ブレイクランアウト(殿堂馬) 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年07月31日

その選択もアリですねぇ

ブレイクランアウト


29日は軽めの調教を行いました。「今週から少しずつですが、角馬場だけでなく坂路調教にも取り組んでいきます。速いところを行うのはもう少し先ですが、段階を踏んで少しずつ負荷をかけて態勢を整えていきます。始動戦についてはまだ検討の段階です。今のブレイクはいろいろな面で経験を重ねて、成長させていく時期だと思っています。今までは新潟や関東圏での競馬ばかりでしたし、関西への輸送を経験させることもいいことだと思っていますので、朝日チャレンジカップも選択肢に入れて取り組んでいくことにしました」(戸田師)



新潟記念、京成杯AH、朝日CCと次走の番組の候補が次々と発表になっております。次の番組の候補が全て重賞と言うのはウイポみたいで楽しくもありますw

この更新にあるように今のブレイクに必要なのは経験を積み彼の適正を1日も早く掴む事。贅沢を言えば来年以降賞金が足りずに狙った番組を使えないという状況にならないように賞金の上乗せをしておく事だと思っております。
正直賞金を上乗せできるのであれば重賞とは言わずにOP特別でも構わないですって贅沢になったもんだw


掲示板等では「ブレイクはただの早熟馬でとっくに終わってます」的な書き込みが見られます。確かにキャリア、成績をみればその判断は強ち間違ってないとも思えます。そんな声を跳ね返す様な活躍を期待してしまうのが出資者というものです。むろん跳ね返してくれるに決まってますがねw

個人的には来年の宝塚、秋の天皇賞に出走してもらいたい。その為の準備期間としてこの夏、そして秋のシーズンを駆け抜けてもたいたいものです。

posted by めてお at 09:50| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

特に変化なし

ブレイクランアウト


22日は軽めの調教を行いました。「現在は南馬場の中にある角馬場で軽いキャンターで長い距離をじっくり乗り込む調教を行っていますが、十分な運動量を補えていますよ。今日あたりは涼しいし、馬たちも問題なく調教できていますね。もう数週間後からですが、坂路で普通キャンターから15−15弱くらいをやったり、ポリに入れてみたりと、パターンを増やしていくつもりです。その後から少しずつ時計を出していって、具合を見ながら次の目標を設定し、進めていければと考えています」(戸田師)


まぁ特に変化があるわけでは無く、逆に変化があると恐いわけでこのままで行ってくれれば良いのです

次走は何となくですが京王杯AHになりそうな気がしてます。この夏厩舎で過ごす事で、全体的なレベルアップがされている事を本当に信じております。
posted by めてお at 00:53| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

とにかく底上げを

ブレイクランアウト


8日は軽めの調教を行いました。「馬は変わらず元気にしていますし、与えられた調教を順調にこなせていますよ。いよいよ気温も上がり、夏本番といった感じの日もありますが、体調自体は問題ありません。今後も季節を考えて上手く工夫し、調教内容もコントロールしながら取り組んであげたいと思っています。しばらくは今の運動をこなしていき、8月に入ってから少しずつ調教のバリエーションを増やしていこうと考えています」(戸田師)


実はJDDの日に大井競馬場に行ってました。
馬券は2着、3着、4着の三連単と馬単ボックスだったので岩田が抜けてきた時は砕けましたw

レースは非常に面白かったですが、一貫して「この舞台にブレイクが居たらどの位置に居ただろう」とか「テスタマッタを交わせているのかなぁ?」とかそんな事ばっかり考えていました。やはり砂の舞台で見てみたいという願望はやはり捨てきれませんね。

ただ、将来的にダートを使うとなった時にブレイクに求められるのは十分な賞金を確保しておく事。ダートのオープンクラスでは賞金が足りずに全然番組を使えないというのは何度も見かけた光景ですから、なんとか秋は結果を残して欲しいところです。勿論芝のレースだって今のままでは賞金的に少々不安です。

新潟記念でも京王杯AHでも富士Sでも武蔵野S何でもかまいません(贅沢になったもんだw)2着賞金でも贅沢を言わずにオープン特別でも何でもかまわないので、とにかく賞金を上乗せして夢の舞台に今一度立ってもらいたいです。
posted by めてお at 10:58| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

賞金をとにかく加算したい

ブレイクランアウト


1日は軽めの調教を行いました。「うるさいとかではなく、いい意味で元気ですよ。ここ最近は暑くなってきていますが、環境をしっかり整えているので、体調面もまったく問題ありません。しばらくはキャンターをじっくりと踏んでいって基礎向上に努めていくつもりです。次走予定については先日挙げた2レースなどが有力ですが、もうしばらく確定はさせないで、馬の状態を見ながら徐々に決めていくつもりです」(戸田師)


とにかく賞金を加算しない事には春に見た夢の続きは無くなる訳です。

「春にアレだけの経験させてもらって、何贅沢な事を言ってるんだ」とお叱りを受けるかもしれませんが、もう一段上に行ける素材だと信じたいですし、信じてしまうのが出資者というもの。

今年の3歳はレベルが高いともっぱらの評判。その中でも上位に居る馬(と思いたいw)でありますので世間の「単なる早熟馬」という評価を何とか覆して欲しい。
posted by めてお at 23:57| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

トレセンでいかに過ごすか

ブレイクランアウト


24日は軽めの調教を行いました。「引き続き体調も安定していますし、馬は元気にしていますよ。ここ数日は湿度が高くなる日も多いのですが、その点は心配要りません。しっかり馬房内の環境を調整できるようにして、暑さ対策をしていますし、馬がへこたれるようなことがないようにしています。普段の調教は角馬場で軽めのキャンターをゆっくり乗り込んでいます。もちろんその時の状態によって量の変化はつけていますが、反復することで基礎体力の向上につながりますからね。ブレイクはまだまだ子供ですし、もっと土台をしっかりとしたものにしなくてはいけません。今年の秋だけではなく来年以降も見据えて成長を促していかなければいけないと思っていますので、この夏を有意義なものにできるよう取り組んでいきます」(戸田師)



本当に来年以降の事を考えて、この夏を過ごして欲しいと思います。
夏を制するものが受験を制すなんて随分前に言われた記憶がかすかにありますがw 馬も同じ、ここで成長を期待するしかありません。
放牧に出さないという選択がプラスに転じる事を切に願います。
posted by めてお at 22:27| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

