ありがとうルージュアルダン 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2011年12月23日

ありがとうルージュアルダン

ルージュアルダン


12/22  引退
「日曜日に小倉競馬場から美浦トレセンへ戻して手元で様子を見ていたのですが、以前から負担がかかっている左トモに疲れを感じさせます。関節面や筋肉に痛みがあるようで、このあとすぐの出走は困難な状態に映ります。可能ならば年明けの小倉開催を目指したかったのですが、今の状態から少なくともひと月半から2ヶ月の期間は回復に必要そうです。前走が悔しい内容だっただけにリベンジしたいと誓っていたのですが、なかなか使い込めない状況で皆様にご迷惑をおかけしてすることにもなってしまいます。そういったことを考えると、残念ではありますがここが退き際かなと思います。デビューのときからいい走りを見せてくれましたし、もう1勝は少なくとも上げてくれるだけのポテンシャルは持っている馬だったのですが、思うような結果を残すことができずに大変申し訳ございません」(和田道師)

前走の内容が持ち味を存分に発揮し切れませんでしたし、年明けの小倉開催を目指して調整をしていこうとしたのですが、レース後の様子を見ていたところ疲れが目立ち、少なくても数ヶ月の回復期間を要しそうな状況です。そこから調整を進めていくとなると次走までさらに時間を要することになりますし、近走の成績から出資されております会員の皆様のご負担が増えてしまうことにもなりかねないことから、和田正道調教師と協議を行った結果、現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様には何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。


ルージュアルダンが引退となりました。
キャロットで初勝利をしてくれたのはルージュでした。ウインやサウスの高額馬ばかり目にしていた当時の私にとって1400万で牡馬が募集されている事が信じられなかったりしましたが。出資した時は1番の期待馬ではなく、「まぁ安いから走らなくても良いや」程度のものでしたがデビューできたのは彼だけでしたしまさかコンナに走ってくれるとは。

生涯22戦2勝。維持費を入れるとギリプラスぐらいかもしれませんが、一口馬主DBの回収率100%超えた出資馬は私の中で初めての経験でもありました。高い馬だけが一口ではないと当たり前のことですが教えてくれた馬でもあります。
出走数は、和田厩舎であることを考えれば22戦というのは少なすぎるとも言えますが、ルージュの体質の弱さを考えれば堀厩舎やカズーのところだったら恐らくトータル10戦していないのではないかと思います。騙し騙しレースに使ってくれた和田厩舎にも感謝。申し訳ございませんなんて言葉は要らないですよ先生。

主戦場がローカル500万のダート短距離ですから馬券ファンには全く存在を知られていない馬ですが、私の中では思い出深い1頭であることは間違いありません。本当にルージュにも和田先生にもありがとうという言葉以外ありません。前走のレースを見て「そろそろかもなぁ」と思った事が現実になりましたがしっかりと受け止められます。ルージュに出資できて幸せでした。感謝。
posted by めてお at 15:05| Comment(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。