角居流の真骨頂 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年10月07日

角居流の真骨頂

レッドグルーヴァー


12.10.05 

(那須トレーニングファーム)
担当スタッフ「馬術のフラットワークを重ねて乗り手の言うことを聞くようになってきましたね。初めの頃はバカ付いたり立ち上がったりしていましたが、そんな素振りも見せなくなってきました。今やっていることは、いわば小学校の義務教育と同じことですが、そうしたマナーをしっかり身につけないままレースに出てしまい、損をしている馬もいるんですよ。今の競馬社会は、時間のない中でいかに早く仕上げていくかが大事になっているので、速い時計などもどんどん消化していきますよね。だから心肺機能や体力面に関しては何の問題もないんですが、うちではまずマナーを学ばせることからしっかりやっていきます。逆を言うと、うちでは他の育成場のように速い時計を出せるような施設ではないんですけどね。現在は室内馬場で口向きをつくっているところですが、他に馬がいない集中できる環境で、日々良くなっていると思います。簡単な飛越もさせていますが、無難に跳んでいますよ」


一口歴が無駄に長い私ですが、ぶっちゃけ出資して、デビューをして、更に勝ち上がった馬の更新で「小学校の義務教育」という文字を目にするなんて思いもしなかったですw
ただこれぞ馬一頭一頭をジックリ見て、改善点を見つけ、そして処置を行う角居厩舎の優れている部分であろうを思うんです。
グルーヴァーは普通の厩舎なら最下層のカーストに落ちて馬房が空いた時の補充用員の成績です。まして良血オープン馬がゴロゴロしている角居厩舎ですから。でもそんな馬に対して回り道でも外厩とは言え最適を思われる処置を施そうとする姿勢は本当に素晴しいと思う。この放牧で馬が変わってくれれば嬉しいです。もしそれでも気性的な部分が改善しなければそれは仕方ないと諦めもつきます。だからこの放牧後のグルーヴァーを見るのが非常に楽しみです。もし障害の才能が万が一あったらそれはそれで嬉しい悲鳴ですし。

posted by めてお at 18:57| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。