その代わり も少し大人に なっとくれ 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年06月07日

その代わり も少し大人に なっとくれ

メテオグローリー

【6月7日】
 昨日、ミホ分場へ放牧に出ている。
「斤量はさほど関係なかったと思いますが、チグハグな競馬になってしまったこともあって、新潟を使った後に比べると、ややバテ気味といった様子。ここまでおよそ月一走ペースで4戦を消化したことも考え合わせると、この辺で休養放牧を挟んで仕切り直したいと考えます。ひとまずは牧場で少し楽をさせてあげましょう」(カズー調教師)


次は北海道かな?と思っていましたがとりあえずミホ分場ですね。まぁ気性的に?がつく馬ですからリラックスも必要でしょう。次に姿を見せるときはその辺の事をケアしてもらいたいもんです。
秋の中山あたりから使い始めるのでしょうか?叩き3戦目から本領発揮というのを学びましたから、次は馬券でも戦略を持って臨めますね。
posted by めてお at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8月の札幌くらいに始動できる調整にして欲しいですね。
相手が違うとはいえ名古屋で砂をかぶるようなレースをしても
問題なかったのになんなんでしょうね?
netkeibaでは「少々常識の枠に入らない馬。」とまとめられて
いておいおいフォルタレーザ的扱いかと・・・
Posted by ルドルフ2世 at 2006年06月08日 18:40
ひっくり返った前科がある馬ですからリラックスを第一にですね。使い減りはしないもののストレスが溜まっちゃうタイプかもしれませんし。
札幌始動なら最高ですが、中山、最悪東京でも気性を最大限にケアしてくれればアリかななんて思っていますよ。まぁグランドミッションがデビュー間近だから余裕気持ちに余裕があるのかもしれませんがw

>おいおいフォルタレーザ的扱いかと・・・

ルドルフ2世さん、当ブログではこの手の表現はできれば慎んでください。私はフォルタレーザは相当に素質がある馬だと思っていますし、出資している方がご覧になっている場合決して良い気持ちにはならないと思います。
他の馬の所で「おいおいメテオグローリー的扱いかよ!!」なんて書かれたらイヤでしょ? 私なら間違いなく切れますw ですから今後気をつけてくださいね。
Posted by めてお at 2006年06月08日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック