大ショック でも書かない訳にはまいりません 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年05月10日

大ショック でも書かない訳にはまいりません

とても、とてもショックなニュースです。

キョウエイマーチ死亡
(netkeiba.com)

彼女にはとても思い入れがありまして、私の心に残る名馬の1頭であることに間違いありません。

私が競馬を毎週のようにやるようになって、初めて買った桜花賞が97年の桜花賞でした。
まだ競馬のことなんて良く分かっておらず(今でもか 苦笑)馬券も小額のBOX買いしかしてこなかった私が、生まれて初めてキョウエイ‐ドーベルの馬連を1万5000円も購入したのですよ。確か不良馬場でしたから、今の私の競馬知識&財力なら絶対にそんな恐ろしい事(思い切った事?)は出来ないw 流石に1点だけでは怖くなって、ホーネットピアスからキョウエイ・ドーベルに1000円ずつ馬連も購入して(これ、今でも自慢してます。3連単買いたかった・・・)大儲けをしました。1日のトータルが20万円以上儲かったのは、この時が初めてで、浮かれてましたねぇ。「やっぱり競馬は本命サイドが一番」なんて言っちゃったりしてw

その日を境にめてお超超本命党に変わったのですが、翌週のサニーブライアンで桜花賞の儲けを半分以上吐き出し、オークスで単勝を1万円買って、馬連を5000円ずつ流し致命傷を負ったのも今となっては良い思い出です(それにしても結構金もってたなぁ俺w)

ですから、彼女には良いも悪いも、本当に思い入れがあります。ローズSでシーキングを嫌って大儲け。秋華賞も1点的中。マイルCSはキョウエイからスピードワールドを分厚く買って大負け(何であの時タイキシャトルを買わなかったんだろう? 一生の不覚というか、競馬センス無さ過ぎw)
その後古馬になってからもフェブラリーも高松宮も本命で買って散り、シャトル専制君主時代でもG-1では必ず対抗馬として必ず買っていました。ただ、G-1以外では、どうも私は松永幹夫騎手とのコンビが好きだったらしく、秋山騎手に代わってからはあまり買わなかった記憶があります(金杯勝たれた時は崩れ落ちた。)

逃げ馬好きになったのも彼女のおかげです。彼女がきっかけを作ってくれて、サイレンススズカで大爆発。逃げ馬を馬券に組み込んで今までどれだけ救われてきたかわかりません。競馬の面白さを教えてくれた馬でした。

とまぁ思い出すだけでも、これだけ書けてしまうのですよ。確かに純粋に競馬にのめり込んでいた時代だからこその思い入れなのでしょうけど、私ディープのネタではここまで書けまへんw
引退後、繁殖入りしてからの成績は寂しいですが、残された牡馬達に頑張って貰いましょう。スペシャルウィークの牡馬とネオユニの牡馬。応援しますよ〜。
牝系はキャロットのヴィートマルシェが繋いでくれるでしょう(きっと社台はサンデー系を付け続けるのだろうけど)いつの日かテイエムオーシャンで言うエルプスの様に血統表の中でその文字を見つけられる日がくる事を願っています。

悲しいというわけではないが、ショックは大きかったです。でも私にいろいろな思い出を作ってくれた彼女に心の底からありがとうと言いたい。本当にお疲れでした(でも結局トータルマイナス馬なんだよなぁ 苦笑)。
posted by めてお at 21:44| Comment(2) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、ドーベルとバトルした3冠は全て生で観戦しました(当時は本当に毎週のように関西行ってました)。桜花賞のパワフルな走りも鮮烈ですが、2000mを懸命にこらえた秋華賞も印象深い。

ヴィートマルシェは、こう言っては何ですが、若手の練習馬にならなければもう2つくらい勝ってる気もします。無事繁殖に上げて欲しいですね。
Posted by きりた at 2007年05月11日 11:53
4歳牝馬特別も凄かったですよねぇ(しみじみ)
悔やまれるのは勝ち鞍はみな関西なので、生観戦では彼女の大惨敗(&私の大惨敗)しか見てない事ですw

ヴィートマルシェは太一がねぇ(苦笑)
何とか繁殖に上がれるようにがんばって欲しいものです。
Posted by めてお at 2007年05月11日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。