まぁ王様にはゆっくり登場してもらうという事で 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年07月25日

まぁ王様にはゆっくり登場してもらうという事で

メテオグローリー


吉澤ステーブル在厩。引き続き、角馬場での準備運動後、坂路コースにて1本目は軽いキャンター、2本目はハロン16〜18秒ペースのキャンターを消化。週2回、5F15−15を乗り込まれています。
「用心の意味でショックウェーブ治療を続けながら、15−15の本数を着実に積み上げています。まだ入厩を意識する段階には至っていないものの、厩舎スタッフには、『来月からのペースアップ次第では、徐々に態勢が整ってくるかも』と報告済み。あと時計ひとつふたつの短縮が鍵になりますので、引き続き慎重に進めさせてもらいます」(山中担当)



まぁ最速で9月の入厩という感じですね。でもその後はカズーに任せる事になる訳で・・・期待するのはやめようw
posted by めてお at 09:51| Comment(0) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。