レッドルーファス(カズーと僕との闘争) 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2014年02月24日

2週連続で勝てました

レッドルーファスは本日の大島特別に出走し1着になりました。

昇級初戦の初ダート。出資時からダート馬と思って出資した馬ですのでダート替わりは不安はなかったと言うよりもむしろ歓迎だったのですが、そうは言ってもレベル的に1000万クラスを1発でクリアできるかと言われれば正直自信はありませんでした。しかも連闘ですし。

結果は独特のチョコチョコっとしたフットワークで差し切りで1000万条件をクリアしてくれました。本当に良かった。
ただ、今回の勝利は個人的には感慨深いものがありまして、連闘で平場500万→1000万特別勝ちと言えばアノ馬を思い起こさないわけにはいかないわけです。涙をグッと堪えましたよ。これからメテオの忘れ物を取りにいければ良いなと思います。

あとツィッターでも書いた追加出資馬をご紹介。

アールブリュット(父:Makfi×母:*イグジビットワン )アールブリュット2月.jpg

やっぱり父が横文字の馬が居ないとときめきが無くてw
正直ムラセがついてくる戸田厩舎はキュリオスティーのこともあって暫く離れようと思っていたんですがねぇ・・・でも残口が減っていくうちにどうしても欲しくなって行ってしまいました。ご一緒の方よろしくお願いいたします。

2013年04月01日

弱り目に祟り目

レッドルーファス

13.04.01

(藤沢厩舎→ミホ分場)
3月30日(土)の朝、調教前に右前肢を浮かせるような仕草を見せていたので、午後まで様子を見ていましたが、午後になっても症状が変わらなかったので詳しく調べたところ、右前内側の爪に裂蹄を発症していました。前日の運動時には問題がなかったので、夜から朝にかけて馬房内でぶつけてしまった可能性が高いとのことです。現在はミホ分場に移動して舎飼療養中です。当面は舎飼にて患部をケアをしながら経過を観察していきます。

藤沢調教師「ようやく出走態勢が整いつつあったので残念ですが、後々まで尾を引くような症状ではなかったのは幸いです。ここはしっかり治していきたいと思います。爪が伸びるまである程度の時間は掛かるでしょうが、骨折や腱に生じた特別な疾患ではないので、このままミホ分場の方で治療しながら調整していく予定です


まぁ色々と問題が起こりますなぁw
ココに来てまさかのカズーが裂蹄をぶっこんできました。東京開催期待していたのでショックですが、何もこのタイミングじゃなくてもイイじゃないの(涙)

私はまだ厄年じゃないんですがねぇ・・・

2012年12月15日

で、いつ入厩のめど?

レッドルーファス


12.12.13
(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「馬体重は512キロ。坂路を中心に調教を重ねても、いい体をキープしています。本当に素晴らしい馬体ですよ。ただ、入厩後のことを考えるともう少し増やしていきたいと思っています。スピードがあって古馬よりも動いてしまう馬。以前にレッドグランザと併せた時も、あの馬より動いてしまったほど。ただ、その後に反動が出てしまいます。そのため今は単走でやるようにしています。現状の課題は気性面のコントロールだけ。今後もその点に気を付けながら進めていきます」


古馬よりも動くってグランザとの比較ですかね?
私はグランザは最後まで出資迷っていた馬で出資しなかった事に多少の後悔をしている馬ですので、今回の更新はちょっと嬉しい。グランザは適性を昆陣営が掴みきれていないだけだと思うのでね。余談ですがグランザが初ダート使ってきた時は単勝しこたま仕込もうとさえ思っていますw
そのグランザよりも動くってのはちょっと妄想全開しそうなのを「これはファンタストの更新だ、騙されるな」という事で必死に抑えておりますw でもグランザ調教動くタイプですからねぇ・・・ムフ黒ハート

ただ思い切り走ると反動が出てしまうというのはルーファスの個性なんでしょうがカズーとの相性は微妙かなぁと。堀厩舎ベストだったんじゃないかなぁ・・・

2012年11月17日

もうメチャメチャ

レッドルーファス


12.11.16 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「今週も週2回、坂路で18−18程度を消化。このぐらいだと馬も余裕ですが、今は体をふっくらさせるために、あえてこのぐらいで抑えています。ただし、緩めているわけではなく、しっかり負荷は掛けています。今後に関しては、来週、師が来場してどのようなジャッジをするかですね」


先週は甘やかすなと言われて13秒の調教。今週は馬体をふっくらさせる為に18秒。なんでしょうねぇ支離滅裂感がファンタストだと言われればそれまでなんですが。

もうカズーは東サラ馬はレイヴンでお腹一杯の可能性あるので年内の脱北は期待しない方が良いと思っておくことにします。期待をすると裏切られた時のショックがデカイので既に自衛本能が働いてますわ・・・外国産追加募集でカズー馬出資の禁を解きながらレイヴンでは無くルーファスに行ったというのは我ながらスゲェなぁとw

2012年11月11日

だからさぁ・・・

レッドルーファス

12.11.09 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「体をもう少し戻したいので普通キャンターでじっくり乗っています。それでも、先生からはいつも『楽はさせるなよ、甘やかすなよ』と口を酸っぱくして言われているので、状態を見ながら単走で13秒ぐらいのところをやってきっちり体を作っていきます。普段は大人しいし甘えん坊なのですが、併せ馬等で突然切れるようなタイプ。トレセンに入ってスムーズに進められるように、もう少し気持ちが大人になるまではこちらで調整することになりそうです」


いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや

2012年11月05日

こうなるのが嫌だったのにぃ

レッドルーファス

レッドルーファス201211.jpg


(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「来週の移動予定でしたが、先週の併せ馬後にカイバが上がって、馬体重が12キロ減ってしまいました(現在500キロ)。体自体はすぐに戻り始めていますが、何しろ気が良く走りに集中しすぎてしまうため、今後も精神面で課題が出てくるかもしれません。トレセンに移動すれば、今以上にその可能性は大きくなってくるので、先生とも相談した結果、もう少し我慢しようかということになりました。少しぐらいガッツリやっても、体が減らない状況まで精神を鍛えてから移動させたいと思います。とはいえ、馬自体の状態が悪いというわけではないので、遅れても2〜3週間だと思います。メンタル面のケアを重視しながら調整していきます」


もうね。何も言えないですよ。
こうなることが嫌で外国馬もノーザンファーム育成の馬を買ったはずなのにファンタストでこのザマです。
とは言え募集時からファンタスト育成だったレイヴンが今日の特別を勝って2連勝。これだけ見れば育成牧場云々じゃなく馬次第だとレイヴン出資者の方から言われそうですがねw

ただ正直レイヴンは強いですしコディーノもそう。今日の特別を3勝したように今年のカズーは一味違う気がします。レッド枠はもうレイヴンが占めてしまいましたから他の枠を狙っていくしかないんでしょうが、どうなりますかねぇ?
巷ではファンタスト始まって以来の大物なんて話もありますけど、そんな馬をこんなにしちゃうところが流石な訳です。あーあツマラン。

2012年10月26日

下手すりゃ東京開催デビューか??

レッドルーファス


12.10.26 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「先週、かなり速いところをやったので、今日は軽めにとどめています。動きはものすごく良いですね。並の馬ではないなと思って見ています。やればやるだけ動いてしまうので、今はテンションをどうセーブするかが課題。放せば掛かり気味に行ってしまいそうな雰囲気が出てきています。そういう面が出てきたことで飼い葉の食いも落ちてきたので、移動前に体をふっくらさせるよう心がけています。先生からは11月5日頃に移動と伺っています。トレセンで何本かやればすぐに仕上がりそうな状態になってきているので、こちらではあまり気を乗せないようガス抜きをしながら移動に備えたいと思います」


なんだかミホ分場を経由せずに直接トレセンに入れるような物言いですね。それはそれで物凄く嬉しいです。心配材料が一つでも減るってのは素晴しい事ですからって前の日の更新で今週末ミホ分場に移動ってなってるぢゃないww

それにしてもこの更新。ファンタストなのでコメント6掛けとしても世代重賞位には出走できるんじゃないかと思われてしまう内容。ちょっと楽しみなんですよね。デビュー戦はどんな用事があってもパドックに張り付きたいと思います。なので福島デビューとかは止めてねカズーww

2012年10月19日

嬉しいんだけどさぁ

レッドルーファス


12.10.19 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「やはり走りますねぇ。今日も坂路で併せ馬をしましたが、闘志をむき出しにしてダイナミックなフォームで駆けあがっていました。はたから見れば15−15くらいに見えて、実際には13−13くらい出ています。ただ、やればやるほどにテンションが上がって来て、今はそれをいかに抜いてやるかを考えながら進めています。気性にピリッとしたところが出てきているので、気持ちをうまくコントロールできるようなら、相当やれると見ています」


この更新自体はスゲェにやけますw
ただ13-13はやり過ぎだろうよと。ノーザン系列ならともかくファンタストですからこの調子で壊されるのが一番の心配。まぁ移動するにしてもミホ分場でしょうから大差ないんですけどねぇ・・・天栄行かないかなぁ?

芝のマイルあたりをこなせると相当に楽しみになりますがどうでしょうかねぇ?

2012年10月08日

まだまだですが

レッドルーファス


12.10.05 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「今日は坂路2本。1本目は20秒、2本目は17秒を切るぐらい。やっぱり動きにバネがあって、フットワークがきれい。これは乗っている人間が一番良くわかるのですが、とにかく乗りやすい馬なんですよ。それに走りに集中できるのがいいですよね。休んでいた分、毛ヅヤはもうひとつですが、体には締まりが出てきたので、もうひと汗かかせてグッと体調も上げていければと思います」


年内ギリかなぁ?
まぁ新馬戦がある内のデビューが出来れば良いと思うことにしております。

2012年09月21日

爪が伸びるの早いとさ

レッドルーファス

12.09.20 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「先週末からダク1600mを乗り始めました。順調にステップアップしていますね。緩かった馬体にも徐々に締まりが出てきています。動きに関してもやはりバネがありますよ。2週に一度、装蹄を行っていますが、この馬は爪の伸びが早いんですよ。新陳代謝の良い証拠。怪我をした脚は当初は腫れぼったく映っていましたが、それも日ごと締まってスッキリしてきています。このまま順調に乗り込めるようなら、10月一杯を目途に厩舎に送り出せるかなと思っています。馬体重は510キロです」


10月一杯というスケジュールが出ましたが、そこはファンタストですので過去の経験からはプラス2〜3ヶ月ってのが落としどころの様な気がします。

今回の更新で嬉しいのは爪の件。お仲間の出資馬で爪で苦労されている馬を見ていますのでここが弱点が無さそうというのはルーファスの競走生活に置いて間違いなくプラスですから。

年明けの中山D1800くらいでデビューできませんかね?


2012年09月08日

越冬決定だよねぇ・・・

レッドルーファス



12.09.07 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「傷の方は完全にくっついているので心配ないですよ。休養中は傷を負った左脚をかばうことも多かったと思うので、現在でも左トモの力がやや弱い感触を受けますが、徐々に踏み込みも均等になってきています。傷の状態含め外見は問題ないので、今後は中身をしっかりさせていきたいですね。脚元含め身体をしっかりケアしながら、無理せず進めていきます」


怪我をしたのが7月上旬で今が9月。傷は完全にくっついてないとアウトだろうがw
出資者は誰もそんな報告期待してませんて。

もうこんな状況になってしまったのだから、焦るのは時期的にアホだし、無理されても困る。ちょっとカズーの2歳馬は中々の馬達が揃ってきたのでカーストは最下層にまで落ちた事は想像に難くないので、ココから先は正直大変だと思います。ファンタストで越冬決定の事実は重過ぎるなぁ・・・

2012年08月31日

まぁアレだ、サウス馬と思えば良いんだA

レッドルーファス

12.08.31 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「管は若干太めですが傷は治っていますし、思っていた以上に良い経過を辿っています。オペを担当してくれた獣医とパイオニアファームには感謝しています。馬はこちらに来てからも元気で、獣医から軽く乗った方が良いと言われたので、屋内ダートでダク2000mを乗り始めています。休ませた分、以前の走りには及びませんが、歩様は悪くないですし、乗っていけば変わってくるでしょう」


まぁファンタストを経由した事で能力が削がれない事を祈ります。
もう来年のデビューは間違いのないところですのでもう腹括りましたよ。こういう頓挫はサウスで慣れっこなので平気っちゃ平気なんですけど競馬場で見ずに終わりだけは止めてもらいたい。

2012年08月17日

まぁファンタストだけが悪いわけではないのだが

レッドルーファス

12.08.17 

(パイオニアF)
担当スタッフ「毎日バンテージの交換をしているので、その際に傷口の確認もしていますが、まだ完全とまではいかないものの傷口の状況は良好です。まだ少し腫れは残っていますけど、管などに炎症はないですしね。メニューは30〜40分の曳き運動。患部の状況や歩様をチェックしながら、慎重に進めていきます」


傷口は良好。とは言えこの時期に頓挫しているのですからデビュー時期は遅くなりますね。年明けかそれとも来年の夏場過ぎるのか?

まぁ仕方ないと言えば仕方ないのですし、100パーファンタストが悪いわけでは無いのですが、この牧場はこの手のトラブルがあまりにも多く、また、乗り込みもノーザン系列と比べると雲泥の差なのでちょっと嫌なパターンに嵌ってしまった感がありますね。正直今年の1発目の東京デビュー行けるかと言われていた馬がこんな事になるのだから出資馬を選ぶときの

@調教師A育成牧場

この2つがどれだけ重要なんだって事を再認識です。コーストと言い、ルーファスと言いサウス時代の暗黒体験が無ければ多分狂ってます。と言うかこの2頭完全にサウス馬だろうwww

2012年07月08日

まぁファンタストなんで

レッドルーファス

12.07.06 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「ショックウェーブの効果で脚元の不安も解消されてきました。普通はこんなに早く効果は出ないものですが、この馬には効いたようですね。現在は坂路でハロン18秒程度で乗っていますが、フットワークが軽く、脚元に負担の掛かりにくい走法ですね。全身を使ってバランスの取れた走りができます。体の使い方に関しては、うちで同世代の馬の中でも一番といってもいいくらい。天性なんでしょうね。無理に課題を探せば、性格が良過ぎるところでしょうか。気持ちがすごく優しいんですよ。人に対してもそうですし、牡馬としては珍しいタイプ。まぁこの馬の走りを見れば、そんなことは心配ないと思いますけどね。馬体重は502キロです」


一瞬喜び爆発させたくなるような更新ですが、あくまでもファンタストの中での話なので早とちりしないようにしましょうww

それにファンタストのこの手の更新はサウスニア時代に腐るほど見てきましたから、トレセン、レースと見てみないと正直何とも分からないってところが本音です。気性が良いのは将来的に大きな武器になりますから阻害することなく伸ばして欲しいですね。

2012年06月30日

何か違うんだよなぁ・・・

レッドルーファス

レッドルーファス201206.jpg

12.06.29 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「現在はキャンター2400mと坂路1本のメニュー。坂路ではハロン20秒から18秒くらいまでやっています。体の作り自体はまだ子供らしいところを残しているのですが、やはり背中はいいですね。それに気性が抜群です。じっと立たせておこうと思えば、10分でも20分でもジッと立っていられるくらいの素晴らしい精神力を持っています。そうしたことも含めて先々の期待は本当に大きい馬。脚元をしっかり固めつつ、秋のデビューに向けてしっかり作っていきたいです」


今回の更新写真は良いとは思うんですが、自分が思い描いていた方向性とは若干違うような・・・まぁその方が走る可能性は高いんでしょうがww

2012年06月22日

秋目標って言うけどさ

レッドルーファス

12.06.22 
(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「中旬から常歩、速歩の運動を開始しましたが、運動開始4日目にフレグモーネ(傷ばれ)に似た症状が出たので、一旦運動を休ませました。症状自体はすぐに落ち着いて、今はダク1600mの運動を開始しています。その後は一度、左前にショックウェーブを施しました。骨膜の方はそう心配することもないと思いますが、せっかくじっくり治療できる機会なので、この機に治せるところは治しておきたいですね。今の状況と先生の話の感じだと、おそらく秋のデビューが目標になると思います。担当者からは、いつも『相当(背中の)良い馬』とのコメントが出ていますし、脚元含め体がパンとしてくれば、いいところまでいける馬だと思っています」


秋のデビューが目標ならば年明けデビューと思っておくのが正しいファンタスト&カズーとの付き合い方です。

軽い骨膜とは言え1ヶ月乗り運動は無し、ジックリやると言う名のナマクラ調整が課せられてルーファスがどこに行ってしまうのか不安でなりません。

2012年06月09日

早期デビューどころじゃないや

レッドルーファス

12.06.08 

(ファンタストクラブ)
マシン運動30分。
担当スタッフ「ショックウェーブで治療して一週間、経過は悪くないと思います。ですが、ここで慌てても仕方ないので、もう少し経過を見ながら、乗り出し時期を検討していきたいと思っています


東京の新馬戦でカズーのフラムドクロワールが勝ちました。
同じ時期にトレセンに入ってこの違いは辛い。ましてや今日の馬場だったら相当面白かったなぁと。

とは言え、更新を見るに何気に症状悪そう。2歳の新馬が始まっている時期に「慌てても仕方なく」そして「乗り出し時期を検討」しないといけない状況なのですから・・・・

2012年05月17日

今週のショッキングな事A

レッドルーファス

12.05.16 

(ミホ分場→ファンタストクラブ)
本日、ミホ分場からファンタストクラブに向けて出発しました。
藤沢調教師「骨膜の症状自体は軽めですが、テンションが上がって来て体も細くなってきたので、涼しい北海道でしっかり立て直したいと思います」

12.05.14 

先週末、馬場入り前に輪乗りをしていたところ、左前を気にする素振りを見せました。検査の結果、球節前に骨膜が出ていることが確認されたため、無理をせずミホ分場へ放牧に出すことになりました。症状としては軽度のため、夏始動へ切り替えて進めていきます。


なんでファンタストなのよ orz
終わった・・・何もかも。


個人的な期待値を最大限下げることにしました。年内デビューなら御の字。下手すりゃ未勝利終了も覚悟。
育成がノーザンのカズー馬は短期放牧こそミホ分場は当然にせよ、多少長い休みの時は天栄だったり山元だったりするからこそ出資に踏み切ったのにねぇ。こんな裏切りは広尾以来です。

2012年05月15日

正直物凄いがっかりで

レッドルーファス

12.05.14 

先週末、馬場入り前に輪乗りをしていたところ、左前を気にする素振りを見せました。検査の結果、球節前に骨膜が出ていることが確認されたため、無理をせずミホ分場へ放牧に出すことになりました。症状としては軽度のため、夏始動へ切り替えて進めていきます。


もうムチャクチャがっかりしました。
デビューがある程度見えている所での頓挫って1番堪えます。
他の出資者の方は分かりませんが、あくまでも個人的なものなのですがレッドルーファスには心の愛馬メテオグローリーの影を重ねたりしてます。彼の忘れ物をルーファスに託したいと。












デビュー直前の頓挫まで真似しなくても良いのにぃ(涙)

2012年05月04日

芝でいけるのか?

レッドルーファス

12.05.03 

(藤沢厩舎)
曳き運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路で1本乗る。
 美浦坂路 61.1-45.5-30.3-15.0 馬なり
杉原騎手「昨日入厩して来たばかりなので、今日は坂路1本を15−15くらいのペースで乗って調整しました。入厩翌日ですが、思っていたより落ち着きもありましたよ。乗っていてツナギの柔らかい馬で、弾むようなフットワークなのでなかなか良いですね。キャンターに行ってもしっかり誘導できましたし、そのあたりもしっかりしていると思います。さすがに上がって来てからは、少しうるさいところを見せてはいましたが、これからやって行って、どこまで良くなるか楽しみですね。初日としては良かったと思います」


あと約1ヶ月後ですが、もう楽しみで楽しみで。

「ツナギの柔らかい馬」という表記がカズーのダート血統馬に行った出資者にとってどれだけ救われる言葉かを理解しているのだとしたら杉原騎手はタダモノデハナイww

2012年05月02日

いざ東京へ

レッドルーファス


12.05.02 

(ノーザンファーム天栄→藤沢厩舎)
本日、美浦トレセン・藤沢厩舎に入厩しました。
天栄スタッフ「ワンクッションでの滞在でしたが、特に問題なく順調に調整することができました。良い形で送り出せたと思っています」


3歳が1頭も勝ちあがっていない状況でのこの2歳の入厩。しかも6月の東京デビューを目指す為の入厩ですから自然と笑みがww もう2歳世代にしか夢を託せないんだよ〜w

楽しみですねぇ。余程の事がない限り現地で応援予定です。

2012年04月16日

デビューが楽しみで楽しみで

レッドルーファス

レッドルーファス2011042.jpg

レッドルーファス201104.jpg

写真はスダホークさんから頂きました。


12.04.16 

(ノーザンファーム空港)
担当スタッフ「トレッドミルの調整でリフレッシュを経て、キャンター1200mと週3回900m坂路でハロン18秒のメニューを再開。いま、徐々にペースを戻しているところです。ただ、この後は20日前後に天栄を経て美浦近郊に移動予定となっているので、今週は体をほぐす程度の調整になると思います。こちらに来てから何の問題もなく乗り進めることができましたし、良い状態で送り出せると思います」

12.04.13 

4月12日(木)、産地馬体検査を受検しました。
今のところ、20日にノーザンファーム空港を出発する予定ですが、馬運車の手配の関係上、移動が数日前倒しになる可能性もございます。その場合、すでに本馬の愛馬見学を予約されている方におかれましても、予約がキャンセルとなる場合もございます。予めご了承下さい。


オフィシャルの写真よりも全然私好みの馬体に感じます。うーん素晴しい。スダホークさんありがとうございます。
20日前後にミホ分場と言うことで、安田記念の週から始まる東京コースの新馬戦にひょっとしたら間に合うかもしれません。今年の3歳が壊滅状態なのでルーファスにかける期待は半端ないです。ダートの可能性は高そうですが、この時期は芝、ダートよりも仕上がりの方が優先されるでしょうからデビュー戦が楽しみですね。

2012年03月31日

さぁどうなるか

レッドルーファス

レッドルーファス201103.jpg


12.03.30 

(ノーザンファーム空港)
トレッドミル調整。馬体重486キロ。
担当スタッフ「ここまで順調すぎるくらい順調にきていますし、若干体が細くなってきたこともあるので、リフレッシュの意味もこめて、トレッドミルによるメニューを組んでいます。産地馬体検査の後は、5月頃に一旦入厩させてゲートだけ受けさせるプランも上がっています。それまでメリハリのついたメニューで体調面を整えていきます」


まさかの1発目の新馬戦デビューなんて事もあり得なくは無いですねぇ。東京開催の新馬戦だったらカズーも使う可能性ありそうですし。

正直この馬は3歳春までにどれだけ稼げるかという馬だと思うのでトラブル無く2歳戦で荒稼ぎしたいところではあります。厩舎カラーに合わないですけどw

2012年03月16日

このまま無事に

レッドルーファス


ウーナマクール201203.jpg


12.03.15 

(ノーザンファーム空港)
本馬は産地馬体検査を受検する予定です。
担当スタッフ「この中間も順調にメニューをこなしています。前回も言いましたが、こちらでセーブしてやらないと動きすぎてしまうので、オーバーワークを考慮して、日によってはペースを緩めに設定しています。こちらでメリハリをつけてやらないと、早くに仕上がってしまいますからね。馬体の感じや調教の走りから素質は間違いないので、うまく開花させたいと思っています」


先月の写真よりは今月の写真の方が個人的には好み。
ウーナもサンチバを受験。エリモピクシーは本に取り上げて欲しくないんですけど、ウーナはスゲェ取り上げてもらいたい。この微妙な違いは分かっていただけるかなぁ?

カズヲのこの馬に対する評価が凄い気になります。

2012年03月01日

良いぞー

ウーナマクール10


ウーナマクール201202.jpg


12.02.29 

(ノーザンファーム空港)
周回キャンター1200m、週3回坂路1〜2本(ハロン16秒)。
担当スタッフ「変わりなく順調に来ているので、坂路の本数を週3回に増やしました。だいたい月・金が1本、水曜日は2本乗るといった感じですね。走りは相変わらず良いですよ。乗り役の誰もが動きの良さを褒めています下手すると動きすぎてしまうので、こちらでうまくセーブしないといけない程ですが、決して扱いづらい訳ではなく、恐らくこの馬の能力値の高さなんでしょうね。今のところ特に注文はないですね」


うーんテンション上がるw
ただ本音を言えばもう少し筋肉を纏ってくれれば理想的な馬体になってくれると思うのですがね。勿論ダート馬としてですがw

この馬は早く下ろして欲しいなぁ・・・


2012年02月01日

贔屓目込みで

ウーナマクール10


ウーナマクール201201.jpg


12.01.31 

(ノーザンファーム空港)
週3日ダク500m+軽めのキャンター1200m、週3日坂路1本(ハロン17秒)。馬体重486キロ。
担当スタッフ「この中間、周回調整だけにする日を設けてリフレッシュを図りました。どこか不安があってということではなく、ここまで非常に順調に乗って来ていたので、メリハリをつけるためです。今は元のメニューに戻しているので、ここからまたしっかりと乗り込んでいきたいですね。相変わらず体調面は良好ですよ」


出資者の贔屓目ですが、この馬に筋肉がもう少しついてきたら楽しみが広がります。彼にかける期待は大きいのでこのまま順調に行って欲しい。なんだか順調というキーワードがこんなに沁みる日はありませんねぇ・・・・

2012年01月17日

この馬の更新ができるってのは

ウーナマクール10


12.01.16 

(ノーザンファーム空港)
担当スタッフ「前回同様、週3回ダク500mと軽めのキャンター1200m、別の3日はハロン17秒のペースで坂路1本の調整です。変わらず順調で動きも良いですね。寒くても毛ヅヤが良くて体調もバッチリです」
情報が届き次第アップしますので楽しみにお待ち下さい。



ノーザン育成であることがどんなに心強いかww
ファンタストなら絶対に行かなかった馬ですが、この先どんな未来が待っているのか本当に楽しみであります。

カズーという人はご存知の通り、流行の血統とは少し違うところから走る馬を出す達人な訳です。
Davil's Bagのタイキシャトルであり、SS全盛時代のKris Sのシンボリクリスエスであり、SSと言えども母父マイニングのゼンノロブロイ。まぁそれ以上に散っていった良血馬達が山のように居ることはこの際置いときましてww逆にPOG本で人気爆発の王道配合ではあまり結果が出せない。不思議なものです。まぁ何が言いたいかと言えば、ウーナマはカズーと相性バッチリのはずと思いたいだけです。まぁそれを狙って昨年コースト行っていたりするわけだが・・・・本当に私懲りないですねぇw

馬体からは早熟の匂いもプンプンしますので夏の北海道あたりで下ろしてくれると良いなぁと。ここでジョーカーの借りを返して貰うってのもオツナモンです。

それにしても私今年は東サラ高額牡馬2頭のラインナップ。どっちかは走ってもらわないと泣いちゃう。

2012年01月09日

ポチりました

Twitterでも書きましたがシンザン記念で馬券で大幅に潤いました。今日のフェアリーSは大外れ(マイネルは3着に買っていたのですが・・・まぁそんなに続くわきゃないw)ですがやはり少しお金を減らす事になりました。あぶく銭だからといって片っ端から馬券に使うのは勿体無い。相当悩んでいたのですが、皆様からの暖かい応援のメッセージもありましたので、こういう時期(状況)でないと買えない馬に行くしかないかなぁと。なので、とうとうやってしまいました





















































ウーナマクール ポチりました

























ウーナマクール201112.jpg

11.12.27 

(ノーザンファーム空港)
担当スタッフ「週3回ダク500m、軽めのキャンター1200m、別の3日はハロン17秒ペースで坂路1本乗っています。これまでの過程においては何も言うことないですね。そのくらい順調です。坂路での動きも力強いし、寒くて冬毛が伸びる馬が多い中、この馬は張り艶のある馬体を維持しています。今の感じなら仕上がりも早そうですよ」



ウーナマクール201111.jpg

11.11.30 

(ノーザンファーム空港)
週3回ダク・軽めのキャンター1200m、週3回坂路1本(ハロン18秒)。馬体重453キロ。
担当スタッフ「こちらに来てからも特に疲れも見せず、スムーズに調整に移行しました。今では進んでいる組でメニューをこなしています。現時点で特に大きな課題はないですね。普段は落ち着いていますが、乗り出すとジンワリ気合が乗る気性もいい感じです」



ウーナマクール201110.jpg


11.10.31 

(ノーザンファーム空港)
体高161cm、胸囲181cm、管囲20.5cm、馬体重453キロ。
担当スタッフ「環境の変化にも対応し、体調を崩すようなこともありませんでした。すでに馴致を開始、鞍付けも終わり、ロンギ場で人が騎乗するところまで進んでいます。飼い葉も良く食べて毛ヅヤも良いので、体調面は良さそうですね。素直な性格で、脚元等にも問題ないので、今後も順調に進めることができそうです」





闘争すた〜〜〜とw