ガーデンスタイル(引退) 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2008年04月17日

えっ? スイートピーですか?

ガーデンスタイル

 グリーンウッド在厩。坂路コースにてハロン16〜18秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。
「連日の坂路入りとなっていますが、気持ちが乗って自然に15秒ペース近くまで上がるときもあるくらい。調子はよさそうですよ。これ以上ピッチを上げていくと精神的に昂ってきてしまいそうですから、牝馬でもありますしメニューとしてはこれぐらいで十分でしょう。調教師からは、『状態さえ整えば、5月4日(祝)東京11RスイートピーS(3歳オープン・芝1800m)への出走も検討している』と聞いていますので、このまま来週半ばに帰厩の運びとなる可能性が高そう。その場合は、直前に15−15をサーッとやって送り出すことになるかと思います」(加藤担当)


今まで一口をやってきてオープンクラスに出走させた経験が無いのでオープン、それもオークストライアルのスイートピーSに出走というのは嬉しいは嬉しいのですが、芝適正を試すならしっかりと500万クラスで試してもらいたいなぁとも。前の週に牝馬限定のD1600m翌週には牝馬限定の芝の1600mがあるのでどちらかに行って欲しいと思うんですが・・・でもメインレースで愛馬の姿を見たいとも思いますのでどっちでもいいやw
posted by めてお at 00:22| Comment(5) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

早速GWに移動です。

ガーデンスタイル

6日(日)にグリーンウッドへ移動。現在は、坂路にてハロン17〜18秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。
「ソエの不安もありませんので早速坂路に入れていますよ。レースを使ってきた牝馬だけに、幾らか線が細い感じがしますので、まずはこれぐらいのペースで体を戻してからピッチを上げていきたいと思います」(加藤担当)
「ショックウェーブの効果が大きかったようで、ソエが落ち着いたことから早めの移動となりました。繰り返しソエが出るようにまだ体質的な弱さを残していますが、この様子であればペースアップにも難なく対応し、レースまで進めていけそうです」(幣旗場長)


思ったより早いGWへの復帰です。クラシックは無縁の血統ですから地道に出世街道を歩けるように祈っています。目指すは地方交流ですのでね。確実に1勝を。
posted by めてお at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

症状が重くなくてラッキーです。

ガーデンスタイル

 島上牧場在厩。ウォーキングマシンによる日に60分間の常歩運動を消化しています。
「熱感はなく、すでに痛みも治まった様子。思った以上にソエの回復は早いようですね。馬にカリカリしたところはみられないですし、体つきのいい馬ですから、この先きっと走ってくるのではないでしょうか。今の感じであれば、あと1〜2週間でグリーンウッドへ移動し、調教を再開できるかもしれません」(幣旗場長)


思ったよりも早い復帰が期待できそうです。
今はこの仔とルージュアルダンが私の心の支えですのでw
次走はどうなるか分かりませんが、牝馬限定戦の500万条件がダートの場合あまり組まれていないので、状態次第では芝を使うかもしれませんね。とにかくGWで万全の状態にまで調整してもらいたいです。
posted by めてお at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

流石に中山は無理か?

ガーデンスタイル

 レース後の飼葉喰いが一息であり、また、ソエも気にし始めたことから、23日(日)に近郊の島上牧場へ放牧に出ています。
「見た目には分からない程度ですが、両前がソエ気味であり、右前には触診による痛みがありますね。きのう、ショックウェーブ治療を行いましたので、ほどなく落ち着いてくるとは思いますが、この後もう1回(ショックウェーブを)かけたほうが無難でしょう。日々については、ウォーキングマシン60分の運動とレーザー照射、アイシングによるケアを消化中。来月中のグリーンウッド移動を目安として、目下は少しゆっくりさせてあげたいと思います」(幣旗場長)


現状の希望の星が軽い頓挫です。勝ち星を挙げていなければ結構凹むところですが、これが勝利を挙げている余裕というものでしょう。
ただ、流石に桜花賞の週の500万は難しいでしょう。楽しみにしていたので残念ですが夏場のローカル開催でD1700の牝馬限定戦は結構組まれますから、じっくりソエを治して向かって欲しいものです。
posted by めてお at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

この馬についてはあまりストレスを感じないような

ガーデンスタイル

 前走快勝後は、疲労取りと馬体回復に専念しています。
「物見をしたり、横っ飛びをしたりと、危ういところがあった馬ですが、心身ともに急激に良化を遂げてきましたね。前走もフワフワ走っていながら、あの競馬。今後のさらなる成長にも期待を寄せたいところです。レース後は飼葉喰いがあまり良いとは言えませんので、今後はそのあたりに気をつけながらの調整を。ひとまず週内はゆっくりさせてあげたいと思います。まだまだ流動的ですが、次走については、4月13日(日)中山6R3歳500万下・牝(ダ1800m)が候補として挙がっています」(徳江助手)


最近の森厩舎は1週前に更新で挙げた予定を平気で変えてくるので何とも言えませんが次走は個人的には使って欲しいとおもっていた番組がターゲットのようです。ルーヴェやアルシの更新を見ると出資者の方はストレス溜まるだろうな? と思われる番組選択が多いのですが、この仔については特に問題なく選んでもらっていると思っています。
中山1800mで良いレースが出来ると地味に嬉しいです。まずはこの舞台で坂、長距離輸送の適正を図れれば。このレースはは桜花賞の裏ですからジョッキーは誰が居るのでしょうか? もし哲ちゃんが桜花賞に乗り馬が居なく、勝ち星を拾いに来てくれるのであれば是非次走も乗って欲しいものです。
posted by めてお at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

皆様応援ありがとうございました!!!

ガーデンスタイル

 まずまずのスタートから、本馬のペースに逆らわず、結局は先頭へ。勝負所では一旦後続を引き付け、直線残り200mから余裕を持って突き放す楽な競馬。最後は3馬身半のリードを広げ、嬉しい初勝利となりました。
「ゲートを出てくれたことですし、スピードの違いでハナへ。好位からの競馬とも考えましたが、まだ腰に甘いところがあって幼い走りをしますので、変に抱えすぎても走りのバランスを乱すと思い、背中と腰をバランスよく使えるこの馬のリズムに終始しました。今日の内容でも物見をして集中しない面がありましたから、見た目には厳しいような展開でも、つねに外から突いてもらう競馬は、むしろ歓迎。早めに突き放すより良かったのではないでしょうか。こういった状況を踏まえると、目下は短距離で急かすよりも、今回の距離ぐらいをマイペースで走らせたほうがいいのかもしれませんね。これから背腰がパンとしてくれば、先々面白そうですよ」(佐藤哲騎手)
◆ここ短期間でずいぶんと成長が進んだとは言え、まだまだ幼い面を窺わせる本馬。その現状をすぐさま理解し、無理に抑えず、勝ちに急がず、追い出しをギリギリまで我慢してくれた鞍上の好騎乗が光る一戦でした。まだまだ素質だけで走っている様子ではありますが、その分、これからの伸びしろも大きいはず。成長により変わり身を遂げていくその様を存分に楽しんでいきたいと思います。(HTC)



まずはお祝いのコメントを頂きましてありがとうございました。皆様の支えあってこその当ブログであると改めて感じさせられた次第です。

ハナを切った時は正直焦りましたが、別にかかるでもなく、道中も明らかなスローペースに落とす事に成功してましたから、「負けるとしたら距離だな」と思いましたが直線で突き放した時はもう安心して見てられました。流石哲っちゃん!!。
まぁ大分恵まれた印象がありますので上に行って即通用というわけにはいかないとは思いますが、それでも遅生まれの馬がこの時期に勝ち上がる&1700mをこなせたというのは非常に喜ばしい事です。
今週の森厩舎は往年の「空き巣狙い」が見事に嵌った感があります。ずっとこの調子でいって欲しいですね。

この先は4月13日に中山で牝馬限定の1800mが組まれています。阪神では牝馬限定の1200mが組まれていますが中山で見たいなぁ・・・変な癖をつけずに徹底先行タイプに育ててもらって「夢」である地方交流Gレースで暴れる回れるような馬になってもらいたいものです。芝を試さなくても個人的にはOK。
posted by めてお at 23:59| Comment(12) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

ルーヴェは勝った。ガーデンはどうだ?

明日の中京1Rにガーデンスタイル出走です。

今日は僚馬のゴールデンルーヴェが阪神の未勝利を勝利(出資者の皆様おめでとうございます!!!)、兄貴のオフィサーが久しぶりの末脚を披露と言う事で森厩舎所属の広尾馬が良いレースをしてくれてます。ですので流れはガーデンに来ていると勝手に思ってますw

馬三郎によると

〇▲△▲◎×

で2番人気か3番人気というところでしょうかね?
サウスマジックが炸裂すると指定席の1番人気になってしまうのですがw
ただ流石時期の中京D1700mの牝馬限定未勝利戦ですね、どれが勝ってもおかしくないです。言い換えればこの辺りの馬に負けているようでは500万クラスの突破は難しい訳ですから何とか頑張って欲しい。
勝てるを信じて単勝と馬単1着総流しの馬券で応援といきたいところです。
運良く1Rと言う事で、仕事に良く前にレースが見れますので何とか頑張れ〜 ルーヴェ出資者の皆様も是非応援していただければ。ルーヴェの幸運をガーデンに恵んでくだされ・・・
posted by めてお at 22:50| Comment(12) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

混乱してますねぇ森厩舎

ガーデンスタイル


3月16日(日)中京1R 3歳未勝利・牝(ダ1700m)に佐藤哲三騎手にて出走予定。
「入厩当初は気性面での難しさを窺わせることもありましたが、デビューが近づくにつれて変化がみられた馬ですし、結果として中1週で次走を迎えられることになったのも成長の証。一度競馬を使ったあとも精神面における悪影響は感じられません。砂を被ることに対しての慣れ、距離延長により追走が楽になる点などを活かし、前走以上を目指します」(徳江助手)


まず予定を前倒しでガーデンの出走が決まりました(ついでに僚馬ゴールデンルーヴェも)。
兄オフィサーのイメージがあるので1200〜1400でとりあえず勝ち星を挙げてもらいたいと思っていましたところでの距離延長。もっとも兄が短距離志向だからといって、妹も同じ適正という訳ではないので2戦目ぐらいから適正を図る挑戦をする事自体は良い事だと思います。ただ、個人的にはすこし間隔を置いてもらいたかったのが本音なのでどうなりますか。
鞍上の佐藤哲三騎手はローカルでは中館騎手と並んで好きな騎手。ポカも多いですが、勝負に行く騎乗振りは素晴らしいとさえ思う。まぁ一口的にはそつなく入着を稼ぐ大先生的な騎乗の方が助かると言えば助かるのかもしれませんけどw
本当は1400mで見たかったですが、ローカルの1700mをこなせるとこれからの番組選択の幅が広がりますのでこなして欲しいものです。ただすこし甘くなるとは思いますけどね。何とか掲示板を希望です。

あとゴールデンルーヴェも出走です。矛先をダートに変更してきました。血統的にも巧者の可能性がありますので期待したい。優先権利をもった広尾2騎で往年の「空き巣狙い」が復活するの見物です。万が一どっちも掲示板外したらちょっとマズイ状況かもしれませんね。
posted by めてお at 23:03| Comment(5) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

次は騎手も期待できそうです

ガーデンスタイル


栗東トレセン在厩。ここまでは運動のみ。明日より、乗り出す予定となっています。
「ゲート練習と攻め馬を併行していた頃は、気難しそうな印象のあった本馬ですが、最近は心身ともに良化傾向へ。前走は、前半で砂を被って全然進んでいかなかったものの、最後はしっかりとした末脚で追い込んで、優先権を獲ってくれました。早くも目処が立ったことですし、これから使っていけば、さらに安定してくるはず。次走は、3月23日(日)阪神1R 3歳未勝利・牝(ダ1200m)を予定しています」(徳江助手)


この更新どおりに使ってもらえれば中2週でD1200mの同条件、そして牝馬限定戦といい事づくめです。当日のメインは阪神大賞典ですから騎手もある程度の人を確保できる可能性が高まりますので期待するなと言うのが無理な話。とは言え、最近の森厩舎はスムーズに行くという話を聞いた事がありませんので期待半分、不安半分ですねぇ。
posted by めてお at 11:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

合格か? 末脚伸ばして 掲示板

ガーデンスタイル


スタートを無難にまとめ、前半は無理せず後ろから4頭目を追走。直線に向いて追い出されてからはしっかりと末脚を伸ばし、デビュー戦は5着での入線となっています
「馬場入りや返し馬でおかしな仕草をしていたとは言え、気性的に難しいところはなく、あくまでも初めての競馬に戸惑っていただけ。今日は砂を被り、頭を振ってイヤイヤした分、後ろからになりましたが、ラストで外に出してからはいい脚を使ってくれたように、先々は走ってくると思いますよ。今回は『これでもか』というぐらい砂を被せましたので、次はもう少し前で競馬ができるはず。距離は1200〜1400mあたりが合いそうですね」(小牧太騎手)
◆まだまだ良化途上の身でありながら、兄オフィサーを連想させる終い最速の末脚で優先出走権を確保。新馬勝ちこそ叶わなかったものの、サークリング一族が誇る性能の高さ、その一端を窺い知ることはできました。このあとは、次走にむけて目標を定めていける利点を活かし、さらに状態を上げてレースに臨みたいところ。4月末(6戦目)に勝ち上がったオフィサーよりも早く、初勝利の報を届けてくれるかもしれません。(HTC)


勝負が決してから差し込んできた感じですので決して褒められるレースでは無いとは思いますが、それでも優先出走権の5着を拾ってくれたというのは嬉しい限り。この更新からは小牧騎手も目的を持って乗ってくれたというのは有難いです。オフィサーのようなレースをしてくれた方が見ている方としては面白いのですが、長く稼ぐ事を考えたら前めで進めて末脚を伸ばせる方が良いに決まってますからね。

最近レース選択について疑問符がつく事が多い森厩舎ですが、流石に優先出走権をとった馬ですから次は万全の仕上げで未勝利戦に使ってくれるものと信じたいです。候補としては牝馬限定のD1200〜D1400だけに絞っても阪神で3月15日・23日・30日・4月6日と選択肢は豊富。昔の空き巣狙いの嗅覚を思い出してもらって何とか次で勝ち上がりを決めたいですね。
posted by めてお at 23:00| Comment(9) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

印は薄いが見返したれ!!

東スポの印ですが△が一つだけですね。他の新聞はどうなんでしょ?
川田君の乗るコマンダー産駒が1番人気になりそうな感じですが、面子も薄そうですので何とか一泡吹かせてほしいですね。
馬券は馬連を総流しでもしてみようかなと思っています。キャロ馬のブランチブルックとの馬券はネタで厚めにw

まぁ無事に回ってきてくれれば良いと思っております。出来れば次走の優先権の為にも掲示板を確保して欲しいけどどうか? 前回のスタンニングのときよりも何気に楽しみではありますねw 頑張れ〜
posted by めてお at 00:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

さぁデビュー 厩舎も騎手も 不安だが

ガーデンスタイル

3月1日(土)阪神5R 3歳新馬(ダ1200m)に小牧太騎手にてデビュー予定。
「今週はテンからとばしたため、上がりの時計こそ一息でしたが、馬がだいぶしっかりとし始めており、感触は悪くなかったですよ。入厩当初は"気難しい馬" という印象が強かった本馬も、今ではずいぶんと素直に。気性面における成長といった点では、良化が早いほうだと思います。稽古のイメージから、1200mのスピード競馬に戸惑うことはないはずです」(徳江助手)

- 調教時計 -
08.02.27 助手 栗東坂重 1本 52.9 40.2 27.4 14.2 一杯に追う
ロンドンウィング(新馬)叩一杯を0.8秒追走0.4秒先着


まず未勝利デビューをある程度覚悟しないといけないサウス馬ですが、幸運にも今年の出資馬は2頭とも新馬戦デビューを迎えられた事に感謝です。
ガーデンはグリーンウッドでもしっかり乗られて来てますし、トレセンに入厩してからも比較的良い調教が出来ているので期待しています。

ただ、鞍上が小牧騎手というのは意外。もっとも最近小牧騎手が森厩舎の馬に乗ることは比較的多いのですが、今週の土曜日はアーリントンカップがありますから「福永騎手あたりが乗ってくれれば」と思っていましたがもろくもくずれましたw でも牝馬である事を考えると小牧ってあまり良いイメージがない・・・あたりが柔らかい騎手がよかったなぁ。
あと折角除外の権利を持っていたのですから来週の牝馬限定戦のD1400の方がよりメンバーが当然軽いと思っていましたので希望はコチラだったのですが、やはり今週の混合戦のD1200mでした。以前の「空き巣狙いの森」であれば間違いなくコチラだと思いますがね。
今週は同僚のゴールデンルーヴェも急遽出走。外厩である程度乗りこんでであればこの出走も納得でしょうが、外厩でもそれほど乗らず、トレセンではあまり調教する事無く出走させるのはあまりにも・・・もちろんルーヴェの素質をもってすればこんな状態でも勝ち上がる可能性はあると思いますが、出資者の皆様の立場からするともう少し万全を期してもらいたいというのが本音でしょう。
とにかくサウスの森厩舎の2騎が今週勝利を目指して走りますので、出資者の皆様力いっぱい応援しましょう。願わくば2頭の勝利を。
posted by めてお at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

新馬戦ギリで間に合いそうです。

ガーデンスタイル


2月24日(日)京都3R 3歳新馬・牝(ダ1200m)に出馬投票を行い、除外による優先出走権を取得。来週3月1日(土)阪神5R 3歳新馬(ダ1200m)へのスライド出走を予定しています。
「この除外は想定済み。だいぶ動きもキビキビしたものになってきましたし、来週もう1本やれば、ちょうど良い仕上がりになると思います。追ってから真っ直ぐ走れており、変な癖も見せていませんので、これからレースを使いつつ体力をつけていけば、変化をみせてくれることでしょう。最近は、牝馬らしいキレのようなものも感じられるようになってきました」(徳江助手)

- 調教時計 -
08.02.20 助手 栗東坂稍 1本 53.0 39.3 25.8 13.0 一杯に追う
 プラチナメーン(三歳500万)一杯を0.3秒追走0.2秒先着
08.02.15 助手 栗DW不 5F 66.8 52.7 40.6 13.5 7 追って一杯
 プラチナメーン(三歳500万)一杯の内先行4F付0.3秒先着


この更新だけを見ると、「往年の森厩舎」と言った感じなのですがねぇ(苦笑)
とにかく来週のデビュー戦は楽しみです。新馬戦に間に合わせてもらいまして厩舎関係者には感謝しています。オフィサーみたいなレースしてくれれば最高なのですが。
posted by めてお at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

何時の間に 広尾の2頭 トレセンだ?

本日ぼく馬からガーデンスタイルの調教メールが来ました。
知らずの内に入厩です。DWコースで5F73.2秒の時計を出しているようです。流石に次はデビュー戦まではトレセンにいるでしょうからとても楽しみです。
今週のクラブの更新である程度目標とするレースは告知されるでしょうが3月9日の阪神の牝馬限定D1400mが一番良いですね。もう牝馬限定の短距離戦は組まれていない(未勝利戦ならありますけどね)のでここが一番のチャンスかと。後は中山とかの混合戦のD1200mとかバカっ速い馬が揃ってそうなところに遠征という事も森厩舎なら考えられますね。もちろん新馬を諦めて未勝利戦デビューであれば中京とかにたくさん牝馬限定のダート1000mが組まれてますので心配いらないかもしれませんけどw
とにかく、トレセンに居ない事には出走できませんので進歩です。クラブや厩舎関係者からはあまり景気のいいコメントは聞こえてきませんがいい意味で裏切って欲しいです。

あとスタンニングも今日15−15の時計を出したようです。放牧と言いながらまだトレセンに居れるというのはあの銀河系軍団の中では奇跡。何とか次で格好つけてもらいたいですね。今日同じ広尾のクリストフォルスが負けはしましたが良いレースをしましたので、スタンは相当の変わり身を見せないと数少ない広尾枠はクリストが優先されてしまいますので踏ん張んないといけませんねぇ。とにかく2頭ともガンバレ!!
posted by めてお at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

これだけさ グリーンウッドで 追ってれば

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。坂路にて、週2回の12−12を中心として乗り込まれています。
「坂路で速めをやった翌日は、ウォーキングマシンのみ。結構な時計を出していることですし、構わずに乗り込んでいくと馬体が細くなることが予想されますので、メリハリをつけたメニューにより、心身に疲労を残さないよう気をつけています。この馬なりに動きがキビキビとしてきており、体つきも良好。この調子で速めを重ね、臨戦態勢を整えていきたいと思います」(加藤担当)



グリーンウッドを使う森厩舎の一番の利点は入厩後、そんなにトレセンで調教しなくても直ぐに使えるぐらいに外厩でもビシビシ追えているという事でしょうか?
カズーの場合はミホ分場がチンタラしてますから、トレセンで急に厳しい調教を課す事になってしまい、肺から血がでちゃったりするんでしょうけどね(苦笑)

この体制であれば入れ替えで入厩できれば直ぐにレースに向かえそうです。最近の森厩舎は周りの方々の出資馬(と言ったって、アルシのルーヴェですけど)の扱いを見ると首を傾げてしまう事も多いようですが、それを差し置いてもカズーより数倍良いと思ってしまいます。新馬戦がなくなるまであと僅かですが、何とか出走にこぎつけてもらいたいですね。先にお兄ちゃんが入厩したようですから次の入れ替えに期待です。
posted by めてお at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

上昇中 早く入れ替え 出来ないか?

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。おもに坂路にてハロン16〜18秒ペースのキャンターを消化。28日(月)には、12−12を乗り込まれています。
「調教を重ねるにつれて、たいぶ跳びが大きくなり、着々と良化が進んでいますが、まだ芯からしっかりとはしきれていないようにも映ります。フットワークにさらなる推進力(後駆の蹴っぱりの強さとそれを邪魔しない前駆の運び)を持たせていくためにも、引き続き、精力的に乗り込んでいきたいですね。ペースを上げてもテンションが高くなる様子はありませんので、あとは馬が神経質になりすぎて陰にこもることがないよう、注意していきたいと思います」(加藤担当)



いつでも準備万端ですから、早く入れ替えの馬が出てきて欲しいです(嗚呼、不謹慎w)
posted by めてお at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

12秒 それでもトレセン 居られない

ガーデンスタイル


外厩にてあらかた仕上げたうえでデビューさせることとなったため、18日(金)に一旦グリーンウッドへ。明日は、12−12を乗り込む予定になっています
「大事にひとつひとつ進められており、ゲート合格後は一旦こちらへ。『明日から数週間ほどビッシリと乗りこみ、次回の帰厩をデビューに直結させていく』ことになりました。日々の馬場状態とも相談をしながら、周回コースから坂路1本、放牧後に坂路、もしくは坂路2本など、様々なパターンで仕上げていきたいと思います」(加藤担当)



12秒で調教できるのならそのままトレセンに置いて欲しいが、まぁこれが人気厩舎に預ける宿命と言う事なのでしょうが・・・上手く回転させてもらいたいですけどね。
posted by めてお at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

やっと登録されました。

あれだけ騒がせましたJRAのHPにおけるガーデンスタイルの名前の有無ですが、本日無事に確認できました。みなさんお騒がせして申し訳ございませんでした。でもやっとJRAにも競走馬として認められたという事で喜ばしい限りです。ただし・・・







続きを読む
posted by めてお at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

このままで デビューを迎えて ほしいもの

ガーデンスタイル


栗東トレセン在厩。昨日、ゲート試験に合格しています。
「神経質なところがあると聞いていましたが、ゲート試験で跨った福永騎手によれば、『全然、平気でしたよ』とのこと。当たりの柔らかいジョッキーで、牝馬の扱いも上手ですから、きっとうまく乗ってくれたのでしょう。明日、ウッドに入れてみての感触次第で、このままデビューを目指すか、もう一度グリーンウッドでしっかり乗り込んでからにするかを決めていくことになると思います」(徳江助手)



ゲート試験合格は嬉しい。ただ、デビューはどうなるか分からないですね。出来ればこのままトレセンに居てほしいが・・・
posted by めてお at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

わからない 何処の厩舎に 行ったのか

先日こちらのエントリでガーデンスタイルが入厩したというアナウンスを受け喜んではいたのですが、ルドルフ2世さんのエントリでJRAのHPに放牧情報等が載っている事を初めて知り(私いまだにこのような便利情報を使いこなせていないらしいです)先ほど確かめてみたんですね。そうしましたら


ガーデンスタイルの名前が無い


という事に気づいてしまいました。これどういう事なんでしょうか?
JRAが把握していない馬がトレセンに居るのか? それとも単純にHPの更新が追いついていないのか? 

まぁ単順に更新が遅れているだけだとは思いますが、ちょっとばかし不安になっちゃいましたよ。まだ馬名登録もされていないようですので仕方ないのかもしれませんがね。どうりでブログパーツの一口馬主DBに名前がないはずですw

今日あたりには森厩舎の所属馬のところに名前が載るのでしょうか?
なんか森厩舎の面子として認められていない感があってかわいそうです。ロンリーなガーデン嬢に愛の手を。
posted by めてお at 11:04| Comment(7) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

びっくりだ 急転直下の 入厩劇

ガーデンスタイル


年末から年始にかけての良化傾向が買われ、昨日、栗東トレセンに入厩しています。
「だいぶ良くなってきましたので、ここからはトレセンのほうで乗り込んでいくことに。まずはゲート確認から、慎重に進めていきたいと思います」(徳江助手)



仕事中に広尾からメールが来た時は焦りました。最近キャロで良い更新を受けてなかったものだから、てっきりスタンニングがやっちまったかと

同じ森厩舎のゴールデンルーヴェが今週まさかの小倉入厩だったのでガーデンは当分先だと思ってましたので嬉しい誤算です。
まぁ先々はともかく、目先の1勝を考えた場合はルーヴェよりガーデンの方が森先生にとって戦力でしょうから(混合戦の芝中距離って少ないですからねぇ)牝馬限定のダート短距離で一発かましてもらいましょう。
posted by めてお at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

随分と ゆっくりしている 森センセー

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。坂路にてハロン16〜18秒ペースのキャンター2本を消化。週2回、13−13を乗り込まれています。
「年明けから、さらにピッチを上げて乗り進めており、少しずつ脚捌きも良くなってきた様子。地道な調教により、ここにきてだいぶ基礎体力が備わってきたようですね。神経質な面を気遣い、引き続き、ひとつひとつ段階を踏みながら、入厩までもっていく予定になっています」(加藤担当)



普通13−13を週に2回できるくらいに仕上がったら入厩のお声がかかりそうなものですが、まだスケジュールは具体的ではないようです。森厩舎余裕だなぁw

まぁめてお軍団キャロ勢が沈んでしまったので広尾勢に期待しないといけないというのはとても辛いんですが駒が居なくなっちゃったから・・・
posted by めてお at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

2月には 姿を見たいが どうでしょう?

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。先週同様、坂路にてハロン16〜18秒ペースのキャンター2本を消化。週2回、15−15を乗り込まれています。
「まだ一頭だと不安がってフワフワすることがありますので、併せ馬を主体とした稽古を消化中。年明けからの本格的なペースアップを前に、今週からは終いを14秒台にまで上げて、乗り進めています。今後は精神的にあまりピリピリとさせないように気をつけながら、態勢を整えていきたいですね」(加藤担当)



1ヶ月ぐらいこんな感じですが、サルスエラがあんな状況になってしまったのですから後退していないだけでも良しとしましょう。
2月位には見たいですが、どうでしょう?
posted by めてお at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

前にもね 後にも進まぬ 庭園スタイル

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。坂路にてハロン16〜18秒ペースのキャンター2本を消化。今週より、15−15を開始しています。
「まだ硬さがあり、前肢が前へ前へと出ない感じですが、乗った感触は見た目ほど悪くないようで、乗り役曰く、『15−15の時もしっかりと走っていた』とのことでした。このままコンスタントに調教を続けていけば、あえてこちらがペースを上げようとしなくても、自然と時計が詰まってくるものと思われます」(加藤担当)


更新をしようかどうか迷いました、それぐらい変化の無い更新です。
まぁ後退していないのだから良いとしましょうか。
posted by めてお at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

小休止 捌きがやっぱり 硬いのよ

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。坂路にてハロン16〜18秒ペースのキャンター2本を乗り込まれています。
「まだ本調子にないためでしょうか、動きのほうがもうひとつ。前肢の捌きに硬さが見受けられますね。全体的にしっかりとしてくれば、シャープさが出てくると思いますので、少しずつピッチを上げながら、良化を促していきましょう。ゲート練習に関しては、そつなく対応してくれるようになりましたので、ひとまず小休止。来週もしくは再来週から15−15に移行したいところです」(加藤担当)



少し後退ですが、まぁ仕方ないでしょう。
無事に何とかトレセンまで持っていってもらいたいものです。
posted by めてお at 20:09| Comment(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

体調が 変わって後は 出番待ち

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。おもに坂路にてハロン17〜18秒ペースのキャンター1〜2本を乗り込まれています。
「少しずつペースアップを図っており、併行してゲート練習も継続中。両サイドに他馬を入れた状態であっても、枠内で問題なく駐立できるようになってきましたので、だいぶ慣れてくれたようですね。体調が回復して、馬に苦しいところがなくなっているのも、いい傾向と言えるでしょう」(加藤担当)



順調といえば順調ですが、サルスエラと一緒でハロン17秒ぐらいですからまだまだですね。彼女も年明けスタートダッシュに間に合ってくれれば全然OKです。
posted by めてお at 20:54| Comment(2) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

揉まれても くじけぬ心を 育てましょ

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。すでに騎乗運動を再開しており、現在は周回コースにて軽いキャンター1000m、坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「体調はすぐに回復し、ほどなく調教を再開。ゲート練習の際に隣の馬を気にするようなところがありましたので、現在は集団馬群の真ん中に入れて、『他馬に揉まれるのが当たり前』になるよう、精神面に気遣っての調教を進めています。様子を見ながら、少しずつピッチを上げていきましょう」(加藤担当)


もう、このまま続けてデビューまで辿り着いて欲しいものです。他馬に揉まれるのは当たり前だよ〜
posted by めてお at 20:05| Comment(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

熱発だ ああ熱発だ 熱発だ(5.7.5がもう苦しいですw)

ガーデンスタイル


 グリーンウッド在厩。昨日、熱発してしまったことから、調教を休止。明日より、騎乗運動を再開する予定となっています。
「微熱程度でしたが、一応、大事を取って小休止。ここまで乗り込みを継続してきた疲れと季節の変わり目による体調不良でしょうから、少し楽をさせてあげれば、ほどなく回復してくることでしょう。ここにきて急に寒くなってきましたので、うちも何頭か体調を崩しがちの馬が出てきている状況です」(加藤担当)



まぁデビュー週に熱発とかだとショックが大きいですが、デビュー前ですからね。一頓挫と言っても過去のサウス馬に比べたらこの時期にGWに居る時点でとんでもない進捗な訳ですから、全く気にする必要も無いでしょう。
ただ、森厩舎の低迷は若干とは言え気になります。キャプテントゥーレでデイリー杯を勝ったとはいえ、物足りない成績。頑張って欲しいものですが・・・
posted by めてお at 20:50| Comment(2) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

まぁ仕方ないか

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。坂路にてハロン18〜20秒ペースのキャンター1本を乗り込まれており、現在はゲート練習を重点的に消化しています。
「初めての長距離輸送、そして環境の変化。加えて、ゲート練習もみっちりやる必要がありましたので、幾らかお疲れ気味の様子です。体調が上向いてくるまでの間はハードワークを見合わせ、ゲートを中心に入厩態勢を整えていきたいと思います」(加藤担当)
「当初は11月上旬の入厩を予定していましたが、ここにきて疲れの波がやってきたようですので、もう少し牧場のほうで進めてもらい、昇り調子になったところで移動させたいと考えます」(森調教師)



11月中には入厩を見込んでいたガーデンスタイルですが、12月、下手すりゃ年明け入厩ですね。まぁ急がなくても大丈夫ですし、逆に新馬や未勝利戦がダート戦中心の季節の方が彼女向きとも言えますしね。とにかく中途半端に急ぐ事の方がマイナスなので、昇り調子の状態に仕上げてもらいましょう。
posted by めてお at 23:06| Comment(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

脚元は若干心配

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。先週同様、坂路にて普通キャンター1本を乗り込まれています。
「馬っぷりの良さに対して、まだ若さを残している分、脚元まわりなどが固まりきっていない感じ。ペースアップに関しては、段階を踏みながら進めていったほうがよさそうですね。調教師曰く、『来月には入厩させ、ゲート試験の合格までは進めておきたい』とのこと。これからの成長が楽しみな一頭です」(加藤担当)



脚元はまだ枯れきっていないようですね。まぁ遅生まれの馬なので、あまり急いでもという感じです。競馬を長く続けると「馬っぷりの良さ」と言う言葉が何の意味もないという事を思い知る訳ですが、この言葉が出てきてしまったw まぁ悪い気はしないんですけどね。
posted by めてお at 22:08| Comment(2) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする