この時期から頑張らなくても 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2010年10月28日

この時期から頑張らなくても

ウェイクアップキス09


10.10.27 

生まれ故郷のアメリカで購買され、日本にやって来た、G3阪急杯勝ち馬エーシンフォワード(父Forest Wildcat)の半弟ウェイクアップキス09。入厩予定の角居勝彦調教師が、「誰が見たっていい馬」と豪語するように、皮膚が薄く、とても品の良いルックスを持つ若駒です。坂東牧場の坂東正積代表も、こんなコメントを発しています。

「ウチの牧場に来たときから、“なんて綺麗な馬なんだろう”という印象を持っています。また、牧場でこの馬を見た人は一様に、“本当にいい馬だね”とおっしゃってくださいます」

夏場の昼夜放牧を経て、現在ウェイクアップキス09は、馬場に入り、2400mほどのキャンターをこなしています。その動きからは、豊かなスピード能力が感じられると、坂東代表は言います。

「昼夜放牧に出すと、結構バテてしまう若駒は多いのですが、このウェイクアップキス09は、疲れも見せずに、極めて元気に夏を過ごしました。今後は、調教を強めていき、年内には、行けるところまでは行ってしまおうと考えているんです

性格的には、うるさくもなく、大人し過ぎることもないというウェイクアップキス09。まさに前途洋々といった様子で、秋の日々を過ごしています。


まぁ長い更新ですが、得るものは「綺麗な馬」と言う事だけですねw
1歳で行けるところまで行ってしまったら上がり目が・・・すずらん賞狙いか?

それにしても、あの角居師が「豪語してる」との事ですがホンマかいな?
いつも師のインタビューを聞くにつけ、まだ手元に来ていない若駒を「豪語」するようなイメージでは無いですけどね。これがマツパクとか佐々木晶師だったら普通に考えられるのですが。
posted by めてお at 23:13| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。