早いとこ ダートの適正 見てみたい

ブレイクランアウト


17日は軽めの調教を行いました。「今日も角馬場での運動を入念の乗っています。状態はいい意味で変わりなく、前走を使った分の筋肉の張りも徐々に解消されてきていますよ。今後の馬のコンディションや馬場状態を見ながら具体的な目標を決めていくつもりですが、今のところは先週お話したように京成杯か新潟記念あたりを中心に考えています。京成杯は開幕週で馬場の傷みがないでしょう。右回りになりますが、メンバー構成からも上位に食い込み易い要素が多いですからね。一方、新潟記念は開催の後半になるので馬場コンディションが鍵となりますが、2000mを1ターンで回れる魅力的になコースです。ただし、函館競馬場の改修工事の影響で通常とは多少異なる部分も出てくるでしょうし、そのあたりの変化をしっかり見極めながら検討していければと思います」(戸田師)あくまでも馬のコンディション次第ではありますが、在厩のまま調整し、賞金獲得を目指して有力視されている2鞍のレースをメインに考えていきます。


とりあえずは賞金を加算しない事にはこの先にはすすめません。今挙がっている2つのレースは非常に良い選択だと思います。

ただ、在厩で調整するのであれば新潟のレパードS(新設重賞)を選択肢に入れてダート適正を見てみたいと思うのですがねぇ?

スーニーや今日の関東オークスを圧勝したラヴェリータみたいな馬が恐らく出てくるので簡単ではないでしょうが、ダート適正を見てみるには最適な舞台だと思うんだがなぁ・・・
posted by めてお at 00:21| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

まぁ、あれだ、信じるしかないわな

ブレイクランアウト



10日は軽めの調整を行いました。「今日も乗りましたが、使った分だけ筋肉に張りはあるものの傷みはないですね。あれだけの馬場を走った後なので慎重に見ていましたが、まったく問題ないし、馬は元気いっぱいです。当初は長い距離にチャレンジすることも考えていたのですが、先日のサマーパーティーで会員の方々と話をさせてもらった際に、多くの方がマイル〜中距離というイメージを抱いていました。今後の成長次第で別路線を検討することもあるかもしれませんが、そういうイメージは大事だと思いますし、その道をメインに取り組んでいこうと考えています。しかし、今のブレイクの賞金では、将来苦しくなるのは間違いありません。これからは古馬と戦っていくわけですし、満足して使っていくにはまず賞金加算が第一目標になり、狙えるレースを選んで結果を出していくことが必要です。まだ3歳馬ですし、斤量も一気に増やすのではなくて、いい条件で経験を重ねながら克服していけば理想的です。様々な角度から考えた結果、京成杯オータムハンデあたりがいいのかなと考えています。また、馬場がいいという条件付きで新潟記念などもおもしろいかもしれません。いずれにせよそのあたりのレースを狙っていくにはそう時間もありませんし、おそらくこのまま在厩で調整していくことになるでしょう。夏の暑さを心配される方もいると思いますが、空調などの設備をしっかりと整えてあるので、暑さ対策は十分です。また、ブレイクの性格からも在厩での調整が堪えるということはないでしょう。精神的なストレスも含めて気にする方もいるかもしれませんが、常にバリバリ時計を出すような調教を課しているわけではありませんし、在厩での調整が成長を阻害するということではありませんので心配は要りません。まだまだ若い馬ですし、課題を克服して成長させていかなければいけませんから、より立派な競走馬へと育てていけるように取り組んでいきたいですね」(戸田師)今後の馬の状態次第ではありますが、基本的には在厩で調整して、更なる成長を促す予定です。次走については選択肢がいくつかありますが、今のところ9月13日の中山競馬(京成杯オータムH・芝1600m)あたりへの出走が有力となっています。




会員の声で簡単に方向性が変わっちゃったよw



まぁこの選択自体は歓迎ではあるのですが、会員さんの声云々って言って欲しくなかったような気がします。恐らく先生もそう思っていたのでしょうからこういう選択をしたのでしょうけどね。本音を言わせていただくと、ビシッと「調教師戸田の信念です」的な答えがよかったなぁとも。

この春は東京コースにひたすら拘った惨敗を喫したらあっさり中山コースを選択するところがアレですがまぁ仕方ないとは思います。でも、こんなにアッサリ中山を選択するのであれば皐月賞とかNZT使ってNHKを全力で獲りに行って欲しかったなぁ・・・まぁ終わった事はしょうがないですねぇ。

で、馬場が良ければ新潟始動でこのまま行けばオータムハンデとの事ですが、個人的には新潟のレースが見たいと思います。とは言えそれも先の話ですからね。今は厩舎のスタッフの皆様を信じて応援します。

放牧については個人的にはして欲しいと今でも思っています。ただ、一口馬主は「馬&厩舎」を含めて出資しているのですから彼らの選択を信じるしかない。どうなるかは分かりませんが秋にグレードアップをしたブレイクの姿を拝めると信じていこうと思います。
posted by めてお at 01:28| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

う〜ん

ブレイクランアウト>


3日は軽めの調教を行いました。「普通の雨ならまだしも、直前であれだけの集中豪雨で馬場がかなり特殊なものになってしまいましたからね。適性云々ではなく、リスクも考えてしまいますし、ブレイクに限らず全馬がフルに走りきった結果にならなかったのが残念でした。スタート後の不利もありましたし、馬場も考えてジョッキーが無理をしませんでしたから、脚元を含めて馬体に異常はありませんし、馬はケロッとしています。今のところ近いうちに競馬を使うというつもりはなく、秋の始動を第一に考えています。しかし、今後の予定に関してはまだ検討しているところです。基本的に9月頃の競馬が有力になるでしょうが、そうなると一度放牧に出した場合、真夏であったり、残暑の厳しい時期に帰厩させることになります。暑いところから涼しいところへの移動ならば馬は楽なのですが、逆となると馬の負担はかなり大きなものとなりますからね。1〜2週間ほど様子を見てから今後の段取りを決めていくつもりです」(戸田師)


9月頃のレースというのは大賛成。ただ、更新を見る限り戸田先生は厩舎に置いておきたい感じですね。


勘弁してくださいよ〜


共同通信杯後の厩舎の調整があまり上手くいかなかった印象が正直あるんですよね。ここは下手な欲をださずにしっかりと涼しいところで完全休養をして欲しいと思っています。ケロッとしているのかもしれませんが、あの泥んこダービーを走った後ですから本当に休ませてあげたい。

