ウイン2005募集C 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2005年10月03日

ウイン2005募集C

今でも揺れていますが、一応ミノリスパークルに出資する事で心は決まっているのです(笑)。ただし、会員優先期間に2口出資すると5%引きという文句に惹かれて更なる出資を検討してみました。サジターリオ出資の時の動機に似ていますから、二匹目のどじょうを狙ってみます。

一番良いのが、前にも候補になっていたルプロムナードシンコウノビーミナミノバレッツスターズインハーアイズクラウンロッジの中から選ぶのが一番後悔しなくて済むのでしょうが、ご存知の通り皆8万円オーバーですから予算的に厳しいんです、まあこのラインナップがすべて未来のオープン馬なんて話なら多少無理しても買いますが、そんな奇跡を信じるほど私の一口馬主歴は浅くありませんそうすると、2頭目の候補は値段的に限られてくるのです、ゼンノエルシド産駒のキャッチフレーズ・Bertolini産駒のエシュクアルバー・そして「ウインの夢」ウインマーベラス産駒のセンターコートの2000万円以下の募集馬の選択になるんですよね。

実はこの中のキャッチフレーズはカタログが来た時から気になっていたんですよね。馬体のバランスも良さそう、血統構成もブライアンズタイム×ノーザンテースト×ファバージと文句なし。ブラックタイプも3代母がエリザベス女王杯馬のビクトリアクラウンで、近親はニッポーテイオータレンティドガールダイワテキサスといった面々。名門千代田牧場の根幹の牝系ですから、何気に今回の募集馬の中でも良血度合は上位に位置していると思います。

後は父ゼンノエルシドが種牡馬として未知数なのでこの価格なんでしょうが、私は一発ある種牡馬だと思っているんですよね。知る人ぞ知るデビュー戦パドックでの5本脚、当時から種馬になりたくてなりたくてしょうがなかった馬ですから(笑)期待してます。
あとは、他のサイトでも語られているようですが、田中清隆厩舎が少し問題。
決してダメな厩舎ではありませんし、関東でも名門の厩舎でしょう。ただし、ウインレーシングクラブとの相性が最悪なので敬遠される会員も多いようですね、騎手の起用方法などでつらい経験をされている方も多い様子。最近の成績も下降気味なのも気になります。ただ、そうは言ってもレディパスレルグルメフロンティアなどのG1馬を出している厩舎、きっと走る馬なら何とかしてくれるはず!

という事で、今の所2頭出資するとしたらミノリキャッチの2頭という線が濃厚ですかね。
でも2頭出資するか、やっぱり1頭でいくかどうかで最後まで悩みそうです。
posted by めてお at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 一口全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック