まぁ、頑張ったかな。 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年12月09日

まぁ、頑張ったかな。

メテオグローリー


まずまずのスタートから、前半は慌てず後方の外めを追走。3角よりジワジワと位置取りを上げ、大外を回って差を詰めにかかったものの、前残りの競馬にも泣き、結果6着での入線となっている。
「調教師より、『前半から急かすとムキになって走るところがあるので、出たなりの位置から競馬をするように』と言われていました。馬体が減って(−14kg)いたのと、多少硬さがあったのが気にはなりましたが、展開不向きの中、昇級初戦でも2〜5着とは差がなかったですからね。また馬体が回復し、自分の競馬ができれば、このクラスでも十分に通用する良い馬だと思います」(藤田騎手)


実は、まだレース見てないんですよ(汗)
でも逃げた馬が圧勝したようですから、展開的に向かなかったのでしょうね。相手と見ていたメイショウも惨敗してますから仕方ないかな。

流石の準オープンで、簡単には勝たせてくれないという現実を叩きつけられましたが、それでも賞金を咥えてきた事は評価したいと思います。少なくとも準オープンでも通じることが分かりましたし。後は番組選択だけをしっかりと・・・。
posted by めてお at 21:50| Comment(0) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。