あとぼく馬によると次走はセントライト記念との事。オフィシャルより先に情報が出てくる馬三郎ってw
京成杯AHあたりかと思っていましたが中距離を使っていくんですかね。

追記

あくまでも馬の状態を見ながらではありますが、秋の始動は9月20日の中山競馬(セントライト記念・芝2200m)、27日の中山競馬(産経賞オールカマー・芝2200m)、27日の阪神競馬(神戸新聞杯・芝2400m)などを検討しています。


正直今の時期から9月の番組の事なんてどうでもよいです。むしろレースまでどこで過ごすのかが問題。

トレセンに置いておきたいのであれば栗東留学とかの策を講じて欲しいです。美浦トレセンでポリトラックで流しているだけでは厳しいでしょう。一番は完全休養だと思いますが如何に?
posted by めてお at 23:18| Comment(4) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ダービー観戦記

本日東京競馬場へ行ってきました。
勿論ダービーに出走するブレイクランアウトの応援のためでもあるのですが、久しぶりに親父との競馬観戦という事で楽しんでまいりました。

私もダービーはアグネスフライトの時以来。ずいぶんと久しぶりだったのですが、親父に聞いてみたら




「タニノハローモアのダービー以来だな」




というとても素晴しいお答えがw

タニノハローモアってあのタケシバオーに5馬身差つけて逃げ切った馬ですから31年前ですって・・・やるな親父w

ただ開門直後に現地に行ったにもかかわらず席を確保できず(涙)
またご存知の通り雨の影響もありましたので今日はパドックには午前中しか行きませんでした。なのでほとんど映像中心に馬を見て馬券を買ってました。ただ、最近のハイビジョン系のモニターだと生で見なくても十分対応できそうな感じですね。技術の進歩だわ〜

続きを読む
posted by めてお at 20:39| Comment(2) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

いざダービー 差してしまえば よろしいやん

ブレイクランアウト「無事出走が確定しました。ロスのない競馬ができることに越したことはありませんから、極端に外の枠よりは真ん中から内側がいいと思っていました。4枠8番ということで、まずまずの枠を引けたと思っています。馬は変わらずいいコンディションを保っていますので、当日が楽しみです」(戸田師)31日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)に藤田騎手で出走いたします。























差してしまえばよろしいやんexclamation×2


































勝ってしまえばよろしいやんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)














藤田騎手の文調に合わせてみましたw
勿論ブレイクの勝利が常識的には厳しいのは解っています。出資馬でなければ紐に抑える程度の存在だと思いますが、デビュー前からクラブの更新に一喜一憂していた馬が、ダービーと言う夢の舞台に名前を連ねることが出来たというだけで今年の私の競馬はある意味終了です。ですからブレイクには頑張って欲しい。

着順は正直どうでも良いです。不利なく彼の能力が最大限発揮できれば・・・・















ってやっぱ無理w





馬券で応援するから何とか3着には来ておくれと思う私は欲深い出資者でございますw でもさ、ブレイクがダービー走るんですよ? 馬券買わないわけにはいかないですもん。

と言うことで、馬券は勿論ブレイク本命で単複1万づつ問答無用で購入する予定でおります。

ただ、あまりに愛馬に入れ込むとキッツイ事は先のNHKで懲りましたので、連勝馬券は通常通りに予想してで買おうと週頭は思っていたのですがやはりというかブレイクを外すことなんて出来ないわけです。





◎ブレイクランアウト
○リーチザクラウン
▲アンライバルド
△ナカヤマフェスタ
△セイウンワンダー
△アントニオバローズ
△ゴールデンチケット
△トライアンフマーチ





今のところこんな感じの予想を考えています。
買い方は今のところ◎○▲を1着→印全部のフォーメーション馬単を考えています(21通り? 要は△は2着まで)三連単を買うとしても同じ様な感じですかねぇ。一番太く買いたいのがブレイク⇔リーチの馬券。ダービーは好きな馬を買うという鉄則からこの買い目は厚く行く予定です。東スポの予想オッズでは189倍と105倍ですか・・・w

とまぁ色々書きましたが馬券はあまり入れ込まずに、今回はしっかりレースをこの目で見届ける為だけに府中競馬場に向かいたいと思います。頑張れ〜自分のレースをしてくれることを祈ってます。
posted by めてお at 22:13| Comment(9) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

18頭に入れたことを誇りたい

ブレイクランアウト


27日は美浦南Pコースで追い切りました(87秒3−70秒6−55秒0−40秒4−12秒1)。「今日はジョッキーに来てもらい、感触を確かめてもらいました。先週もお話ししたように変にテンションをあげる必要はないので、速い時計の追い切りはやらずに70−40で整えるような内容を行いました。終いだけ伸ばしましたがこの馬らしい反応を見せてくれ、12秒でまとめています。いいですね。ジョッキーに感想を聞いてみたところ『すごく利口な馬で、乗り易いし、いい馬。これなら2400mという距離もこなすことができるはず』と言ってくれました。前走は案外な結果となってしまいましたが、その後も順調ですし、ここが今春の一番の目標でしたからね。前走も良い結果を出すつもりで臨みましたが、それは叶いませんでした。前回を使っての上積みは見込めますし、今度こそという気持ちです。楽しみにしています」(戸田師)「この馬の騎乗依頼をもらえて、すごくうれしいです。これまでのレースを見てイメージは持っていましたが、大一番を前に直接跨がって感触を確かめさせてもらいました。最終追い切りは終いの反応を確かめる程度でいいと調教師から指示されていましたし、直線でちょっと追う程度。騎乗するのは初めてなので前との比較はできませんが、思っていたとおりのいい馬です。折り合いも心配なさそうですし、距離は延びても大丈夫ですよ。この大きなチャンスをモノにできるように頑張りたいですね。期待してください」(藤田騎手)31日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)に藤田騎手で出走を予定しています。


時計遅いなぁ・・・確かにテンションを上げる必要は無いのと、前走から間隔が空いていないのでこの調整しか出来ないのでしょうが、極限の仕上げと言った感じの調教を期待していただけに少し残念。

ただ、ブレイクの競走生活は今回で終わりではないですし、これでも良いのでしょう。藤田騎手も良いイメージを持ってくれているようですし終いの切れ味は相変わらずのようですから、色気はもちろん持っていますよw

で、実は昨日から藤田騎手のブログのリンクを貼っています。何気におもろいんですよね。今日の内容を見る限りでは相当気合を入れてくれていそうですし、今回レースで新味を出してくれるではと期待しています。個人的には3〜4番手でレースをするのではないかと思うのですがどうですかね?

