地方交流でも中央でも 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2011年11月24日

地方交流でも中央でも

マージービート


11/24  西園厩舎
24日の笠松競馬ではスタートでダッシュが付かず、ムチを入れながら道中4番手を追走する。勝負どころでの手ごたえがいまひとつで、直線では後退してしまい7着。「スタートは注意していたのですが、ゲートが開いてもなかなか進んでいかずに他馬よりも1完歩は遅れてしまいました。それでも、切れるタイプではないので前々で競馬をしようと出ムチを入れたのですが、思ったほど進んで行きませんでしたし、理想は勝ち馬の後ろに入れたかったものの、入れるに入れられない厳しい流れになってしまいました。また、今日は終始外々を回らされてしまい勝負どころでは既に手ごたえが一杯になってしまいました。 跨った感触は悪くなかったと思いますが、少し動きが重かったように感じますし、馬体重増の影響もあったのかもしれません」(岡部誠騎手)

調教の動きは悪くなかったですし、相手関係からも負けられない一戦でしたが、スタートでワンテンポ遅れてしまった上に終始外々を通るなど、流れに乗りきれませんでした。ここまで歯がゆい競馬が続いていますし、態勢を立て直して巻き返しを図りたいところです。この後はレース後の状態を確認してから決めていきます。


まぁ当初エントリしていたような「2着で」などと言うのはおこがましい惨敗です。まぁ過去に交流戦8着をやらかしたこともありますので仕方ないですかね。

2着を2回している舞台ではありますが、小回りの1400はやっぱり辛いです。
この馬は長めの直線のコースで急かさずに後ろで構えて展開が向いた時に1発ってタイプだと思うんですがねぇ。500万を自分から勝ちにいく能力は残念ながら無いと思う。まぁそれだと優先権取れないから使っていけないんでしょうが。難しい〜

posted by めてお at 23:19| Comment(0) | マージービート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。