キャロットの更新をまとめて 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年08月02日

キャロットの更新をまとめて

今週は久しぶりの更新でした。

ルージュアルダン

ウォーキングマシン調整。「まだ到着したばかりということもあり、マシンのみの運動に留めています。体の内側まではわかりませんが、外見上はレースの反動もなさそうですね。しかしまだ2歳ですし、急いで乗り始めることもないでしょう。しっかりレース後の状態を見て、来週からでも乗り出せればと考えています」(山元担当者)

アイテール
屋外周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内周回コースでハロン18秒のキャンター1200mを行っています。坂路調教を主体に進めていた頃はテンションが上がり、無駄な力みが見られましたが、ここ最近は周回主体で乗り込んでいることもあり、とてもゆったりとしたキャンターを踏めるようになってきました。今後も疲れの溜まりやすい首や腰周りに予防策としてショックウェーブなどのケアを並行して行っていきます。

サルスエラ

屋外直線坂路でハロン17秒(終いハロン16秒)のキャンター2本を行っています。春先にトモ脚の不安が出た馬ではありますが、ここ最近は馬体全体を見渡しても問題になるところは一切なく、乗り運動も段階を踏んでペースアップを図ることができています。継続した運動負荷が身体の成長に一役買っている感じで、ここ最近はキャンター時の身体の使い方がとても上手になり、行きっぷりもかなりよくなってきましたルージュが順調だったので調子にのっていましたが、あとの2頭、特にアイテールはここに来て体質の弱さを指摘され始めています。社台のアウトレットのキャロットではこの体質の弱さというウィークポイント=厳しい現実という事ですから、前途多難です。サルスはコメントはいい感じなんですけど、キャロットでは悪名高き友道厩舎。この先どう使われていくのか・・・
posted by めてお at 20:52| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。