出遅れは仕方ない。 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2013年05月07日

出遅れは仕方ない。

レッドアリオン

13.05.06

5月5日レース後コメント
川須騎手「返し馬から気合乗りも良く、それでいて落ち着きもあって、デキの良さを感じていました。僕自身、乗っていて安心できましたし、こんなに大きな舞台で乗せていただきながらもリラックスして臨むことができていたんです。ただ、立ち上がってジャンプしたような格好になっている時、ちょうど前脚が浮いている時にスタートを切られてしまって…。普通の出遅れならまだしも、今回は今までになく立ち遅れてしまったのが大きかったです。それでもペースは流れていたし、出遅れも想定はしていたので、焦らず進めることはできました。直線、外に出すつもりはなかったし、うまく内に進路を取れたので何とか頑張ってくれという思いで追いました。ただ、まだ本気で走っていないんです。相変わらず舌を出していたし、まだ遊びながらという感じなんです。勝ち馬もさらに外を通っていましたし、アリオンが本気を出せば、例えあそこからでももっと際どかったかもしれないと思っているんですよね。そうは言ってもG1であれだけ出遅れてしまうと、そう簡単ではないですね。今日に関してはやはり出遅れが大きかったと思いますし、騎手の責任です。どうもすみません。僕自身も本当に悔しいです

橋口調教師「今までで一番出遅れてしまったね。NZTくらいなら巻き返せるが、今日のような形になってしまうと…。今日は出遅れが全てでしょう。でも、あそこまで来るのだから力はありますよ。普通に出ていたら勝っていたと思います。いずれ大きいところを取りますよ。取れる馬です。今日のところはどうもすみません」


東サラの更新は祝日休みだと思っていたので昨日華麗にスルーしてましたw
さて、日曜日のアリオンのG1挑戦は現地でしっかり応援してきました。もう今更ですが痛恨の出遅れこそありましたが本当に頑張ってくれたと思います。出遅れなければ勝っていたという意見もありますが、ロケットダッシュを決めていたら逆に潰れていたかもしれませんから正直分からないですよね? ですから川須騎手も決して100点満点の騎乗とは言えませんが、あの状況でできる限りのことをしてくれたと思っています。あの出遅れを若い騎手の経験不足からとするのは簡単ですけど、出遅れたのは馬ですからね。この経験を活かして更に上を目指してほしい。しっかり「騎手の責任です」としているところも彼で良かったと思うところです。この悔しさを糧にしてくれ。

賞金的にはダービーに出れるところに居るのですが、個人的にはここは秋に備えて休んで欲しいと思います。休んだからと言って放牧先で故障する事も普通に起きることですが、このままトレセンに居るのはやっぱり心配です。新聞等では放牧との事ですがまだオフィシャルで発表されていないからもう暫くドキドキする事にしますw

でも本当に頑張ってくれたと思います。アリオンの価格帯の馬が3歳のこの時期に馬代金分稼ぐってのは本当に凄い事です。G1なんて大層な事はいいませんからまずは「重賞を勝つ」という目標を達成して欲しいと思います。ローカルだってなんだって構いません「勝ちきる」事は本当に難しい事ですがそれだけの事ができる馬だと信じてますのでね。
posted by めてお at 23:33| Comment(0) | レッドアリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。