キャロット 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2008年06月22日

おめでとうバイラオーラ

キャロットのトワイニング産駒のバイラオーラが福島のメイクデビュー勝ちました。出資者の皆様おめでとうございます。

それにしても切れましたね。この馬の活躍は素直に嬉しいかもしれません。この先も順調に行って欲しいものです。

またここでは一番人気で私のPOG馬のジェットスパークルも出走してましたがやはりシンボリクリスエスですねw
少し距離が延ばして姿を見たいところです。スピードはありそうですので何とか勝ち上がって欲しいところです。
posted by めてお at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

昨日の話ですが

昨日の話ですが


ブロードアピールの仔が5馬身差V(netkeiba)



当ブログの古くからの読者の方はご存知だとは思いますが、05年産から私はキャロットクラブに参加しました。カタログを見たときに一番欲しかった馬が当馬。まだ会員でなかった当時は特別会員という形で「抽選にとりあえず参加させてもらえる権利」をかろうじて持った上での参加。結果一番欲しかった同馬の抽選に落選し、一番人気のサルスエラとアイテールの抽選に通ったといういきさつがあります。この落選で1.5次でルージュに行けたんですよね。

なのでこういうニュースを目にすると嬉しいというか悔しいと言うか何とも・・・まぁ馬を見る眼はそんなに外れていないと言う事で(本当か〜w)
松国先生の馬で血統的には桜花賞向きと思っていましたが勝振りを見ても使っている距離を見ても先生は樫の舞台を目指してローテーションを組みそうですね。このまま大きいところを獲って欲しいです。出資できなかったのは悔しいですが、自分が欲しいと思い出資を決断した馬が大活躍するというのは嫌な気分はしないので。もちろん実際に出資している馬が活躍しそうに無いのでこんな事書いているのですが(涙)
posted by めてお at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

そして全頭満口へ・・・

今日のキャロットのキャンセル狂想曲ですが、結果



全頭満口!!!



という事らしいです。勢いで買ってしまった人や、繋がった嬉しさのあまり購入してしまった人も多かったのかもしれませんねw
キャンセル馬が全て素晴らしいとは思っていませんでしたし、残口が残っている馬の方が魅力的に映った馬もいますので全頭完売というのは驚きでした。他のクラブ法人関係者にしてみれば「羨ましい」の一言でしょうねぇ。

ただ見直して欲しい募集方法ですが、クラブ側としてはたった1日でキャンセルの残口が全て捌けるのですから募集方法を検討する必要なんてないでしょう。キャロでは1次の抽選で自分の好みの馬の抽選に通らなければ無理と言う事ですね。難しいクラブですが、他のクラブよりも魅力的な部分もあるのも事実。悩ましい。
posted by めてお at 18:06| Comment(4) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャロキャンセル募集実況中継

繋がんねぇ〜〜〜〜


12時31分時点でタイキポーラが満口なんですと、1分ですよ1分。凄いねぇ・・・

以下リアルタイムで更新してきます。

47番カーリーエンジェルの06
56番オーベルゲイドの06
12時37分で満口、一番人気はキョウエイではなかったのね・・・

84番ジラベルの06が12時40分で終了、エントリもせず、何気に黙って狙っていたのに〜w 残念。

12時45分 48番キョウエイマーチの06終了。そりゃそうだ。

繋がんねぇ〜〜〜〜

12時49分
39番ヴァンドノワールの06・66番ウインフィオーレの06が終了

ヴァンド・・・_/ ̄|○

12時54分
40番ユーワジョイナーの06が終了 ルドルフさんとご一緒できず。

12時58分
13番レディブロンドの06終了。あるたさん繋がったかなぁ・・・何気に最近の馬体の写真とかを見ても良いと思っていた馬。カズーでなければ欲しかったんですよ。もし繋がればと思っていましたがヤッパリ無理でした。

1時11分
62番ルビーマイディアの06・63番スカーレットローズの06・72番インディスユニゾンの06終了。

角居2騎が終了。これで私が狙っていた追加募集候補がバイラリーナ06、マンハッタン06以外は全て満口になりました。繋がった時に残っていますかねぇ・・・

1時20分
68番ジェドゥーザムールの06・82番マンハッタンの06
終了。

と言う事で、一応バイラリーナ06だけは今のところ出資のチャンスがありそうですが1時間電話して繋がりませんから、3時か4時位に電話してみて残口があるようであれば申し込もうとは思いますが正直もうお腹一杯です。
追加出資も1人1頭の制限を設けて郵送で申込にすれば良いのにと思いますねぇ。この追加募集の方法はもう嫌ですね。今日はたまたま休みでしたから参加できましたけど、公平では無いですね。







posted by めてお at 12:40| Comment(8) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

キャロットのキャンセル募集

今月の請求書の中にキャンセル募集の一覧がありました。
印象としては結構口数が残っていますねぇ。
個人的には角居2騎がたまらなく欲しいですが、キョウエイマーチが10口ルビーマイディアが11口ですからソッコーで無くなりそうですね。キャロの角居馬は来年しっかり出資したいと思っていますので今回は見送る予定です。

一応電話はしてみる予定。個人的にはヴァンドノワールの5口とタイキポーラの7口を狙ってみたいです。この2頭どちらも最近のコメントが良いしリーズナブルな価格帯なのできっと無理でしょうが、今回は一人一頭という縛りがありますのでチャンスは多少あるのかなぁとも思ってます。

あと最近のコメントが恐い位に順調な私の出資馬のジラベルもたったの2口だけですが残っているようです。運の良い方是非ご一緒しましょう〜。

posted by めてお at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

バクシンオーっていいなぁ・・・

先週の新馬戦で、いつもお世話になっているきりたさんが出資されているリーガルスキームが非常に良いレース振りで新馬戦を快勝しました。きりたさんもとい出資者の皆様本当におめでとうございます。
また中山メインのガーネットSもタイセイアトムが快勝。このようなレースを見せつけられるにつけ「バクシンオーって良いよなぁ」と思う訳です。一口を始める前は「バクシンオー産駒みたいな馬に出資しないと弱小クラブ馬はダメだろう」なんて思っていたはずなのに未だ実現しておりません。「いつか出資しよういつか出資しよう」と言いながら、各クラブから募集馬が発表され、いざカタログを前にするとSS系ばかりが目に入ってしまう浅はかさ・・・

それを裏付ける以前のエントリ
コチラコチラのコメント

ね、相変わらず詰めが甘いでしょ?w
リストアップしながら逃しているところがらしいっちゃらしいんですけどね。最終的にはルージュアルダンとの2択になって1.5次はルージュにしてますので悔いはないのですが、逃した魚は大きいかもですよ。
それにしても昔のエントリを再度見直して今更ながら気付きました

スゥエプトアウェイ(エラティス05)
ルージュアルダン(ミュゲルージュ05)新馬戦3着、未勝利戦1着
ルミナリエ(スリークドレス05)新馬戦1着
スピリタス(ピノシェット05)新馬戦2着
リーガルスキーム(ミントエンジェル05)新馬戦1着
ラウニカ(シャルウォーカミーズ05)トレセン入厩後放牧

1.5次のリストアップで挙げていた馬ですがこの中でトレセン入り出来ていないのはスゥエプト1頭のみ。虚弱馬が多いキャロ馬であることを考えると驚異的。しかも半分が勝ちあがり、しかも新馬勝ち2頭で4頭とも馬券に絡んでいるのですから私の相馬眼も素晴らしいものですって1頭にしか出資できてないので全く意味が無い訳ですがw 

アイテールが虚弱体質で悩み、サルスエラが入厩目前で致命的なトラブルに見舞われている現状を考えると複雑です。なんだかなぁ・・・どっちも抽選をくぐりぬけた「幸運」の賜物のはずだったのですがね。

という事で、今私が更新を見守っているキャロの募集馬を

ウェスタンワールド06
アグネスタキオン産駒で、最近馬が変わってきた印象があります。馬を大事にする事で有名な勢司厩舎がプラスなのかネックなのかは微妙ですが。でも高い馬なので最後まで様子見&資金に余裕があったら行ってみたい。早来育成も魅力。

フォーント06
早来育成のNF生産の牝馬という事で非常に魅力なのですが、この馬も最近変わってきた気がします。化骨の遅れという言葉がキャロ馬である事を考えると非常にマイナスとも思えますがもう少し様子見をしたい。でも結構良いと思うんですけどねぇ。シルエットはとても好きな馬体ですので何気に欲しい。

ビワプランサー06
今回のエントリでもお分かりかと思いますが、今一番考えている馬です。まぁ昨年からずっと気にはしていたのですが、昨日のミントの走りをみて1歩前進w まぁ動機が不純ですわね。値段とのバランスは良さそうですし手頃な牡馬ではこれですかねぇ。

アッサムヒル06
これも安いなかでは気になる牝馬。父のマヤノトップガンは現役時代大好きだった馬&個性的な馬を出す種馬なので気にしていました。結構良くなってきたと思いませんこの馬? 安いので動向を追っています。伊藤圭厩舎でダート適性があると面白いと思う。

スルーオール06
募集馬の写真発表の時点から、このブログでも書いていましたが、まだ気なってますね。こういう馬は出資すべきとは思いますが・・・踏ん切りがつかないです。ロビュストの更新見てるとやっぱり怪我が心配ですね。直前まで様子見。

タイキヴィーナス06
唯一の関西馬。そもそも目ぼしい関西馬は満口になってしまってますので仕方ないですね。最近の写真でもスピードのありそうな尻をしていますのでトラブルなければ早いデビューも可能かと。目つきが少し心配ですが値段を考えると目を瞑ろうかなとも思えますね。

さぁこの中にお宝は居るのでしょうか?
もう少し様子見する事にします。


posted by めてお at 17:59| Comment(6) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

これぞキャロ めてお軍団 失速です(涙)

キャロット所属馬3頭の更新を纏めて


続きを読む
ラベル:キャロット
posted by めてお at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

おめでとうトールポピー

キャロットのトールポピーが阪神ジュヴナイルフリーズを制しました。出資者の皆様おめでとうございます。


実は私が一口クラブに入会して、在籍クラブのカタログに載っていた馬で初めての重賞ウィナーの誕生です。素晴らしいですね。
相馬眼(&抽選運)を磨いて、いつか自分もこのような馬に巡り合いたいものですね。この勝利でまた会員が増えるのでしょうか? だとすると抽選がより一層厳しくなるなぁ・・・

それにしてもキャロットと角居厩舎の相性の良さは凄いですね。キャロットのG1ウィナーはアロンダイトを除いて全て角居厩舎です。抽選&高額馬ですが、この厩舎を狙い続けましょうかって皆同じ事考えてますよね(苦笑)
広尾の角居馬はいるんだけどなぁ・・・そういえば広尾のカズー馬も新馬戦を勝ちましたね。散々悪口を言ってきた広尾の中尾某ですが、フサイチペガサス産駒が芝2000mの新馬を勝つとなると、仕入れの改革が進んできているという事なんでしょう。もう少し広尾は見直さないといけませんかね? 補償がたんまりある人はもう少し長い目でいきましょうw
近年本家社台&サンデーを含めてクラブ法人が元気無かったですが、最近活気を帯びてきたように感じているのは私だけでしょうか? もしそうなら、我々の時代ですよ〜ってその走る馬を「引かないと」無理なんですけどねw
ラベル:競馬
posted by めてお at 23:20| Comment(2) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

キャロ馬も揃ってきました

20日にサルスエラがグリーンウッド、ルージュアルダンが美浦に入厩予定です。
ルージュで一口史上初の2歳デビューを体験しただけでもキャロに入会して良かったというものですが、こうやってトレセン近郊に移動されるというのはデビューに少しづつ近づいているという事ですので嬉しいです。

ルージュはあと2走ぐらいで何とか「勝利」を掴んで欲しい。芝コースで前走のようなスタートダッシュを決めてくれればという期待は膨らみます。
サルスエラは悪名高い友道厩舎w 個人馬主を最優先させる傾向があるのは仕方ないが、走る馬ならクラブも近藤さんも関係なく使ってくれるはずなので、期待したい。でも14秒の時計で駄目だったんだよなぁ・・・デビューするまでは妄想します。これは一口馬主に与えられた特典ですからw
そういえば、めてお軍団はキャロと広尾馬の割合がメテオの引退で逆転しました(キャロ5頭広尾4頭)。このままキャロット1本で行くか、それとも他のクラブでキャロットの抽選落ち対策をするか悩みますね。
そうすると広尾を継続するってのはアリなのかもしれないなぁ。
ナンバーにダーレーがクラブ法人云々って書いてあったようですが、そこを狙い撃ちするか(広尾を買収してくれれば最高なのだが・・・勝負服的に考えてくれませんかね?)
posted by めてお at 18:44| Comment(2) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

申し込みました

まずは本日はじめてこのブログをご覧になる方はコチラのエントリを先にご覧下さい。続きを読む
posted by めてお at 22:28| Comment(5) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

キャロット抽選結果

キャロットの抽選結果が来てました。昨日の一件で当初の予定よりテンションが低めで封を開けましたので

プレジャートレイル(×)
ソルティレージュ06(〇)


という結果を見ても

「ふ〜ん」


の一言で終わりましたw

まぁソルティは無抽選ですから出資は確定していた訳ですが、プレジャーは落選。まぁ仕方ないです。縁が無かったという事ですね。

で、1.5次をどうしようかという話ですよね。個人的には1000万円台の牝馬を検討しようと思っていますが、今年の出資が木原厩舎という事で、やっぱり名前の通っている厩舎の馬も欲しいなと。
残口考えるとインディスあたりは様子見出来ないからなぁ・・・角居祭は今年は参加せず。ルビーもチャンスは残っていますが、やっぱり一口キャロで10万円は出したくないなと。

候補としては厩舎優先なら石坂、松国、平田先生あたりの馬を。血統的にシーズアン辺りは欲しい気もしますが、ダンス牝馬でキャロ馬で松国というのは積極的には行きづらいですし、馬体も成長を期待しないと厳しそう。馬体の成長を期待しての出資はシャイニングで懲りていますので去年の今年は行きにくいですw

何気に石坂オリンピアの更新写真が結構好きなのですが、やっぱり脚が・・・1.5次で満口にならない事を祈りつつ様子見したいですねぇ。キャロで大当たりを引く可能性は見るからに難アリの良血馬を狙う事。馬体が良さそうな良血馬よりもこういう馬の方が夢は持てるかもしれませんが、結果は神のみぞ知るですから。
満口近しとなっている馬の中で欲しいのはインディスかソルティにもう1口いくかの選択。

あと金額的に考えていたのがリーサとスルーオール。スルーオールだとカタログの第一印象がそのままなので、本当に欲しいのかもしれません。馬体重の割には大きくみせる気がしているので良いと思うんですけどね。牡馬なら「ダート専用馬」として相当面白いですが、牝馬はなぁ・・・でも今のところこれに行きそうですね。
posted by めてお at 23:43| Comment(2) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

キャロット途中経過

20日現在の応募状況です

1・74番フーラクサの06(*661)
2・18番プレジャートレイルの06(*611)
3・71番キョウエイフォルテの06(*598)
4・65番ローザネイの06(*592)
5・68番ジェドゥーザムールの06(*559)
6・29番ロッタレースの06(*530)
7・13番レディブロンドの06(*517)
8・48番キョウエイマーチの06(*445)
9・66番ウインフィオーレの06(*416)
10・39番ヴァンドノワールの06(*413)
11・86番タイキポーラの06(*409)
12・53番アドマイヤリッチの06(372)
13・47番カーリーエンジェルの06(350)
14・58番フラワーパークの06(336)
15・22番ホープチェストの06(316)
16・55番ハルーワソングの06(313)
17・82番マンハッタンの06(302)
18・64番マンファスの06(288)
19・69番ソルティレージュの06(283)
20・28番ベビーグランドの06(277)
20・62番ルビーマイディアの06(277)
22・56番オーベルゲイドの06(265)
23・72番インディスユニゾンの06(259)
24・57番ビッグエリザベスの06(246)
25・63番スカーレットローズの06(220)
26・49番オリンピアデュカキスの06(209)



ついにプレジャートレイル600口OVERです。2倍までいかないとは思いますが、しんどい抽選になります。ソルティは感触的にはギリギリセーフといった感じ。
で他の馬に目をやってみると、1.5次要員に考えていたヴァンドノワールは完全アウト。マンハッタン、ビッグエリザベスあたりはギリギリ残る可能性高いか?
もし2頭とも外れたら大ギャンブルでクリスエス産駒のどれかに逝く予定。オーベルゲイトかソニンクか。前者は調教師の態度が嫌い、後者は調教師の放置体質が嫌いw どうしようかなぁ・・・。
posted by めてお at 19:46| Comment(2) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

19日現在申し込み数

19日現在の募集状況です

1・74番フーラクサの06(*538)
2・18番プレジャートレイルの06(*496)
3・65番ローザネイの06(*482)
4・71番キョウエイフォルテの06(*476)
5・68番ジェドゥーザムールの06(*457)
6・13番レディブロンドの06(*431)
7・29番ロッタレースの06(391)
8・48番キョウエイマーチの06(378)
9・66番ウインフィオーレの06(323)
10・86番タイキポーラの06(316)
11・53番アドマイヤリッチの06(311)
12・39番ヴァンドノワールの06(307)
13・47番カーリーエンジェルの06(299)
14・58番フラワーパークの06(276)
15・55番ハルーワソングの06(260)
16・22番ホープチェストの06(233)
16・69番ソルティレージュの06(233)
16・82番マンハッタンの06(233)
19・62番ルビーマイディアの06(227)
20・64番マンファスの06(223)
21・28番ベビーグランドの06(215)
22・57番ビッグエリザベスの06(203)
23・72番インディスユニゾンの06(200)


まずスンゴイ差し脚を見せて我がプレジャートレイルがフーラクサを差しきる勢いで追い上げています。これは厳しいなぁ。うまく抽選通らないかなぁ。
マンハッタン辺りまで抽選圏内でしょうか? ルビーマイディアやマンファスあたりは1.5次で即満でしょうね。
posted by めてお at 22:06| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

18日現在

18日現在のキャロットの応募状況


1・74番フーラクサの06(*458)
2・65番ローザネイの06(*412)
3・71番キョウエイフォルテの06(*403)
4・18番プレジャートレイルの06(397
5・68番ジェドゥーザムールの06(385)
6・13番レディブロンドの06(374)
7・48番キョウエイマーチの06(333)
8・29番ロッタレースの06(324)
9・66番ウインフィオーレの06(281)
10・47番カーリーエンジェルの06(263)
11・39番ヴァンドノワールの06(262)
12・53番アドマイヤリッチの06(259)
13・58番フラワーパークの06(248)
14・86番タイキポーラの06(247)
15・55番ハルーワソングの06(219)
16・22番ホープチェストの06(210)
17・69番ソルティレージュの06(207)
18・82番マンハッタンの06(200)


