内枠を 引くぐらいなら 除外でも 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年09月28日

内枠を 引くぐらいなら 除外でも

メテオグローリー


 9月30日(土)札幌12R 道新スポーツ賞(1000万下・ダ1700m)にキー坊にて連闘予定。
「先週は展開が向いたとは言え、強い内容でしたね。すでに一昨日から跨っていますし、今朝もダートでサーッと。連闘でもう少し絞れるでしょうから、きっと上積みもあるはずです。カズーも、『今週(除外にならずに)使えるといいなぁ』と言っていたほど。昇級戦にはなりますが、もうひと頑張りできないものでしょうか」(ツカ騎手)本音を言わせて貰えばそのコメントをしている君に乗ってもらいたいのですよ(私がこんな事言うのは極めて稀よw)
まぁツカ君で先週勝ったからという都合の良い理由ではなく、前からも言ってますがゼフィールの騎乗からも私とキー坊は相性が激悪なんです、ツカ君はゼフィールの時も納得の騎乗をしてくれた事もあって私的には彼の方が100倍良いのですよ。

また、最近のキー坊は内側で脚を溜めて直線チョイ差しの技術は相当上手くなってきているとは思います(騎乗フォームも岡部元騎手に似てきたような似ていないような・・・)ただ、メテオはインで脚を溜めて空いたスペースに突っ込むような器用なレースが出来るとは到底思えないので、相性が良いとは思えないのですよ。格上挑戦でも大外をぶん回すような騎乗の方が、まだ見せ場はあると思うんですよね。
もし内を突こうもんなら「前が壁壁で行き場を失いました」とか「良い手応えだったのに、直線で被せられて走る気をなくしました」とか言う言い訳コメントも容易に想像つきますw 気性もそんな簡単に良くなっているとも思えませんし・・・

でも、決まった事は仕方が無いので(むしろ、現在のカズー所属馬でキー坊が乗るというのは、それだけ評価されているという意味ですので喜ばしい)今思うのは




外枠を引かないかな?





いっそのこと除外にならないかな?





の2点。最悪のシナリオが「内枠引いてらしくない好スタート」というオチですね。
でも一口馬主というのは、愛馬が出走してくれない事に多大なストレスを感じる趣味ですから(特にカズー厩舎はそれが顕著)今回の出走は大歓迎のはずなのに除外を望むとは・・・まったく私も贅沢になったもんですw



(追記)

出走確定してました(汗)
頼むから、外枠引いてくれ〜
posted by めてお at 20:08| Comment(0) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。