ウイン2005募集B 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2005年09月26日

ウイン2005募集B

ウイン募集その3です。

馬体の見方は正直得意ではありませんが、過去のカタログなどを参考にして自分なりに吟味してみました。

最初に出資候補にしていたミナミノバレッツですが、カタログを見てもぺったりという表現が当てはまる程の体の薄さがやっぱり気になるんですね。スペシャルウィークの子供は比較的繋ぎが立ち気味の産駒が多い様なのですが、それにしても立ち過ぎ、「見」するのが妥当なのかな・・・血統・厩舎と最高と思っていただけに残念ですが、今後の成長を見て決めるべきだと判断しました。出資するとしても入厩直前かな?クラウンロッジ右前脚が外側に曲がっています。よく聞く話ですが二冠牝馬ベガも脚が曲がっていたのでちゃんとケアすれば大丈夫という話もありますが、やはり不安ですね。しっかりケアをすればという要素で見ると石坂厩舎というのもプラスなのですが、デビューしても使い込めなかったりするのはマイナス。候補ではあるのですが・・・。

ルプロムナードは最初の印象の出資候補では一番まとまった馬体をしていますね。あまりマイナスなポイントも無い様子です。最後まで悩んだ場合はおそらくこれに出資する事になりそうです。ただ、皆様もご存知の通り今の競馬界は関西馬優勢。国枝厩舎は関東で5本の指に入る先生ですから文句はないのですが、やっぱり関西馬に出資したい欲求は捨てられませんし、タイキシャトルで4200万は高すぎますね

そんなこんなで、カタログを物色するといましたよ、よさげな牡馬が

ミノリスパークル!!

山内厩舎だからでしょ?」とかそういう感想はやめて下さいね。



だってその通りなんだもん(涙)




山内厩舎のサンデー系牡馬というだけでも出資する理由になろうものですが、やっぱり自称血統派としては、どうしてもまず血統から入るものでケチをつけたくなるんですわ・・・

血統で判断した時に若干母馬の年齢が高め(16歳)なのと母父プルラリズムがあまり実績が無いのが減点。全兄にはサンデーレーシングで募集されたアブレイズという3勝馬がいますが、いかんせんブラックタイプに魅力的な馬がいないんです。他の募集馬はディープインパクトの姪っ子だったり、レディパステルの弟だったりと魅力的なラインナップ、同じ10万円を使うなら良血馬に行きたいのが本音。最初の印象は馬体は欠点がないが特に際立った長所も無い感じ、ただ成長は見込めそうといった印象だったのです。
でも、兄のアブレイズの戦跡を見るとなかなかな馬である事が分かりました。
全11走しかしていませんが、3-2-4-2という堅実ぶり。
掲示板を外したのが休養明けでのプリンシパルS8着のみなのです。1600m〜1800mでは崩れておらず、負けた相手もアドマイヤマックスアサクサデンエン・カゼニフカレテといった重賞馬、さらにG1馬2頭には0.40.5秒しか負けていないんです。最後は500万条件を2連勝して引退しているように順調ならおそらくオープンにも届いた素材でしょう。当時の記憶はあまり無いのですが故障がちだったんでしょうねぇ。

そんな故障がちな馬の弟をハードな山内厩舎へというのは無謀かもしれませんが(笑)
決めてしまったのです。

今年の めてお の出資馬はミノリスパークル04に決定です!!!

でも次の日記で上記撤回するかもしれんがね(汗)

あとは、5%割引を適用する為に 追加出資するorしない の選択です。予算的に選べる馬は限られてますがどんなもんですかね?
posted by めてお at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 一口全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック