申し込みました 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年10月09日

申し込みました

まずは本日はじめてこのブログをご覧になる方はコチラのエントリを先にご覧下さい。すいません。先に広尾のエクスペクトトゥシャインの応募ネタを見ていただかないとつまんないもんでw

で、お待たせしましたキャロの1.5次ですがって誰も待ってないですね (苦笑)


まずキャロというクラブを考えると、ノーザン牝馬を狙いたいといのが本音。でも、ピックアップした馬は満口にはならなそうだったので、出来る限り様子見をしようという結論に達しました。そうすると、やはり牡馬から売れていく訳ですので、気になるのはここで抑えておかないといけません。という事で今月の会報の写真とカタログを見比べならチョイスしていきました。

候補1 やっぱりタキオン産駒っしょ・・ウエスタンワールド

アグネスタキオン産駒はやはり誰でも欲しいと思うんです。血統的にも文句なしですし、馬体もまずまずと思いました。厩舎も数は使ってもらえない可能性は大だが関東では期待できる若手調教師。金額も4000万台の牡馬が多い中400万円ほどリーズナブルw 

候補2 おいらキンカメ大好きさ・・ライラックレーン&ピノシェット

キンカメではこの馬とピノシェットをピックアップしましたがどちらも良いと思います。厩舎は加藤と上原で甲乙はつけがたい。ピノシェットは金額的にも手が出る範囲でも初年度は様子見したいなぁ・・・。

候補3 人気無しステイヤー系でもSS後継・・サティーヌ&ジラベル

ダンス&ステゴは距離的にもタキオンやフジキセキと比べると敬遠したくなりますよね。1次に申し込んだ時の自分がそうでした。ただだんだん気になってきたのがサティーヌとジラベル。正直一番1.5次で気になったのがこの2頭。ただどちらも厩舎が一流どころではないのが痛いところ。

候補4 無謀を承知で行きますかい・・オリンピアデュカキス

オリンピアデュカキスは脚が曲がっているというのが告知されている馬。最近の馬体写真は好きな部類&残口アリの馬で信頼の置ける一流所(キャロ的に)は石坂先生しか残っていない。私の友人の嫁さん(おじさんが某有名調教師)が選んだというのも悩みの種。嫁さん曰く「競走馬になれないぐらい重い症状なら石坂先生レベルは預からない」だそうですw


で悩んでこの3頭に絞りました


サティーヌ
オリンピアデュカキス
ジラベル


熟考した結果、追加出資はこの馬になりました。



ジラベル04




はいそこの人




結局一番安い牡馬を選んだだけぢゃん




なんて言わないようにw


いやね、最近の写真でとても好きな感じに成長しそうだと感じてしまった訳です。不安なのは作田厩舎だったのですが、友人がシルクチャプターという馬に出資してまして、印象を聞いたらすこぶる良いんですね。一口における厩舎の選択の重要ポイントは大口弱小クラブの500万クラスの馬を持っている人がどのような印象をもっているかと言っても言い過ぎでは無いと思っています。3戦ぐらい使って放牧というのが基本で騎手は藤岡騎手を中心に信頼が置けそうな上位騎手に依頼しているとの事。一口を長年やっている出資者にフラストレーションを与えていない先生というのはそれだけでも合格だと思います。そもそもこのシルクチャプターも屈腱炎明けをしっかり調整して500万クラスを再度勝たせてますのでそんなに腕も悪くないだろうという結論に達しました(ってこの馬でストレスを与えてくれる可能性も十分あるわけだがw)。

という事で本年度のキャロットは

ソルティレージュ06(父タニノギムレット 木原厩舎)
ジラベル06(父ステイゴールド 作田厩舎)

の2頭でとりあえずは進む事になりました。どちらの厩舎もカースト的にキャロだから放置というのは無いと思いますので、数多く出走してもらって楽しませてもらえたらと思っています。お仲間の方、私と同じというのは嫌かもしれませんが、今後もよろしくお願いいたします。
posted by めてお at 22:28| Comment(5) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジラベル良いですよねえ。ステゴ産駒は夢も抱けて、ペイラインも狙えて、良いチョイスだと思います。厩舎も、仰るとおり、一流で放置されるより中堅で大事にされた方が良いですものね。

お互い、出資馬が無事に競馬場へやってくるよう、応援しましょう〜。
Posted by きりた at 2007年10月09日 23:08
ご一緒なお馬がまた増えましたね。
メテオ、ミッション、スタン、ジラと四頭です。
今後ともよろしくお願いします!
Posted by ぷち at 2007年10月10日 10:02
きりたさん

中堅で大事にというのは結構反動だったりします。ここで中堅を経験してまた大物厩舎に戻る様な気もしますがw

ぷちさん

スタンとジラに期待しましょう。この2頭には未来がありますからw
メテオとミッションは・・・見守るしかないですねぇ。
お仲間が多いというのは勝った時も、惨敗した時も心強いものです。今後ともよろしくです。
Posted by めてお at 2007年10月10日 11:39
メテオの近況で末梢が告知されましたね。
藤沢氏には、復帰がかなわなかったことだけでなく、デビュー前の転倒や昨年冬の件も、しっかり謝ってほしかったです。
とりあえず、書面の到着を待ちたいと思います。
Posted by ぷち at 2007年10月10日 18:15
残念ですね。
デビュー前の転倒が無ければ、もう少し評価も違っただろうし、走っていた舞台もきっと違ったでしょうねぇ・・・。
Posted by めてお at 2007年10月10日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。