人気も程よく落ちてますし本当に楽しみ。上位に入選してほしいとは思いますが、まずは18頭の枠の中に愛馬は入れたと言うことを誇りたいですね。


posted by めてお at 22:59| Comment(2) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

現地応援予定♪

ブレイクランアウト


20日は軽めの調教を行い、21日は美浦南Pコースで追い切りました(73秒3−57秒1−41秒8−12秒3)。「先週いっぱいはレース後のケアにあてましたが、その後も目立った疲れは見せずに順調ですよ。あのような競馬になってしまったし、変にテンションが上がってしまわないかだけが心配でしたが、思ったより落ち着いていて、馬は至って冷静な様子を見せてくれています。次は2400mという距離ですから、力みがあっては苦しいですからね。武騎手も最後は無理させなかったから心身ともに傷みはないのでしょう。今週は1週前ということで軽く追い切りをかけました。予定より若干遅い時計にはなりましたが、その分オーバーワークにならなかったので結果的には良かったでしょう。当該週の追い切りは藤田騎手が美浦に来てくれるということなので、本番前に感触を確かめてもらうため彼騎乗で追い切る予定でいます。その際もあまり強い調教は必要ないので、整えるような意識で行えればと考えています」(戸田師)31日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)に藤田騎手で出走を予定しています。


G1を勝つためにギリギリの仕上げをしているという感じはしませんね。どちらかと言うとダービーにむけて調子を維持すると言う感じです。本当はここで攻め抜いて欲しいところですが、体調や体重的に難しいのかもしれません。

それにしても今回のダービーは解らない。アンライバルドが強いとは思いますが、血統的に1発屋的なところもありますし、ダービーと言う大一番で友道厩舎&岩田騎手というのも何気に不安です。G1の2〜3番人気の岩田騎手なら相当信頼できるんですがねぇ。

皐月のパドックで一番大物に感じたリーチザクラウンはもちろん、ロジユニヴァースもこのままでは終わらない気がしますので、なかなか面白いと思います。

当日は久しぶりに休みがとれたので久しぶりのダービー観戦を予定しています。一番最後に現地で見たダービーはアグネスフライトのダービーですから相当久しぶりです。ブレイクが好走しようが凡走しようが関係なく今から楽しみです。
posted by めてお at 00:24| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

2歳から この選択でも 良かったね

ブレイクランアウト


13日は軽めの運動を行いました。「力のある馬だし、外枠の不利も何とか克服してくれないかと思っていましたが、展開もあり、残念な結果となってしまいました。レース後にもお話ししましたが、馬場の影響もありました。先日CコースからAコースに変わって、Cコースだった部分に馬場維持のための洋芝の種が蒔かれてタフな馬場になっていました。そこへ更に雨が降ってしまいましたからね。レース後は多少の疲れは感じさせますが心配は要りません。共同通信杯後も休むことなくビッシリ乗り込んでいたし、しっかりと体力を養ってきました。次のダービーに向かうにあたってその効果が必ず出てきてくれるはずです。体もできているし、心肺面もマイルCに向かう時点である程度できていました。明日から乗り出すつもりですが、今週いっぱいはレースの疲れを取ってあげて、その後ダービーへ向けて進めていきます。ジョッキーは藤田騎手で行くことにします。ウチと相性のいいジョッキーですし、常に彼への依頼も頭に入っていました。本人もやる気になってくれているはずです。今回は期待に応えることができませんでしたが、次は巻き返せるように取り組んでいきます」(戸田師)31日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)に藤田騎手で出走を予定しています。



ダービーは藤田騎手で決定です。武豊騎手が東スポ杯から差し馬として育ててますので、騎手のイメージと現在のブレイクのイメージは正直一致しませんが、スタートが良い馬ですので、前に行って折り合えればひょっとするかもしれないなんて愚直な出資者は考えてしまいますw

ただダービーで藤田にするのであれば、朝日杯あたりから藤田騎手にしても良かったですよねぇ? 武豊に振り回された感が強いですが、3歳春のG1シーズンに武が振り回すだけの馬に出資できたと言うことが幸せだったと思うことにします。

フサイチコンコルドの弟をコンコルドの鞍上に居た騎手が差しきるなんて事が起きれば狂うんですけどねぇw

それにしても今週のめてお軍団ですが、ブレイクの敗戦で凹んでいるところにオーロ、リアル、サヴァランと非常に盛り上げてくれています。良い馬達だぁ〜w
posted by めてお at 00:43| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

頑張った だけど何かが 足りないね

ブレイクランアウト


10日の東京競馬では中団の外からの競馬。直線に入ってから満を持して追い出されるも、差を詰めることができず9着。「狙っていたレースでしたし、自信を持って臨んだのですが、残念な結果になってしまいました。ずっと外を回らされたというのはあったかもしれませんが、それにしても道中の手ごたえほど伸び切れませんでした。内に先行馬が入って、外の馬が辛くなることは想像していましたが、いつもより元気が良すぎて、仕掛けていくとそのまま行ってしまいそうな雰囲気があったので、末脚を信じてジックリ進めました。今日は力を発揮し切れませんでしたが、この馬の力は決してこんなものではないですよ」(武豊騎手)「パドックでは落ち着いていたし、うまく仕上げることができました。もっとペースが速くなると思っていましたが、3番手以降は団子状態で、かなり遅い流れになりましたね。さらに週中に降った雨の影響で、内の馬場は硬くなってきて砂ぼこりが上がるほど乾いてきていたのですが、外はまだ湿り気が残っていて、スタミナを削られる馬場になっていました。その結果、前に行って内を通った馬が残る展開になり、ブレイクにはかわいそうな競馬になってしまいました。それでも脚を使おうという気は見せていましたし、最後まで頑張ってくれました。マイルでこのペースだと早めに動かざるを得なくなる分、脚を溜める距離が短くなってしまって、それがブレイクには向かなかったのかもしれません。逆に2400mの距離があれば、それだけ脚を溜められるのでプラスだと思います。結果は残念でしたが、体はできているので、立て直すというよりも、またしっかり次の目標に向けて仕上げていきます」(戸田師)外枠で終始外々を回らされて自慢の末脚を発揮することができませんでした。次走はすべてのホースマンの夢である日本ダービーとなりますが、悔いの残らないレースで巻き返しを期待したいものです。31日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)を目標に調整を進めていきます。


ご存知の通り、ブレイクランアウトは降着の恩恵を受けての9着。1番人気で挑んだにも係らず、ゴールした順番だけで言えば二桁着順という信じられない結果に終わってしまいました。馬券等で応援してくださった皆様、お力になれず申し訳ありませんでした。あまりのショックに負けた直後は心に穴がポッカリ開いておりましたが何とか復活いたしましたw

続きを読む
posted by めてお at 00:32| Comment(4) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

2番人気で4倍つくのか・・・

さぁNHKマイルカップです。

当然今日は現地にて応援でございますので、私の個人的な連絡先をご存知の方で、現地応援予定されている方はぜひご連絡ください。

それにしても前日オッズが4.0倍の2番人気というのは美味しいですねぇw
どんなに売れても3倍台におちついてくれそうですし、複勝もこのままですと2倍超えそうですので買ってもいいなと。

いろいろと検討してきましたが、やはりブレイクと心中するくらいの気持ちで応援しないといけないと言うことで、複勝を1万と単勝もしくは馬単総流し馬券を競馬場に着いたら即購入するつもりでおります(他のレース外れまくって買えないとか普通にありそうだしw)

後は他のレースの馬券成績次第で3連単を購入するかどうかと言ったところですが、私は基本パドックで買い目を決める事が多いので、新聞検討時にはレース数を絞っていても結局買うレースは増えるよなぁ・・・

でも不思議と朝日杯や共同通信杯の時の朝と今日の朝は気分が違ってますね。既に重賞を勝ったという事もあるのかもしれませんが、「負けるとすればローテーション」というファクターを認識できているからかもしれませんね。脳内イメージでは3馬身ぐらい突き抜ける予定ですので応援よろしくお願いします。もっとも、差し届かずというのも簡単にイメージできてしまうので困るのですがw
posted by めてお at 08:21| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

いざ府中1600mの舞台へ

ブレイクランアウト


6日は美浦南Pコースで追い切りました(66秒4−52秒1−38秒1−12秒0)。「先週の時点では単走でもいいかなと考えていましたが、万全な状態で送り出すために今週の最終追い切りも併せる形で行いました。先週ビシッとやれたし、今日は時計よりも併せることを重点的に取り組んでいます。また、予定していた数字より若干余裕のある体つき(火曜日時点で452キロ)だったので、6ハロンから長めに行って徐々にペースを上げていく追い切りを行いました。1週前が瞬発力の違いで相手をちぎってしまったし、今週はパートナーと近い距離でしっかり併せられるようにと工夫しています。準オープン馬が一杯になりかけているところをブレイクは馬なり。来られる分だけ伸びそうな手ごたえだったと騎乗した助手も言っていたし、いい動きでしたよ。競馬誌を見てもらえばわかりやすいですが、共同通信杯の時と比べても体が変わってきました。この短期間で、トモの筋肉のボリュームが違うし、それに伴い以前は追い出して頭が高くなりがちだったところも徐々に解消されてきてますね。以前より重心が低くなり、いい走りができるようになってきています。久々のレースになりますが、前走後からじっくり厩舎で調教を積んできましたし、一般的に言う休み明けとは違うはずです。チャンスはあると思っていますが、G1ですし、絶対ということはありません。我々はいつも通りのことをやるだけですし、それで結果がついてきてくれればと思っています」(戸田師)10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に武豊騎手で出走を予定しています。


追い切り終了。なかなか良い追い切りをかける事が出来たのではないでしょうか?

枠番を見ないとわかりませんが、2〜7枠に入ってくれることを兎に角祈っています。極端な枠は引きたくないですね。

掲示板の予想板やブレイク板等を見て回ると鞍上の武豊ジョッキーが不安という意見もチラホラ伺えます。確かに最近の重賞レースでは往年の神懸かった騎乗は見られなくなってきましたが、今日兵庫でダートの怪物スーニーをゴールデンチケットで負かしましたし(POG的にもとっても嬉しいw)良い気分で本番を迎えられると思います。

とにかく、頑張って欲しいですがだんだんドキドキしてきています。はやく日曜が来てくれないですかねぇw
posted by めてお at 21:31| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さぁ今週はNHKマイルカップだ

今週は待ちに待ったNHKマイルカップです。3歳クラシックの中では少し格が落ちる印象のレースではありますが、東京の1600mという能力が問われるコースで行われるG1ですから、この舞台に愛馬を送り込む事が出来たことはこの上ない喜びです。


ブレイク変則2冠狙う(サンスポ.com)



ブレイクランアウト、皐月蹴っても東京ローテ!(スポーツ報知)



新聞各紙において中間の状態等については文句が無い様子が伝えられています。皆様ご存知の通りでブレイクランアウトにとって唯一の懸念材料が共同通信杯からのぶっつけというローテーション。過去にこの手のローテーションを組んだ馬が居ない事もありますが非常に不安な材料です。

競馬ブックでも表紙を飾り、Gallopでも巻頭で紹介されています。個人的にはローテーションで嫌われて2番人気あたりになるかなと思っていましたが、また人気になってしまいそうですね。
人気だろうが無かろうが、馬券を買うので人気が無ければ無い方が良いのですがねぇ。



そのローテーションで絶好なのがアイアンルック。非常に強い馬ですし、中間も頓挫なく本番を迎えられている様子。


アイアンルック輝き増す粘り脚(スポーツ報知)


この馬は非常に恐いと思います。ただ母系のヘクタープロテクターがG1を人気で勝ちきるまでは?という印象もありますのでブレイク出資者としては母父へクターが大いに邪魔してくれる事を祈るのみですね。



NHKのトライアルでもあるNZTを制覇したのはシンボリクリスエス産駒のサンカルロ。左回り巧者がしかもシンクリ産駒が中山マイルを勝ってきたというのは物凄い強調材料。

でもNZTが中山に移ってからの本番の成績は上位に来た馬よりも負けてきた馬の方が本番で連に絡む印象もありますので、うかどうかはオッズ次第といったところでしょうが一番順調に来ているのはこの馬だと思っています。



そして何より同じキャロットのフィフスペトル。背景にお知り合いの顔が見えるので一番戦いたくない相手でしたが、やはり戦うことになってしまいました。

あくまでも個人的な感想なのですが、フィフスの一番の武器は物凄い切れ味のある末脚。ただその末脚があまり長く続かないのでは?と思っています(と言うか思いたいのですw)鞍上の安勝さんも滅茶苦茶恐いですが、脚の使いどころが勝負を分ける感じですね。今のところワイドでお互いの応援馬券を購入予定。

スプリングSでゴタゴタがありましたので勝負の世界ではマイナスなのでしょうけど、三浦皇成が騎乗停止になってますので、あのままスプリング・皐月と三浦が乗っていたら今回乗り代わりだったはずですので、その辺を考えると運が向いてきたとも。



そしてそのスプリングで皐月賞馬アンライバルドの2着したのが東サラのレッドスパーダ。血統的にもマイラーである事は疑いなく、また今の衰えたカズー軍団の中でG1の舞台に出てきたというだけでの素晴しいw

東京コースで2勝して重賞2着。スプリング2着というのは2002年のテレグノシスに非常にパターンが似ています。テレグノシスの時の一番人気はタニノギムレット。間違いなく一番強い馬でしたが道中不利があって3着。鞍上武豊を含め同じような事にならないようにしていただきたいところですねぇ。



その他ワンカラット等気になる馬を挙げていくといくらでも出てきてしまって際限無いですから、追い切り、枠等を見て馬券は考えたいですと言いながらも、恐らく単複&応援ワイドのみ買う気がします。全予算単勝にぶち込める位自信が持てれば幸せなんだけどなぁw






2009年04月19日

フィフスがね NHKに まわるとさ

皐月賞良いレースでした。

馬券はロジを中心に勝負馬券が枠連の1-8というとんでもなく弱気な馬券すらアッサリ紙屑にw
3強の中で一番軽視していたアンライバルドが圧勝という予想的に大惨敗のレースでしたが、締まった良いレースだったと思います。

キャロ馬トライアンフマーチも大健闘!! キョウエイマーチの子供がクラシックを沸かせるというのは非常に感慨深いです。AITOさんおめでとうございます。負けたのにおめでとうはちょっと違う気もしますが、本賞金の加算と競走馬にとって一番の大舞台の出走パスポート獲得ですから「おめでとう」でよろしいですよね?

対して私の◎と○のロジとリーチはどうしたかなぁ?
今回のレースはペースも速くて底力が問われるレースだと予想して、アンライバルドよりも器が大きそうな2頭向きのレースになると踏んだのですが・・・
ただ、個人的にはリーチが2桁着順に沈んでくれたことで、ダービーのブレイク鞍上は武豊の可能性が出てきたと思っています。もちろんこれはNHKである程度の着順にならないと駄目な訳ですが、戦前よりは可能性が高まりましたので喜んでおりましたらかんちさんから悪魔の電話w



「めておさんフィフスの次走がNHKに決まりました〜w」





勘弁してよ〜w


今日のレースはフィフスにとって展開的に向いたレースだったと思います。安勝さんはインを突っ込みましたが、外を回していれば掲示板あったんじゃないかなぁ? インで満足に追えなかったにもかかわらずあの着順でしたからもったいないレースだったと思います。ただ、安勝さんがインを突くという事は手応えから外を回せないと判断した可能性は高いですから、更に距離を400m延ばすよりは短縮という判断を陣営が下すのは当然かなぁとも。

今日のレースは残念でしたが、着順から考えてもマイルの距離であれば相当手ごわい相手であることは間違いないので頭が痛いお話です。フィフスは手ごわいだけでなく、彼の後ろには私と同じ1口の夢を追っている出資者の皆様の顔が浮かぶので、本当に戦いたくないよ〜

間隔があいてるがフレッシュ状態のブレイクと、皐月賞というレベルの相当高いレースを使って消耗しているが順調度で勝るフィフスの戦い。朝日杯の結果から検討しても当日の体調ですとか、展開と言ったもので着順は入れ替わるでしょう。戸田先生、強力なライバル登場ですから気を抜かないでくださいね〜

2009年04月15日

大注目です

ブレイクランアウト


15日は軽めの調教を行いました。「予定通り先週後半からポリトラックに入れ出しました。今週も15−15程度を行って下地を作っていますが、コースでも相変わらずいい動きを見せてくれますね。精神的な成長も感じますし、走りにも力強さを感じさせてくれます。共同通信杯から間隔を空け、成長させるためにその期間を充てましたが、その効果を感じ取ることできていますよ。一応、馬のコンディションなどを見ながらですが、来週あたりから追い切りを開始していくことになるでしょう」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



今週は皐月賞。世代の馬達が鎬を削る最高の舞台でもあるクラシックの第一弾です。
今年はおかげさまで、いつもの年とは違う気持ちでこのレースを見る事になりそうですね。焦点は2点。

@リーチザクラウンが惨敗してくれるか?

Aフィフスペトルがダービーに直行するレースをしてくれるか?

この2点ですね。
リーチについては言わずもがな武豊争奪戦が決定する訳です。3着以内に来るとダービーの鞍上は決定してしまうでしょう。ですのでなんとしてでも惨敗して欲しい訳ですが、困ってしまうのは

3強の中で一番好きなタイプ

なんですよねリーチってw 馬券は軸にしてしまうかもしれません。強さと脆さが同居しているタイプって私嫌いではないんですよね。逆に嫌いなのはロジユニの方。今年のクラシックは惨敗かもしれないなぁ・・・

フィフスペトルの方は、間違いなく中山2000よりは東京1600の方が適性があると思っている訳です。正直絶対に勝てない相手とは思いませんが、戦わずに済むのであればそれに越した事は無い訳です。だって順調に来ているフィフスを負かすのは大変な事ですよ・・・

3着までに来てくれれば恐らくNHKを挟まずにダービーに直行してくれると思いますので今回は安勝の腕に期待しています。勿論馬券的にも狙いたいですので滅茶苦茶頑張ってもらいたいところです。かんちさん、serinsさん頼みましたよ〜ってスゲェ自己中エントリ申し訳ありませんw

2009年04月10日

徐々に盛り上がってきそう

ブレイクランアウト


8日は軽めの調教を行いました。「引き続き順調ですよ。ここ最近は週中にも坂路調教を取り入れ、コンスタントに15−15程度の調教を取り入れています。不安という不安もありませんし、走りにも力強さが備わってきて、じっくり取り組んできた効果を感じさせますからね。この調子で進めていければ言うことありません。今週の後半から徐々にポリトラックに入れていき、追い切りの下準備を行っていく予定でいます」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



今週のNZTのメンバーを見ると使って欲しかったなぁとも思いましたが、万全の体勢を整えていただいていると思っていますので不満はないですね。
厩舎で過ごしたこの2ヶ月でどれだけパワーアップしてますか?

