競馬全般 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年11月02日

お願いだ 当日キャサリン 来ないでね

ジャパンカップ、凱旋門賞馬ディラントーマスが招待受託


これはビッグニュースですね。今からJC当日のスケジュールを空けておかないと・・・ってメイショウ軸で馬券は買いますけどねw

BCで敗北したのでJCという事なのでしょうが、日本で走る意味あるのかなぁ?
でも仮に日本の馬場適正が無くても、一口モン、特に外国馬好きサウスニアンとしましては生でパドックで見たい馬ですよね
でも丁度その頃って仕事に追われて大変な時期だ・・・神様お願いします。
posted by めてお at 12:43| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張って あなたは腕が あるのです 

増沢由貴子騎手が今年初騎乗

 〜3日(祝・土)と4日(日)に行われる各競馬場の出走馬が1日に確定。増沢由貴子騎手(29、美浦・増沢末夫厩舎)が3日の東京で2鞍に騎乗し、昨年11月12日(福島)以来、約1年ぶりにJRAで騎乗することがわかった。
 同日は6R・2歳新馬(芝1600m)でエクセルピクシイ(牝2、美浦・鈴木康弘厩舎)、12R・3歳上1000万下(ダート1400m)でシュウザンアイ(牝5、美浦・鈴木康弘厩舎)にそれぞれ騎乗を予定している。〜
netkeiba.com


そうですかマッキーももうすぐ30歳ですか、時代が経つのは早いねぇ・・・
私が毎週のように東京競馬場に通っていた頃に彼女の馬券は、応援ではなく狙ってよく買っていました。能力的に?の馬でも、しっかりと追って着に持ってくる。当時の関東は岡部元騎手や的場調教師もご健在。吉田豊&後藤が若武者的な時代。今より関東の競馬が厳しかった時代でそう感じたのですから、しっかりしたモノは持っていたと思っています。なので、女性云々だからではなく1人の騎手として個人的には応援していました。

そもそもが、競馬学校時代の成績は福永や和田といったG1騎手を差し置いてトップの成績で卒業した訳で、政治的な馬運が彼ら並にあれば、重賞の1つや2つは既に勝っていてもおかしくないと思うんですよね。
以前横山ノリがインタビューで「あなたが馬主だったら女を乗せるか?」的な発言をしていた時に、「よくもまぁこんな時代にこういう言葉をマスコミに流せるものだ」とある意味感心した記憶があります。閉鎖的なムラ社会、フリーと言いながらもお役所的な感覚が根強い競馬界を見た感じでしたね。

その彼女を語る上で外せないのがダイワテキサス。夏場の新潟の連勝〜武豊を鞍上に楽勝したオールカマー。あの年はタイキシャトルやサイレンススズカが看板を張っていましたが、これらの名馬と万全な体調で戦わせてみたかった馬です。一番輝いていたのがこの年でしたが、怪我してピークの体調で戦う事が出来ませんでした。
その後は関谷〜新潟と重賞を連勝。有馬記念では3着になるなど活躍した馬ですが、6歳(現5歳)の時の輝きは取り戻せませんでしたが、十分G1馬としての資格があった馬だと思っています。
そのダイワテキサスの調教をずっとつけていたのが彼女。彼女の手によって育てられたと言っても過言ではない訳です。テキサスは確か9歳位まで走って有馬記念で引退しましたが、その時乗っていた騎手は大先生。もう枯れてしまって掲示板も難しい状態だったので、最後ぐらいマッキーを乗せてやればいいのにと当時思ったものです。善臣乗せたって着順は変わんないんだから(むしろ人気より落としますなw)。実際引退式は彼女が手綱をとりましたが、引退式に乗せる位なら最後の有馬記念に乗せてやればいいのにと思ったもんです。

で、結局何が言いたいかともうしますと、競馬界というムラ社会においてただ女性だったというだけで正当な評価を得られなかった(もちろん男性の騎手で同じ境遇の人もたくさんいるが、その人らよりも更にハンデがあるわけです)彼女もそろそろ引退されるのではないかと思っている、と言うか私はもう結婚を期に引退していたと思っていたわけで、復帰は素直に嬉しいなと。腕が当時見ていた時よりも落ちている可能性もあるだろうけど、いつかいい配当をプレゼントしてくれないかなと思っています。
増沢先生も自分の息子の嫁がまだ現役なんだから、もう少し馬に乗せてやっても良いだろうとw

あとお断りしておきますが、私は別に


マッキー命!!!!


的な人ではないので、今までどおりお付き合い頂ければ幸いですww



posted by めてお at 12:35| Comment(3) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

出資者の 怒りに中尾 びびったか?

メテオグローリー


 入厩の調整がついたことから、本日、美浦トレセンに帰厩しています。
「ここまで入念に乗り込みを重ねてきたことですし、軽い挫跖の後も5Fからの稽古を3本消化。精神面においてもだいぶ張り詰めてきましたので、これ以上のハードトレーニングに関しては、厩舎にお任せした方がよいでしょう。時間をかけて乗り込んできた分、脚元の反動を極力おさえられる態勢にはなっていると思います」(山中担当)



入厩しましたねぇ。昨日のメテオ出資者の怒りがクラブに届いたかのような急転直下の入厩劇。なんだかなぁw

吉澤→美浦というのは理想的な感じ。ミホ分場だとあとチマチマ乗られて、1年飼い殺されかねないですから(苦笑)

東京開催で見れそうです。府中のD2100走らせるなら、D1600の方が向いているとは思いますがどうでしょうか?

久しぶりにオフ会開けそうです。万全な状態で頼みますよカズ〜〜〜〜〜先生w
posted by めてお at 19:21| Comment(1) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

これはマイネルやウインの人は楽しみ増えますね

社台系のクラブもとい、金髪好きの広尾には関係ありませんが、ウインやマイネルの人達にとって朗報。

種牡馬ファスリエフが日本へ



これは私的にはビッグニュースです。よくクールモアが手放したものだ・・・
まずご存知のとおりコンゴウダイオー(牡3、栗東・山内研二厩舎)やミゼリコルデ(牝2、栗東・音無秀孝厩舎)あとアルスマグナ(牡2、美浦 カズー)といったところが日本での代表産駒だと思いますが、器を感じる馬が多い。
今挙げた中ではミゼリコルテは上級まで出世しそうな雰囲気がありますし、アルスマグナは東京TCで募集された時に最後まで迷った馬。来週に2勝目を賭けて出走しそうですが、結構いい勝負をするのではないかと思っています。コンゴウは・・・丈夫なのは何よりw
まぁとにかく、非常に日本向きの種牡馬という認識を持っておりました。

ザ・ロックが日本に来た時もビックリしましたが、今回は向こうでも実績を上げている種牡馬だけに驚き。産駒の日本適正を確認後の輸入というのもいい感じです。
日高地方にはファスリエフで1発逆転して欲しいと思うものの、社台のバックアップが無いのは厳しいなとも思いますが、この種馬を沈没させるのは日本の恥です。社台にも、できるだけ付けて貰いたいですね

産駒は大量にマイネルで募集されるでしょうか? 880万円というシンジケートですから産駒はそこそこの値段になってしまうのは否めませんからマイネル向きではないかもしれませんけど、一口業界に是非来て欲しいです・・・ファモーザとかクライスとかグディニアとかに付けて1000万〜2000万で募集したら見直しますよ中尾さんw
posted by めてお at 19:07| Comment(4) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

馬鹿でぇ〜

藤田伸二騎手負傷

藤田 伸二騎手(栗東・フリー)は、本日早朝、札幌競馬場調整ルームにおいて転倒し、札幌市内の病院で治療を受け「右肩鎖関節亜脱臼・右肩関節挫傷」と診断されました。
 そのため、藤田騎手は今週の騎乗を見合わせることになりましたので、お知らせいたします。(JRAオフィシャル)



てっきり、ススキノでまたやらかしたか若手騎手を殴って返り討ちにあったかのどちらかと思いましたが違うようですw

札幌の最終週に主(ぬし)不在ですね。どうなるのかなぁ。
posted by めてお at 16:14| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

3年前までは最強の藤澤ですw






久々YouTubeネタ。
特に、山本オーナー・カズー・角居先生の対談は最高です。
特に当ブログの読者の方は必見ですよ〜。
posted by めてお at 10:23| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

今週末は競馬開催

JRAのHPに馬インフルエンザに関するお知らせがUPされています。


8月25日26日は競馬開催


まず、シャイニングが出走予定となっている個人的な理由から一安心。

なお、感染馬であっても、発熱などの症状がなければ体調面への影響はありませんが、8月25日(土)・26日(日)の開催については、念のため、発熱などの症>状がない場合であっても、陽性であることが確認された馬については出走させないことといたしました。


という事ですから、シャイニングは陽性という事でしょう。良かったです。
こうなると、先週分の代替開催だけ考えれば良いのですからJRAも楽になったのかもしれません。後は馬の移動の規制がいつ解けるのかと言う事と、簡易キットが足りていない牧場の調査が進めばとりあえずは心配ごとはなくなりますね。

ただし、検査率が50%に達していないデーターで開催を決定するのは微妙な気もします。とりあえず出走馬は全頭検査していると言う事で世間にはアピールするのでしょうが、ここで開催して、9月1日2日に開催中止という事だけは避けてもらいたいものです。
posted by めてお at 19:05| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬インフルエンザについて

先週〜今週仕事が鬼のように忙しかったもので、というか来月頭まで地獄のスケジュールなのですが、ちょっとした時間が出来たのでやっと更新が出来ます。
本当は、一口者でブログを持っている者としては多少なりとも触れないといけなかった内容とは思うのですが、中途半端にエントリしたくなかったものですがから本日になってしまいました(反省)続きを読む
posted by めてお at 18:24| Comment(4) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

美浦所属馬は300〜400頭感染?!!

今朝の日刊スポーツによるとますますやばそう

開催中止で美浦トレセンドタバタの1日


杉浦宏昭日本調教師会労務担当関東本部副本部長(47)は「新潟を使う馬で、昨日検査した中の2〜3割から陽性反応が出たでしょ。その割合からすると、美浦では300〜400頭ほどが感染しているのではないか。競馬会も見通しは立たない状況だが、開催したいという思いは一緒。判断が甘かったと言われればそれまでだが、開催に向けて努力していきたい」と話した



これは大変な事です。当初は陽性反応が出た29頭の中にスタンニングが居た事でとてもブルーになりましたが、最初の29頭に入った事で治療が早く進んだと逆に良く考える事も出来るかなと思っています。
逆にシャイニングは更に不安になってきました。

あと日刊のサイトには無かったのですが、紙面に取りやめ金のことが書いてあったので抜粋を。

2日間の出走予定馬には競馬番組一般事項に基づき競走取りやめ金が交付される・・・
馬主  平地32万8000円 障害54万4000円
調教師 平地 4万1000円 障害6万8000円
騎手  平地 2万1000円 障害3万4000円
厩務員 平地 2万1000円 障害3万4000円

との事。ファストロックには32万8000円が交付されますね。ただ問題はあくまでも2日間出走予定馬という事であって、来週出走予定だったシャイニングヒルには間違いなく適応されないでしょう。というか来週以降はいったいどうなるのか。
小島茂之厩舎の本音でトレセンの混乱振りが時系列に沿って分かりやすく説明されています。やっぱり小島先生は凄いな。是非機会があれば出資したいとは思いますが、税制の変革→馬インフルエンザで少し一口に嫌気が指してきたのも事実。冷静に見極めていかないといけませんね。
posted by めてお at 13:21| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

馬インフルエンザの行方

馬インフルエンザやばいですねぇ・・・


メイショウサムソンも馬インフルエンザに感染


ホッカイドウ競馬でも馬インフルエンザ


どうなっちゃうんでしょうかね?
まずこれが理由でメイショウサムソンの凱旋門賞に黄色信号というのは辛いですねぇ・・・
一口的にも痛いですけど、秋シーズンの競馬があるのかどうかも分からない状況ですよね。今週・来週競馬を中止するぐらいで収まる問題ではない気がします。通常の秋の中山開催ぐらいに始められれば良い方。下手すると東京開催あたりか・・・そんなんだと、秋のG-1シーズンぐちゃぐちゃになってしまいますね。

一口愛好者的にはシャイニングの未勝利脱出は限りなく赤信号だと思います。仮に2ヶ月ぐらい先に開催できたとしてもそこでJRAが積極的に3歳未勝利戦を組むとは思えないんですよねぇ・・・まぁ組まないと個人馬主からもクレームの嵐でしょうから組まない訳にはいかないとは思いますがどこまでか?
posted by めてお at 23:41| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

ツカ頑張れ!!

だいぶ遅い情報ですし、皆さんご存知だとは思いますが


塚田祥雄騎手脳挫傷


メテオグローリーの貴重な勝ち鞍を挙げてくれた騎手。まだまだ腕は未熟ですが、「気になる騎手」であることに間違いありません。当ブログでは、外れくじ的に登場している騎手ですが、それは期待の裏返し、正直兄弟子よりも評価している騎手なわけで、とても心配です。

でも脳挫傷で、意識不明との事ですからそうとう厳しいでしょうね・・・何とか復帰してくれる事を望んでいます。頑張れ!!
posted by めてお at 15:19| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

凄いものを見た

いや〜鳥肌たった。ウオッカ素晴らしいです。

自分が生きている間に牝馬のダービー馬が見れるなんて思いもしなかったですねぇ。年甲斐に無く興奮しました。それにしても3馬身差か・・・凄ぇな。

2着はきりたさんPOGで私の稼ぎ頭のアサクサキングス。驚きです。続きを読む
posted by めてお at 16:56| Comment(7) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

もうだいぶ時間がたってしまいましたが

今週は東京優駿ということもあり、超〜久々に週刊Gallopを買いました。
私は基本的に競馬ブック派なものですから、週刊誌として買うとするとブックがほとんど(と言ってもこの2年くらい買っていないですが)久々に読みましたが、なかなか良かったです。続きを読む
posted by めてお at 23:14| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

カッチー確変モード突入〜

シャドウゲイトシンガポール国際優勝です。

15年G1で勝てなかった人が急に国際G1制覇ですから、不思議なもんですねぇ。来週は競馬の祭典。勝春さんが積極的になることでレースが締まりますので、今の彼の「人運」は大きいですね。ヴィクトリー・フサイチ・ウオッカの3頭のレース振りが今から楽しみです。(もっともアドマイヤオーラとタスカータソルテの戦いも楽しみですが)

2着のコスモバルクも立派。さすがに衰えがあるのかもしれませんけど、それでも2着は誇って良いでしょう。今更言うのは何ですが、バルクが中央所属でローテーションをしっかりできたら、また違う競争成績だったでしょうね。少なくとも今の戦績よりは良いのは間違いないでしょうからね。見たかったなぁ・・・

春シーズンは適鞍が少ない古馬中距離路線ですが、ドバイから香港・シンガポールという路線は今後増えてくるでしょうね。優秀な馬はどんどん海外に進出してその名を残してほしいものです。
でも優秀な中距離馬が海外を目指すとなると、3200の春天と日本の真夏で行われる宝塚記念は形骸化していきますねぇ・・・もう少し考えないと厳しいですよJRAさん。
posted by めてお at 22:18| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余計な知識が邪魔をする・・・

オークスはなかなか見ごたえがありましたね。秋山騎手の気持ちを察すると辛いものがありますが、彼にとっての一番の誤算がダイワの回避でしたね。残念。

今日の買い目はベッラレイラ・ザレマ2頭軸マルチでローブ・ミルク・トウカイ・ラブカーナの30通りで勝負しました。

ベッラレイラはこのメンバーなら抜けていると思って迷わず軸の1頭に指名。「差しヘグリ」もあると踏んでましたのでマルチをかけました。

あとはもう1頭の軸をザレマとローブで悩みましたが、最後は「父Cozeen母父SeekingTheGoldは東京2400では軸は即死でしょw」という中途半端な競馬の知識に頼り、ダンス産駒のザレマになってしまった(涙)

「馬主に舐められたという現実から今週から確変に期待の武豊」が鞍上ということもあり結構自身満々だったのですが(パドックでも良く見えたし)もうがっかりw まぁ祐一ジョッキーの腕も光りましたね。関係者の皆様おめでとうございます。続きを読む
posted by めてお at 17:31| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

大ショック でも書かない訳にはまいりません

とても、とてもショックなニュースです。

キョウエイマーチ死亡
(netkeiba.com)

彼女にはとても思い入れがありまして、私の心に残る名馬の1頭であることに間違いありません。

私が競馬を毎週のようにやるようになって、初めて買った桜花賞が97年の桜花賞でした。
まだ競馬のことなんて良く分かっておらず(今でもか 苦笑)馬券も小額のBOX買いしかしてこなかった私が、生まれて初めてキョウエイ‐ドーベルの馬連を1万5000円も購入したのですよ。確か不良馬場でしたから、今の私の競馬知識&財力なら絶対にそんな恐ろしい事(思い切った事?)は出来ないw 流石に1点だけでは怖くなって、ホーネットピアスからキョウエイ・ドーベルに1000円ずつ馬連も購入して(これ、今でも自慢してます。3連単買いたかった・・・)大儲けをしました。1日のトータルが20万円以上儲かったのは、この時が初めてで、浮かれてましたねぇ。「やっぱり競馬は本命サイドが一番」なんて言っちゃったりしてw

その日を境にめてお超超本命党に変わったのですが、翌週のサニーブライアンで桜花賞の儲けを半分以上吐き出し、オークスで単勝を1万円買って、馬連を5000円ずつ流し致命傷を負ったのも今となっては良い思い出です(それにしても結構金もってたなぁ俺w)

ですから、彼女には良いも悪いも、本当に思い入れがあります。ローズSでシーキングを嫌って大儲け。秋華賞も1点的中。マイルCSはキョウエイからスピードワールドを分厚く買って大負け(何であの時タイキシャトルを買わなかったんだろう? 一生の不覚というか、競馬センス無さ過ぎw)
その後古馬になってからもフェブラリーも高松宮も本命で買って散り、シャトル専制君主時代でもG-1では必ず対抗馬として必ず買っていました。ただ、G-1以外では、どうも私は松永幹夫騎手とのコンビが好きだったらしく、秋山騎手に代わってからはあまり買わなかった記憶があります(金杯勝たれた時は崩れ落ちた。)

逃げ馬好きになったのも彼女のおかげです。彼女がきっかけを作ってくれて、サイレンススズカで大爆発。逃げ馬を馬券に組み込んで今までどれだけ救われてきたかわかりません。競馬の面白さを教えてくれた馬でした。

とまぁ思い出すだけでも、これだけ書けてしまうのですよ。確かに純粋に競馬にのめり込んでいた時代だからこその思い入れなのでしょうけど、私ディープのネタではここまで書けまへんw
引退後、繁殖入りしてからの成績は寂しいですが、残された牡馬達に頑張って貰いましょう。スペシャルウィークの牡馬とネオユニの牡馬。応援しますよ〜。
牝系はキャロットのヴィートマルシェが繋いでくれるでしょう(きっと社台はサンデー系を付け続けるのだろうけど)いつの日かテイエムオーシャンで言うエルプスの様に血統表の中でその文字を見つけられる日がくる事を願っています。

悲しいというわけではないが、ショックは大きかったです。でも私にいろいろな思い出を作ってくれた彼女に心の底からありがとうと言いたい。本当にお疲れでした(でも結局トータルマイナス馬なんだよなぁ 苦笑)。
posted by めてお at 21:44| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

このレベルなら何度でも見たい

今日最終レース後にジョッキーマスターズがありました。

JRAから発表された時には、「そんなのやっても・・・?」といった感じで見ていたのです。当日のメインレースがオークストライアルと言う事で、現地まで行くまでもないと思い自宅で観戦していたのですが少し後悔しました。エキシビジョンとは言え真剣勝負

イソノルーブルの勝負服で松永幹夫調教師が逃げた時点でもう気持ちは最高潮。
結果は河内調教師が現役時代さながらのコース取りで勝利。いや〜素晴らしかった。
道中はずっと的場調教師を目で追っていました。4コーナーで少しトラブリましたけど、最後の直線で岡部さんとの併せ馬は堪らなかったです。今でも私は的場騎手のファンのようですねw
結局の所、私自身が毎週のように競馬場に行って生で見ていた時代の騎手達の勝負でしたから全て懐かしさから来ているんでしょうけど、それを差し置いても、ちょっぴり感動しました。

当然みなさん調教師としての仕事がありますので、そうそう開催するのは無理でしょうけど、節目節目にやってもらえれば楽しみです。このレベルのエキシビジョンであれば客を呼べると思いまし、単勝馬券(人券?)だけでも売れば盛り上がるでしょう。大西直宏元騎手や、小島太調教師(田原は・・・無理かw)も参加してもらえれば、それだけでも行きますよ。これに武豊が参戦して負けたりするとスゲェ盛り上がると思いますけどね。本当に良いレースでした。
posted by めてお at 18:49| Comment(6) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

カッチーおめでとう!!!

