まぁその扱いは正解だわな 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年09月04日

まぁその扱いは正解だわな

グランドミッション

アカデミー牧場在厩。ウォーキングマシンによる準備運動後、ダク1200m、ハロン16〜20秒ペースのキャンター2700mを消化。週2回、終い2F29秒程度で乗り込まれています。
「(トレセンへの入退厩の制限が緩和されたとは言え、)まだ各厩舎とも一週間に1〜2頭の入れ替えしかできない状況のようで、引き続き、こちらでの調整となっています。歩様のほうは、この馬なりにほぐれつつあり、今朝の捌きなどは悪くなかったですよ。このまま体調を崩さないように注意しながら、厩舎からの連絡を待ちたいと思います」(野田担当)



Gミッションの更新はインフルエンザの状況を知るのに最適な情報源になっています。今の君の存在は素晴らしいですぞミッション君

さて、今回の更新を見るに、いろいろと馬券的にもまだまだ影響しそうな感じですよね

>まだ各厩舎とも一週間に1〜2頭の入れ替えしかできない状況

まぁ本当にこんな状況なのでしょう。優先順位は厩舎のエース級が最優先でしょうから、古馬の下級条件なんて後回し。秋のG-1のステップに間に合わせる為には未勝利馬も優先的には回せないという感じでしょう。
そもそも毎日王冠あたりの始動予定の場合でも、普通ならもうトレセンに帰ってきているというのが普通だと思います。それが足止めを食っていたわけですから影響は相当に大きいでしょう。秋の重賞は状態の見極めがいつもの年以上に大事ですね。
あと、一口者としては、有名厩舎に愛馬が居る場合は相当にスケジュールが狂いそう。角居厩舎では、もう入厩しているスタンニングは多分デビュー戦までは心配いらないとは思いますが、Gミッションは下手すりゃ12月・1月頃かもしれません。キャロではルージュは牧場に戻してもらえそうな雰囲気はありますけど、友道&石坂厩舎のサルスとアイテールはまだまだでしょう(と言うかアイテールは物凄い不安な状況。写真も更新内容もヤバめ)。メテオグローリーはカズー軍団である事を考えると、週に1〜2頭の入れ替えは厳しすぎる(出走後ミホ分場に短期放牧といういつものパターンが使えない)ので、出走は相当に先になりそうです(涙)
ガーデンスタイルも森厩舎では優先順位が低いだろうから12月か、1月を覚悟しないと無理だろうなぁ・・・という事で、な〜んか私、本年度未勝利に終わりそうな気がしてきましたよw
posted by めてお at 16:49| Comment(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。