試金石 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年12月08日

試金石

レッドマーベル


12.12.05

(領家厩舎)
Eコースでダクを踏んだ後、本馬場にて併せ馬で追い切る。
 芝 79.8−63.7−48.4−34.7−11.0 一杯
外アットウィル一杯に6F2.7秒先行3F併せ0.2秒遅れ
領家調教師「今日はCコースがかなり荒れていたので本馬場で追い切りました。最後交わされてからも踏ん張っていたし、時計は終いまでしっかり出ているからね。状態は良さそうだよ」
※当初予定していた1400m戦への出走が難しく、来週の出走も厳しそうなことから、一度ゆったりといける1800m戦を試してみることになりました。12月9日(日)中京D1800(牝)を北村友一騎手で予定。

12.12.06
 
(領家厩舎)
今日は引き運動の調整。
追い切り後も順調で不安はありません。前走は長期休養明けで最後は息切れしてしまいましたが、道中の行きっぷりは良く見どころのある競馬でした。中間は長めから乗られて本数を重ねており、叩き2走目で前進を期待したいところです。


賛否両論あろうかとは思いますが、個人的にはD1700、1800は一番見たかった番組だったので領家先生グッジョブです。ここである程度のレースが出来れば短距離という選択は無くなるでしょうし。芝への再挑戦するにしてもマイル以上が選択されるでしょうから非常に大事な1戦だと思っています。
あとはここでも惨敗なら繁殖入りの決断がされる可能性もあると思いますので、何かしらの爪あとを残して欲しいものです。
posted by めてお at 09:23| Comment(0) | レッドマーベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。