これでプレジャートレイルは抽選確実ですね。私の運はどこまでか?
200口を超えたという事でようやくソルティがランクイン。ギリギリ抽選という可能性もありますが、この馬は出資出来そうな感じ。これからは1.5次の情報を集めようと思います。牝馬で良いのが残っている事を望みます。
posted by めてお at 22:58| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

キャロット中間発表

オフィシャルに途中経過Top15が掲載されています

1・65番ローザネイの06(197)
2・74番フーラクサの06(187)
3・68番ジェドゥーザムールの06(176)
4・71番キョウエイフォルテの06(171)
5・47番カーリーエンジェルの06(159)
6・18番プレジャートレイルの06(149)
7・29番ロッタレースの06(147)
8・48番キョウエイマーチの06(146)
9・13番レディブロンドの06(139)
10・53番アドマイヤリッチの06(117)
11・66番ウインフィオーレの06(101)
12・86番タイキポーラの06(95)
13・58番フラワーパークの06(93)
14・55番ハルーワソングの06(91)
15・39番ヴァンドノワールの06(89)


まず、今回私が申し込んだのがプレジャートレイル06とソルティレージュ06です(言っちゃったよw)まぁ、筒抜けですから隠す事も無いなということで。
で、そのプレジャーが6位にいます。これは抽選確実。逆に意外だったのがソルティが今のところ入っていないという事ですね。そんなに木原厩舎は駄目なのか?w
まぁこの結果を見て動く人たちがいますので、今回のデーターは参考程度とは思いますが、それでも今回名前が出ている馬は、新規の人達は無理と考えて間違いないと思いますし、特別会員の人も強運が無い限り厳しいでしょう。
15位のヴァンドノワールは抽選外れたら1.5次で行こうと思っていましたが、現状厳しそうですね。行く末を見守りましょう。
posted by めてお at 18:53| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

投函してきました

先ほど、申込書を投函してまいりました。
中間発表を見て考えても良かったのですが、実は悩みはしていたのですが、日替わりの一定の馬達をグルグル回っていただけ、という事で先ほど決断をしました。

きりたさんあるたさんのブログのコメントで

「関西牡馬2頭で決めました」といった内容でしたが変わってしまいました(汗)

まず今日の午後8時まではキョウエイマーチ06に行く事に決めていましたが、母馬への思い入れだけで出資するのに腰が引けましたw
もっとも角居厩舎ですし、馬体も嫌いではないけれど、やはり重賞を勝ってトントンという価格設定は厳しいなと。無茶苦茶欲しかったですけどね。予算が3倍あれば絶対行きましたw

で、結局行ったのは当初のHPの写真の印象のまんまという感じです。
1頭はソルティレージュ06。これは当初から一貫して変わりませんでした。価格も手頃、ギムレット産駒が欲しいという理由から。馬体 は背丈が低く、体も小さいので、シャイニングヒルの姿が思い浮かびましたが(苦笑)ダートの短中距離こなせそうな私の好きな馬体の印象から選んでしまった(爆)
馬体の他に引っかかったのは木原厩舎ということでしたが、兄のレグルスキッドに出資している人のブログを見たら、それほど悪い印象をもっていないという方が多かったので、成績的には不安もストレス的には大丈夫かなと。もっともレグルスキッドの倍の値段するんですけどねw 
ただ人気はベスト3に入る馬かもしれませんので、抽選が微妙です。なんとかクリアして欲しいです。

もう1頭は関東馬にしました。狙っていた関西馬ではフーラクサ、マンハッタン、ビッグエリザベスの3頭で悩みましたが、それよりも関東の狙い馬の方が良く見えてしまったのです。預託料を考えても関西の方が良かったのですが、今回は敢えて関東に賭けてみました。
この馬は抽選の可能性は微妙だと思いますが、多分満口になってしまうと思いますが初仔である事と厩舎で嫌われてくれないかなぁ・・・勝春・藤田辺りが乗る可能性が高い厩舎ですのでね。
posted by めてお at 01:21| Comment(4) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

キャロットクラブカタログ到着

昨日の時点で到着はしていましたが、キャロットのカタログが届きましたのでジックリ見ていました。

今年は全体的にまとまっているような、パンチが無いようなそんな感じです。
キャロットではノーザン牝馬or訳アリを狙うのが「大物」獲得の近道なのは明白ですのでそのあたりの事を踏まえて出資馬を狙おうと(穿った見方ですなぁw)続きを読む
posted by めてお at 20:19| Comment(4) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

キャロット写真発表

やはり欲しいのが一杯。全頭見たわけではないので、とりあえず有名どころをチェックしました。

とりあえずプレジャートレイル、ソルティーレージュが気になる。大穴がバイラリーナ。
もっともこんな予想毎度の事ながら、直ぐに覆しますのでw

キンカメは「見」したい感じです。ネオユニは結構好きかもしれません。牡馬が関西だったら・・・・

みなさん意見交換しましょう!!(もちろんメールでw)
posted by めてお at 21:49| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

スタンニングショックを忘れたい・・・

スタンニングショックを紛らわす為に、今日届いたキャロットの価格について感想を。

まず、難しそうな価格と厩舎のバランスのような気がしますね。
気になっていた64番は牝馬で4000万円。血統的には仕方ない気もしますがダービー馬の兄以外はそれ程の成績を残していないだけに写真と厩舎の発表を待ちたい。松国・角居あたりならこの価格でも考えますが・・・

狙っていた38ですが、想像していたより高いと感じてしまいました。セリの価格からすれば妥当も、セリの値段を把握していなかったので「高っ!!」という第一印象はきっと覆せないと思います。難しそうだ。

あと47・48がこの金額なら逆に46がお得のような気もします。確か今年の2歳の全兄は評判も良さそうですので(もちろん、出来が悪いからのキャロットと言う事は折込済みで?)考えてしまいますね。でも、関西のタキオン欲しい〜。

あと今年先物買いをしようと思っていたのがネオユニ産駒なんですけど、牝馬の2頭が超有名どころなだけに、牡馬は先物買いが出来そうな価格に収まりました。気になります。

昨年から馬体が好きな馬が多いタニノギムレット産駒ですが、ウオッカのお陰で金額が相当上がるかと思っていましたが範囲内に収まってくれました。今のところはこの辺を狙っていこうと
posted by めてお at 23:14| Comment(2) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

キャロットの更新をまとめて

今週は久しぶりの更新でした。

ルージュアルダン

ウォーキングマシン調整。「まだ到着したばかりということもあり、マシンのみの運動に留めています。体の内側まではわかりませんが、外見上はレースの反動もなさそうですね。しかしまだ2歳ですし、急いで乗り始めることもないでしょう。しっかりレース後の状態を見て、来週からでも乗り出せればと考えています」(山元担当者)

アイテール
屋外周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内周回コースでハロン18秒のキャンター1200mを行っています。坂路調教を主体に進めていた頃はテンションが上がり、無駄な力みが見られましたが、ここ最近は周回主体で乗り込んでいることもあり、とてもゆったりとしたキャンターを踏めるようになってきました。今後も疲れの溜まりやすい首や腰周りに予防策としてショックウェーブなどのケアを並行して行っていきます。

サルスエラ

屋外直線坂路でハロン17秒(終いハロン16秒)のキャンター2本を行っています。春先にトモ脚の不安が出た馬ではありますが、ここ最近は馬体全体を見渡しても問題になるところは一切なく、乗り運動も段階を踏んでペースアップを図ることができています。継続した運動負荷が身体の成長に一役買っている感じで、ここ最近はキャンター時の身体の使い方がとても上手になり、行きっぷりもかなりよくなってきました続きを読む
posted by めてお at 20:52| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

特別入会受け付け開始です。

キャロットの特別入会受け付けが開始されました。
通常であれば、新規で入会すると既存会員の1次募集終了後残口があった場合のみ出資できるのですが、特別会員になると抽選のチャンスが与えられます。

>募集馬へ総口数を越えるお申し込みがある場合、総口数の内90%を既存会員であるお客様で抽選を行い、残りの10%を先の抽選で漏れた会員様と特別入会された会員様で抽選を行います。(オフィシャルから引用)


これを文面だけで見ると、特別会員にはチャンスが全く無いような気もするのですが、実際私は昨年特別会員でキャロットの1番人気のサルスエラの抽選に通り、無事出資する事ができましたので、案外馬鹿にしたもんでもないと思います。カイゼリン(ブロードアピール05は落選しましたけどねw

締め切りは8月10日先着200名だそうです。故障馬が多いとされるキャロットですが、幸運にも私の出資馬達は順調にきていますし、サウスやウインでは中々味わえない「2歳デビュー」も現実味を帯びてきています。というか、サウスのチンタラ育成はノーザンで故障したのと同じですし(苦笑)

また、税制の変更で出資者が受け取れる賞金が低くなる未来を考えると、牧場系(キャロも牧場系でいいですよね?)の値づけで出資しないと話にならないでしょうから、もし一口という趣味を社台・サンデーといった大口クラブで出来ない(やらない)といった人にはとてもオススメクラブだと思います。
欲しい馬に100%出資出来ないというマイナスはありますけどね。抽選のドキドキを一緒に味わいませんか?w
posted by めてお at 17:25| Comment(4) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

ルミナリエおめでとう(ついでにポルトも)

今日キャロットの05世代の先鋒でもある、ルミナリエが新馬戦を勝ちました。
昨日のきりたさんPOGドラフトでも、あと1頭競合負けしていれば指名されていた馬なので、ちょっと複雑ですが今年参加しているキャロ05世代としては良いスタートを切れたので、この先も流れに乗って欲しいです。

実は以前のエントリで、ルミナリエの事を書いています。よく読むと一番の候補なんて書いてありますw 実際ルージュと悩んだ結果なわけで別に構わないのですが、ちょっと残念かも。とは言え、自分が気になった馬が結果を出してくれると嬉しいものです。出資者の皆様おめでとうございます。

あとは阪神1600のエアグル娘が強かったですね。この時期にあの血統を間に合わせてしまうノーザンの育成はズル過ぎるでしょう。岡田総帥的にも、弱小馬主的にも厳しいですねぇw こういう大駒は秋のデビューにしないと、全体のパワーバランスが・・・そうか!!デビューが遅れる広尾の為に前倒ししてくれているんだw
posted by めてお at 14:20| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

追加募集馬についてですが

オフィシャルの会員ページで発表されてましたが、やっとキャロの豪州産の追加馬のカタログが到着しました。

まぁ南半球産の遅生まれのリスクを考えると、出資はなかなか厳しいですよね。絶えず、デビューの遅さで苦しめられている広尾の会員であれば尚更w
尚且つ特別募集の為補償無し・・・正直興味は無いです。でもとりあえずの感想を。

この中で一番興味があったのは音無厩舎のGalileo産駒。馬体はこじんまりしていましたが、雰囲気はありますね。成長してくると面白そうですが、遅生まれのサドラーズ系ってなぁ・・・
後は戸田厩舎のMontjeuかなぁ? でもGalileoと同じで遅生まれのサドラーズしかも10月生まれですから、やっぱり怖い。あとの2頭はあまり好みでなしって、俺ってサドラーズ系好きなのか? やばいなぁw

という事で、今回は出資しません。て言うか、あと2〜3ヶ月たてば、06産の募集が始まりますからね。資金が潤沢にあるわけでは無いですからここは我慢です。
posted by めてお at 23:07| Comment(2) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

いろいろとありましたが正式発表

某匿名掲示板で大賑わいだったキャロットのお名前騒動ですがようやく決着がつきました。でもあの一連の騒ぎは私あんまり好きではありませんでした。確かに名前は大事だと思うけど、その命名者のサイトまで晒して叩くのはどうかと・・・ねぇ?
でももうこれで決定ですから、せっかくキャロットで同じクラブの会員同士仲良くクラブ馬を応援して行きましょうよ。続きを読む
posted by めてお at 01:15| Comment(4) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

キャロの名前が決まったようです

オフィシャルでの発表ではないので、まだ確定ではないかもしれませんが


ミュゲルージュ05→カーマインルージュ

サンウィルシャイン05→アイテール

ハルーワソング05→サルスエラ


カーマインルージュは「色」の名前、アイテールはギリシャ神話の天空神、サルスエラはオペラの一種のようですね。何気にサルスエラは気に入ってます。アイテールは語呂は悪いですけど意味合いは悪くないかな?カーマインルージュは母馬の‘ルージュ’からでしょうが、少しくどいな・・・

キャロの名前は個別判断しづらく「響きが良い」という理由だけでつけられている事が多いので心配しましたが、出資馬については回避できたので一安心です。若干アイテールにその匂いを感じますけどね(苦笑)
オフィシャルの発表を待ってカテゴリの名前を変更いたします〜。
posted by めてお at 15:35| Comment(4) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

キャロ馬順調です

キャロ馬は順調のようです。

ミュゲルージュは骨瘤が治って乗り始めている様子。この冬を上手く乗り切って欲しい。

サンウィルも順調ですね。アストンオーシャンエイプスでクラシック、ヴァーミリアンで川崎記念もぶち抜いた好調石坂厩舎ですから期待大です(超活躍馬が出た後の世代はダメな傾向がありますがそんな事は気にしませんw)。

ハルーワが少し微妙な感じですけど、特に怪我をしたという感じではないので前向きに捉えております。写真も嫌な方向には行ってませんので楽しみ。

あと以前からスルーオール05が気になって更新を見ているのですが、良くなってますね〜。欲しいけど流石にもう一口予算はオーバーなので、指をくわえて見ているのですけど欲しいです彼。臨時収入があったら行きたいところです。まぁ鞍上は吉田豊限定っすけどねw
posted by めてお at 22:46| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

来年は景気の良いコメントお願いしますよ〜

ミュゲルージュ05

ウォーキングマシンでの常歩を行っています。両前脚の管骨内側の骨瘤は見た目にはっきり分かり、相変わらず微熱を帯びています。ただし、出始めた頃に乗り運動を休止したこともあり、そう酷いものではありません。患部にはレーザー治療、水冷等を行っており、徐々に良化してきていることから、完治までは時間の問題だと思われます。


サンウィルシャイン05

外周回コースで軽めのキャンター1000mの後、屋内坂路でハロン23秒のキャンター1本を毎日こなしています。平地でのキャンターを織り交ぜていることで十分な運動量を確保できており、馬体も徐々に引き締まってきました。父の産駒としては小柄な部類に属する本馬ですが、調教時の動きはとても大きく、今後の成長がとても楽しみな一頭です


ハルーワソング05

この中間、両前脚球節に疲れから来ると思われるハリが見られたため、脚元への負担を考慮し、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本のみとペースを落として乗り込んでいます。また、ここ最近は軽い下痢をしたり、咳をしたりと体調面に少々翳りが見られることで、キャンター時の行きっぷりにそういいものが見られません。ただし、真っ直ぐに真面目に走るように、走りの質自体はとても良いので、ゆっくり進めているこの時期にしっかりとリフレッシュしていきたいと思います。


キャロットの更新です。
ミュゲ&ハルーワは痛いところが出てきてトーンダウン。特にミュゲルージュの方は、私の嫌いな方向に成長している感が(苦笑)

反面サンウィルはとっても素敵なコメントです。全兄も勝ちあがりは問題なさそうな走りを見せていますから期待したいですね。ただ、ダートの石坂厩舎という事を考えると馬体重が大きいにこしたことはないのですが、こればっかりは仕方ないですね(わかった上で出資しているのですから)。楽しみ〜
posted by めてお at 15:13| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

キャロの更新です

ミュゲルージュ05

ウォーキングマシンのみを行っています。ここ最近は楽をさせていますが、両前骨瘤に相変わらず若干の熱感があるため、当面は様子を見ることになります。

サンウィルシャイン05

屋外周回コースでダク800m、軽めのキャンター1000mを行っています。まだ精神的に幼さが残ることもあり、調教時の集中力に物足りない面があります。ただし、乗り味自体は父の産駒らしからぬ柔らかさがあり、特にトモ脚のバネには特筆できるものがあります

ハルーワソング05

屋内周回コースで軽めのキャンター1200mを行った後、屋内坂路でハロン20秒程度のキャンター1本を行っています。まだ目立つ動きは見せていませんが、ハミ受けも徐々に上手くなっており、成長の跡を随所に見ることができます。ただし、馬体の小ささや半姉が脚元で苦労したことを考えると急激なペースアップは避け、ゆっくりと慌てず進めていくことになりそうです。


キャロの更新をまとめて、というかキャロって個別にエントリしづらいのです。何故かしら?続きを読む
posted by めてお at 11:21| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

キャロットの更新を

ミュゲルージュ05 449Kg

ウォーキングマシンのみを行っています。両前骨瘤の痛みは徐々に治まってきていますが、まだ熱感が残っているので今しばらくは様子見が必要かと思われます。乗り運動の休止は残念ですが、馬体は徐々に成長を遂げており、ここにきての馬体重の増加は成長分そのものと言えます。この時期の休養は大きな遅れとはならないこともあり、まずは患部の沈静化を第一に考えていきます。

サンウィルシャイン05 426Kg

屋外周回コースでダク800m、軽めのキャンター800mを行っています。馬体重が示す通り、牡馬としてはコンパクトな体型ということもあり、今しばらくはやや手控えたペースで乗り進め、良好な成長を促していきたいと思います

ハルーワソング05 418Kg

屋内周回コースで軽めのキャンター1200mを行った後、屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター1本を行っています。徐々にペースを上げていますが、気持ちの変な高揚はなく、常に落ち着きを保っています。


キャロットの更新をまとめて。

ミュゲルージュは骨瘤が、サンウィルは馬体重がネックのようですね。ハルーワはまだまだ幼い感じです。キャロのとりたてて騒ぐでもない更新を見ると、ウインの景気だけ良い更新が懐かしい気もしますw
でも全体的に小さいなぁ。まだ1歳ですから、そんな事気にする必要は無いのでしょうが、500Kg超に慣れてしまってます私としましては気になるのですw
posted by めてお at 21:18| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

凄すぎる 5連勝での G1制覇

アロンダイト凄かったですね。出資者の皆様おめでとうございます!!!

それにしても未勝利勝ちから5連勝でJCDというのは凄いですね。キャロット的にも今迄G1馬は角居先生の所からしか出ていなかったので、これは良い傾向です(勿論サンウィルシャイン05を出資しているからなのですがw)
石坂先生もダート馬を育てるのが上手なのは衆目の事実ですが、ようやくG1のタイトルに手が届きましたね。アジュディミツオーカネヒキリが復帰すればの話ですが、彼らとの対戦が本当に楽しみです。

京都のメインの京阪杯もアンバージャックが4連勝で重賞勝ち。昇級の壁を吹き飛ばしているこのトレンドにメテオも便乗してくれませんかねぇw
posted by めてお at 18:25| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする