結果は残念でしたが 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2010年10月11日

結果は残念でしたが

スクエアナンバー


10/10 和田道厩舎
10日の東京競馬では中団で折り合いをつけながら流れに乗り、直線で先団に並びかけようとするも坂上で脚色が鈍り10着。「うまく流れに乗れていましたし、直線に向かうまでの形は理想的でしたね。これならと思えたのですが、最後は脚が上がってしまいました。レース後の息が荒かったし、まだ中身もでき切っていないのでしょう。体質面を考えてサッと使ったようですし、タフな馬場で最後は余計に苦しくなってしまったのでしょうね。万全の状態であればいいところまであったような気もします。いいものを持っているし、力をつけて軽い馬場で競馬ができればまた違うと思いますよ」(福永騎手)

「スクミがちなところがあったので、びっしり調教を積んでからではなく、いい流れのまま競馬へ向かいました。小柄な牝馬ですがトビの大きな走りをするので、今日のような馬場はあまり良くないですね。極端にノメるほどではなかったものの消耗が大きかったでしょうし、次はきれいな馬場で走らせてあげたいです。それでも初戦としては悪くない形でしたし、力をつけていない現状ですから悲観的になることはないと思っています。まだ頼りないところが目立ちますし、いいモノを持っている馬ですから大事に育てていきたいですね」(和田道師)

体質面がパンとし切れていないことを考慮してレースに臨みましたので調教本数は豊富でなかったのですが、そのような中でもセンスの良さを感じさせましたし、初戦としては悪くない競馬だったと思います。このあとはレース後の状態を確認してから判断しますが、押せ押せで行くのは得策でないでしょうし、リフレッシュ放牧に出すことも検討しています。



結果は残念でしたが、スタートとコーナーリングは上手でしたし、直線に入るまでは勝負になるかなぁとも思いました。更新にあるようにまだ途上の状態での出走ですからこの結果は止む無しだと思いましたし、お先真っ暗という感じでもありませんね。
本音を言えば距離とか、坂の有無とかの敗因を検証できる状態での出走が良かったですけどね。ファルブラヴである事を考えても坂の無いコースの1200〜1400ぐらいのレンジに挑戦してもらいたいところですがどうですかね? 東京の1400もしくは福島の1200あたりを見てみたいです。

懸念があるとすれば430Kgと小柄な馬で体質があまり強く無さそうなところ。それは「スクミがち」という更新内容からもわかるのですが、和田厩舎の適正をフルに生かすためには「強さ」が大事。強くなって欲しいです。せっかくの和田厩舎なのにひ弱なファルブラヴを2頭も預けた特異な一口出資者というオチだけは無しの方向でw
posted by めてお at 08:03| Comment(2) | スクエアナンバー(引退馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出資当初から桜花賞!という馬ではありませんのでまったり応援して行きましょう。
体質がまともになってくれればそこそこやってくれるのではないでしょうか。
Posted by AITO at 2010年10月11日 18:34
現地で見ていましたが、非常にレースは上手そうです。着順こそ悪かったですが悲観する内容ではありませんからホッとしたのが正直なところですね。
後は陣営がスクエアの適性をいち早く掴む事ができれば比較的に早く勝ち上がることも可能かと思っています。
Posted by めてお at 2010年10月11日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。