岩田キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったら・・・ 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年01月06日

岩田キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったら・・・

レッドセインツ


12.01.06 

(角居厩舎)
厩舎周りで曳き運動60分の調整。馬体重444キロ。
角居調教師「昨日ポリトラックで追い切ったので、今日は曳き運動の調整。追い切った後、右後肢飛節に腫れが見られましたが、獣医師に診断してもらったところ、熱感も痛みもないとのこと。レントゲン検査の結果も異常はなく、歩様も普通です。今のところは、このままレースに向けて調整していっても問題ないでしょう、との診断を受けました。とりあえず、明日乗ってみた感じと、腫れの具合や脚の動き等を見て先のことを考えたいと思いますが、今のところ予定レースに向けて進めていくつもりです。昨日の動きは良かったし、調整自体は良い雰囲気で進んでいますよ」

12.01.04 

(角居厩舎)
角馬場でダクと軽めのキャンター20分った後、軽めに坂路一本。
 助手 セインツ   58.3−42.4−28.1−13.8 なり
 助手 ミルドリーム 59.0−42.9−28.3−13.8 なり
角居調教師「前走後も、馬体や脚元等に目立った反動は見せていません。硬さの出やすい馬で走りにもそういうところが顕著に出やすいタイプなのですが、今回はそうした面も見せていませんね。体も大きくなっているし、使った後でも良い雰囲気を保っています。次走は、1月14日(土)の京都・逢坂山特別(芝1800)を岩田騎手で予定しています。外回りコースなので良いと思いますよ」



岩田騎手を手配してくれたことに大感謝。まぁ1000万クラスであれば上位に位置している事は前走で証明済みなので確勝を期してもらいたいところにちょっと嫌な更新ですね。

角居師は無理やり使って勝ち鞍を挙げるなんて暴挙はしない先生ですからジャッジに委ねたいと思います。とは言え、京都外回り芝1800はディープ産駒が得意としている舞台ですし相当に楽しみです。来週が待ち遠しい・・・ので右後肢飛節に腫れは角居厩舎だからこそ発見できたレベルの物であって欲しいなぁ。
posted by めてお at 20:46| Comment(0) | レッドセインツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。