写真を見たいですよ〜 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年05月22日

写真を見たいですよ〜

メテオグローリー


吉澤ステーブル在厩。坂路コースにてハロン20秒ペースのキャンター2本を乗り込まれています。
「坂路で前肢への負担を軽減しながら乗り込んでいくということは、トモに力がついていないと、今度は後駆に反動がきてしまうということ。よって、先週もお伝えしたとおり、まずはトモの筋肉を発達させ、常歩に力強さを戻してから、ピッチを上げていく段取りで進めていかなければなりません。ハロン18秒ペースへ移行するには、もう少し鍛錬が必要な様子。左前の経過については、引き続き良好です」(山中担当)



メテオの写真&動画の更新は3月1日で止まっています。所属馬の中で一番古いデータです。ほとんどの馬が5月に一度は更新されている事を考えると、異常に感じます。よっぽど「馬を見せたくないんだな」と勘ぐってしまいますよねw

おそらくは、吉澤厩舎の努力で「何とか見せられるようになった」時点での動画&写真の公開・・・嫌だなぁそういうの。維持会費払っているのだから、怪我した馬の途中経過はごまかせる字の更新だけではなく、ごまかしようのない形でしっかり伝えて欲しいものです。調教師の動画をUPする前にやる事あんだろうが(怒)

とまぁ相変わらず愚痴っぽくなってしまいましたがw 本音ですからね。唯一の救いは、吉澤ステーブルがファンタ&ミホ分場の「お受験ボンボン育成塾」に比べると「個別指導のプロ」的でとても安心という事でしょうか? 競走馬の生涯は長いようで短いですから、ロスは出来るだけ避けたいところ。ゼフィールは2年カズーの放置戦略で大きなロスをしましたが、メテオもボンボン育成塾で半年以上のロスです。このまま終わってしまうのはタマランです。吉澤の奇跡に期待しますって情けない・・・



追記

失礼しました。一番古い写真はメテオではなくファストロックでした。やっぱりカズーはスゲェw
posted by めてお at 19:56| Comment(2) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント画像の更新ないっすねぇ。
メテオもロックも。
厩舎やレースに出てる馬はいやでも近況わかるし、
見ることができるから休養馬ほど定期的に
経過がわかるような写真を掲載してほしい。(患部のアップとか)
さすがに冬場の北海道は撮影がむずかしいとは聞いてましたが・・・
クラブHPで預託先の写真やスタッフなども紹介してくれても良いと思うんだけど・・・
Posted by ルドルフ2世 at 2007年05月24日 12:50
>休養馬ほど定期的に経過がわかるような写真を掲載してほしい(患部のアップとか)

これは、一口業界としては必要以上の引っ張りが出来なくなりますので、絶対にしませんねw

クラブとしては重賞ウィナーが出る事が「広告」的にも理想的でしょうが、現実的なラインでいくと、「未勝利勝って500万で頭打ちでも、血統的に何年も引っ張っても許される馬」を数多く抱えていたいというのクラブの理想でしょうからねw そういう意味では全兄が晩成の重賞ウィナーだったゼフィールなんてのは一番理想的な馬ですよ。
広尾も血統的には「古馬になれば、いつか爆発するかも」といった幻想を出資者が抱いてしまう所属馬達ですから、引っ張りは無くなりませんね。ダンスウィザードなんてもう楽にしてあげればいいのに・・・
Posted by めてお at 2007年05月24日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。