ブレイクランアウト(殿堂馬) 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2010年02月12日

やっと具体的になってきた

ブレイクランアウト


軽めの調整を行っています。「引き続き、人が跨った状態でしっかりと動かしながら運動負荷をかけています。3月の下旬ごろにはトレセンへ戻すつもりなので、このままじっくり乗り込んでいきます。帰厩後からじっくり仕上げていくことになるので、あくまでも状態次第ですが、復帰戦はエプソムカップあたりがいいのではないかと思っています。今年は昨年以上に頑張ってもらわなければいけませんから、馬の状態を良く見ながら最終的に決めていきたいと考えています」(戸田師)



色々とありましたが、やっと具体的な帰厩時期と次走の予定(あくまでも予定ですけど)が出ました。

何気に新潟大賞典あたり使ってくれないかなぁと思ってましたがエプソムカップだそうです。まぁ目標自体は問題ないというか共同通信杯で勝った舞台ですから妥当な線なんですが、マダマダ先だなぁ・・・
posted by めてお at 01:18| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

もう1年ですか

ブレイクランアウト


軽めの運動を行っています。「元気な姿を見せていますが、お坊ちゃんで、ヤンチャな部分を見せるときがあります。精神的にさらに大人になってくればまた違った一面が見られるようになるでしょう。引き続きじっくり動かしながら心身の成長を促していきます」(戸田師)


今更、ヤンチャだのお坊ちゃんだの言われてもねえw

今週は共同通信杯。あれから1年も経ってしまいました、早いなぁ・・・
posted by めてお at 17:24| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

変わらず変わらず

ブレイクランアウト


軽めの運動を行っています。「人が跨った状態でじっくり動かし、運動の中でも負荷をかけるように乗り込んでいます。本格的な調教はトレセンに入ってからになるでしょうが、水野でも今のように少しずつ乗っていきます。時間をかけていることで、以前と比べると徐々に馬の雰囲気が良くなってきているのがわかります」(戸田師)



何にも変わらないですね。
もう半年休む事が決まったのでしょうからこのペースで良いと思いますが、今日の東京新聞杯の馬柱を見ると複雑ですねぇ(苦笑)
このレース走ってもらいたかったです。
posted by めてお at 10:39| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

現状その姿勢ではダメだろう

ブレイクランアウト


軽めの運動を行っています。「頻繁に水野馬事センターへ行って、いつものブレイクであることを確認するようにしています。状態はいい意味で変わりありませんし、引き続き入念に運動を行っています。あくまでも今考えている話ですが、秋の目標は天皇賞なので、毎日王冠などをステップにすることになるのではないかと考えています。復帰は今年の前半のうちにする予定で、馬の仕上がり具合にあわせることが大前提ですが、様々な角度から見て先のことを考えながらレース選択をしていきたいですね」(戸田師)



スポーツ新聞では次走を関屋記念あたりまで待つと言ったコメントがあったようです。まぁ問題ないと思いますが、実際問題ブレイクの「レベル」を考えると、「調教師の余裕」がとても不安です。正直まだまだ「毎日王冠をステップで」と言える立場には居ないと思ってるんですよね。
ですから大舞台に出走させたいのであれば別のレースで賞金の加算は必須。関屋記念だって真剣に仕上げて挑まないと簡単に跳ね返されると思います。関屋で賞金加算できれば良いですが、中途半端な仕上げで挑んで失敗したら新潟記念や京成杯AHとどんどん後手後手にまわる・・・ってそれはそれで全然良いかw

まぁとにかく言いたい事は天皇賞なんて大風呂敷を広げないで、謙虚に真剣にレースに挑んで貰いたいところです。夏に賞金加算できず、秋に調子を崩して放牧なんてオチだけは勘弁です。
posted by めてお at 09:41| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

復帰は当分先だわね

ブレイクランアウト


軽めの運動を行っています。「時間をかけていることで疲れは徐々に癒えてきましたし、人が跨った状態で負荷をかける運動を行えています。帰厩するまでの間は、じっくり動かしながら心身ともにフレッシュな状態へ持っていき、トレセンに戻してから入念に乗り込んで仕上げていくつもりです。体がそこまで大きくない馬なので、レースをただ数多く使うというのではなく、しっかり仕上げて一戦一戦を大事にしていきたいと考えています」(戸田師)



しっかり仕上げて一戦一戦を大事にしていくことはプロとして当たり前の事として認識して頂きたいのですがw

この時点でもまだ軽めの運動という事は、夏の新潟あたりの復帰という可能性も十分にありそうですね。まぁ非常に向く条件とは思いますが長いなあ・・・
posted by めてお at 11:42| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

目標下方修正 _| ̄|○

ブレイクランアウト

曳き運動を行っています。「引き続きマッサージと曳き運動で疲れを取ることに専念しています。今後、心身ともにさらなる成長を促したいと思っていますので、春は成長の期間に充てることも考えています」(戸田師)

軽めの運動を行っています。「引き続き疲れを取ることを中心に運動を行っていますが、ここにきて状態は上向いているので、現在は人が跨った状態で負荷をかけています。3歳シーズンは大舞台で頑張ってくれましたし、レベルの高いレースを走ってきたことで消耗も大きかったと思います。小さな馬ですから大きな馬に比べて一戦するごとにケアをする必要があります。それは今後においても同じことですし、早い時期から数ばかりを使っていくことは決してこの馬にとって得策ではありません。今年のいちばんの目標は秋の天皇賞と考えていますので、今年前半に無理に使うのは避けたいと思っています。現時点では3月末あたりにトレセンへ戻す予定です。帰厩後から本格的に実戦へ向けた乗り込みを行っていくつもりです。オープンでこれからもっと活躍してもらわなければいけませんので、トレセンでの乗り込み期間をしっかりと作ることになるでしょう。仕上がり具合を見ながら具体的なレースを決めていくので、復帰が春の後半になるのか夏ごろになるかは乗っていく中で考えていくことになると思います」(戸田師)



文面で戸田先生が仰りたい事は十分理解できるのですが、春の活躍を妄想していただけにガッカリしたのが本音です。

・馬体が小さい馬なのでケアが必要
・レベルの高いレースで消耗も大きい

これは理解できるし、当然と思う。ただこの2点を理由にあげるのであれば昨年のブレイクの使い方は疑問が残る。

騎手の都合に合わせた休み明けでのNHK挑戦。ダービーの極悪馬場。その極悪馬場を走らせたにもかかわらず夏場は厩舎での調整・・・疲れだの馬体だのって言うなら万全のケアをするべきでしたね。
昨年秋は朝日CCと菊花賞の2戦だけ。普通に考えればローテーションも特段キツイ訳ではない(関西への遠征がダメージと言えばダメージか?)が、その2戦がある意味止めを刺してしまった訳ですから、本当に春の一連のレースで疲れが相当に溜まっていたんでしょう。

ただ、もう春全休を決めたのであれば、ぶれる事なく信念をもってやって欲しい。後々振り返って「あの時休んだから今がある」という結論になる事を今は祈っております。
ただ、こうなると関西馬が羨ましくなる。GWとか宇治田原とかでのケア後の復帰と、水野馬事センターではあくまでも個人的なイメージですが前者の方が遥かにパワーアップして帰ってきそうな感じがします。この時期だけGWで・・・ってダメ?w

という事で、タイトルにも書きましたように、今年のブレイクの目標を0勝入着2回に下方修正します。半年しかないのですからこれくらいかと。


posted by めてお at 12:16| Comment(2) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

来年は飛躍の年に

ブレイクランアウト


曳き運動を行っています。「引き続きゆっくりさせて、体に溜まった疲れを癒しているところです。ブレイクが前回水野馬事センターにいたのは1年以上前で、久しぶりの環境だったので最初は遠慮気味でしたが、今ではすっかり慣れて、いつもの元気なブレイクです。今年は共同通信杯を勝つことはできましたが、その後の大きいところでなかなかいい走りをさせてあげることができませんでした。うれしいこともあれば悔しい思いもして、いろいろあった1年でした。今の充電期間を経て、来年こそはもっと飛躍できるようにしていきたいですね」(戸田師)



今年の1年を総括すれば、戸田先生の仰るとおりなわけです。
重賞制覇の喜びは下手すれば私もいつ死ぬかわかりませんが、その瞬間に出てきてしまうかもしれないくらい嬉しかったですからねぇ。

来年は飛躍の年にしてもらいましょう。とりあえずもう1つ重賞を勝つまで1800〜2000くらいの芝のレースに集中してほしいところ。今年は春の小倉開催が中京開催なので小倉大賞典あたりに使えたらと思ってましたが、流石に厳しいかな?
posted by めてお at 16:58| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

じっくり休んで欲しい

ブレイクランアウト


曳き運動を行っています。「午前、午後と水野馬事センターへ行っていますが、元気な姿を見せてくれています。これまでビッシリ鍛えてきた分、楽をするときがありませんでしたから、今はしっかり休ませて、春ごろの競馬を目標にしたいと考えています」(戸田師)



中山記念あたりから是非始動しましょう!!!
斤量負けしないぐらいの「体の成長」を期待します。


来年の目標は宝塚記念(今だけ言わせてw)。頑張れ〜
posted by めてお at 13:09| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

大きくなって帰って来い

ブレイクランアウト


曳き運動を行っています。「放牧に出して楽をさせたことで、疲れは徐々に抜けてきていますね。これまでじっくり乗り込みながら鍛えてきましたので、このタイミングでひと息入れてあげればまたグンと良くなってくれるはずです」(戸田師)



もう少し前に放牧していたら、もっとグンと良くなったのでは?と出資者は予想しますがw

私の「ブレイクは斤量泣きする馬」説を覆すような成長を期待したいと思います。でっかくなれよ〜
posted by めてお at 18:54| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

結局チグハグな1年だったですなぁ

ブレイクランアウト


09/11/11
11日は軽めの調教を行いました。「馬は元気にしており、通常のメニューをしっかりこなしてくれていますよ。今週の後半あたりから少しずつ乗り進めていこうと考えています。次走についてはまだ検討中で、今のところ中京か阪神のどちらかへ向かおうと考えています。よりスムーズな左回りの競馬を重視するか、好走した阪神の舞台を重視するかのどちらかになりますが、今後のことを踏まえた上で最終的にどうするかを決めていきたいと思っています」(戸田師)12月5日の阪神競馬(鳴尾記念・芝1800m)か12日の中京競馬(中日新聞杯・芝2000m)に出走を予定しています。

09/11/12

「調教の前に馬体チェックを行ったのですが、脚元に多少の疲れが残ります。目に見えない疲れが、ここにきて出てきたのでしょう。将来のある馬ですから、ここで無理をする必要はありませんので、年内の出走は見送り、リフレッシュを図ることにしました。明日改めて馬体チェックを行った上で放牧に出す予定です」(戸田師)12月5日の阪神競馬(鳴尾記念・芝1800m)、12日の中京競馬(中日新聞杯・芝2000m)は見送り、近日中に水野馬事センターへ放牧に出す予定です。

09/11/13

「本日、改めて馬体チェックを行いましたが、特に問題はありませんでした。レベルの高いレースを使ってきたこともあって、全体的に少し疲れが出てしまっているのでしょう。来年のさらなる飛躍のために、無理せず一度リフレッシュさせることにしました。1〜2ヶ月はゆっくり休養をさせたいと思います」(戸田師)14日に水野馬事センターへ放牧に出す予定です。



まぁ無理に年内使ってもらうよりも休んで来年というのは以前から望んでいたことですから、今回の放牧は歓迎なのですが、どうも流れが悪い印象が強いです。もっとしっかりして欲しいところです。

夏場休めなかった分、しっかり休んでもらいたいと思います。東京新聞杯は早すぎますから、中山記念か中京記念あたりからの始動してくれればうれしいですね。

さて、今年のブレイクのレースはこれで終了です。共同通信杯を勝てたときはもう少しやれると思いましたがまぁ仕方ないでしょう。彼のおかげで一口始まって以来の充実した1年を送らせて頂きました。感謝感謝です。贅沢かもしれませんが、来年もよろしく頼むぞw
posted by めてお at 18:49| Comment(2) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

中日新聞杯が濃厚か?

ブレイクランアウト


4日は軽めの調教を行いました。「先週は軽めで様子を見ていましたが、特に変わりないですね。目一杯走っていない感じでしたので、傷むところもなかったし、馬は元気がありすぎるくらいです。次走については今のところいくつかの選択肢を挙げていますが、来年以降のことも含めたレース選択をしていきたいですね。得手不得手というほどではありませんが、右回りより左回りのほうがよりスムーズということは間違いありません。来年も東京・中京の左回りの条件を中心に考えていくことになるでしょうから、そのあたりを加味しながら次走を決めていこうと考えています」(戸田師)12月5日の阪神競馬(鳴尾記念・芝1800m)や12日の中京競馬(中日新聞杯・芝2000m)を含めて、次走を検討していきます。



来年の大目標は安田記念に秋天との事(新潟大賞典・関屋記念との話もw)です。中京って事は高松宮なんて・・・ないですねw

でも本当に来年の大きいところの出走権を得るために今秋、来春に走るレースはとても大切になります。中日新聞杯を勝てると大きいんですけどねぇ。まぁ贅沢な事は言うまいw
本当に左回りが得意であるなら第二のシンゲン的な使い方をしてくれれば万々歳。シンゲンは骨折してしまったようですから、先輩の分も左回りで爆走していただきましょう!!
posted by めてお at 21:08| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

次はどうなるか?

ブレイクランアウト


28日は軽めの調教を行いました。「レース後の様子を見ていたのですが、すぐに息が入っていてケロッとしていました。あまり走っていないようです。スローでゆったりとしたペースが影響したのか何なのか原因ははっきりとわかりませんが、集中力が途中で切れたような感じで、勝負どころでガツンと来るところがまったくありませんでした。手前も替えていないし、今回は能力どおりの結果ではないと思います。もう一度この馬のいいリズムに戻すために次走はいろいろと考えていきたいと思います。阪神の鳴尾記念というのも候補のひとつですし、左回りの中日新聞杯というのもいいかもしれません。あくまでも今後の馬の状態を見つつ、次走を決めていければと考えています」(戸田師)12月5日の阪神競馬(鳴尾記念・芝1800m)や12日の中京競馬(中日新聞杯・芝2000m)などを選択肢に入れながら調整していきます。


G3の路線は大歓迎。正直G1はあと2〜3枚皮が剥けないと届かないと思いますので着実に一歩一歩進んでいきましょう。

鳴尾記念と中日新聞杯なら鳴尾記念の方が距離適性的にアリかなぁと思います。2000より1800ね。ただ、本音は東京新聞杯とかダービー卿とかから始動して欲しいぞ。
posted by めてお at 20:35| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

斤量泣きするのかなぁ・・・

ブレイクランアウト


25日の京都競馬では後方で折り合いをつけ、勝負どころから外めに出されて追われるも、脚を伸ばせず16着。「やはり大外枠はきつかったね。前走の感じから折り合いがつく自信はあったし、うまく内に入り込めたけど、それでも勝ち馬がインコースをうまく立ち回ったのに比べると距離のロスが大きかった。3000メートルきっちり走っている馬よりも、100メートル以上は多く走ってしまっているからね。距離もやっぱり長かったかもしれないね。でも中距離なら大きいところを取れる馬。今日の経験が必ずこれからに活きてくるはずだよ」(藤田騎手)「パドックでは落ち着いていたし、いい状態に仕上げることができました。前走時と美浦を出発前の馬体重はまったく同じだったのですが、今回はプラス体重だったように、前回で輸送を経験したことも活きていたと思います。今日は極端な枠からのスタートでリズムに乗った走りができませんでしたが、年内もう1走を考えています。阪神で好走できたこともありますし、今のところ鳴尾記念あたりがいいのではと思っています。この馬の持つ能力はこんなものではないし、必ず巻き返しますよ」(戸田師)結果こそ伴いませんでしたが、クラシックへのチャレンジは期待を大いに持たせてくれました。在厩でしっかりケアを行いながら、12月5日の阪神競馬(鳴尾記念・芝1800m)を中心に調整していく予定です。


枠の内、外を敗因にできるレベルの負けでは無いのですがねぇw
藤田騎手は中距離なら大きいところと言ってますが、G3だって大きいですから、まぁどこまでなのか。

菊花賞の前は戸田先生が「ブレイクが切れる脚を使っているのはマイル以上」と仰っていました。菊花賞の前はその可能性にすがっておりましたが、昨日の結果を受けて、私自身は違う見方をしています。




ブレイクの好走は斤量56Kg以下の時だけ




これって事実なのですが、掲示板に載っている時と惨敗が57Kgを境にきれいに分かれています。

新馬戦 54Kg 1着
いちょうS 55Kg 4着
東京スポーツ杯 55Kg 2着
朝日杯フューチュリティS 55Kg 3着
共同通信杯 56Kg 1着

NHKマイルカップ 57Kg 9着
東京優駿 57Kg 15着
朝日CC 53Kg 2着
菊花賞 57Kg 16着


57Kgは全てG1ですのでレベルが高いという理由も勿論あると思いますが、33秒台の末脚を発揮して負けたというレースでは無く、全く末脚を無くして惨敗というレースばかりなので、強ち大はずれという事でもなさそう。これは非常に重い事実だなぁ・・・。馬体も小さい馬ですから、本当に堪えているのかもしれませんね。

次走は鳴尾記念との事。個人的には休養して来春から再スタートを切って欲しいと思いますが、今後の動向に注目です。ちなみに鳴尾記念の斤量は

3歳馬55kg、4歳以上馬56kg、牝馬2kg減(日本馬・外国調教馬)。
収得賞金3000万円以上は2000万円毎に1kg増量(日本馬)

何とか56Kgで出れそうですw
posted by めてお at 00:10| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

先ほど帰ってまいりました

先ほど京都から帰ってまいりました。

ブレイクは大変残念な結果で終わりましたが、初めての京都競馬を満喫してまいりました。印象は東京競馬場に近く、素晴しい競馬場だと思いました。また機会があれば是非行きたい競馬場です。




まぁそうはいっても交通費込みで7万強負けておるのですがw




これで追加出資は暫く無しだなぁw
来週の天皇賞のオススメ馬券を、この馬券下手なめておにどなたかご教授ください(切実)


さて、その菊花賞ですが、普段の菊花賞であればミスプロ系の馬は買わないので、問答無用で切っているところなのですが、そこは愛馬が出走ですから、もちろん軸と言うか単複7割、あとブレイクが来なくても大丈夫なボックス馬券で勝負しました。単複のお布施は毎度の事ながら3万ほど買いました。多いと思いましたがオッズを見たら買ってしまいました(だって単勝2万で40万円になるなんてw)でもお布施はG3とか休み明け初戦に限定した方が良いかなぁ・・・何となくですがバラゲーとかカンパニーとかの匂いを痛烈に感じております。もっともこの2頭ぐらい走ってくれれば大大大満足なのですがw

レースはリーチが速いペースで引っ張った事によりダンス産駒のワンツー。最近タキオンやネオユニ、マンカフェの陰に隠れ存在感が薄かった父にとってマダマダ健在である事をアピールした結果でした。
長距離のレースをその適性がある種牡馬の子供が勝つというのは私的には歓迎。ダンスにはもっと頑張って欲しいところです(一口出資しろと言われれば微妙ですがw)
3着のセイウンワンダーは頑張りましたね。適性距離はマイル〜2000ぐらいの馬だと思いますが、この成績は立派です。ある意味今年一番頑張った3歳牡馬は彼でしょう。朝日杯ではもう少しのところまで追い詰めましたが、どんどん差がついてしまっているなぁ・・・

個人的には大好きなリーチザクラウンですが、今回は距離が長すぎましたが、頑張っていると思います。マイルがベストという感じではないですけど、2000ぐらいまでなら相当強いと思うんですよね。マイルCS出てくれないかなぁ?

リーチが速いレースを作った為、スタミナが問われるレースになりました。菊花賞なのですから当たり前なのですが、今年に限っては唯一の好走の条件とも思えたスローのヨーイドンの流れになってくれませんでした。残念。後悔しても仕方ないですが富士Sだったら・・・とか考えてしまいますねぇ。来年の安田記念や天皇賞秋に賞金不足で除外されるという事が無いように頑張らないといけませんね。

とは言え陣営には感謝しております。朝日杯、NHKマイル、ダービー、菊花賞と4度もG1に連れて行ってくれました。今年の一連のG1で一番向いたであろう皐月賞をパスし、適性的に?だった菊花賞に出走させたあたりもう一皮剥けて欲しいところですけど(苦笑)ほぼ1年貴重な馬房をブレイクの為に空けてくれてましたから。

レクチャー(実は初めて参加しましたw)によると次は順調であれば鳴尾記念だそうです。確かにこの先使えそうな番組は鳴尾記念しかないかなぁと思いますが、これで3走連続で関西遠征になります。どうなんだろう? 個人的にはここで一旦休ませて、来年の東京新聞杯→中山記念のキングヘイローが歩んだ道がベストではないかと思ってますが・・・
posted by めてお at 23:50| Comment(6) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

大外ですが

ブレイクランアウト


18番枠と極端な枠になりましたが、まわりの動きを見ながら運べますので悲観的には考えていません。距離が距離ですし、じっくり流れに乗り、スムーズな競馬ができればいい走りを見せてくれるはずです。しっかりと乗り込んできていい状態にありますので、楽しみです」(戸田師)25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に藤田騎手で出走いたします。



外枠18番です。下手な外よりも大外の方が良いとは思いますが、それでも内側の方が良かったとは思いますがまぁ仕方ない。

だいぶネットとかを見てもブレイクに注目という記事が目立ち始めました。井崎シューゴロー先生と馬三郎弥永が本命ですと・・・不安だw
何とかスローペースになってくれることを祈るのみ。豊さん頼むよ〜w
posted by めてお at 23:04| Comment(4) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

盛り上がってまいりましたw

ブレイクランアウト


21日は美浦南Dコースで追い切りました(69秒6−53秒4−39秒3−12秒8)。「輸送もありますので、当該週は単走で70−40程度の追い切りを行いました。ポリトラックに入れることも考えていたのですが、引き続き馬場コンディションが良くて走りやすいダートコースを選びました。1頭でもしっかり集中して走れていたし、いい動きでしたね。不安なく仕上げることができたと思います。体重は追い切り前の計測で462キロでしたし、前走の追い切り前の時と同じくらいの状態にあります。水曜日に追い切って、京都までの輸送をはさみますから、今より減るのは間違いないでしょうが、いい状態で臨めると思いますよ。距離はやってみなければわかりませんが、前走で折り合い面に不安がないことを確認できたし、いい形で流れに乗れればこなしてくれると思っています。調教では手前の偏りもないですし、右回りもこなしてくれるでしょう。土曜日に京都へ入る予定で、万全な状態で本番を迎えられるようにします。今から週末が楽しみです」(戸田師)25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に藤田騎手で出走を予定しています。



以前よりマイル〜中距離に専心して欲しい旨記載していましたが、今週はGallop買ったり、競馬ブック買ったり、菊花賞特集の報知やニッカン買ったりととても楽しみましたので、今となっては菊花賞参戦の決断をしてくれた事は良かったと思ってます。なんて現金なw

今年の菊は武豊リーチが全てを握ってますが、何とかブレイクに向く流れを作って欲しいところです。ダービーでの本線馬券リーチ−ブレイクの2頭軸で馬券を買おうとか考えてますが果たして・・・
posted by めてお at 23:10| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

菊1週前

ブレイクランアウト


14日は軽めの調教を行い、15日は美浦南Dコースで追い切りました(66秒7−51秒4−37秒7−12秒4)。「先週お話ししたように今週は右回りでの調教を行いました。右回りだとダートのDコースかウッドチップコースになりますが、よりコンディションのいいDコースで追い切りました。ラーナックを追いかける形で、手綱を引っ張ったまま直線半ばで並びかけたところから追い出すように行いました。瞬時に反応していましたし、動きを見ても言うことないくらい順調に来ています。いよいよ来週がレースになりますが、再度関西圏への輸送競馬となります。前走もそこまで極端に減った感じはありませんでしたが、輸送に備えて余力を残した状態で美浦を出発できるように調整しようと考えています」(戸田師)25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に藤田騎手で出走を予定しています。



一応前走の経験を踏まえての調整をしている様子。
菊花賞の舞台は正直きついと思います。ただ、今はブレイクが自分のレースがクラシック最後の舞台で発揮できれば十分だと思ってます。
願わくばブレイクに血統や馬体を超越した「スタミナ」があらん事を・・・と言いながらも今年のメンバーならなんて思ったりもしてw
posted by めてお at 07:53| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

現地観戦どうしようかなぁ?

ブレイクランアウト


7日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒3−52秒7−38秒8−12秒6)。「当初は木曜日に追い切る予定でしたが、台風の影響を考えて今日追い切りを行いました。2週前ですし、そこまでビッシリとはやる必要がないので、今回は先行し、ウェディングフジコ(古馬オープン)と併せる形で行いました。パートナーは少し仕掛ける内容でしたが、ブレイクは終始馬なりで楽な手ごたえで回っています。いたって順調ですね。左回りでの追い切りを行いましたので、今のところ来週の追い切りは右回りコースで行うことを考えています。天候や混み具合などを考慮した上で最終的にどのコースにするかを決めますが、ダートやウッドチップで行うことを考えています」(戸田師)25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に藤田騎手で出走を予定しています。



京都行くの迷うなぁ・・・
posted by めてお at 14:30| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

後は応援するのみ

ブレイクランアウト


9月30日は軽めの調教を行い、1日は美浦南Dコースで追い切りました(59秒9−44秒1−14秒5)。「今週から少しずつ動かし出しました。そうは言っても、今週はこれから上げていくための慣らしのようなもので、南馬場の一番外にあるダートコースを15−15くらいで回ってくる内容でした。状態は変わらず良く、特に気になる面はありません。来週あたりからピッチを上げて、状態を見ながら併せ馬での調教を消化していく予定です。馬の雰囲気次第ですが、当該週の追い切りは輸送も控えていますので、単走で整える調教にしようと考えています」(戸田師)10月25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に藤田騎手で出走を予定しています。



神戸新聞杯の結果から、今年は乱菊の様相ですので、3歳のオープン馬を抱えている陣営にとってはチャンスである事は間違いない。
古馬の2000mのG3で良い勝負をしたブレイクにもチャンスはあるでしょう。
後はブレイク自身に長距離の適性があるかどうか。個人的には1400〜2200ぐらいの馬(きりたさんの指摘で修正w)だと思っていますが、万が一適性があるようであれば・・・
posted by めてお at 00:11| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

なんか言い訳全開ですなw

ブレイクランアウト


23日は軽めの調教を行いました。「前走後も特に変わりないですし、元気な姿を見せてくれています。前走で馬体重が減っていましたが、ダービーのときは大雨の影響で軽量に多少のズレがあったし、NHKマイルCのときと比較すれば若干ですが増えていました。確かに輸送で減った分はあったと思いますが、走り方などに成長は見て取れましたし、決して悪い状態ではなかったと思います。相手関係などを考慮した結果、菊花賞を目指すことになりましたので、次開催の3週目に合わせた調教を行っていきます。来週か再来週あたりから徐々にピッチを上げることになるでしょう」(戸田師)25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)に出走を予定しています。


素直に輸送で馬体が減ったといえば良いのに、NHKの話持ち出したりして、何か言い訳がましいですなぁ。

本音を言えば来年に向けて富士Sとか鳴尾記念とか使って欲しいところですが、決まった以上は前向きに応援させてもらいます。クラブ的にもマイルCS路線はフィフスペトルとか上手くいけばスピリタスとかが居ますからブレイクには菊路線というのもまぁ分からなくもないかと。

とにかく長距離の適性が少しでもある事を祈るのみ。
posted by めてお at 23:19| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菊挑戦決定のようです

ブレイクランアウト

ブレイクランアウトの菊花賞挑戦が決定したようです。

ブレイク菊挑戦、朝日CC2着で陣営決断(nikkansports.com)


ブレイクランアウト菊花賞参戦(スポーツ報知)


ブレイクランアウト藤田と菊に参戦!(Sponichi Annex)



もう決まってしまったのですから、可能性を信じて応援するのみですね。
菊に挑戦する以上は陣営には「今年は菊花賞で競馬が終わり」ぐらいの状態まで仕上げてもらいたいです。春の様な失態(敢えて書かせてもらいます)は無いように願います。

ブレイクが出走決定した事で、今週の神戸新聞杯はいつも以上に大注目レースになってしまいました。リーチ、アンライ他「菊に向かって万全」というレースにならなければ良いなぁw


posted by めてお at 10:29| Comment(3) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

その選択は思いもしなかった

ブレイクランアウト


6日は軽めの調整を行いました。「体こそ減っていましたが、いい状態でレースに臨めたと思いますし、あと少しのところだったのでとにかく悔しいですね。夏場にじっくり厩舎でトレーニングに励んできた結果、古馬との戦いでまずまずの内容を残せたわけですから、その点はよかったと思います。ジョッキーと話をしましたが、『まったく折り合い面は問題なかった。距離が延びても問題ない』と太鼓判をもらいました。以前のように少しかかり気味に走るようであれば距離への不安を感じてしまいますが、レースではその不安も払拭できました。次走については思案中ですが、菊花賞への参戦を考えています。先週の競馬でぶっちぎるような競馬ができていれば古馬の一線級と戦っても好勝負になるでしょうが、2着となってしまいました。また賞金面で見ても、直行では出走が困難なようですし、毎日王冠を挟んで天皇賞となると中2週のローテーションになり、大事な本番で馬のコンディションがピークを越えてしまうことにもなります。朝日チャレンジカップの内容から、同じ3歳馬同士ならまず上位争いができるという内容でしたので、距離に対して不安のなくなった今ならば菊花賞へ挑戦してみる価値はあると思います」(戸田師)今のところ10月25日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)への出走を検討しています。




菊花賞の選択は全くの想定外です。



この更新の後半部分「先週の〜直行では出走が困難なようです」というのは理解できる。毎日王冠から天皇賞に向かうローテが厳しいというのも理解できる。同じ3歳同士ならという気持ちも分かる。でも菊の選択は無いわぁ〜

実は同厩舎のシンゲンとの絡みから天皇賞路線はないかもしれないと思っていました。下手すれば菊に向かうなんて事もあるのかなぁなんて思ってもいましたが、現実に更新の中に文字を見るとがっかりしますね。

近年の長距離レースはスローのヨーイドンのレースが多いのでスタミナスタミナ言わなくても良くなっているとは思います。藤田騎手も引っかからなかったから距離が伸びても問題ないというジャッジもまぁ分かりますが、距離が伸びてあの脚が使えるとはどうしても思えないのですよね。

ここはあくまでも個人的な印象なのですが、私ブレイクのベストは1400ぐらいだと思っているんですよね。前走もG1馬の底力に負けたという味方も出来ますが、微妙に距離が長かったとも思ってます。うーん複雑です。

ブレイクの様な馬に出資できたのは一口馬主としては幸運の極み。こんなエントリが出来るだけでも感謝しないといけないとは思います。でもこの陣営の目標の決め方はどうも好きになれないなぁ・・・春と同じ様な過ちだけは繰り返して欲しくないですね。春もNHKを最大の目標に設定していたらもう少し上位に来たと今でも思っているだけに、今から心変わりしてもらえないかと祈っております。

だって菊を目指すならセントライトから使えば輸送で馬体は減らなかった訳ですし、3歳馬同士の方が勝つチャンスだって高かったのですから何とも中途半端に映ります。京都コース自体は合うとは思いますけどねぇ・・・どうなりますか?
posted by めてお at 00:28| Comment(3) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

最後の一押しが足りないなぁ

ブレイクランアウト


12日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団を追走、直線は外から鋭く伸びるもわずかに届かず2着。「悔しいですね。折り合いはつくことはわかっていたので、ゲートから出していき、ポジションを取りに行った。いい位置で折り合えたし、スムーズなレースはできましたね。着差が着差だけに負けたのは悔しいけど、相手は皐月賞馬だから仕方ありません。まだ3歳馬でこれから良くなってくれそうだし、距離は心配がないことも分かったので、これからが楽しみです。GT馬の底力にやられたとしか言いようがないです」(藤田騎手)「藤田ジョッキーも悔しがっていたし、私も同じ気持ちです。勝ち馬は道悪が上手だし、良馬場ならブレイクの方が差し切っていたかもしれません。この後は在厩で馬の状態を見てから決めていきます」(戸田師)今回のレースは2着に負けたとはいえ、昨年の皐月賞馬にゴール前まで迫る勢いで、非常に価値のあるレースでした。今後は状態を見て在厩で調整していきます。



うーん勝ったかと思いましたがねぇ。相手はレベル云々言われてましたが皐月賞を勝ちきった馬。底力はあるのは分かってましたし、川田騎手も上手く乗ってましたから仕方なかったのですが、3キロ差あった事を考えると手放しでは喜べません
昨年の東スポ杯で、ナカヤマフェスタを交わしそうで交わせなかったあのレースを思い出してしまいました。勝負根性が無いのか、突き抜ける脚が無いのかは分かりませんが、その辺の課題は今後も付きまといますねぇ。

とは言え、古馬との初対戦で重賞2着は立派。そりゃ1着が欲しかったですが賞金を加算できたのも収穫です。
藤田騎手も最高のレースをしてくれました。位置取りも良かったですしあのポジションでも折り合えたのは今後を考えると大きいですよね。安勝、ウチパク他乗って欲しい騎手はいますが、しばらくは藤田騎手で鞍上固定をお願いしたいです。コロコロ変わってしまうなら男仕様で行きましょう。


で、今後問題になるのは次走のレース選択。今日の2着賞金だけでは天皇賞に直行するというのは無理でしょう。かといってオールカマーやセントライトはローテーション的にキツイですから、天皇賞に出走するのであれば必然的に毎日王冠という選択になります。

ただ、今のブレイクがウオッカと戦ったところで、最高に上手くいって2着賞金をくわえる事くらいしかできないでしょうし、カンパニーとかスーパーホーネットと言った今日のメンバーとは比較にならないぐらいの強力な馬達も出走してくる事は容易に予想できるわけで、天皇賞に出走させる事は相当高いハードルだと思います。

なので個人的には秋の最大目標をマイルCSに定めてローテを組んで欲しいと思う。次走は富士S→マイルCSが私の理想。富士Sで賞金を加算できなければ、G1は諦めて福島記念や鳴尾記念を目指して欲しい。名より実を取りに行く戦略をとって欲しいと思う。今年の秋シーズンは実を獲りに行って、来年のG1出走を確実にする為の基礎固めの年にして欲しい。


とまぁ妄想をあれやこれやと書きましたが、ローテーションを重賞で考えられるというのは一口モンとしては幸せだなぁと感じておりますが、ブレイクにおんぶに抱っこのめてお軍団の現状はとってもマズイ状況、次なる矢よ出よ!!!

posted by めてお at 23:55| Comment(4) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ決戦

もう今日になりますが、阪神のメインレースの朝日CCにブレイクランアウトが出走します。

当初期待していたライバル達はみな出走を決め、当初の目論見よりレベルは上がりましたw

恐らく1番人気は皐月賞馬キャプテントゥーレ。実績、長期休養明けの前走でも好走をしてますし、手強い相手である事は間違いない。


そして何気に除外されて欲しかった馬がベッラレイア。この馬に岩田ってムチャクチャ恐い。確実に差し込んできそうです。


そして何よりそのブレイクですが実力的には6〜8番人気あたりが妥当なのでしょうが、当日は一口パワーで売れてしまいますから、下手すれば4番人気あたりになってしまうかも、うーん難しい。

ただ、出資者的に都合よく解釈すれば、ブレイクが53Kgで出走できるというのは「今回は好走しなさい」とJRAが言っているような気がしますw 本当に今回は大チャンスの様な気がするんですよね。

まぁ古馬との初対戦ですから何とも言えませんし、彼自身の成長という課題もある。なので今回は楽しみ半分恐さ半分です。

馬券はスピリタス→マゼランの馬券が転がったら大きく勝負w
途絶えたら単複2000円ずつ買ってレースを見ることにします。


posted by めてお at 00:54| Comment(7) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

さぁ待ちに待った復帰戦です

ブレイクランアウト


9日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒8−53秒3−38秒6−12秒2)。「今週から関東の本場が中山開催に戻るのでポリトラックも右回りになっています。それなので、今週もポリトラックで実戦を意識した追い切りを行いました。先週の1週前追い切りでしっかり負荷をかけましたから、今週は整える程度で十分と思っていました。時計もまずまずですし、動きは良かったです。重心が下がって大人びたフットワークで走ることができています。体も伸びが出てきて、ひと夏越してまた成長してくれたと思いますから、春とは違うブレイクになってくれていると思います。体は今週の時点で460キロです。春と比べれば数字上だけでも10キロ近くの成長分があります。今回は初めての関西圏への遠征になりますから、その点をいかにスムーズにこなしてくれるかでしょう。問題ないとは思っていますが、キャリアの浅い馬でもあるので、そこが今回のポイントとなると思います。ここでの内容によって今後のレース選択も変わってくるでしょう。週末が楽しみです」(戸田師)12日の阪神競馬(朝日チャレンジC・芝2000m)に藤田騎手で出走を予定しています。



オーロ惨敗で意気消沈のめておですが、今週はついにエースの登場ですから気を取り直して行きましょうw


さて、今回の注目点は


成長が感じられる馬体で出てくるのか?



この1点ですね。
NHKもダービーも現地観戦しましたが、周りと比べてひ弱に映ったのは事実。単純に馬体重が増えているかどうかも大事ですが、全体的に成長していると感じさせる姿で出てきて欲しいなぁと。ここで変わらずですとブレイク超早熟説の方々を喜ばせてしまいますので、何とか踏ん張ってもらいたい(ってもう答えでてしまうのですがw)

まだ相手関係が決まっているわけではないですが、補欠になっている皐月賞馬のキャプテントゥーレの存在が気になりますね。最初はそのまま除外の方向でお願いしたいと思っていましたが、鞍上が男藤田である事を考えるとキャプテン徹底マークの方がレースはし易いのかなぁとも。

鞍上については藤田騎手なのは個人的にはノープロブレムなのですが、過去のレース振りからは差しタイプの馬ですので、逃げ先行の藤田騎手とはあまり手が合うとは思えないんですよねぇ・・・個人的には岩田騎手に一番乗ってもらいたいところですが、まぁそれは過去の事件からありえませんのでw 安勝、ウチパク、横典あたりに乗ってもらいたいなぁ・・・まぁとっても贅沢な話ですが、安勝、ウチパクあたりが「乗せてください」と言ってくる様なレースを期待。もちろん男仕様にしてくれても全然文句ないですけどね。


楽しみだ〜
posted by めてお at 23:09| Comment(2) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

さぁ1週前

ブレイクランアウト


3日は美浦南Pコースで追い切りました(82秒5−66秒6−51秒8−37秒6−12秒4)。「いいですね。予定どおり今週はこれまでより少し速い時計を出すように意識して追い切りました。ポリトラックで、前に馬を置いて後ろから追いかける形を取りましたが、直線で少し仕掛けてからの反応も良かったし、不満はありません。1週前としてはいい追い切りを消化できたと思いますし、来週は整えるように最終調整を行って、競馬へ向かうつもりです。いよいよ来週が復帰戦ですから、今から楽しみです」(戸田師)12日の阪神競馬(朝日チャレンジC・芝2000m)に藤田騎手で出走を予定しています。


楽しみですね。ブレイクの次走の結果次第では追加出資も・・・
posted by めてお at 00:41| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

さぁあと2週

ブレイクランアウト


27日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒3−56秒0−40秒8−13秒3)。「これまでは他馬の背の上から見ることがほとんどだったのですが、初めて調教でブレイクに跨らせてもらいました。リズム良く駆けていたし、最後だけ少し仕掛けて出していったのですが、瞬時に反応してくれました。いかにも “切れる”という感じで、いい状態になってきていることを確認することができました」(黛騎手)「今週は再び右回りを意識してウッドチップで追い切りました。70−40くらいを予定していましたが、コースの外々を回った分もあり、時計は若干遅く取られていますが、ペースは思惑通りの調教が行えました。動きは変わらずいいですし、至って順調ですね。今日は力むことなく走ることができていたし、いい形でこのまま進めていけるでしょう。来週は馬の雰囲気などにもよりますが、ポリトラックで時計を出そうかと考えています。1週前追い切りになりますので、それなりの負荷をかけるつもりです」(戸田師)9月12日の阪神競馬(朝日チャレンジC・芝2000m)に藤田騎手で出走を予定しています。


ついにあと2週間後になりました。私の中では


今年の3歳は強い→その強い3歳馬の中でも重賞を勝てた→初の古馬との対戦も十分可能性はある→キャロット2歳馬の予算アップw


など考えております。取らぬ狸のなんとやらですが、それが一口の醍醐味でもありますので。

キャプテントゥーレを始として、中々の面子が揃いますが、中距離重賞としては良いチョイスだと思います。兄貴のキャプテン徹底マーク騎乗を期待したい。個人的には前に行っても強いと思うんだけどなぁ・・・
posted by めてお at 09:05| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ぶっちゃけ朝日CCでよかったですねぇw

ブレイクランアウト


20日は美浦南Pコースで追い切りました(70秒6−54秒9−40秒8−13秒2)。「先週までは15−15程度に留めていましたが、予定しているレースまでの期間がいよいよ1ヵ月を切りましたので、今週から時計になるところを始めました。これまでは私が直接跨っていましたが、外からの目でも確認したいので、今日は助手が跨って追い切っています。併せ馬の形で行いましたが、今日は無理せず70−40のものです。行きっぷりが良すぎて、3コーナー過ぎくらいで早めにパートナーに並びかけてしまいましたが、リズムを崩さないことのほうが大事ですし、まったく問題ありません。体に伸びが出てきて、走りの重心も下がり、ひと頃と比べてもよりいい走りができるようになってきています。至って順調で、これといった問題もなく調教を行うことができていますから、この調子でピッチをあげていきます」(戸田師)9月12日の阪神競馬(朝日チャレンジC・芝2000m)に藤田騎手で出走を予定しています。



今日のレパードステークスですが、トランセンド強かったですねぇ。随分前はこのレパードSにブレイクを使って欲しかったのですが、今日のレースを見て


ブレイク使わなくて良かったw



正直思いました。素直に芝路線で頑張りましょうw
朝日CCまであとわずかですが、成長した姿を見せてくれるかと思うと本当に楽しみです。
posted by めてお at 17:32| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

成長しているようですね

ブレイクランアウト


13日は美浦南Wコースで追い切りました(59秒9−44秒2−14秒4)。「先週お話ししたように今週から少しずつ時計を出し始めました。そうは言っても、そこまで速いものではなく、5ハロンから15−15を刻んでいって、最後だけほんの少し伸ばすという程度です。これまで速いところを行う際はポリトラックを使うことが多かったのですが、今のポリトラックは新潟開催に合わせて左回りになっています。右回りの馬場で走るということを意識して、今回はウッドチップで行いました。チップでもフットワークはいいし、タフな馬場も苦にしていませんでしたよ。今後もポリトラックを含めて、状況に合わせた調整を行っていきます。これから徐々に調教を強めていくという段階ではありますが、今で460キロほどありますし、成長を感じさせる体つきになっていますよ」(戸田師)9月12日の阪神競馬(朝日チャレンジC・芝2000m)に藤田騎手で出走を予定しています。



この時期にああだこうだ言うつもりもないですし、意味が無い事ですが、ウッドチップで調教ができるようになったようです。戸田厩舎はポリトラック調教がメインですが、ポリトラックって馬の調整には向いている気がするのですが、鍛えると言う意味では向いていないような気がしています。もちろん素人の印象ですがね。

朝日チャレンジCにターゲットを決めて、ブレずに進むのは良い事です。楽しみですがキャプテントゥーレが出走しますねぇ・・・関屋記念で流石というレースを見せましたから嫌な感じです。森厩舎が息を吹き返してきた気がしますが、朝日チャレンジCだけは沈黙してもらいたいところですw
posted by めてお at 22:25| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

次走は朝日CC

ブレイクランアウト


5日は軽めの調教を行いました。「先週から調教のバリエーションを増やして乗っていますし、坂路も時計になるかならないかくらいの調教を行っています。至って順調ですし、今日のような暑い気候にも負けることなく元気な姿を見せていますよ。今のところ来週あたりから徐々に時計を出していこうと考えています。いろいろと考えたのですが、今のところ朝日チャレンジカップをメインに考えています。春先は大きな目標があったため、大事に使ってきましたが、これからは歴戦の古馬たちと戦っていかなければいけません。そのためにはいろんな経験をして、成長させていかなければいけませんし、関西圏のレースを経験することも必要だと思っています。初めての古馬との一戦ということを考えると、例年メンバーもそこまできつくならないこのレースは適しているのではないかというのも理由のひとつです」(戸田師)今のところ9月12日の阪神競馬(朝日チャレンジC・芝2000m)に藤田騎手で出走を目標に進めていきます。



朝日CCに決まりましたね。フィフスペトルとの住み分けましたかね?

個人的には歓迎ですが、戸田先生の方針がぶれている印象もありますね。結果を出してくれれば良いのでしっかりして欲しいところです。


posted by めてお at 23:50| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする