さてお休みになっている王様ですが 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年07月10日

さてお休みになっている王様ですが

メテオグローリー


吉澤ステーブル在厩。角馬場での準備運動後、坂路コースにて1本目は軽いキャンター、2本目はハロン16〜18秒ペースのキャンターを消化。週2回5F15−15を乗り込まれています。
「調教のピッチが上がってくるにつれて、稽古に臨む姿勢が一変。単走でも抑えるのがつらいほどの気合い乗りになってきましたね。脚元のことを考えると、まだこれ以上の速めは怖いですから、鞍上が手綱を引っ張るのが一苦労といった感じですが、この流れは決して悪くない感触といえるでしょう。このあとは、15−15をきり始めた段階よりショックウェーブ放射を施し、本格的な追いきりにむけて脚元のガードを固めていくつもり。今の手ごたえであれば、秋には復帰まで持っていけるのではないでしょうか」(山中担当)


秋かぁ・・・まぁネガティブシンキングのめておとしましては冬や来年の復帰まで考えてましたので秋というのは良い事なのですが、きりたさんも仰っていますが、秋に復帰したところでカズーの広尾に対する評価は先発ローテの谷間をに投げさせる第5の先発ピッチャーといったところですので、継続的に使ってもらうのは厳しいですよねぇ。
1回使って放牧→次走は年明け→次は北海道なんてあるよなぁ。
広尾的にも勝ち星をあげて、広告として使いたいのであれば栗東のあの先生のところに転厩しましょうよ〜(切実)
posted by めてお at 22:11| Comment(2) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出資者投票したらほぼ満場一致で転厩になると思うんですよねw これだけ数多くの「タラレバ」の積み重なった馬も居ませんし、そのほとんどが人災に等しいのもまた、ねえ…。これから何年この馬の競走生活が残っているか分かりませんが、環境が変わることを前提に重賞まで期待できる馬だと思ってるので、何とかして欲しいですね。
Posted by きりた at 2007年07月11日 21:44
300口ぐらいの署名あったら考えてくれないかな?w
彼の競走生活は長くてあと2年と思っていますので、結果を残して欲しいもんです。
Posted by めてお at 2007年07月12日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。