うーん 底見えたかなぁ? 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2011年11月27日

うーん 底見えたかなぁ?

リアルアヴェニュー


11/26  堀厩舎
26日の東京競馬では道中3、4番手から進めるも、直線では徐々に手応えに余裕がなくなり7着。「仕上がり自体は悪くなかったと思いますし、勝っているクラスでもあるのでなんとか格好をつけたかったのですが、直線では上手く手前を替えてくれませんでした。そのあたりは元々硬いところがある馬でもありますし、久しぶりの影響があったのかもしれません」(石橋脩騎手)

少し余裕を持たせた仕上げで臨んだにしても、あまりにもあっさりと後退してしまいました。確かに直線で手前を替えなくて苦しくなったのもあるのでしょうが、このクラスならばもう少し踏ん張ってもらいたかったですね。混雑している今の状況を考えると中山開催での出走は難しいでしょうし、いったんしがらきへ放牧に出させてもらいます。年明けのレースには出走させたいと思います」(堀師)

長期休養明けの競馬でしたし、余裕残しの状態ではありましたが、一度勝っているクラスということを考えれば少し物足りない競馬になってしまいました。この後はNFしがらきへ放牧に出す予定ですが、負担のかかりやすい脚元の状態をしっかりと見ながら調整を進めていきます。


まぁ私が口取り権利に当選した時点でこの結果はねw

レースは良い位置から進めてましたし、石橋騎手が言うように手前を変えなかったという事からも仕方ないのかなぁと思います。勝負圏内から外れたあともズルズルとは負けなかったですから。
ただですね、一つ懸念材料がありまして、リアルアヴェニューの東京D1600の時計なのですが


09/10/31 東京 混) 2歳未勝利 1:41.3
11/02/05 東京 4歳上500万下  1:39.4
11/05/21 東京 混) 4歳上1000万下 1:39.8
11/11/26 東京 混) 3歳上500万下  1:39.5


一応全て晴れの良馬場です。馬場差とかあるので一概には言えないかもしれませんが、リアル自身は時計に限界があるタイプかもしれません。今回も惨敗という評価をしても良いとも思いますけど、見方によっては自分の持ち時計は走っているとも言えるので。

圧勝した新潟D1800についても古馬500万クラスの連対アべレージタイムは1:53.54です。ちなみに1000万条件は1:52.90。それに対してリアルが圧勝したとは言え計時したタイムは1:54.2。
もし時計に限界があるタイプだとすると余程メンバーに恵まれない限り厳しいという事になります。期待馬なので超えて欲しいんだけどなぁ。

年明けのレース、堀先生がどこをチョイスしてくるのか楽しみにしたいとは思います。重いダート中山の方がまだ向くのかもしれませんが、小回りは苦手っぽいし・・・うーん期待値を幾分下げないと厳しいかなぁ? 


posted by めてお at 16:52| Comment(0) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。