競馬の祭典の日にこんなエントリもアレですが 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2008年06月01日

競馬の祭典の日にこんなエントリもアレですが

スタンニング


外に膨れ気味のスタートから、前半は気合いをつけて好位5〜6番手の外を追走したものの、ペースの上がった3角より追走が手一杯となり後退。結果16着での入線となっています。
「思っていたよりもスッと好位につけるようなスピードをみせてくれなかったため、気合いをつけながら行く形になりました。それがお釣りを奪っていったのか、最後はズルズルと遅れをとってしまって…。まだまだ緩いところのある馬ですが、捌きに硬さはなく、休み明けでも重たい印象はなかっただけに、もう少し見せ場をつくって欲しかったというのが本音です」(熊沢騎手)
「ワンペースで走るため、勝負所から急にペースが上がる競馬だと、どうしても対応が難しくなってしまいます。1700mでも追走が一杯ですから、もっと距離を延ばしていかないといけないのかもしれませんね。まだ体が出来上がっていないこと、前半から無理をさせたこと、それに今日は気持ちが持続しないような面も出てしまい、大敗を喫する形になってしまいました。芝はさらにスピードを求められますので、目下はダートの長距離に使って力をつけていくのがいいのでしょうか。またじっくり考えてみます」(角居調教師)
◆「体つきは良くなっている」(厩舎陣営)ものの、まだ中身に一本芯が通っておらず、緩さが目立つ状態。それでも前2走は大きく離されることなく競馬ができていましたので、今回は完成途上の身に厳しい条件が折り重なったうえでの結果ということなのでしょう。タイムオーバーのため、この後は牧場で待機。馬の成長を待ちつつ、適鞍を模索し、「むこうでもビッシリ乗り込んで、次走に備えていく」(調教師)予定になっています。(HTC)



競馬の祭典「日本ダービー」の日にこんな情けないエントリですんません。
でもこのエントリを書かない訳にはいかない位昨日のレースは酷かったです。これでは勝ち上がることは難しいでしょう。更新でも熊&角居先生はお手上げと言った感じですし、そもそもダートの2000以上の距離の未勝利戦(しかも混合戦)を探す事自体大変ですし、ワンチャンスに賭けるって言っても・・・もう気合も何も入りません。
サウスの中では一番の高馬では無かったですが、キャロでは充分過ぎるほど「高額」な部類に入る馬で2年連続コケました。まぁこの馬の出資は一種の「ギャンブル」で、この手の結果は充分予測&覚悟した上での出資したが、やはりサウスの伝統そのままの馬だったようです。現実を目の前にすると辛い・・・

これで広尾の進退はガーデンスタイルの見極め次第で決定です。ガーデンの観察期間が長引く、要は活躍する事が前提ですがその時は追加で出資する事もシャイニングとスタンの補償の範囲内でのみ有り得ますが、それも補償の枠内でのみの検討が大前提ですのでサウスの値つけでは無理でしょうが(苦笑)
posted by めてお at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めておさん
>競馬の祭典「日本ダービー」の日にこんな情けないエントリですんません。

私もこんな日に愛馬の不甲斐ない記事を掲載しました・・・

>まぁこの馬の出資は一種の「ギャンブル」で、この手の結果は充分予測&覚悟した上での出資したが、やはりサウスの伝統そのままの馬だったようです。

私も久し振りにサウスの魔術に引き込まれて・・・

久し振りの嫌な悪寒が・・・
風邪かな?
以上、馬主A様でした。
Posted by 馬主A様 at 2008年06月01日 22:01
それは風邪ではないですねw

お互い辛いですね、奇跡を信じたいですが、あまり期待せずに応援したいです。
Posted by めてお at 2008年06月04日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック