少し嫌な予感が・・・・ 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年01月14日

少し嫌な予感が・・・・

メテオグローリーの更新です

1月15日(日)名古屋2R サラC32組C(ダ1300m)に柴田直樹騎手にて出走予定。
「連闘になりますので追いきりは行っていませんが、経験を積みながら少しずつ体が引き締まり、状態も良化傾向にありますよ。まだスタートが完全ではないため、内枠で後手を踏んだ際、巻き返しに手を焼くのが嫌ですが、この条件下での力量差は歴然。今回もきっちり決めたいと思っています。今後の方針はどうあれ、まずは中央再登録の条件を満たして、気分的に楽になっておきたいところです」(山本健調教師)名古屋の最下級条件では力が違うのは周知の事実。
スタートを後手を踏まなければ勝てるという認識は会員も調教師もかわりません。

ところが

「今後の方針はどうあれ、まずは中央再登録の条件を満たして、気分的に楽になっておきたいところです」ってどういう事?

この文面から判断するに、明日に迫ったレース後の対応をまだカズー先生と山本調教師との間で交わされていないという事ですよね。おそらくカズーは馬房の関係で、直ぐに中央に戻す気は無いという事なんでしょう

確かにサウスの先輩のグランフィナーレも1勝した後直ぐに中央に戻れる条件にも係らず、もう1戦名古屋で経験させたなんて事もありました。
でもそれはグランフィナーレの戦績が1戦1勝だったからな訳で、中央に戻る前に多少実戦を積ませたかったという明確な理由が存在します。
ただ、今回のメテオの場合は現在3戦1勝、今回勝っても4戦2勝ですから実戦を余計に経験させる必要性はゼロ



なんだ、全然期待されて無いじゃん(涙)



中央デビュー前から3軍扱いですね。私なりに、結構明日のレースは気合入っていたんですが、なんだか拍子抜けです。当初は次を勝って、東京開催あたりで中央お披露目なんて事を考えていたもんですから・・・。

まぁどちらにせよ、明日は勝たないと、中央の再登録はできないわけだから、とにかくダメージ無く、そしてカズー先生が考えを改める様な楽勝を期待してます。
posted by めてお at 19:04| Comment(5) | TrackBack(0) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。恐らく、このレースを勝ったとして、馬房の調整が進むまで、ミホ分場で遊ばせるか、名古屋に留めるか。そこを越えて、入厩待ちの列に並ぶには、前走以上の楽勝が必要。結果を受けて、すぐに戻す方針にならなければ、最速北海道開催、と見るのが妥当でしょうね。

私もこの状況鑑みて、本当は皆様に先駆けて、生メテオグローリーを見て来ようと(丁度、帰りに名古屋通るので)競馬場へ行く予定だったのですが取りやめました。朝早いし。

とりあえず。明日は気持ちよく勝ってもらって、また皆様とその後の扱いについて意見交換できる状況になることを期待します!
Posted by きりた at 2006年01月14日 23:51
藤沢和厩舎はいつも登録枠を目一杯使ってますからね
その内でもサウスニア枠があるような気がしています
ので実は登録済み馬の引退待ちとか(バントライン危うし)
Mith03はまだ時間がかかりそうなので
順番としては早い気がしていますが、、、

とにかくガンバレ!
Posted by あるた at 2006年01月15日 08:33
2連勝ですね!
これであとは待つだけです

古賀慎厩舎っていう落ちはあるのかなあ、、、
Posted by あるた at 2006年01月15日 12:27
連勝決めてくれましたね。
この条件でどうこう言えませんので勝ってくれてほっとしています。
どうもメテオは芝向きのように思えます。
掻きこむような走りではなく足を前に伸ばして完歩の大きい
馬ですので。
軽い芝のほうがよりスピードに乗れるのではないかと思っています。
出脚の悪さはダートだからと思いたいです。
あとは厩舎のミスで地方行きになった本馬に対して
どう対応してくれるのかを静観します。
Posted by ルドルフ2世 at 2006年01月15日 13:09
私含めて元出資者の皆様(厳密に言うとそうですよね)おめでとうございます。

きりたさん
見てくればよかったのに・・・結構気分良かったと思いますよ(笑)
とにかく次走が北海道だけは避けたいですね、今後カズーがどう扱うのか見物です。

あるたさん
サウスニア枠なんてあるんかな?
あれば良いんでしょうが、社台軍団には仮にあったとしても、サウスには無いと思いますよ(笑)

ルドルフ2世さん

「厩舎のミスで地方行き」とはナカナカ厳しいご意見ですね。
気持ちは分からんでもないですが、カズー厩舎だからあの程度で済んだという見方もできますからね。過去は過去、次をどう使ってくれるかに注目しましょう。
Posted by めてお at 2006年01月15日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック