器は大きいのかもしれないが 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年03月29日

器は大きいのかもしれないが

レッドグルーヴァー


12.03.29 

(角居厩舎)
厩舎周りで曳き運動の調整。
助手「馬体や脚元に追い切りの反動はないですね。最後まで真面目に走っていないのだから、当然といえば当然ですが…。馬体重は454キロ。毛艶は良いし、見栄えのする格好良い馬体。ただ、まだ中身が伴っていない分、見た目の感じからすると軽いですね。もっと増えていいですよ。まだ各部に筋肉が付き切っていないのかもしれません。それにまだ何かにつけて無駄な面が多いです。先日なんて、馬服を着せてやったのに、5分も経たないうちにビリビリに破いてしまいました。それも2回続けて(苦笑)。そんなに服が着たくなかったんですかね。今はもう着せていませんよ(笑)。そういったことも含めて、もう少し気持ちがドッシリと落ち着いてくれば、走りにも現れてくると思うんです。レースは少し延びますが、心身の成長を促しながら、しっかり鍛えていきますよ」

12.03.28 

(角居厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、角馬場でダクと軽めのキャンター20分後、坂路にて併せの内で追い切る。
 川田J 54.0−0 −27.8−14.4 一杯
角居調教師「今日はブリンカーをつけて追い切っています。上手に丸まって、ハミをきちんと受けているように見えたのですが、騎手によるとハミに手応えがなく、そのため終いも伸び切れなかったようです。体も筋肉も柔らかい馬で、あれ程綺麗にハミを受けたように丸まっていたら、普通の馬なら苦しくなって歩くことすらできないのだけれど、この馬は出来てしまうようです。痛いところもないし、体もかなり好い雰囲気で戻って来てくれたのだけど…。馬が賢すぎるのかもしれません。来週辺りのレースを考えていましたが、これは少し時間をかけて作っていかないといけませんね。動きが変わってくるようなら、4月14日(土)の阪神・芝1400mでの出走を考えています」



非常に厳しい言葉が並んでおります。これは相当厳しそうだ・・・ただ出資者的にはまだ望みがあるような気もしてますし、うまく嵌れば爆発しそうな気もします。そう考えると角居厩舎所属というのは最高の環境。この厩舎で素質が開花というか気性的な問題で出世できなかったら諦められますから。

一応狙っていた復帰戦は1400。まずは距離を短くして適性を図りたいのでしょうね。
posted by めてお at 23:20| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。