勝春騎手15年ぶりのG-1級レース制覇ですね、おめでとう!! 
今までも勝春騎手を「買ってきたファン」としては感慨深いです。ダービーでユタカに乗り代わらないことを切に願います。

ヴィクトリーもこの時期に頭角をあらわして来るBT産駒はどんどん良くなりますからダービーも相当に楽しみです。今日のレース振りはフサイチが「脚を余した」部分もあると思いますので、◎フサイチ○ヴィクトリーをダービー1ヵ月前予想としておきますw

馬券も単勝と昨日のエントリで書いていた馬連をワイドに直前に換えたお陰で約3万円ほど儲かりました。まぁヴィクトリー1着、ホウオー3着をある程度予想してんだから「サンツェッペリン拾えよなぁ〜」という思いもありますが(苦笑)
posted by めてお at 17:33| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

皐月賞どうするか

えっと、サウスニアンでありながら、今日のアルシ狂想曲に加われず、とっても寂しいものですから皐月賞の予想でもする事にしますw


◎ヴィクトリー
○アサクサキングス
▲フサイチホウオー
△ナムラマース
△メイショウレガーロ

って感じ。個人的には◎と○で「行った行った」の流れをフサイチが差してくるも届かず3着なんてオチだと馬券的にも、POG的にもとってもうれしいw
今の時点での買い目は


馬単17→12(30%)馬連12−17(30%)17→1(10%)12→1(10%)後は17と12から8と10に5%流して買いたいと思います。

3連単は買うつもりないのですが、もし買うならば

1着 12、17 2着 12、17、1、8、10 3着 1、8、10 のフォーメーションでしょうね。後は知らんです続きを読む
posted by めてお at 20:48| Comment(5) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

フェブラリーS予想

久しぶりに予想を。

ただ、このブログの読者の方は私が相当の馬券下手であることは知ってらっしゃるでしょうから、「めておの買い目を外す」的なご利用をしていただければ幸いですw続きを読む
posted by めてお at 00:20| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ついに「時代」が終ってしまった。

ディープインパクトが有終の美を飾りました。

馬券的にも美味しくないし、周りの取り巻き連中は大嫌いでしたが、ディープという存在は大好きでした。
やはり引退は寂しいし、これだけの馬のレースを現地で見れなかったのは、後々物凄い後悔するかもしれません(と言うか今の時点で後悔してるしw)。それだけの馬でしたね。
私の生きている間に再度これだけの馬が出てくる事はもう望めないのかもしれませんが、何とかもう一度ワクワクするような馬の登場を期待したいです。
オグリが引退した後にテイオーマックイーンブルボンといった才能が出てきて、競馬は救われたところがあったと思いますのが、ディープの引退はオグリの引退のそれに続く「時代の終焉」であると思います(あっ武豊ってあのオグリ以来の有馬なんだ)。次なる才能がでてきてくれないと本当に暗黒時代になってしまう・・・頑張れメテオって無理かw

ただ、冷静に振り返るとディープって気の毒な馬でしたね。異論はあるかもしれませんが私にとってはスペシャルウィークの方が充実した競走生活だったと思います。やっぱ戦績は悪くなっても「強いライバル」が同じ時代にいる方が光りますよね。私が夢中になった時代のライバル関係だったとはいえ、ディープにグラスエルコンクラスの(って相当ハードル高いし、あの3頭が同期だった時点で奇跡だけど更にセイウンエアジハードキングヘイローもいたしw)ライバルが1頭でも居ればもっと次元の違うディープの走りを堪能できた気がしますね〜。ハーツがライバルっていってもたったの2戦だけでしたしね。




追記

今日の三宅アナの3〜4コーナーの「翼を広げた」って秀逸でしたよね。流石。
フジ関連のディープDVDの購入決定ですw
posted by めてお at 18:41| Comment(5) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

合掌。フォルタは忘れられない馬です

昨日、中山競馬場に行ってまいりました。
1Rから現地にいましたので、予想以上にお金を使ってしまいましたが(苦笑)
久しぶりの競馬場という事もあり、楽しい時間でした。

途中からきりたさんと合流。お会いするのは今回で2回目だったのですが、もう高校時代からの親友の様な感覚w いろいろ参考になるお話も聞けましたし、充実した時間でした。

