別に庄野を責める訳ではないが 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年08月31日

別に庄野を責める訳ではないが

レッドスピリッツ


12.08.29 

(中川厩舎)
曳き運動60分。
中川調教師「ここに来て少し歩様に硬さが出てきたので、今日レントゲンを撮ったところ、レース後に撮った時は見つからなかったのですが、以前に骨折した箇所の剥がれた骨片が残っており、それが原因でレースや稽古をしたりすると気にするようです。現状、曳き運動では問題ないのですが、今後についてはこの後の様子を見ながら考えて行きたいと思います」

12.08.30 

(中川厩舎)
中川調教師「まだ弱いところを残している馬ですが、一度使って上積みが見込めたので、ここで使えなくなってしまったのは残念です。ただ、この馬をやらせてもらうと決まり、実際に見に行った時から、雰囲気のある馬だと思っていましたし、馬体を見ても未勝利で終わる馬ではないとの思いもあります。少しお時間を頂戴しますが、社台ファームの方で剥がれた骨膜の除去手術を行い、治癒後、地方で中央復帰の権利を得た後は、再び中央で走らせたいと思います。今日、喉の方も内視鏡で検査しましたが、こちらは手術が必要なほど症状は悪くないとのことでした。場合によっては休養中に手術を施す可能性もありますが、現時点では流動的です。牧場側の受け入れ態勢が整い次第、北海道に放牧に出させてもらいます」


なんだかずっとボタンを掛け違えたまま過ごしてしまいましたね。別に庄野を責める訳ではありませんが、競走馬としてのスタートに躓いたまま挽回できずに終わった感が強いですね。もう彼の預託馬に出資することはありませんが2頭の馬で良く勉強させていただきました。

前走のダートのレースを見る限り地方で2勝してくることは恐らく大丈夫だとは思いますが、デセーオのように上手く行くかどうかは別の話です。デセーオは中央でも十分勝ち負けしていた馬ですが、スピリッツはいろいろと問題を抱えている。難儀だなぁ・・・

勿論復帰に期待しておりますしスピリッツなら恐らく大丈夫だろうとも。時間は1年くらい掛かってしまうかもしれませんが仕方ないでしょう。

それにしても今年の3歳世代は自分の相馬眼の無さをこれほどまでかと痛感した1年でした。

レッドグルーヴァー 1勝
レッドコースト 恐らく地方転出
レッドスピリッツ  地方転出
フェリスタス 引退
レチャーダ 引退

酷過ぎるよ〜(涙)
まぁ5頭の内2頭が村山と庄野の馬を買っているんだから仕方ありません。自業自得ってやつですわ。
posted by めてお at 20:44| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。