セントライト記念といえば 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2005年09月17日

セントライト記念といえば

セントライト記念の勝ち馬といえば思い出すのが・・・

ローゼンカバリー!!!

ですねやっぱり。
思い出しますね、当日関東は台風が直撃してセントライト記念は月曜日に順延したんですよ。その日曜日に友人3人と東京競馬場に行きましたが、私達の他に競馬場ですれ違った人が2人でした。
なんと東京競馬場に客がたったの5人!こんな体験はおそらく二度とできないでしょうね。その時のローズステークスはヒシナタリーが勝ち大外れをこいてしまったので、敗者復活をもくろんで勇んで後楽園場外へ・・・イシノサンデーから行って大惨敗、タバコが買えなくなるほどの貧乏生活に突入(笑)
当時は競馬の知識もなかった(サンデーサイレンス藤澤厩舎も知らないという)ので皐月賞馬が負けるはずがないなどという理由でしたから今思うと恐ろしいですね(笑)

さて今年のセントライト記念
愛読書 競馬ブック を読んでいますが


よくわからん(泣)


一応2歳王者のマイネルレコルトと若葉S馬のアドマイヤフジが春のレースからも格上という形なんでしょうが、どちらも休み明けが強いイメージがわかない。特にアドマイヤの方は鞍上善臣も合わない気がする・・・。
という事で、困った時の安勝ということで、フサイチアウステルから行きますって10年前とあんま変わってないな(汗)
しょせんこんなもんです。
posted by めてお at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック