小さいことからコツコツとB 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年05月08日

小さいことからコツコツとB

メテオグローリー


吉澤ステーブル在厩。引き続き、坂路コースにてハロン20〜23秒ペースのキャンター2本を消化しています。馬体重560kg(5月初旬測定)
「先週末あたりから、(午後も)脚元が落ち着いたままですし、乗りながらでも安定した状態を維持できているように、いい方向にむかっていると思いますよ。ただ、560kgあっても、まだ筋肉によるものではなく、余計な脂肪による目方。休みが長引いたためか、背中とトモの筋肉が不足気味ですので、もう少し盛ってからペースを上げていきたいところです。今後は、ハロン18秒ペースの調教に移行するタイミングをうまく見定めていかなければなりません」(山中担当)



う〜ん。放置プレイで殆ど運動してませんでしたから600Kgオーバーも覚悟していたのですが、560Kgと案外拍子抜け。結論としては相当筋肉が落ちているという事ですかね?
そうすると早くて札幌の後半かなぁ・・・予想より1ヶ月位は遅れる事になりそうです、残念。でも多少具体的な更新になってきたから良しとしますか。
posted by めてお at 23:09| Comment(2) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと先の見えないトンネルで遠くのほうに出口がおぼろげながら
見えて来た感じですねぇ・・・
Posted by ルドルフ2世 at 2007年05月09日 09:59
本当ですよね。でも、出口にたどり着いても、その先をエスコートするのは、結局カズーとミホ分場なんですよねぇww
Posted by めてお at 2007年05月09日 12:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。