あの頃のキー坊とは違うはず。 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2011年10月27日

あの頃のキー坊とは違うはず。

レッドグルーヴァー


11.10.27 

(角居厩舎)
曳き運動の調整。馬体重456キロ。
角居調教師「右前にソエが出かかっていますが、歩様には見せていません。追い切った反動はなさそうですよ。追い切りでは、追われてからも頭を上げることなく、スムーズな走りができていました。前走以上の走りを期待したいところですね。今週の京都で出走します」

11.10.26 

(角居厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下の角馬場でダク10分後、ウッドコースにて3頭併せの内で終い重点に追い切る。
 栗東W 助手 68.7−53.4−38.8−12.2 なり
助手「一度レースを使われて、息も体も出来ているので、反応を確かめる程度の調整です。仕掛けられてからの動きも上々だったし、デビュー前のように、ハミを掛けた時に、頭を上げて背中を反らすような走りにならなかったのも良かったと思います。中1週になりますが、良い形で出せそうですよ。今週の京都・芝1800mを北村宏司騎手で予定しています」


ソエが出かかっていると言うのは気になります。ここで勝てないとこの先時間がかかると言う事ですから、厳しいかもしれませんが、本当に勝利が欲しいです。

鞍上は天皇賞の裏ですから厳しいと思っていましたがキー坊を確保。これはプラス材料でしょう。ウインゼフィールで前が詰まりまくっていた時代は正直大嫌いだった騎手ですが、カズーと袂を分かった位から非常に乗れていると思います。「内枠引けば岡部」というのは言いえて妙。厄介な人から離れての好調って所が素晴しいw
なので今回は内枠を引いてくれることを切に願っています。ここで勝てれば休めるよ〜
posted by めてお at 22:01| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。