2009年04月05日

まぁボチボチと

ブレイクランアウト


1日は軽めの調教を行いました。「至って順調ですね。じっくり時間をかけて乗り込んでいることから、距離は相当だし、乗り込み量は豊富です。ここ最近は週末に15−15手前くらいのところを坂路で踏んでいるのですが、その際の動きが力強くなっているので、またひとつ成長しているように感じます。体は今で450キロくらいですので、徐々に追い切りを重ねていけばちょうどいい数字で競馬へ向えるようになるでしょうし、そうしていきたいと思います」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。


共同通信杯からNHKのローテですと、力の差がある程度なければ普通のローテを歩んできた馬と勝負するのは難しいと個人的には思います。毎日杯、NZT、桜花賞、皐月賞で上位に来ている馬を退けるには絶対的なパワーアップが必要ですからこの更新に書いてあるような成長を本当に期待しています。

2009年03月28日

アイアンルックは手強そうです

ブレイクランアウト


25日は軽めの調整を行いました。「先週の坂路調教もそうですが、少しずつ普通キャンターから15−15手前くらいの調教を取り入れ始めています。先週で少し気持ちも入りましたし、かと言って変にうるさくもなっていません。いい精神状態で調教を臨めていますし、この状態をキープしていきたいですね。まだ目標まで時間はありますから急にピッチを上げていくことはしませんが、来週、再来週あたりからポリトラックでの調教を再開していこうかと考えています」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



ブレイクは至極順調。
ただ本日、NHKマイルの最重要ステップレースの毎日杯がありましたが、アイアンルックが圧勝しました。コレは手ごわいですねぇ・・・アイアンには本音としては皐月賞に向かって欲しいところですが、次走はNHKが有力のようです。橋口厩舎はリーチザクラウンがいますから当然と言えば当然かもしれませんし、ダービーでの鞍上を武豊で固定するには、NHKをブレイクに勝たせてはいけないわけですから厩舎的には最高の刺客を送り込める訳ですわね。

アイアンルックの兄貴はあのエックスダンス。現在は不調のどん底にいますが、北海道で見せた能力は相当だと思いましたので、その弟ですから本当に不気味。東京コースで秘めた能力が爆発しない事を祈るのみですねぇ・・・かなり強力なライバルが現れてしまったと思っております(苦笑)

2009年03月23日

ライバルが徐々に

ブレイクランアウト


18日は軽めの調整、19日は坂路で軽めの調整を行いました。「これまでは角馬場を中心にじっくり乗り込んでいたのですが、少し間隔が空いているのもあって最近はおっとりとした様子を見せていました。あまり気持ちを緩めすぎても良くないかと思い、今日は坂路2本のメニューを行いました。すると、ブレイクにスイッチがしっかりと入って少し時計になるかならないかくらいで元気良く登っています。これによって今後またシャキッとしてくるでしょうし、気持ちの面でもいい意味でリセットしてくるはずです。適度にオンオフをきかせながら今後も調整していきます」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



NZTは使わない方向でブレないですね。強力なライバルが登場しない事を強く祈っておりますが、スプリングS2着のレッドスパーダはウルサイ存在になりそうです。また3着のフィフスも皐月賞の着順次第ではNHKに回ってくる公算が大ですから厳しいですねぇ・・・これらのライバル相手にぶっつけで勝てるのか?

2009年03月12日

ぶれずに頑張れ!!!

ブレイクランアウト


11日は軽めの調教を行いました。「引き続き順調ですし、いい意味で変わりありません。この中間も自分が直接跨って調教をつけているのですが、相変わらずいい背中の感触を感じさせてくれます。これからは厩舎の顔となるような活躍をしてもらわないといけませんし、更なる成長を見せて一回りも二回りも立派な競走馬となってくれればと思っています」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



同じキャロ馬のフィフスは本番前にゴタゴタを迎えてしまいましたが、ブレイク陣営は全くぶれていない所に好感が持てます。ライバルが来る可能性が高まったので焦りの更新があるかと思ったんですがねw

NHKの前に一叩きして欲しいのが本音ではありますが、信念を貫いて欲しいとも。とにかくマイルカップはブレイクにとって今年一番の目標のレースですので力を発揮できるようにしっかり、ジックリ育てて頂きたいところです。


2009年03月07日

なんか変な方向に行っちゃいましたね

ブレイクランアウト


4日は軽めの調整を行いました。「変わらず元気に調教を積むことができています。何もないことが一番ですからね。まだまだ幼い部分が残っている馬ですし、そんな中であれだけのパフォーマンスを見せてくれるわけですから、これから更に成長した時にどれだけの走りをしてくれるのだろうと思うと楽しみで仕方ありません。この春だけが勝負ではありませんが、少しでもいい形で次走へ向えるようにしっかりと成長を促していきたいですね」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。


春だけが目標ではないと言うのは仰る通り。ただ、皆様ご存知の通りNHKマイル路線は身内から強力なライバルが登場のようです

三浦ミス!フィフスペトル回避 調教軽過ぎ弥生賞使えず

【弥生賞】追い切り不満フィフスペトル回避


記事では次走スプリングSという事になっていますが、キャロの公式ではNZT→NHKマイルという事が発表されています。これは加藤サイドの言い分。で、

河野通文厩舎公式ブログ

という形で河野サイドの情報が公開されています。
今回どっちがどうと言う事はいえないと思います。加藤調教師の言い分、弟子をコケにされた河野調教師の言い分それぞれあるとは思いますが、結果的にフィフスペトルは三冠の中で一番適性があると思われる皐月賞を回避、クラシック出走を楽しみにしていた馬主(=出資者)と三浦皇成という若い才能がこのような騒動に巻き込まれてしまった事が残念でならないです。

それに、今回の騒動は単にフィフスペトルが皐月賞回避というだけに止まらず、今後三浦騎手が社台系の馬主、調教師と距離がどんどん置かれてしまうような気がしてなりません。リーチの件もありましたしね。

河野調教師のバックアップがあったからこそ三浦騎手はあれだけの成績を挙げられたのは事実ですが、今の日本の競馬の構造を考えると社台からのバックアップが無ければ、「一流騎手」と呼ばれるようなキャリアの形成は不可能。加藤厩舎はその代表みたいなところがありますから、彼のこれからに暗い影を落とさなければ良いのですが・・・

で、色々と書きましたが、今回の結果一番辛いのはフィフスペトル出資者の皆様だと思います。でも何気に辛いのは強力なライバルがトライアルを一叩きして出てきてしまうというブレイク出資者ですよ。同じクラブで、何とか使い分けできないのですかねぇ? まだスプリングあたりを使って皐月賞という路線もあると思いますし、フィフスにリベンジするのはダービーの舞台が良いですよ〜毎日杯あたりを叩かないと正直勝てる気がしません。

2009年03月03日

マイル路線よ薄くなれw

この時期の3歳重賞はアーリントンカップを始めとするマイル路線よりもクラシックに直結するレースの方が興味深い訳ですが、今年はおかげさまで例年とは違う形で楽しませてもらっています。

で、今までなら弥生賞の結果というのは皐月と言うよりダービーを占う意味で大注目なのですが今年は若干違うんですよね。



フィフスペトルさん頼むから2000mもって頂戴w



ブレイクにとってNHKマイルは一生に一度の大舞台。もちろん出走馬のレベルが高いところでのレースも楽しみなのですが、ライバルが薄ければ薄い方が良いに決まってます。
ましてやフィフスはキャロ馬。かんちさんを始めとするお仲間が出資されていると言う事もありますし、ブレイクが唯一「差された馬」ですから正直もう戦いたくないわけですw

加藤先生は今回の結果次第でマイル路線と言っているようですが皐月→ダービーの王道を進んで欲しいです。頼むよ〜ってスゲェ自己チューですねw でもライバルは1頭でも少ない方が良いのですよ。

2009年02月25日

一口馬主として嬉しい事この上なし

ブレイクランアウト


25日は軽めの調整を行いました。5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。


まぁまだ3ヶ月先ですので更新はこんなもんですが、でも今週は週頭から競馬ブックの表紙になったりしてテンションが上がっているところに素晴らしいものを発見




馬なり1ハロン劇場





いや〜まさかあの漫画に登場してしまうとはw
非常に嬉しいです。これからもよしだみほさんの漫画にレギュラーで出れるような活躍を期待〜

2009年02月18日

あと3ヶ月・・・長い〜

ブレイクランアウト


18日は調整程度。「レース後1週間経ちましたが、馬は変わりありませんよ。レース後も元気いっぱいでしたから、先週末から早速乗り出したところです。目標まで約3ヶ月と時間はたっぷりありますので、じっくりと乗り込み、調教を行いながら成長を促していきたいですね」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走予定。



リーチがきさらぎ賞を圧勝し、皐月へ直行と言う事で皐月賞の結果如何で武豊騎手の争奪戦が決する形になります。

NHKを叩き台で勝てるほどは抜けた馬では無いと思っているだけに、毎日杯・NZTといったところを使ってNHKを120%、全力で獲りに行ってもらいたいものです。気が変わってくれないかなぁ・・・

2009年02月13日

テンション上がりました

ブレイクランアウト


「ようやくこの馬の能力通りの結果を出せてホッとしました。武豊ジョッキーもアドマイヤムーンのようだと名馬を例えに出して賛辞してくれていますし、今後がとても楽しみになりました。レース後は特に目立った疲れもないですし、脚元もまったく心配要りません。この後は検討した結果、マイルカップへ直行してダービーを目指すことになりました。それまでは少し期間が空きますが、まだ心身ともに若さが残るし、いろいろと教えていき成長を促していきたいですね。厩舎のほうがより目の行き届くのは間違いありませんので、このまま厩舎に置いて調整し、ゆっくりじっくり乗り込んでいきたいと思います」(戸田師)協議の結果、5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)からダービーを春の最大目標に調整していく予定。





ア・ド・マ・イ・ヤ・ム・−・ン!!!




武騎手が大きいレースを勝った後のリップサービスは結構大げさだったりしますが、それでも年度代表馬に例えられるというのは嫌な気持ちはしません。彼の半分も走ってくれれば充分過ぎますものw 

次走についても私の希望であったマイルカップ直行というもの。まぁ順調に進めばNZTを使うなんて話も出てくるかもしれませんから良い傾向。要は皐月を使わなければ私にとっては万々歳。強いて言えば短期でも良いから放牧してあげたかったところですが、まぁ仕方ないでしょう。マイルカップが本当に楽しみです。

2009年02月08日

ついにやりました!!!

ブレイクランアウト


ブレイクランアウトは本日共同通信杯に出走し、見事1着になりました。
皆さま、応援ありがとうございました。

それにしても長かったです。先ほど銀行通帳を改めて確認しましたら私の初めての一口クラブの口座引き落としは平成14年11月でウインレーシングクラブでした。



重賞(オープン)勝つまでに7年もかかりましたよ




まぁウイン、サウスニアと結果カタログの中に重賞ウィナーが1頭も入っていないクラブでスタートしましたから当たり前と言えば当たり前なのですが、それでもこれだけの時間がかかってしまいました。始める前はもう少し簡単だと思いましたが、みなさんご存知の通り一口道は厳しいっすw

さて、レースは内ラチ沿いを走って直線は内をつく理想的なもの。トーセンとの着差はコース取りの差もあったかもしれませんが、一瞬で抜け出すスピードはブレイク最大の武器ですね。武騎手も3度目の騎乗で流石にブレイクの特性をガッチリ掴んでいましたね。今日のレースは彼のエスコートなしには語れません。
ただ、その武騎手。来週にはリーチザクラウンという駒できさらぎ賞に向かいます。リーチは血統的にもブレイクよりは長い距離に適性があると思われ(気性的にはマイラーかも?と思ってますが)順調に行けば皐月→ダービー路線で武豊が選ぶのはこの馬だと私は思っています。そう考えるとブレイクの次走をクラシック路線にするのは鞍上的には非常に難しい。それにそもそも皐月路線を歩むとなると疲れやなんだで、個人的には一番使ってもらいたいNHKマイルのセンが無くなる気がしています。なのであくまでも個人的な考えですがNZTからNHKマイルそして余力があればダービーというお祭に参加というのが希望なのですが、難しいですかねぇ? まぁこれについては他の出資者の人達も色々と考え方があると思いますので何ともいえませんねぇ。

それにしても嬉しい。3歳の重賞に勝つと言う事はこの1年は王道路線を愛馬と戦えると言う事。今まで「自分の馬が大舞台に出てくれればなぁ」などと思っていましたが現実味を帯びてきた事は本当に嬉しい以外の言葉がありません。それ以前に実は愛馬が目の前で勝ってくれたのはサジターリオの新馬戦以来2回目。今日の光景と感動はきっと棺桶に入る直前まで忘れないでしょうw

クラブの更新です続きを読む