キャロットの更新を 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年11月30日

キャロットの更新を

ミュゲルージュ05 449Kg

ウォーキングマシンのみを行っています。両前骨瘤の痛みは徐々に治まってきていますが、まだ熱感が残っているので今しばらくは様子見が必要かと思われます。乗り運動の休止は残念ですが、馬体は徐々に成長を遂げており、ここにきての馬体重の増加は成長分そのものと言えます。この時期の休養は大きな遅れとはならないこともあり、まずは患部の沈静化を第一に考えていきます。

サンウィルシャイン05 426Kg

屋外周回コースでダク800m、軽めのキャンター800mを行っています。馬体重が示す通り、牡馬としてはコンパクトな体型ということもあり、今しばらくはやや手控えたペースで乗り進め、良好な成長を促していきたいと思います

ハルーワソング05 418Kg

屋内周回コースで軽めのキャンター1200mを行った後、屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター1本を行っています。徐々にペースを上げていますが、気持ちの変な高揚はなく、常に落ち着きを保っています。


キャロットの更新をまとめて。

ミュゲルージュは骨瘤が、サンウィルは馬体重がネックのようですね。ハルーワはまだまだ幼い感じです。キャロのとりたてて騒ぐでもない更新を見ると、ウインの景気だけ良い更新が懐かしい気もしますw
でも全体的に小さいなぁ。まだ1歳ですから、そんな事気にする必要は無いのでしょうが、500Kg超に慣れてしまってます私としましては気になるのですw
posted by めてお at 21:18| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。