朝日杯も良いレースでした。ドリームジャーニーはパドックで生で見ると、典型的な「買いたく無いタイプの馬」でしたが、素晴らしい切れ味。出資されている方の相馬眼には脱帽です。勿論2着のローレルも凄いですね。半分でも相馬眼を分けていただかないものかw こんな馬をいつか持ちたいですね。
馬券はオースミダイドウがPO馬という事もあって(骨折だそうだ 涙)余計な入れ込みもあって、相当額負けてしまいました。いかんですなぁw それにしてもパドックでのマイネルレーニア良い馬だったなぁ・・・続きを読む
posted by めてお at 00:16| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

開いた口が塞がらない・・・JRAデルタに競馬場検疫拒否

今日のニッカンスポーツを見て愕然としました


凱旋デルタの競馬場検疫拒否 「JRAは冷たい」角居師


次走を香港ヴァースを予定していたデルタですが、JRAから競馬場での検疫が認められずプランの変更を余儀なくされるようです。しかも


香港に使うなら競馬場を貸さないと言われた。有馬記念なら貸すという。結構冷たいですね」角居師談続きを読む
posted by めてお at 12:49| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

凄いぞ角居センセイ、ワンツーだ!!

凄いですねデルタブルース。メルボルンカップ制覇ですよ!!!

しかも2着が同厩のポップロックってんだから凄すぎです。これはメルボルンカップというレースの歴史・重さを考えてもこれは物凄い事です。競馬ファン以外はこの事実の重さが判らないのが歯痒いですけど、もっと讃えられて良いですね。マスコミの皆様、もう少しスポーツの本質をしっかり見る目を養いましょうw それにしても流石角居センセイです。おみそれしやした。

でも気になるのはデルタが7番人気でポップロックが1番人気という事。日本人ならもし馬券を買うとしたら、デルタ→ポップを厚く買いますよね? 現地に応援に行った日本人はたらふく儲けましたよねw これが凱旋門賞勝ち馬の子供のポップと極東アジアのローカルG1を勝っただけのダンスインザダーク産駒との差なんですかね。あと最近は海外に頻繁に日本馬が出走するようになりましたから、日本でも馬券を売れるような仕組み作れば良いのにと、こういう喜ばしいことが起こる度に思いますね。売上も上がりますよ。

とにかく関係者各位、出資者の皆様おめでとうございます!!この後は2頭とも目指すのは香港でしょうが、メルボルンに勝ったという事だけでも凄い事なのに、デルタは仮に海外連勝しても評価が上がらないんでしょうね・・・そう考えるとディープという存在はそれだけで罪だなぁ・・・
posted by めてお at 18:30| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

いや〜即PATって便利だわ

少し前から楽天のバナーのところにイーバンク銀行ジャパンネット銀行のバナーを随分と前から置いていましたが、即PATってどんなもん?って思いから口座を作る為に置いておきました(ご利用いただいた皆様有り難う御座いました)続きを読む
posted by めてお at 17:02| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

残念だ でも面白かったよ 菊花賞

菊花賞面白かったですね。

強い馬に名手が乗って逃げるという展開は本当に面白い。アドマイヤメインは今日のMVPです。今後この逃げ足を更に磨いて名を馳せてほしいです。

メイショウは馬場的にも展開的にも少し辛かったかな?
今日の京都芝はサンデーの血を持った馬がバカに来てましたけど、菊花賞も掲示板4頭までもがSSの血を引いてましたからね。
勝ったソングオブウィンドも母父SS、エルコン産駒が最後のチャンスをものにしてクラシックを勝ったのもうれしい。予想ではバッサリエルコン産駒は全てぶった切ってますので大はずれですけど、それを差し引いても嬉しいです。

サムソンも大逃げの豊さんをまず最初に追いかけないといけないというのは石橋騎手は少し可哀相だったかな? 結果的に並ぶ間もなく交わされてしまいましたが、4着には残りましたし(アドマイヤメインは交わして欲しかったけど・・・)暮れの中山の馬場ならまた違うと思いますので、もし有馬に出走するようならまた本命にしたいです。
ドリパスは・・・やはりステイゴールドの近親だけあって「らしい」ですけど強い馬である事は間違いないので今後の成長に期待ですね。将来の宝塚記念の本命か?
posted by めてお at 16:28| Comment(9) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

せめて我々だけでも注目しましょう

今週は菊花賞。2冠馬メイショウサムソンが3冠を賭けた大勝負のはずなのですが、マスコミは全然騒がないですね。みんながみんなディープの薬物の話題ばっかりで食傷気味です。今週はもっと騒いでというか騒がなくてはいけない。だって3冠ですよ!! 何故注目しないのかがわからない。マスコミって・・・この先は止めておこうw

ですから競馬を未勝利や地方競馬からも見ている我々ぐらいは今週の菊花賞注目しようではありませんか続きを読む
posted by めてお at 23:59| Comment(3) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

最後の最後、ディープ英雄になれず

残念というかなんと言うか、ディープはオグリキャップにはなれませんでしたね


ディープインパクト号に関するお知らせ


禁止薬物なんて、トップステーブルの池江厩舎を考えるに信じられない話ですね。どうも腑に落ちないなぁ・・・
でも発表された事は仕方ないですが、秋のG1に出走できるんですかね?何となくですがこのまま出走できずに引退という線もあるでしょうね。残念です。あれほどの名馬の引き際としては寂しい限りですね。

あと武豊騎手の勝負運が下がってきたようにも感じています。気になりますね。感覚としてはサイレンススズカに不幸があった年と被ります。あの年は豊富なお手馬(ファレノプシス・サイレンススズカ・スペシャルウィーク・エアグルーヴ)があって、一体武はいくつG1を勝つんだなんて話も出るぐらいの勢いでしたが、サイレンススズカの不幸・アドベガの新馬降着なんてこともあって結局ファレノの秋華賞だけに終りました。

ディープの凱旋門賞の敗戦以降のの武騎手何となく似てません?
なんて事書くと今週アドマイヤメインが逃げ切っちゃったりするのかもしれませんがw
実は今シーズンは武騎手をG1で頭で買うことを止めているんです。先週は上手い事いきましたが(と言っても外れてますけどね 苦笑)、今後はどうなるか要チェックです。とりあえずメイショウの3冠に期待してますが果たして・・・
posted by めてお at 21:09| Comment(4) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

興味深い ガイアの夜明け 秀逸です

ガイアの夜明けを見ました。

競馬をよく知らない人は

ダーレー=正義
岡田総帥=悪
吉田勝己=人のいい生産のおっちゃん

って印象をもたれてしまったのでしょうかw続きを読む
posted by めてお at 00:17| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

嗚呼無念 だけど光明 見えただろ

ディープは残念ながら3着でしたね。

少し後向きの日記を書きましたが、何となく予感が的中してしまってちょっと複雑w
勝ち馬との斤量の差というかたちで敗因を求める事も出来るとは思いますが、やはり凱旋門を獲る為のローテーションを組まなかったというのが最大の敗因の様な気がします。ディープ自身はとても頑張ったとは思いますけど、飛ばなかった理由を休み明けに求めることはできると思います
この点(ローテーション)を競馬関係者は考えない限りこの凱旋門賞というG1を獲る事は日本馬にとって金輪際無理の様な気がしますね。だってディープ程の馬でも無理だったんですから。凱旋門賞を獲る為にはそれなりのリスクを背負わなければいけないという事が分かっただけでも価値があると思いました。勝つためにはひょっとしたらペースメーカーも自前で用意するぐらいでないと無理なのかもしれません。それぐらいの姿勢で臨まないと獲る事ができない、高くて分厚い壁なんでしょうね。

次走はやっぱり有馬なのかなぁ・・・正直BCに挑戦して欲しい。常識的にはターフでしょうが、今のアメリカダート戦は相当に強い馬が揃ってますので、そこに挑戦するディープを見てみたいという願望はありますね。ですからクラシックという線もアリだと思います。いまさらアジアのローカルG1をこの先いくつも獲ったところでディープにとってなんの価値も無いでしょう。そんなのはロンシャンの舞台でもディープの勝負服を着て、パドックに垂れ幕を掛けてしまう様な恥知らずのおバカさん達が喜ぶだけです(苦笑)

本来なら今年で引退なんでしょうが、来年も凱旋門を獲る為のローテを組んで挑戦できないですかねぇ・・・・日本の高額賞金を捨てられるのは今はディープぐらいしかいないですよ。もし自分の出資馬がムチャクチャ走るとしたら(ありえないが 苦笑)やはり日本で高い賞金でって思いますもんね。オペラオーを海外にやらなかった竹園さんを責める事はできません。凱旋門やそのステップレースを勝つよりも日本で夏場にスィフトカレントの様に走ったほうが稼げるという現実を改善しない限り日本馬が海外の超G1を勝つ日は永遠に来ないのかもしれない・・・
posted by めてお at 01:32| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする