キャロット1次募集 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2013年09月14日

キャロット1次募集

皆様ご無沙汰しております。

キャロット中心に一口をやっている人間にとって最大のお祭りが終わった訳ですが、毎度のことながら疲れますね。
今年は諸事情から検討時間が以前程とれず、また、お仲間さんとの情報交換も出来ずで非常に気持ちの悪い状況でポチりました。



検討するにあたって一番最初に見たのがサイレントレガシー。愛を感じるでしょ?w という事で今年は地方馬から検討を開始した訳ですが、地方馬ソコソコ良くありませんでしたか?
ぶっちゃけフローリットコードとコープランズナニーのスニッツェル2頭が中央馬と比較しても思いのほか良く見えたりして困りました。何でこの馬中央募集じゃなかったんだろう・・・特にフローリットは関東で久保田厩舎とか金成厩舎関西で吉田直とかなら倍の1600万でも考えました。それが破格の800万。ルドルフさんも行っておられる様で流石サウスニアン。100口だと維持費と地方の賞金考えるとファンドとして厳しいですが一応1.5次候補。すぐに満口になることは無いと思いますがね。

サイレントレガシーももっと馬体が悪ければサッサと諦められるところが、「まぁそこそこには・・・」って感じで孫にお小遣いをあげるジジイの立場としてはお布施もできるかなぁというレヴェル。この馬については きりた氏の「ブレイク出資者が多いキャロで満口にならないような種馬は廃用でしょう」という悪魔の言葉がズシリと来ておりますw この馬は積極的に応援する馬ですが、もし満口にならないようならお布施しないと仕方ないですかねぇ。

で、中央ですが思いの他欲しい馬が居ない&安馬に最優先を使いたくないという理由から×を取りに行く作戦で行きました。なのでクルソラの12を最優先。
そうすると一般での応募となりますがキャロの人気が最近まったく読めないので

馬は良いけど厩舎が・・・・

この価格帯の馬は流石に最優先ないだろう

ってところで抽選を回避するという基準で行きました。で決断したのがカラベルラティーナの12とミーUの12。そして馬選びはインスピレーション派の私としてカタログをパラパラみて目に留まったプンティラの12の計4頭に申し込み。結果はご存知のとおりクルソラ、ミーUはもう落選。カラベルも結構な倍率になりそうです。プンティラにいたってはネットで見る限り誰一人良いという評価をしておらず、致命的欠陥を見逃している可能性が相当高そうだという認識でおり頭を抱えていたりしますw 超気性悪血統×ネオユニ牝馬で嫌われているだけなら良いんですがねぇ・・・

と言うことで現状プンティラの12だけが確定です。

欲しかった馬としてはもちろんシーザリオ。でも私のような貧乏人には高値の花ってやつでDVDを見ただけで終了ですw

ダークサファイアも欲しかった1頭。まさか最優先抽選になるとは思いませんでした。皆さんが指摘している背の低さは確かに気になりますがこの馬走ってくるんじゃないですかねぇ?

ムーンライトダンスも欲しかったけどこの馬よりも×が欲しかったので諦めw そこそこ可能性はあったかもですがどうなんだろう? 血統のポテンシャルは高いと思うんですが。

おなじみのキューは8月17日までは最優先ぶち込む気満々だったんですがねぇw
馬体は悪いとは思わないし、配合的にはディープよりも好感。ただし仕方ないことなんですが、ただのG3馬を産んだだけの母に対しこのクラブの値付けは足元見すぎな訳で今回はスルーしました。この繁殖の次の買い時は2〜3世代外れを出して人気が落ちたところの空胎開けのルーラーシップと見てますが、この馬走っちゃうかもですねw

リンガフランカは当初から良いと思っておりツィッターでもつぶやいていましたが、これだけ人気になると私のようなへそ曲がりは嫌な訳です。チチカスの抽選落ちなんて耐えられないので勝負から逃げましたw
お仲間さんも多く申し込みをしているようですのでこの馬は楽しみにしてます。

残口が残っている牡馬の高馬で気になるのがレーゥディマン。モンジューですがどうしようかなぁ。日本の馬場は間違いなく合わないと思いますが、横文字金髪好きとしてはねぇw 
池江厩舎は牡馬は魅力もキャロットは後回しになりそうですし高いですから悩むところですが残口がある中ではここか?

って感じでしょうか? 今は1.5次候補馬考えねばとは思いますが、やはりと言うかソコソコ狙っていた馬は満口になっているのであまり選択肢は無いかなぁと言う印象。だったらキャロの1.5次よりもコーストの補償がある東サラディープ行った方が良いかなぁなんて思っていたらフェルメールブルーがいつの間にか満口でスカーレットドレスとマンダララしか居ない。どちらも小柄なディープ。うーん。
posted by めてお at 10:11| Comment(2) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーレーブディマンいく余力あるならシーザリオいって欲しかったなあ(笑)
字面で一番気に入ってたのがレーブディマンだったのだで値段で一番がっかりでした。

あげく最優先で無抽選の地方馬という。


めておさんはサイレントレガシー一次で申し込まないなんて…確かにブレイクランアウト産駒の需要が
一番あるキャロットであの値段で口数集まらないならキツいのは確かですね。
でもクラブも地方にするから…
維持費の面で出資しづらいし
関西圏の人は完全に現地では見られないですからね。
1000万400口なら記念出資もあって満口だろうに…と変なところで商売が下手だとおもいました。
あー、年末の東京プリンセス賞なら大井でご一緒できそうなのに(笑)
Posted by ルドルフ2世 at 2013年09月14日 21:58
レーブディマンはひょっとしたらと思いますが、やっぱり今の日本じゃ北海道でしか用無しかなぁとも。

サイレントレガシーはいくいくは満口になると思うんですが、中央募集で1000万ならおっしゃる通り記念出資で1次満口だと思います。まぁノーザンの意向が強いクラブですから地方で募集すること自体頑張ったのかもしれませんが。1口8万は記念出資とはいきません。
Posted by めてお at 2013年09月16日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。