会員に知らされるのは5ヵ月後か・・・ 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年04月25日

会員に知らされるのは5ヵ月後か・・・

メテオグローリー



21日(土)に福島県の天栄ホースパーク内吉澤ステーブルへ移動。現在は坂路コースにてハロン21〜25秒ペースの軽いキャンター2本を消化しています。
「エコーで確認をとってから、こちらへ。薄っすらカゲが残ってはいるものの、痛みはなく、張りも想像していた以上に小さいものですね。これぐらいであれば、繋靭帯炎とは呼びません。今後は坂路のみの調整により、前肢への負担を軽減。様子を見ながらジワーッと調教を進めていき、中筋の強化につとめます。それと同時に、体についた余分な脂肪を、時間をかけて筋肉へと変えていきましょう」(山中担当)


さて、突っ込みどころ満載ですが、最近当ブログは出走が叶わない為に愚痴っぽいのでこのネタでも今日は抑え気味に行く予定です(って無理だなw)天栄に行ったのは良い事です。でもねぇ

>薄っすらカゲが残ってはいるものの、痛みはなく、張りも想像していた以上に小さいものですね

カゲって何っすかカゲって? しかも

>これぐらいであれば、繋靭帯炎とは呼びません

繋靭帯炎って・・・ようやく白状しましたね広尾さん。12月の初診での「軽い捻挫」という診断から約5ヶ月。維持会費を払っている従順な会員に対して情報開示にここまで時間がかかりました。まぁサジで屈腱炎隠しを経験していますのでとりたてて驚きはしませんし、薄々メテオの怪我については感じていた事ですので大騒ぎこそしませんが、やはり気分は悪いです。繋靭帯炎としては「症状が軽い」といえるところまで回復を待って告知する所も気に入らないですね。
とは言ってもこれが業界の慣習なので、仕方ない事かもしれないですが、国が税制を変えてより金融商品としての要素が増したわけですから、今までの慣習どおりに情報の隠蔽すると言う事は許されないと思いますよ。

まぁ、後は未来に向かって地道に行くしかないのですが、今回の更新の感じだと北海道にも間に合うか微妙な感じしません? 「時間をかけて筋肉に変えていきましょう」ですから・・・
個人的には洋芝の北海道コースは試してもらいたかったけど難しそうです。それでも頑張って貰うしかないのですけど辛いなぁ。
posted by めてお at 00:55| Comment(3) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は乗り始めてしまえば2ヶ月あれば出走態勢は整うと思います。
7,8,9月の開催には間に合うと楽観視してます。
クラブも厩舎もコレだけの馬に対してこの扱いなのが気に入らない。
Posted by ルドルフ2世 at 2007年04月25日 11:00
やっぱり大きな怪我だったんですねえ(泣)

でも吉澤ステーブルに移ったことはほんと喜ばしい限りです。
あそこは筋系の修復には定評がありますもんね。

どうにか一刻も早い復帰へ向けて進めてもらいたいものです。

頼りにしてます!吉澤ステーブル!!!
Posted by メテオ子 at 2007年04月25日 11:18
ルドルフ2世さん

>クラブも厩舎もコレだけの馬に対してこの扱いなのが気に入らない。

出資者と言う事で多少贔屓目はあるのを抜きにしても、メテオはカズー厩舎の中でも「計算できる」馬に属すると思いますけどねぇ(苦笑)まして広尾倶楽部であれば尚更。
ただ、ここまで待った以上万全の態勢で出走させてもらいたいものです。

メテオ子さん

>あそこは筋系の修復には定評がありますもんね。

そうなんですか?
恥ずかしながら、育成牧場については良く知らない(一口で接点のあった牧場しかわからない)ので、定評があるというのは嬉しいなぁ。でもそれだけ有名なら、さっさとミホ分場でなく吉澤ステーブルに連れて行って欲しかったですねぇ・・・これもカズーの馬房の問題なんでしょうけどね。
Posted by めてお at 2007年04月25日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。