競馬全般 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年10月01日

凱旋門 応援しますが 複雑です

ついにディープ祭りのメインイベントですね。

日本競馬の夢である凱旋門賞です。もちろん楽しみなんですけどちょっとね・・・「正直厳しいのではないか?」と思っています。

ディープは近年の名馬達の中でも海外の主要G1に一番近い馬だというのにはムキになっての反論はいたしません。正直強いと思っていますのでこの挑戦は大歓迎、ただ私の私見書いておこうと思います。


(気を悪くされた方はこの先は読まないでねw)続きを読む
posted by めてお at 18:49| Comment(3) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

うれしいぞ 石橋守の ダービー制覇

メイショウサムソンやりましたね!!

今日はとにかくメイショウだけを応援していました。
パドックからアドマイヤメインを対抗に格上げ、メイショウが交わした後の直線は善臣残せの大絶叫(笑)

私にとって配当的にもストーリー的にも大満足のダービーです。ダービーは人間臭いドラマが無いと味気ないですからね。苦労人石橋のダービー制覇、とても印象深いものになりました。ダービーはいつもスケベ心を出して負ける事が多かったもので久々(ひょっとしたら初?)に儲かりましたし(笑)

これで秋に三冠の夢が膨らみますね。とにかく順調に行って貰いたいです。
posted by めてお at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ダービーは 単勝だけを 買うつもり

ついにダービーですね。

今週の頭からず〜〜〜〜〜〜〜〜っと考えているのですが、もう訳わかんなくなってきました(笑)そこでサイン的なものを

@JRAのレーシングダイヤリー


「新たな歴史の創世、感動の風を届ける英雄」

ってどういう意味でしょうか?
新たな歴史の創世という事は、SS中心の日本競馬の歴史が変わるという事か?そうすると社台系の牧場・血統以外から勝ち馬が出るという事なのか?

それに感動の(かぜ)という表現に違和感が、普通なら感動の(あらし)ではないか?
風に関係する馬っているのか?


A金曜日の朝日新聞のJRAの広告

中居君が馬に乗ってますが右の青い勝負服を着ている中居君だけ目線が違います。目線の先には白い勝負服が・・・・白1枠?続きを読む
posted by めてお at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

大ショック バカさ加減が 素晴らしい(涙)

先日、GallopのPOG本を買ったという日記を書きましたが、今年はきりたさん主催のPOGに参加させていただく事もあり、「いつもよりも情報を集めるか」って事で他のPOG本を買おうと思ったのですよ。
やっぱりPOGといえば丹下日出夫だろうという事で



最強のPOG青本を購入する事に決定!!



もちろん購入はポイントが倍以上になる楽天ブックスで購入する事に決定。期間限定ポイントが500円分あったものですからそれを使って注文を出しました。
当然ですが、楽天ブックス内でPOGの本なんてそんなに売れてませんから、メーカーから取り寄せって話になりまして、今さっき届いたんですよ。続きを読む
posted by めてお at 17:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

ダービーだ やれダービーだ ダービーだ

今週末は競馬の祭典日本ダービーですね


8000頭の頂点に立つのはどの馬しょうか?

一応今のところ


◎ メイショウサムソン
○ フサイチジャンク
▲ アドマイヤムーン
△ トーホウアラン
注 ジャリスコライト


で考えています。まぁ直前になったら分かりませんけど(苦笑)

でもダービーウィークって大好きです。ここに自分の出資馬を送り込めたらどんなに幸せか・・・これこそ夢ですね。
posted by めてお at 17:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

大ニュース コスモバルクが 勝っちゃった!!

海外からBig Newsが飛び込んできました


コスモバルク シンガポール空港国際C優勝



すげぇ嬉しい



私の中でコスモバルクは正直な話、人間のエゴ(某O田総帥)によって素質の目を摘まれてしまった悲劇の名馬という位置付けでした。
前走の日経賞を見るに付け「終わった」という見方をしていましたが、地方の雄(この表現もどうかと思う)の意地を見せた感じですね。レースは見ていないのですが、バルクは気分良く2番手でレースを進められた結果でしょう。

何気にキンカメ・ハーツ世代はレベルが高いですね。ハーツとバルクが対決するレースも見てみたいです。ただ、ここを買った事でまた某岡○総帥が余計な口出しをしない事を強く望みます。
posted by めてお at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

これやばい ファンになったぞ 川島の

某掲示板(キャロット板)に乗っていたサイト



岡潤一郎物語




やべえ、涙が出てきた・・・続きを読む
posted by めてお at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強かった ロジックでなく バルバロが

ケンタッキーダービーを無敗でバルバロが制しましたね。しかも楽に6馬身をつける圧勝でした。
凄いですよあの馬!!
プリークネスS迄はおそらく大丈夫でしょうけど問題は2400mのベルモントSですよね。

過去に様々な名馬が挑んで阻まれてきたダート2400mでどんなパフォーマンスを見せてくれるか、最高のコンディションで迎えられるのか・・・非常に楽しみです。アメリカは日本以上に三冠馬の壁は厚いですからね(アファームド以来現れていない)なんとかクリアして欲しいと思います。まだ一冠目が終わったばかりで、気が早いですが(苦笑)

そしていつの日にか産駒をサウスニアへ!!(それまで会員やってるのかな?)
posted by めてお at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

なんじゃこりゃ 時計も凄けりゃ 勝振りも

いや〜凄ぇわ

勿論強いのはわかっていますがそれにしても・・・・

まずビックリはこの先更新される事はないだろうなと思われていた



京都3,200mのレコード更新



これ22世紀まで残ると思っていた記録(言いすぎ?)だったんでそれを1秒も更新なんて驚きなんてもんじゃないっす。私の中ではマヤノトップガンのあの春天とレコードタイムは特別なものでしたから・・・・




そして




ミスターシービーばりの淀の長距離ひと捲り!!





京都の坂はゆっくり登ってゆっくり下るのがセオリーとされていた時にシービーは捲って(吉永騎手が持って行かれて?)2コーナー最後方→4角先頭なんていう破天荒なレース菊花賞を制しました。何気に私の大好きなレースなんですけど、それに匹敵する記憶に残る豪快さです。何だろ?この感覚。しかもレースの上がりが33秒5って・・・展開の助けではなく自分自身でレコード作ってますもんね、脱帽です。

戦績という「記録」レコードタイムという「記録」そして常識外のレースがもたらす「記憶」私たちはとんでもない時代を過ごしているのかもしれません。


それにしても他の馬はレースをさせてもらえませんもんね・・・もう日本で走る必要は無いかな?力差云々ではなく、全く違う生物です。
今後は海外という話でしょうが欧州の深くて重い芝をどう対処してくれるかという問題はあるでしょうが、エルコンの海外遠征プランよりも期待している自分がいますね(勿論当時は無茶苦茶エルコンに期待しましたよ私)冷静に見るとタイプ的にはエルコンの方が向いている気もしますが、期待度はディープの方が遥かに上です





あとは私の個人的な問題








「生ディープ」見ていないんですよ(涙)








どこかで見とかないと絶対後悔しますよね?ディープのレースはおいらの大嫌いな俄か競馬ファン(ディープの単勝を100円だけ買って大騒ぎ)が余りにも多いので、今迄行きたくても行く気がしなかったんですよ。でも下手するとキングジョージあたりを現地観戦しないとチャンスは無いかもしれないですね。秋に日本で走ってくれる保証ないし・・・。
posted by めてお at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇賞 新聞見ると 気が変わる(笑)

天皇賞(春)ですね。
最近の体たらくなレース振りからG1の格まで問われてしまう(距離短縮を望む声も多い)レースですが、個人的には大好きなレースです。マヤノトップガンが勝った時なんてしばらく興奮が冷めなかったですもんね。あんなレースもう二度と見れないのかな・・・続きを読む
posted by めてお at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

1歳の セレクトセールは どうだろう

あるたさんとのコメントのやり取りである事が気になりました。

ご存知の通り日本のサラブレットの取引は当歳取引が基本です。しかし欧米は言わずもがな1歳取引が主流(中には2歳取引なり、アルカセットがそうだったように競走馬デビューした後の馬セリもあるらしいですね)です。世界と歩調を併せる(ダーレーを意識?)意味から1歳セールを始めるなんていうのをどこかで見た気がします。


この世界的な1歳馬購買の流れを日本の馬産に当てはめる事はできるのでしょうか?

馬を買う側からするとより成長している馬体を見れる。購買後の事故などのリスク回避ができると言う点からも大歓迎の話でしょう。

ただ、誰しも思うのは社台の良血馬は早いうちから唾をつけておきたいというのが本音でしょうから超良血は当歳のうちにさっさと購買され、社台グループの売れ残りと大多数の中小牧場の馬がセレクトセールに上場されるという傾向は目に見えてますね。ですから日本のサラブレット市場が1歳中心で流れる為には社台グループが意図的に庭先でも1歳馬からしか販売しないという姿勢をとらねば不可能という事になりますがそれは無理でしょう。だって牧場サイドからすれば当歳のうちに売れる方が良いに決まってますからね。当歳時であれば売れたが、その後の成長で売れなくなる(また逆もあるでしょうが)というリスクは抱えたくないでしょうからね。

また、1歳取引の流れが主流になった場合、もろに影響を受けるのが日高等の中小の牧場でしょう。良血&育成が良い社台の馬を1歳まで見てから購入できるとなると、それを全て見てから1歳で使えそうな馬を他の牧場で探せば良いわけですから・・・・


これらはあくまでも私の私見になります。でも間違ってはいないようないるような・・・だから何を言いたいんだなんて言われても何も返す言葉は無いのですが、私はもっと小さい牧場からも活躍馬がドンドン出てくるようになって欲しいと願っております(頑張れ!!メイショウサムソン)ですから今度のセレクトセールの結果についてはちょっと注目したいんですよね。1歳市場が当歳時には日の目を見なかった才能を発掘できる場になれば最高なんですけどね、確率的には奇跡に近いんでしょうけど・・・。


こんな偉そうな事言っても、所詮本音としては自分の所属しているクラブにより安くて良い馬が集まる事を願っているだけなのですが(笑)
posted by めてお at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

桜花賞 キスとキッスと恋唄と

いやーん

外しちまいましたよ。


「混戦だから騎手で買おう」なんて昨夜は考えていたのですが





そのまま行っとけば良かった  _/ ̄|○






まぁ外しちまった事にクヨクヨはしません。キストゥヘブンは距離延長もこなせそうですから楽しみですね。2冠あるかな?オークスもこなせるタイプの桜花賞馬タイプだと思いますので期待したいです。

ただ、ちょっと残念だったのがウインシンシア
実際馬券も買って応援していたのでずっと注目していましたのですが、最後良い脚で差を詰めてきましたがやっぱりマイルは短い印象。オークストライアルで権利をとらないと本番に出走できませんね、チューリップ賞の3着が結果仇になってしまった感じです。一番の大舞台への出走がかなり厳しくなってしまいました、残念。
posted by めてお at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

大ショック 歴史はここで 終わるのか

ショッキングなニュースが飛び込んで来ました。



メジロマックイーン死亡



ご存知の通り一時代を築いた名馬でした。私が高校生だった時のユウサク−マックイーンの名優有馬記念は物凄い印象に残っています。
祖父アサマ父ティターンと繋がる天皇賞馬によるサイアーラインもここで潰えてしまうのでしょうか?
ほとんどの馬とアウトブリードになる血統は種牡馬入り当日は魅力的なはずでしたが、サンデー黄金時代のあおりをもろに食ってしまった感じですよね。続きを読む
posted by めてお at 21:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

情報求む!!

先日も日記でキャロットについて触れたものですから、HPで残口が残っている馬で以前に自分がチェックをしている馬がまだ残っているかどうか調べてみたんです。続きを読む
posted by めてお at 21:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

予感的中も予想ははずれ

最後の最後、松永騎手やりましたね。

前日の日記で書いた「大きな花火」がまさか重賞とは・・・


やっぱ絵になる男ですわ


最終Rも勝って1,400勝も達成、やりすぎです(笑)

次の競馬人生の方が大変でしょうけど、調教師として牡馬とガチンコ勝負するような強い牝馬を育てて貰いたいです、本当にお疲れ様でした。
posted by めてお at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

私の中ではやはり特別な人です

今週をもって引退する騎手がいます。



松永幹夫



当ブログでも何度か取り上げていますが、私が毎週の様に競馬をするようになって最初のG1がファビラスラフインの秋華賞。そしてその鞍上がその松永騎手だったわけです。

ファビラス―エアグルーヴ の買い目で秋華賞は外したもののジャパンカップでリベンジ成功。どっちのレースも配当が大きかったので強烈でしたね。

その後キョウエイマーチメジロブライト等、特に松永騎手を意識していたわけでは無かったものの、不思議と自分が追いかける馬の鞍上に不思議と彼がいたんですよね。それ以来彼が何かと気になって、一生懸命彼の研究をしたもんです。彼が人気の無い先行馬に乗っていると心が躍ったもんです(笑)

また、メジロブライトとのクラッシクシーズンは、彼とブライトの追込の戦法が自分の中でマッチせず、不安になりながらも3冠レース全て軸で買って共に沈みました。今となっては良い思い出です(苦笑)

去年の展覧競馬も思い出深いですね。天皇陛下に馬上から礼をしたあのシーンはかっこよかったですね。絵になる男です。


その彼が26日のレースを最後に引退します。私の中では一つの区切りになる日のような気がしてなりません。最終Rが勝負でしょうが、どこかで一発大きな花火あげてくれませんかね。
posted by めてお at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

“血”

以前(等ブログの最初の方)も書いていますように、私が競馬を始めたのが約10年前です。秋のシーズンから始めて最初に見たG1がファビラスラフインが勝った秋華賞でした。

要は私の競馬歴はサンデーサイレンスとともにあったわけです。そして今年のクラシックがそのサンデー産駒のラスト世代にあたるのはごぞ存じの通り、来年からの競馬界は(一口的にも)サンデーの後継者争いが焦点になります。続きを読む
posted by めてお at 18:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

逝ってまいります

今から東京競馬場へ出撃します。

実はウインゼフィールのレースを現地観戦するのは初めてなんでちょっぴり緊張気味(笑)

でも、今迄現地観戦した時のめてお軍団は掲示板を外しておらず(もっともサジしか見ていませんので当たり前と言えば当たり前ですが)何気に相性バッチリ!!

今日中に結果報告の更新が出来るようなスムーズな走りを期待しつつ逝ってまいります
posted by めてお at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

リシャール強いっすね

実は目が覚めたら12時を回っていたもんで、結局現地観戦はしませんでした。

で仲間にTELして馬券を依頼、レースはTV観戦ということになりました。

馬券は結局アドマイヤ−フサイチの馬連5,000円と馬単1,500円というとても中途半端な金額を購入(笑)
京都メインもアイルラヴァゲイン1頭軸マルチで相手5点の3連単6,000円購入



久しぶりに東西メイン当りました ( ̄ー ̄)V


でも今日思ったのは、「フサイチリシャールは強いな」という事ですね。

正直、直線では飲み込まれてしまうと思っちゃいましたもん、久しぶりに1点勝負してましたんでテレビの前で叫ぶ叫ぶ(笑)
3着もキツイかなと思える感じでしたが、二の脚使ってまた突き放しましたもんね。今日の上位2頭はやはり戦前の予想通り抜けていると思います。この2頭とサクラメガワンダー、そしてデビュー戦でフサイチを問題にしなかった無敗馬のマルカシェンクが今年のクラッシクの主役ってトコでしょうか?
posted by めてお at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

いやーん買ってないわよマコトジョワイユー

本日の小倉8Rでお馴染みマコトジョワイユーが出走していました。

PAT口座にお金を入れ忘れたのと、私グリーンチャンネルの契約をしていないので小倉のレースは見れないという事で気にも留めていなかったんです。そしたら・・・


マコトジョワイユー3着



そして



複勝 1100円


馬券買うなら今日だった・・・
この馬を注目しているのは良くも悪くもメテオ関係者のみですから(笑)
それにしてもマコトのネタも多くなってきましたね、新しいカテゴリ作るかな(苦笑)

また、今日はサウスのカズー馬レッドアワードも4馬身差で勝ちましたし、なかなかメテオにとってはいい傾向になってきている様な気も(もうすんごいこじつけ 笑)
posted by めてお at 15:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに現地観戦したいぞ共同通信杯

共同通信杯って実はとても好きな重賞なんです。

皐月賞までの一連のトライアルの中で唯一の東京コースのレースですから重要視される競馬関係者も多いと思われますし、私の中では結構な馬が勝つイメージが強いんです。でも、過去を調べてみるとそんなに言うほど強い馬は勝っていないですから、「変だな?」と思いまして、実際現地観戦したレースと観戦していないレースとを分別してみたんです。続きを読む
posted by めてお at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

角居厩舎と藤澤厩舎を考える

キャロットのハットトリックがマイルCSに続いて、香港マイルをも制してしまいました。



角居センセあんた凄えよ!!


何とこれで4週連続重賞制覇です。(ハット→カネヒキリ→デルタ→ハット)
どんな厩舎の馬にも乗れる騎手が達成したのであればともかく、馬房の数が決まっている調教師がこんな記録達成するなんて物凄い事ですよ。しかもG1を3勝ですからね・・・。続きを読む
posted by めてお at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

ハーツクライに拍手(涙)

ゼンノロブロイ2着3着固定の3連単というのは良かったんだけどなぁ・・・
前日に名指しで切るといった、ハーツクライが惜しすぎる2着ウィジャーボートは5着と自分の見方が甘かった事を痛感。でも素晴らしいレースでした。

でも驚きましたね東京競馬場の2400mのレコードはTVゲームしか更新できないものと思っていましたからね、アルカセットKingmambo産駒でこのレコードタイムをたたき出す程日本の馬場に適応できる馬ですから、多分今ごろ社台グループが購入交渉に入っているでしょうね、というか交渉していて欲しいです。
posted by めてお at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

予想です

明日気になる馬

東京・・・・ダイタクバートラム
京都・・・・ブラックチーター



東京 14から2,3,11,13,17を3連単マルチで100円づつ

京都 9から2,4,10,12の馬単を1,000円づつ計10,000円でいきます。

東京の理由

人気薄の実力馬に江田照は怖ぇっすよ


京都の理由

やっぱサンデーの良血でしょ。

今日PATの残金0にしちゃったからなぁ・・・東京は来るとまじでデカイぞ!!
posted by めてお at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

天皇賞 秋

秋天はおそらく一番現地観戦をしているG1だと思いますので、いろいろ思い出深いのですが、その中でも特に印象に残っている勝ち馬は

スペシャルウィーク!!


なぜこの馬かと言うと前走の京都大賞典で信じられない大惨敗を引きずって、ステイゴールドを軸にしながら馬券が抜けてしまったから(涙)
若かった・・・・・。でも先行抜け出しになりつつあったスペシャルを従来の差しの脚質に替えた武豊騎手に脱帽でしたね。続きを読む
posted by めてお at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

あ〜

秋華賞、とても良いレースでした。

逃げるラインに追いすがるメサイア福永武豊の駆け引きも見ごたえ充分。
でも3着に横山ニシノナースコール・・・

確かにニシノは臭かったのですが、穴人気になり過ぎている気がして切っちゃっいましたよ(涙)
あと重で予想しましたから、ライラプスとエリモをどっちゃりと買ってしまいしました。

府中牝馬もヤマニンから3連単買ってマイネサマンサ抜けで外れ・・・_/ ̄|○
今日は全くダメダメですわい。
posted by めてお at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

秋華賞だ!

懲りもせずに予想です

秋華賞といえば


ファビラスラフイン!!!!!!!



大好きなんですよこの馬。
毎週のように馬券を買うようになった年の最初のG1がファビラスの勝った秋華賞でした。
当時は馬柱の見方も分からず、レースの見方も分からなかった素人だったのですが、不思議とファビラスが気になってしまい、友人が「絶対に来る、買わないやつはただのバカだ」とのたまうエアグルーヴの組み合わせを買って外しました(笑)

今思うと、当時の最強牝馬2頭ですから間違いではなかったんですがね・・・ただし、その年のジャパンカップでしっかり取り返しましたが、いい思い出です。
でも、彼女にはもう少し現役を続けてほしかったなぁ。続きを読む
posted by めてお at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

予想の公開やめようかな

仕事の関係でレースを見れなかったのですが全然ダメですね。もう少し予想を考えねば。

今週は秋華賞G1ですから何とかしなければ、一応今のところラインクラフト1着で大丈夫と思っているんですがね・・・。
posted by めてお at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

毎日王冠といえば

毎日王冠といえば


グラスワンダー!!!


私にとって毎日王冠といえばこの馬に尽きるんです。
でも勘違いしないでくださいね、印象に残っているのはメイショウオウドウに勝った年ではありません。
あのサイレンススズカが圧勝した時の98年のレースです。
レースはご存知の通り2着もエルコンドルパサーですから、当時G1を超えたG2なんて呼ばれ方もしましたよね。当時東京競馬場にて現地観戦をしたのですが、欅を過ぎたあたりでサイレンススズカを負かしにいったあの捲りを見たときに、陳腐な言い方かもしれませんが、鳥肌が立ちましたねあの時の的場騎手みたいなジョッキー今の関東にはいないですね・・・。この先G1でもあんな豪華なメンバーで繰り広げられるレースが出てくるのでしょうか?不世出の名馬が3頭も揃ったレース・・・もう一度あんなレースを味わいたいものです。続きを読む
posted by めてお at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

−30Kgって・・・・

前回のブログでも書いたように、シーイズトウショウがとても気になったいたわけです。
そんで直前に買い足そうと思ってTVを見ていましたら、馬体重の発表がありました・・・


シーイズトウショウ馬体重−30Kg



あんたマイナス30Kgってどうゆうことよ(涙)続きを読む
posted by めてお at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする