ついに「時代」が終ってしまった。 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2006年12月24日

ついに「時代」が終ってしまった。

ディープインパクトが有終の美を飾りました。

馬券的にも美味しくないし、周りの取り巻き連中は大嫌いでしたが、ディープという存在は大好きでした。
やはり引退は寂しいし、これだけの馬のレースを現地で見れなかったのは、後々物凄い後悔するかもしれません(と言うか今の時点で後悔してるしw)。それだけの馬でしたね。
私の生きている間に再度これだけの馬が出てくる事はもう望めないのかもしれませんが、何とかもう一度ワクワクするような馬の登場を期待したいです。
オグリが引退した後にテイオーマックイーンブルボンといった才能が出てきて、競馬は救われたところがあったと思いますのが、ディープの引退はオグリの引退のそれに続く「時代の終焉」であると思います(あっ武豊ってあのオグリ以来の有馬なんだ)。次なる才能がでてきてくれないと本当に暗黒時代になってしまう・・・頑張れメテオって無理かw

ただ、冷静に振り返るとディープって気の毒な馬でしたね。異論はあるかもしれませんが私にとってはスペシャルウィークの方が充実した競走生活だったと思います。やっぱ戦績は悪くなっても「強いライバル」が同じ時代にいる方が光りますよね。私が夢中になった時代のライバル関係だったとはいえ、ディープにグラスエルコンクラスの(って相当ハードル高いし、あの3頭が同期だった時点で奇跡だけど更にセイウンエアジハードキングヘイローもいたしw)ライバルが1頭でも居ればもっと次元の違うディープの走りを堪能できた気がしますね〜。ハーツがライバルっていってもたったの2戦だけでしたしね。




追記

今日の三宅アナの3〜4コーナーの「翼を広げた」って秀逸でしたよね。流石。
フジ関連のディープDVDの購入決定ですw
posted by めてお at 18:41| Comment(5) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この馬とあの馬がぶつかったらどっちが強いんだろう・・・って
いう興味を持てる馬がいなかったのが不運といえば不運。
(サムソン・ドリパスが実績の割りにいまいち地味ですしネオとロブロイがキャラ的にかぶる?)
ディープの仔が走るか走らないか・・・
ステイヤー寄りのSS小兵ステイゴールドが種牡馬として
実績を挙げてきているのでどうでるのでしょうか?

JRAに都合のいいようにもてあそばれてしまったようでもあり不憫です。
(はやくあの「汚点」発言天下り俗物理事長やめねぇかな)
無事に引退してくれたので2世に期待しましょう。
お疲れさまディープ ですね。
Posted by ルドルフ2世 at 2006年12月25日 13:13
その理事長様は今号のブック恒例年賀インタビューで改めて「事件」と言ってましたよw

関東のG1は全部三宅アナ希望な今日この頃。少なくとも青嶋は完全撤退させていただきたく。来年の「FEEL LIVE」もわめくだけでは台無しですよね〜。
Posted by きりた at 2006年12月25日 19:36
ルドルフさん

理事長はねぇ・・・競馬ファンではない理事長はいらんw

ディープは種馬として確かに成功して欲しいけど、どちらかと言うと私はハーツの方に期待してたりします。その方が産駒も安いだろうし、キャロにも出てきそうだしw

きりたさん

事件はいかんですよね事件は(怒) さんざん稼がして貰ったのにね。
まぁ有馬の入場者13万人という所にJRAの無能さが現れてますからこれからが地獄かと。そこでいきなり賞金↓という安易な道だけは許さんですよ、一口馬主的にはw

三宅アナは出世されてますからねぇ・・・ダービーと有馬を三宅、あとは福原主任で良いのではと思う今日この頃。
Posted by めてお at 2006年12月25日 23:29
実は金かけてプロモーションかけまくった割りに
売上げ増につながらず(凱旋門のPVとか)
逆恨みからくる発言だったりして。
ディープに対して「愛情」(競馬ブック理事長発言より)あるのか?
けどホントに認知度は格段に上がったけど売上げに
反映されないっていうのはきついですな。
こういう「馬」に対して愛着を持たせた時期に「一口馬主」を
JRA自信がアピール・応援することで競馬の底辺拡大はなされていくと思うんですが。
ディープフィーバーが終わっても自分の出資馬が出れば競馬場にいくだろうし、
そのレースを見てれば勝っても負けても他の出走馬も次のレースで名前を見かければ
気になるだろうし・・・
こうして立派なコアな競馬ファンが出来上がり。
馬を持たせるのが一番効果的だと思うんだけどなぁ。
個人馬主だって競馬が衰退(売上げ減)が続いてたら削減・削減で
困るだろうに・・・
Posted by ルドルフ2世 at 2006年12月26日 09:38
有馬の入場者11万人だったみたいですね。ヤバイなJRA。

今回のディープフィーバーを作り出したファンは別に「馬」に対して愛着を持ったわけではなく「ディープ」という「タレント」に対して愛着をもっただけに過ぎないと思ってますので、競馬のコアなファンになる要素はあるのかなぁ?

一口をやってまで競馬と真剣に向き合おうという人達は、ディープの勝負服着て馬鹿騒ぎはしないと思いますので(苦笑)彼らはきっと馬券もそんなに買ってないでしょうし、売上的にも大勢に影響は無いでしょう。

それよりも次なる才能の登場を待って「ディープ」ではなく「競馬」ファンを作ること、競馬自体に興味が出てくればそれだけ売上も上がるというものです。出てこないかな〜
Posted by めてお at 2006年12月26日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。