ガーデンスタイル(引退) 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2008年11月22日

決断しました

ガーデンスタイル


スタートで安目を売り、道中も終始周囲を気にしながらの走り。最後まで力を発揮できぬまま、結果14着での入線となっています。
競馬が苦しいものであることを馬が覚えてしまったのか、跨ることはOKですが、アブミに足を掛けると背中を振って拒否する仕草をみせるんです。今日は前々で競馬をしようと思っていたのですが、道中も周りを気にして全く進んでくれず、やむなく控える競馬となったら余計に馬が気を遣ってしまって…。勝った時は今日のように反抗するような所をみせていなかったですから、少しリフレッシュさせてあげた方がいいのかもしれません」(佐藤哲騎手)
「テンションについては師からも口酸っぱく言われていましたし、パドックまでは落ち着いていたんですよ。ところが馬場に入ったら急に膠着してしまって…。この中間は飼葉を食べており感触が良かったため、むしろ期待していたほどだったのですが、結果的には前走を引きずるような恰好になってしまったのでしょうか。息は全く上がっていませんので肉体的には競馬をしていない状態。この後は放牧に出して精神面のケアにあたっていきます」(臨場助手)
◆馬場入り後に様子が急変し、一時は騎乗ができなくなったほど。それをうまくなだめて二人曳きでゲート裏まで連れていき、競馬に臨んだわけですが、さすがに気持ちが入るはずもなく今日はただ回ってくるだけとなってしまいました。ご存知のように競走馬としてのメンタル面は非常に重要なパートになりますので、ここは一旦リフレッシュを図り、頭の中を白紙の状態に戻してあげる管理に努めたいと考えます。(HTC)


えっと結論から申し上げますと。


めておは今月で広尾サラブレットクラブを退会いたします。

メテオグローリーに一目惚れしてサウスに入ってから4年の月日が経ちましたが、このブログを継続する原動力となったのがサウスつながりでたくさんのお仲間と出会えた事です。サウスの会員さんは本当に馬に対する愛というか、成績が駄目でも寛大と言うかw ですから自分の出資馬は走りませんでしたがサウスには感謝をしているのです。

メテオからガーデンスタイルまでトータル6勝。その間に募集されていた馬の中にはファストロック、アルシラート、クリストフォルス等々活躍馬が居ましが出資できていない時点で見る目が無いですねぇw

ここ数年は自分の欲しい馬が募集されていない事もあって現在は稼動馬はガーデンスタイルのみ。スタンニングの補償が出ればシャイニングの補償とあわせて何かしら出資しようと思いましたが、スタンニングの補償が0円だった事もあり追加は断念。ですのでガーデンの見極めだけが焦点でしたが、前走の交流戦のパドックの暴れっぷり&惨敗と今日の精神面の課題が面に出てきた時点で、ガーデンのこの先の復帰はなかなか難しいと判断しました。古馬牝馬が一度この手のスランプに陥ると復帰は相当に難しいかと。

勿論愛馬が引退するまで面倒を見る(会員を続ける)のが筋という意見もあるかと思いますし、私も本来はそうすべきとは思いますが、1頭だけのクラブを継続するにはあまりにもガーデン1頭では荷が重い。ガーデンが引退するまでに支払う維持会費と月会費をキャロの別馬に出資した方が精神的にも良いのでその選択をしました。もちろん今後もガーデンは応援していきますし、この結論を出した事を後悔するような走りが出来る位復活して欲しいと心から願っております。
posted by めてお at 20:33| Comment(14) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

今週出走です

ガーデンスタイル


11月22日(土)福島3R 500万下・牝(ダ1700m)に佐藤哲三騎手にて出走予定。
「この馬なりに歩様がスムーズになり、稽古の動きもいくらか上向き。前走を使った分の上積みと受け取ってもよいでしょう。今はフケもおさまっていることですし、今回は牝馬限定戦。未勝利の時の勝ち方からすれば、もっとやれてもいい馬だと思いますので、このクラスでもそろそろ結果が欲しいところです」(日高助手)



哲っちゃん鞍上はとても嬉しい。ガーデンに勝利をもたらしてくれた騎手ですので、積極的な騎乗を期待したい。ただねぇ相手に嫌〜な名前を見つけてしまいました。


フレンチノワール 三浦皇成



嫌ですねぇ。お仲間との対決は嫌なものですが出走が難しい500万クラスでぶつかるのはこの上なく嫌なものです。これなら船橋の交流線に行った方が良かったですねぇ・・・
正直フレンチの方が格が上。勝つ方法があるとすれば、現在フレンチは逃げでは無く差しに脚質転換していますので、その隙にガーデンが上手く逃げる展開しかありえないですね。う〜ん勝てる気が全くしないw

きりたさん、どぅーさん、どうぞお手柔らかにお願いしますw
posted by めてお at 06:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

フケを理由にしちゃうんだ?

ガーデンスタイル


 スタートダッシュがつかず、やむなく後方の内々から。道中も外に出すタイミングがなく、終始本来の走りがみられぬまま、結果11着での入線となっています。
「暑くもないのに本馬だけ発汗が激しかったですし、パドックではチャカチャカ。返し馬に入る際もぶっ飛んで行くなど、初めてのナイターに戸惑ったのか、レース前にテンションが上がりきってしまいましたね。ゲート内でも後ろを気にしてソワソワしていたように、今日は全く競馬になりませんでした。背中の感触は悪くなく、能力はある馬だと思うのですが、いかんせん今日は気持ちが高ぶりすぎました」(今野騎手)
「レース自体も内枠で全く競馬をさせもらえず、つねに砂を被り続ける苦しい展開になってしまいましたが、それより何より、今日の敗因はテンションの高さ。上がりの馬の様子をよく観察していたところ、フケのような仕草が見て取れましたので、どうやらこのあたりが影響してのものだと思われます。まずは厩舎に戻して様子を窺い、周期が治まるタイミングを見計らってまた競馬に向かっていきましょう」(森調教師)
◆馬のテンションが高かったとは言え、思いもかけない大敗に肝を冷やしましたが、調教師によれば「おそらくフケ(発情)だろう」とのこと。競馬に行く前に終わっていたのであれば、今日のところは致し方ありません。敗因がハッキリとしているだけに、ここは気分を切り替え、次走に改めて期待。師と相談をしながら、ローテを考えていきたいと思います。(HTC)



えっと、先ほど(って髄分前に戻ってますが)帰ってまいりました。
まず初めての川崎競馬場ですが、個人的にはとても好きな競馬場でした。まぁ大井に近いと言えば当たり前かもしれませんが、馬と近いのが凄く良い。競馬の素人を連れて行くには最適かと思います。全日本2歳にメトロノースの応援に行こうかとも思ってしまいました。それぐらい気にいりました。今後もチョコチョコ行きたいと思いますが、若干遠いんですよね・・・

まぁそれはともかく、本日ガーデンスタイルのレースを初めて生観戦したわけですが、惨憺たる結果に終わりました。
8Rが終わってパドックに張り付いて見ていたのですが、まぁ入ってきたときから入れ込んでました。周回を重ねていくにつれて落ち着いてはきたのですが、発汗が目立つ。そして極めつけがジョッキーが乗って馬場に向かう最後の周回で大暴れ。あれだけパドックで暴れている馬を久しぶりに見ましたが、まさかそれが自分の出資馬とはw

騎手のコメントでも言っているように競馬する前に今日は終わっていた感じです。
正直マイナス11キロという事で誰の目にも「輸送に失敗したな」と分かる位ガレていたと思います。正直ガッカリ。パドックを見るまでは、「これが中央馬だぞ」という姿を見せてくれる事を期待してましたが、正直今日のメンバーに入って埋もれていると言うか何と言うか

他の馬(地方馬)の方が全然良く見える

という出資者にしてみたら非常に辛い現実を突きつけられました。
「まぁ駄目だろうな」と思いながらも単勝を2000円と馬単のフォーメーションを2000円分購入(1着付けをガーデンとスマートキャリーで流し)。当初は単勝1万逝くつもりでしたから、その自信の無さがわかりますよね?w

レースはスタートで後手を踏み、後方のまま。スタンニングのレースを見ているようで辛かったです。まぁ今回は仕方ないとは思います。森調教師がフケというのであれば、牝馬である以上仕方ないでしょう。ただ、フケだけが理由とも思えないんですよね。今日見たガーデンの姿からは、立て直したとしても1000万クラスで勝負できるようなオーラを感じる事はありませんでした。500万クラスはメンバー次第では何とかなるかもしれませんがその先は厳しいように思います。今の所途中で投げ出すつもりはありませんが、それとてずっと2桁着順を繰り返すようならさっさと放棄して広尾撤退に踏み切ると思います。次走は何時頃になるのか分かりませんが、冷静に見極めたいと思います。

追記

今日ガーデンが負けたレースの2着馬のスマートキャリーですが、物凄い良い馬でした。確かにホーリーブル産駒の外国馬で川島厩舎ですから、単なる「地方馬」ではないのでしょうが素敵でした。馬券もフォーメーション流しにしないでボックスにしていれば6000円台の馬券獲れたんですがねぇ・・・今日はやる事なすこと駄目でしたw
posted by めてお at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

う゛〜ん

携帯にて更新中。

今ドトールで更新してますが、携帯の競馬総合チャンネルを見たら、今現在4.2倍でガーデンスタイル1番人気のようです。ただ複勝も2.6倍〜ついているようなので、いかに過剰人気かわかりますねw
人気を気にせず頑張って欲しいです。今から川崎に向かいます。


(追記)

惨敗でした(涙)
いろいろと思うところはありますが、とりあえず帰宅後にアップしますがショックが大きいです。
posted by めてお at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

川崎にて出走

ガーデンスタイル


11月5日(水)川崎9R トパーズスター賞(ダ1500m)に今野忠成騎手にて出走予定。枠順が確定しています。



栗東トレセン在厩。11月5日(水)川崎 トパーズスター賞(ダ1500m)出走にむけて、連日、坂路にて入念に乗り込まれています。
「ソエが落ち着き、だいぶ動けるようにはなってきましたが、まだ身のこなしにいくらか硬さが残っているようですので、今後もキャンターでほぐすように乗り進めながら、うまく態勢を整えていきたいですね。鞍上は大井の坂井英光騎手に声をかけつつ、最終の調整中です」(久保助手)


まだトレーニングは足りていないと思いますが、叩き台として川崎をチョイスするところが森厩舎らしい。
当日は19時30分出走なので上手くタイミングが合えば現地観戦してみようかなと思っています。関東に住んでいますが南関東の競馬場は大井競馬場しか行った事無かったので、いつか行ってみたいと思っていたのでね。まぁ仕事の都合でどうなるか分かりませんし、勝つのは難しいと思いますが、枠が絶好なので多少色気を持ってます。頑張って欲しいですね。

posted by めてお at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ルーヴェは勝ったガーデンはどうだ?

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。現在は、坂路にてハロン18〜20秒ペースのキャンター2本を乗り込まれています。
「少し休ませた分、体(筋肉)を戻していくという意味で今は段階的に稽古を進めている状況ですが、乗りながらでもソエのほうは問題なく、もう加減をする必要もありませんので、これからはどんどんペースを上げていく予定になっています」(加藤担当)



最近ほとんど更新が変わらないガーデンです。
同厩のルーヴェは今日勝った事もありその恩恵にあやかりたいですねぇ。
先日、レーシングビュワーに入ったこともあり、未勝利戦勝利時を再度見直しましたが500万で足踏みする馬とは思いたくないんですけどねぇ・・・頑張ってくれ〜
posted by めてお at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

弱いなぁ

ガーデンスタイル


島上牧場在厩。引き続き、日に60分間のウォーキングマシン運動を消化しています。
「一度のショックウェ−ブだけでは完全に拭いきれないようですので、近日中にもう1回放射を予定しています。ただ、すでに熱感はなく、触ると微かに嫌がる程度。日々のレーザー照射で回復をフォローしていることですし、おそらくは都合2回の治療でクリアできるものと思われます」(幣旗場長)


弱い、弱いぞ(泣)
どうもパンとしないですね。一口始める前は馬は必ず完成するものと思っていましたが、完成する前に終わる馬がどれだけ多いか・・・見極めが難しいです。
posted by めてお at 23:55| Comment(5) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

今週走ると思ったのに・・・

ガーデンスタイル


今週末のレースも視野に入れ、今朝は坂路にて53秒台。着々と出走態勢を整えつつありましたが、追い切り後より左前のソエを気にし始めたことから、大事を取って一旦放牧に出る予定となっています
「指でグッと押さえると少し痛がる程度。歩様に見せてはおらず、ひどい症状ではありませんが、無理をさせる年齢やタイミングでもないため、ここは島上牧場で回復を待つことにしたいと思います。成長途上でもあり、まだ脚元が完全に固まりきっていない現状を考えると、目下は大事に進めていった方が将来のためになるのではないでしょうか。今夕にも移動の予定です」(渡辺助手)



焦って戻すから・・・怪我でないだけマシでしょうかね?
年齢的に無理をさせないなんて言ってますが、デヒアですから早熟に近い血統だと思うんだけどねぇ。
posted by めてお at 21:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

その選択は素敵です

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。坂路にてハロン15〜16秒ペースのキャンターを消化。明日のトレセン帰厩を予定しています。
「競馬を使った後も馬体の張りを維持できており、相変わらず体を大きく見せますね。叩いた分の上積みも感じられますので、さらに良い状態でレースに臨むことができそうです。次走は目標が変更になり、9月7日(日)小倉8R 500万下・牝(ダ1700m)を中心視。加えて交流競走にも申込みを行っていく、いつものスタンスです」(加藤担当)



この選択は素敵ですね。小倉のD1700は使ってもらいたかった条件ですから望むところ。本音としては特別を使ってもらいたかったところですか仕方ないでしょう。アルシで良い流れになっている森厩舎ですので便乗したいところです。

追記

本日、栗東トレセンに帰厩しています。
「詳しくは明日跨ってからですが、休み明けを一度使っての今回ですから、あらゆる面で前進が見込めてもおかしくはないでしょう。9月7日(日)小倉8R 500万下・牝(ダ1700m)を目標に進めていく予定です」(渡辺助手)


そのまま、小倉を使いましょう〜
posted by めてお at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

芝を試さなくてもいいって

ガーデンスタイル


本日、グリーンウッドへ移動しています。
「明日から坂路に入れてどんどん乗り進めていく予定。レースを使った後も馬体に張りがありますし、一度使った分の良化を見込んでもよさそうですね。次走については、『8月30日(土)新潟9R 鳥屋野特別・牝(芝1800m)や9月3日(水)園田藻川特別(ダ1400m)など、目下は選択肢を狭めず柔軟に対応していきたい』と厩舎陣営。いずれにしても、ここ1〜2週での帰厩となりそうです」(加藤担当)



この2つの選択肢なら園田の方が良いですが・・・もうダートに拘りません?
芝なんて使わなくて良いよ〜小倉のダートの1700あたり使って欲しいんですけどねぇ。
posted by めてお at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

残念でしたが納得かも

ガーデンスタイル


【8月6日】
 内にヨレ気味のスタートから、道中は好位4番手の外。勝負所で一旦は前を射程圏に入れたものの、直線で伸びあぐねしまい、結果4着での入線となっています。
「スタートが速いと聞いていましたが、今日は肝心の出が一息。道中もなにかモゴモゴと走っているような感じで、スッと上がっていくような場面がありませんでしたよね。とにかくモゴモゴしているうちに伸びあぐね、競馬が終わってしまいました。人気に応えられず、すみませんでした」(岩田騎手)
◆行った者勝ちの競馬で後手を踏むスタート。レース直前のスコールのような豪雨と雷鳴も影響したのか、2勝目はお預けになってしました。臨場の助手によれば、「休み明けの分、幾らかテンションが高く、体に余裕もありましたが、それでも今日は勝利を意識していただけに残念…。ただ、これを使って次はさらに良くなってくると思います」とのこと。現時点では急かす競馬があまり良くないようですので、その辺も考慮のうえ、次走について検討していきたいと思います。(HTC)


残念な結果でした。レースの映像を見る限りはなんかチグハグなレース振りでしたが、直前の雨の影響もあったでしょうから仕方ないでしょう。1400もひょっとしたら短いかもしれませんね。中京のレースみたいに1700ぐらいの距離をストレスなく走らせてあげればそこそこのレースをしてくれそうな予感がします。まぁここを叩いて次が勝負。次走は単勝を狙いたいところです。

【8月7日】 本日、島上牧場へ調整放牧に出ています。
「道中でフラフラするなど、昨日のレースはいかにも休み明けの内容といった走りになってしまいましたね。レース後も反動はないですし、今度は叩いた分の良化も見込めるはず。まずは外厩のほうで軽くリフレッシュさせ、今月下旬〜9月上旬の出走を意識していく予定になっています」(渡辺助手)


次からは特別戦を狙っていきましょう。平場で上のクラスに行くよりも500万特別を何回か走って欲しいと思っています。入着の賞金で馬代金ぐらいはいけないですかねぇ? とても弱気ですが(いつもの事かw)この馬の場合はこれ位の姿勢で行きたいです。

posted by めてお at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

バースデーVが欲しいかも

ガーデンスタイル

8月6日(水)園田9R 揖保川特別(ダ1400m)に岩田康誠騎手にて出走予定。枠順が確定しています。



実は昨日で34歳になってしまいました。もう人生半分終わりましたねぇw

だからというわけではありませんが、明日はガーデンが出走します。
当初は良いレースしてくれれば(2着位?)なんて思っていましたが、やはり直前になると勝利が欲しくなってしまうのは一口馬主の性ですので仕方ないですよねw 頼むぞバースディプレゼント!!
8頭立てとは言え地方馬は2頭だけというメンバー。坂口厩舎のワイルドライフ、コロナドズクエストのトーホウヘレン、中央ではダメも園田で4勝のタキオン産駒グッドコマチあたりがライバルか?
ただこの辺りの面子には負けて欲しくないですけど、ガーデン自体も初の500万クラスの出走ですので胸を借りる立場で頑張って欲しい。
ただ、どうしてもレースの時間帯は仕事中なのでレースはネットでも見れません。負けた時でもコメントでレースの結果等教えていただけると非常に助かります。どなたか気が向いたらで結構なのでご協力いただけると嬉しいです。

頑張れ〜
posted by めてお at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

再度岩田騎手です。

ガーデンスタイル

栗東トレセン在厩。来週8月6日(水)園田 揖保川特別(ダ1400m)にむけて、精力的に乗り込まれています。
「現時点では多少太め残りですが、3日にもう一度速めを乗れば、変ってくれるはず。今は脚元も固まってきていますので、ビシビシ攻めることができるのも好材料ですね。先行力がある馬ですし、交流競走のメンバーであれば、なおさらチャンスは十分。休み明けでも恥ずかしい競馬にはならないと思っていますよ。鞍上は岩田騎手に依頼中です」(渡辺助手)


岩田騎手再度キターーーーーーーーーーーーーーーー

ブレイクに続いてもう一丁お願いします。
ただ本音としてはここで勝ち上がるよりも、ここで良いレースをして次の500万のレースで勝ち上がってもらいたいところですが、まぁそんな贅沢も言ってられませんので、しっかり岩田騎手には乗ってもらいたいところです。
それにしてもガーデンの使い方だけ見ると、往年の森厩舎そのものなんですけどねぇ。

posted by めてお at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

揖保川特別出走です

ガーデンスタイル


地方交流競走に登録し選出されたため、8月6日(水)園田 揖保川特別(ダ1400m)にむかう予定となりました。



お仲間の皆様がガンガン勝っている非常に良い運気の中でガーデンが交流戦に登場。何となくですが勝てるような気がしてます(うわ〜ただ新馬戦勝っただけなのに天狗になってるw)
賞金的には交流戦よりも中央の方が嬉しいですが、地方の馬場が向くかどうかを試せるという意味でも良い選択だと思っています。
ただこのレース名どこかで聞いた事在ると思ったのですが


前にグランドミッションが惨敗したレースだw

前回は10月だったのにねぇw 何とかここは彼のリベンジを果たしてもらえればと思います。
posted by めてお at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

入厩しました!!

ガーデンスタイル

【7月24日】
 栗東トレセン在厩。今朝は坂路にて普通キャンター1本を消化しています。「ピッチ走法でキャンターの走り方はこれまでと変わりありませんが、体つきはずいぶんとフックラして戻ってきましたね。リフレッシュできた状態で体調は良好ですので、これから追い切りを重ねて前々に気持ちが向いてくれば、500万クラスでモタモタすることはないでしょう。園田などの交流戦も視野に入れつつ、8月9日(土)小倉12R 500万下・牝(ダ1700m)での復帰を意識していきます」(渡辺助手)
【7月23日】
 22日(火)に、終い2F13−13を消化。本日、栗東トレセンに帰厩しています。「中間の打撲は余計でしたが、それ以降は順調に推移。ここにきての馬体の充実ぶりを武器に、昇級によるメンバーや流れの差を克服し、結果を出していってもらいたいですよね。『8月9日(土)小倉12R 500万下・牝(ダ1700m)での復帰を予定』(調教師)しています」(加藤担当)


入厩してくれました。物凄く楽しみです。
交流戦というのも森厩舎らしくて面白いのですが、貰える賞金が少ないので、出来るなら中央のレースで勝ち上がってもらいたいところです。しばらく500万で入着賞金を稼いでもらうのもありですけど、できれば早いうちになんとか1000万クラスへ・・・
posted by めてお at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

次走スケジュール出ました

ガーデンスタイル


 グリーンウッド在厩。坂路にてハロン17〜18秒ペースのキャンターを消化。週1回、14−14を乗り込まれています。
「順調にペースアップできており、そろそろ帰厩の日取りが具体化してきそうな段階へ。あまり大きくストライドが出る走りではないものの、馬体は確実に良化が進んでいますので、勝ち上がった時のレースぶりからしても、500万条件がいつまでも壁になるようなことはないでしょう。8月9日(土)小倉12R500万下・牝(ダ1700m)での復帰を想定しています」(加藤担当)

ガーデンスタイルは順調のようです。土曜日が楽しみですね。
で、今回はスタンのエントリは見送り、変化が何も無いですからね・・・
posted by めてお at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

来月頭が楽しみです

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。現在は、おもに坂路にてハロン15〜18秒ペースのキャンターを乗り込まれています。
「打撲の痕はすっかり消えており、今週末より15−15を交えた調教へ。この休養で馬体はいい感じに立派になっていますので、あとは速めを乗り始めることにより、動きの方が伴ってくれば、自ずと帰厩がみえてきます。『第2回小倉開催の後半(8/9)を新たな目標として』(森調教師)、進めてみることになりました」(加藤担当)



トラブルがあっても何とか復活してくれるのがガーデンの良いところです。小倉で牡馬がへばっているところで牝馬の強みを活かして頑張って欲しい。降級組が再度勝ち上がったあたりでの復帰戦を迎えられたら良いですねぇ。
posted by めてお at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

う〜ん残念

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。先週末に左前球節の後部を打撲したものの大事には至らず、すでに坂路にてハロン16〜18秒ペースのキャンターを消化しています。
「直後に少し腫れた程度でもう心配はいりませんが、『念のため、慎重に進めて欲しい』(調教師)との指示があり、15−15は来週からになりました。いざやり出せば仕上がりの早いタイプとは言え、さすがに近々での帰厩は難しく、多少のスケジュール変更を余儀なくされる可能性もありそう。『今後のペースアップの状況次第で、柔軟に対応していく』(師)ことになりそうです」(加藤担当)


小倉開催の後半か秋の阪神あたりまで待機と言う事もあるのでしょうかねぇ?
何気にこの夏の戦力として考えていたので何気にショックですが仕方ないですねぇ。
posted by めてお at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

復帰戦が楽しみです

ガーデンスタイル


グリーンウッド在厩。坂路にてハロン16〜18秒ペースのキャンターを乗り込まれています。
「体つきに張り(お釣り)があるため、無理なく自然とペースアップが進んでいる状況。すでに終いを15秒台まで伸ばすなど、ここまでは順調にきていますよ。週末からは15−15を開始し、来月上旬には栗東トレセンへ。『7月19日(土)小倉8R500万下・牝(ダ1700m)での復帰を予定』(厩舎陣営)しています」(加藤担当)


ガーデンの使い方だけは文句ないんですよね。復帰戦も時期的にも番組的にも適当だと思いますし、とても楽しみです。哲っちゃん乗ってくれ〜
posted by めてお at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

さあグリーンウッドだ

ガーデンスタイル


島上牧場での騎乗運動を経て、15日(日)にグリーンウッドへ移動しています。
「物見をするなど、気の小さいと言うか、小難しいところを垣間見せますが、一息入れていた割には体が落ちていませんし、これからペースアップするにあたって、進めやすそうな印象を受けています。目下は坂路にてハロン18秒ペースのキャンターを1本。機を見てピッチを上げていきましょう」(加藤担当)


着々と小倉の復帰戦に向けて
posted by めてお at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

小倉は楽しみです

ガーデンスタイル


島上牧場にて、ウォーキングマシン90分を消化中。明日より、日に30分間の騎乗運動を開始する予定となっています。
「ペースアップに備え、そろそろ乗り運動へ。今週末もしくは来週にもグリーンウッドへ移動することになりそうです」(幣旗場長)
「ようやくソエが固まってきましたので、調教を再開します。順調にピッチを上げられるようであれば、7月19日(土)小倉8R 500万下・牝(ダ1700m)での復帰をめざしましょう」(森調教師)


森厩舎にしては大事にされていると言うか何と言うか・・・この夏次第では広尾撤退が近づいてしまいますので私が広尾退会を躊躇するような走りを期待したいです。
そうは言ってもめてお軍団の中でも「上のクラスでも通用するのでは?」と思える貴重な戦力なので、そう簡単には放棄できないですがw
posted by めてお at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

来月中に復帰ですって

ガーデンスタイル


 島上牧場在厩。先週同様、ウォーキングマシン90分を継続しています。
「最近ではウォーキングマシンの行き来など、元気を余してイレ込み気味になってきましたが、ここにきて馬体に張りが出て、馬を良く見せるようになっていますので、これはいい方向と捉えて引き続き様子を窺っています。『来月中の復帰を目標に、あとは馬の状態に合わせて』と厩舎陣営。そろそろグリーンウッドへの移動日が具体化してくるものと思われます」(木田担当)


いい感じです。森厩舎なのに押せ押せ感が無いのは珍しいですが、逆に成長を促されて良い方向性だと思いたいです。デヒアですから早熟性が高い気もしますがw
この仔もルージュと同じでこのローカル開催で何とか1つ勝ち鞍を上げてもらいたいと思っています。その為にはとにかく万全を期してもらう事だけです。頼むよ森さん。
posted by めてお at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

今年の夏は楽しみだ

ガーデンスタイル


島上牧場在厩。引き続き、ウォーキングマシンによる日に90分間の常歩運動を消化しています。
「体はフックラした状態を維持できており、ソエのほうも落ち着いた様子。再び調教を進めていけるラインを迎えつつあるようですね。あと1〜2週間もこちらでのんびりさせてあげれば、グリーンウッド行きのお声がかかるものと思われます」(幣旗場長)


もうこの時期は焦る必要は全く無いのであと1〜2週ぐらいはゆっくりして万全の体制で復帰戦を迎えてほしいですね。まぁ同世代で戦える時に勝ち上がりたかったのは本音ですが仕方ないでしょう。今年の小倉は彼女に頑張ってもらいたいですね。
posted by めてお at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

まずはジックリと。

ガーデンスタイル


島上牧場在厩。ウォーキングマシンによる日に90分間の常歩運動を継続しています。
「ソエのほうは、指で押しても気にする素振りをみせなくなってきたように、間違いなく回復傾向にありますね。ここにきて、だいぶ調子を取り戻してきた様子。この流れで良化を促しながら、機を見て、軽く跨ってみる予定になっています。スムーズな形でグリーンウッドへの移動につなげていきたいところです」(幣旗場長)


乗り運動が出来ない状況だったようで、結構症状は重かったようですが快方に向かっているのは何より。
夏場に楽しませてくれれば問題ないですので、まずはジックリと。
posted by めてお at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

大事に使われていますね

ガーデンスタイル


島上牧場在厩。現在は、ウォーキングマシンによる日に90分間の常歩運動を消化しています。
「一度のショックウェーブでソエのほうは落ち着いてきており、現在はアイシングとレーザー照射のみ。すでに体つきも戻っていることですし、月内にはグリーンウッドに移動できることでしょう。成長が進み、だいぶ雰囲気が出てきましたので、大事に使っていけば、きっと走ってくる馬だと思いますよ」(幣旗場長)


同厩のゴールデンルーヴェは東京開催で使うのが目標のようですが、コチラは一休みするようですね。夏の間に1つ、あわよくば2つ勝ってくれる事が目標ですから焦る必要はないですのでね。このコメントのように大事に使ってくれる事を期待したいですね。
posted by めてお at 00:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

まずは癒してからです。

ガーデンスタイル


島上牧場在厩。現在は、ウォーキングマシンによる日に60分間の常歩運動を消化しています。
「5日に両前のソエに対して、ショックウェーブを放射しました。レース後であっても平常心を維持していますし、ソエも歩様にみせるようなものではなく、指で押すと少し気にする程度。それ以外のダメージは見当たりませんので、こちらでリフレッシュさせているうちに、ほどなく落ち着いてくるものと思われます」(幣旗場長)


まぁ前走はG2を走ったわけですから休みを取ること自体は良い事です。前回の更新では芝でもなんて言ってましたが、本音はダートを使って欲しい。でも牝馬限定の500万クラスの番組を見ると殆ど芝のレースしかなさそうですので、前走から200m短くした1800mの限定戦を試すのは面白いかもしれません。次は変わってきて欲しいです。
posted by めてお at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

もちろん距離もそうですが

ガーデンスタイル


栗東トレセン在厩。現在は、レース後の疲労取りに終始しています。
「レース後も落ち着いており、飼葉も食べていますが、幾らかソエを気にしている様子ですので、この週末にも島上牧場へ一旦放牧に出る予定。指でおさえた際に少し嫌がる仕草を見せる程度ですから、軽くリフレッシュを挟んであげれば、問題なくクリアできるものと思われます。前走は持ったままでついて回ってきたところをみると、芝が全くダメというわけではなさそう。むしろ距離が長かったことが主たる敗因といえるのではないでしょうか」(渡辺助手)


まぁ芝もこなせた方が良いのは確かなのですが、ぶれないで欲しいですね。出資者としましては芝での出世は勿論嬉しいですが、ダートのマイル前後のスペシャリストとして育ててもらえればこれ以上のことはないのです。期待しているのですから頼みますよ〜。
posted by めてお at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

まぁ良かったのでは?

ガーデンスタイル

 互角のスタートから、前半は好位の一角を形成したものの、直線残り400mより余力がなくなり後退。結果18着での入線となっています。
「4コーナーまではいい意味で遊び遊び走っていたため、『これはもしかしたら直線で切れるかな?』とも思いましたが、そこから伸びきれなかったのは距離でしょうか。それに芝の走りもダメではないものの、捌きが決して柔らかい方ではないので、どちらかと言えば、ダートのほうが無難。そのあたりも影響したのではないかと思います」(武士沢騎手)
「鞍上には『ハナを切れるようであれば逃げるように』と伝えてありましたが、重賞ともなるとペースが速いですし、さすがに背伸びしすぎましたかね。ただ、4コーナーまでは初芝、初距離、初重賞のハンデの中、この馬なりに頑張って走ってくれていたと思いますよ。今回、結果が伴わなければ、またダートに戻したり、距離を短縮すればいいだけのこと。負けはしましたが、本馬の今後にとって収穫にはなりました」(森調教師)


えっとめてお軍団初の重賞出走でしたが、結果は私らしい18着の最下位でございましたw
仕事中に抜け出してワンセグで見ていたのもあり、しっかりした映像ではまだ見ていないのですがどうでしたかね? 皆様の率直な印象を伺いたいところです。パドックの映像も無いし・・・フジテレビは競馬番組をキチンと作り直せ!!!

さて個人的にはレベルが低いとはいえ重賞でも先行するスピードを見せてくれたのは収穫だったと思っています。1600〜1800mのダート戦であれば自分の能力は発揮できそうですのでこの挑戦は結果的に良かったのかもしれませんね。

また森先生言っている

>結果が伴わなければ、またダートに戻したり、距離を短縮すればいいだけのこと

というのはまさに仰る通り。この姿勢で迷走せずにガーデンの適正を掴みながら次の番組を決めていただきたいところです。
ダービーの週の土曜日に東京競馬場で牝馬限定のD1600m戦があります。この日のメインは欅ステークスですから、東京競馬場にて兄妹登場なんて良いと思うんですけどね。
posted by めてお at 22:38| Comment(9) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

決定しました

ガーデンスタイル

4月27日(日)東京11R フローラS(JpnU・芝2000m)に武士沢友治騎手にて出走予定。
「本馬の体つきや走りからすれば、芝も苦にすることはないと思いますが、前走のダートがあまりにも鮮やかな勝ち方でしたので、逆にちょっと不安になりますよね。今回は全ての面において未知の領域。ただし状態は悪くないですし体つきもしっかりしつつありますから、芝の重賞でどこまでやれるか、いい力試しにはなると思います」(渡辺助手)
「1勝馬の身ゆえ、鞍上確保に手を焼きましたが、癖があるような馬ではないですし、テン乗りが大きなマイナスになるようなタイプではありません。今回は初物づくしの一戦になるとは言え、やはりクラシックへの夢は最後まで捨てたくないですからね。ここはワンチャンスに賭けてみたいと考えます」(森調教師)

- 調教時計 -
08.04.24 助手 栗東坂稍 1本 53.1 39.0 25.7 12.8 一杯に追う
 ボーナスフィーバー(古500万)一杯に0.6秒先行同入
08.04.20 助手 栗東坂稍 1本 57.4 42.7 28.0 14.0 馬なり余力


出資者にはあるまじき「フローラステークス出走反対」の立場でいましたが、結局出走が決まりました。
今日の更新を見た単純な感想は

『森陣営と言うよりは中尾某が「広告効果はオープン特別より重賞」と言った理由から強引に出走させたのかな?』

という風に感じました。そもそもデヘア産駒でオークスもオークストライアルも無いだろうと言うのが個人的な考えなのでここでクシャクシャにされない事を祈るのみです。ジョッキーもいくら1勝馬で難しかったとは言え森厩舎つながりでは横山典とか居るのになぁ・・・まぁしょうがないでしょう。

個人的には出走が決まってしまったのは残念ですが、もう決まってしまった事は仕方ないので、ここ瞬間からはめてお軍団初の重賞出走を楽しみ、目一杯応援したいと思います。

今までの一口出資馬の中で一番「夢」を感じたのがウインゼフィールとメテオグローリー。その2頭で辿り着けなかった重賞出走の夢を叶えてくれたガーデンに感謝したいですね。ゼフィールが2001年生まれですから一口は2002年からやっているわけで、6年目にして初めての経験なのですよね。長かったなぁ・・・出走する以上は勝ちを目指して頑張って欲しいです。当ブログの副題でもある

「いつかは愛馬を中央競馬の重賞の舞台へという夢を追って生きています」

というのはもう削除しないとねw とにかく頑張れ!!! 掲示板に載ったら狂います。キャロットで抽選落ちのカイゼリンには先着して欲しいですが、難しいかな? でも気持ち的には負けて欲しくないぞ〜
posted by めてお at 22:57| Comment(11) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

今のところ歓迎では無いスタンスです

ガーデンスタイルはフローラSも視野に入っているようです

昨日付けで栗東トレセンに帰厩。本日、入厩検疫を受けています。
「5月4日(祝)東京11R スイートピーS(3歳オープン・芝1800m)だけではなく、4月27日(日)東京11RフローラS(JpnU・芝2000m)への出走も選択肢としたいため、予定よりも1週早く、トレセンに戻すことになりました。こちらで進めてみた感触次第で、ゴーサインを出したいと思います」(森調教師)


最近見られなかった森厩舎の強気の番組選択ですが広尾勢でその強気のローテが実を結ぶとは到底思えないのですがね。

フローラの場合いきなりの芝挑戦+300mの距離延長+坂+重賞挑戦ですから、負けたときの敗因の分析はどれが要因なのか分からないですので(相変わらずの弱気な姿勢だ事・・・)個人的にはあまり歓迎ではないです。

勿論ここで負けても「いつでも自己条件には戻れる」と言う考え方は出来るので、ひょっとしたら一口生活最初で最後の重賞挑戦かもしれない今回の挑戦を楽しむというスタンスに出走が決まれば勿論シフトしますが、出来れば自己条件が希望です。

盛り上がっている他の出資者の方から見ると私のこのスタンスはネガティブこの上ないとは思いますが、たった一度の重賞挑戦で競走馬のキャリアが終わってしまったなんて事を何度も見てきているので、ガーデンを長く競走馬として応援したいと思っているからこそのこのエントリと言う事でご容赦いただければ。まぁ重賞挑戦自体は初めての体験なので嬉しいは嬉しいんですけどね。どうなりますか。
posted by めてお at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする