長い目でA 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2007年09月11日

長い目でA

メテオグローリー


 吉澤ステーブル在厩。角馬場での準備運動後、坂路コースにてハロン15〜17秒ペースのキャンター2本目を消化。週1〜2回、長め5Fから70秒程度を乗り込まれています。
「これまで安定して調教を積むことができていますので、牧場には、『帰厩を意識してピッチを上げておくように』と連絡を入れておきました。インフルによる移動制限により入厩検疫が混み合い、すんなりとトレセンに戻すのが難しい状況ではありますが、東京のダート2100m戦での復帰をイメージしつつ、引き続き状態を見極めていきたいと思っています」(カズー)


久しぶりに「カズー」コメントを聞いた気がしますw
今までの経験からすると9月中には入厩できそうな気がしますね。

>東京のダート2100m戦での復帰をイメージ

という事で東京ダート2100mの番組を調べてみました

1000万条件
10月7日 甲斐路特別
10月27日 一般戦
11月24日 一般戦
の3鞍。この条件でダート1600mまで条件を変えると
10月14日 三峰山特別
10月20日 一般戦
11月4日 tvk賞
11月11日 一般戦

以上7鞍がメテオが出走する可能性が高いレースという事になります。特に11月24日のダート2100mに出走する場合は、メインレースがJCダートという事もあり、虚しさ100倍といった感じですので、それまでに勝ち上がって欲しいですけどね。
ちなみに準オープンは
10月20日 銀蹄ステークス(D2100m)
11月11日 テレビ静岡賞(D2100m)
11月17日 白嶺ステークス(D1600m)
の3鞍あります。
万が一昨年のアロンダイトの再現を狙うのであれば
10月7日甲斐路特別を一叩き→10月27日平場勝利→11月11日テレビ静岡賞勝利→JCダート出走となります・・・これはちょっと妄想しすぎですねw

まぁこの秋の東京開催で1つ勝って貰って、暮れの中山で準オープンを突破。来年こそはオープンクラスで出走を重ねてもらいたいものです。
posted by めてお at 18:20| Comment(0) | メテオグローリー(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。