのキャンター1500mを行っています。大柄な馬体の持ち主なので比較的ゆったりと進めていますが、キャンターを開始したことで代謝が高まったようで毛ヅヤはグンと良化し、馬体はギュッと引き締まってきました。ハミ受けのよさにもいいものがあり、キャンターの動きは実にスムーズなものがあります。ここまで順調にきているので、今後は折を見て、坂路調教を取り入れ、更に鍛え上げていこうと思います。


写真は好きな感じに変わってきました。
とてもスピードがありそうな感じで何よりです。今年の3頭の中で現在の所ドラ1決定ですねw
音無先生ですので早い段階でのデビューは無さそうですが、このまま成長してくれれば夏のローカルあたりは向きそうな感じがします(妄想)
posted by めてお at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

焦らず、騒がず

タイキシフォン07


移動後は本馬の特長、性格の把握を第一に考えつつ、厩舎内での背慣らしなどの馴致とウォーキングマシン運動を行っています。これまでも背慣らし馴致を行ってきましたが、多少敏感なところがあり、初めて行う事柄に対して身構えるようなところが残っています。ただし、理解力の高さは1歳馬離れしたものがあるので今後の育成調教で問題になることはないでしょう。夏場に放牧をしっかりと続けてきたことから脚力がだいぶついてきた印象で、見た目にも踏み込みの力強さを感じることができます。今からコースでキャンターを行うのがとても楽しみです。


前回の写真はあまり好きな部類の馬体ではない感じではなかったのですが(なんで出資しているのでしょうかw)今回の写真を見て、だんだん良くなってきた気がします。でもやはりスペシャルウィークって感じではないですけどw
この仔は現在の進行状況、音無厩舎の適性まで考えるとデビューは遅いでしょう。でも焦らず早来育成でジックリやってもらえれば面白いと思っています(いや、思いたいw)。目指せオウケンなんておこがましいですが、彼のように適性にあわせてジックリやってもらえると嬉しいです。

それにしても1歳の更新というのはまだ現実性が無い分夢に溢れていて楽しいですねぇ。残口のある馬のチェックをしてますが、だいぶ候補が絞れてきています。今まだ揺れていますが、今日の時点で1頭出資するかもしれません。決心したら報告します〜
posted by めてお at 10:55| Comment(3) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

494Kg〜

タイキシフォン07


現在も引き続き夜間放牧を行っています。ここまで休むことなく放牧に出してきた甲斐あって、いい具合に馬体が成長してきました。ここ最近は冷え込みが厳しくなってきましたが、毛ヅヤは相変わらず冴え渡っており、このあたりに内臓面の顕著な成長を窺い知ることができます。日中には厩舎内馬房で乗り慣らしを開始しましたが、人の乗り降り等、初めて行う事柄に対して少し敏感に構えることもあります。しかし、開始して間もないことを考えれば許容範囲のものなので、じっくり教え込んでいきたいと思います。



記念すべき第1回のエントリ。
最初の更新ですが、まぁとりたてて騒ぐような内容ではありませんが、キャロ馬の1歳更新はマイナス要因さえなければ合格なのでとりあえずは善しですね。私のキャロ馬の中でも一番の高額馬(サウスだと・・・平均値w)ですので期待してますよ〜
posted by めてお at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする