少し良い方向性だ 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年11月07日

少し良い方向性だ

メテオグローリー


 吉澤ステーブル在厩。ダク1200m、ハッキング1600mの準備運動後、坂路にてハロン17〜18秒ペースのキャンター2本を消化。週2回、15−15を乗り込まれている。
「段階を踏みながら着実にピッチを上げており、水曜と土曜日には5F71〜72秒台を乗っています。馬体、脚元ともに気になる点は見当たりませんので、このまま時計を詰めていき、帰厩態勢を整えていきましょう。まだ復帰レースに関する指示は受けていないものの、暮れの中山の開幕週などもひとつ視野には入っているようですね」(山中担当)



>復帰レースに関する指示は受けていないものの、暮れの中山の開幕週などもひとつ視野には入っているようですね


どういう意味?
天栄のスタッフの個人的な感想で出資者をぬか喜びさせないでちょうだい
まぁ指示のニュアンスがそんな感じなんでしょうから、間違いではないでしょうから一安心。

暮れの中山開催と言えば、12/3北総S(D1800m)12/10冬至S(芝2000m)12/23クリスマスC(芝1800m)有馬当日のフェアウェルS(D1800m)とありますが(芝ダートとも1200mは除きました)とりあえずハンデ戦を使ってほしいなぁ?そうすっと冬至SとフェアウェルSのいずれかなのだが・・・
posted by めてお at 18:51| Comment(0) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。