とにかく底上げを 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年07月10日

とにかく底上げを

ブレイクランアウト


8日は軽めの調教を行いました。「馬は変わらず元気にしていますし、与えられた調教を順調にこなせていますよ。いよいよ気温も上がり、夏本番といった感じの日もありますが、体調自体は問題ありません。今後も季節を考えて上手く工夫し、調教内容もコントロールしながら取り組んであげたいと思っています。しばらくは今の運動をこなしていき、8月に入ってから少しずつ調教のバリエーションを増やしていこうと考えています」(戸田師)


実はJDDの日に大井競馬場に行ってました。
馬券は2着、3着、4着の三連単と馬単ボックスだったので岩田が抜けてきた時は砕けましたw

レースは非常に面白かったですが、一貫して「この舞台にブレイクが居たらどの位置に居ただろう」とか「テスタマッタを交わせているのかなぁ?」とかそんな事ばっかり考えていました。やはり砂の舞台で見てみたいという願望はやはり捨てきれませんね。

ただ、将来的にダートを使うとなった時にブレイクに求められるのは十分な賞金を確保しておく事。ダートのオープンクラスでは賞金が足りずに全然番組を使えないというのは何度も見かけた光景ですから、なんとか秋は結果を残して欲しいところです。勿論芝のレースだって今のままでは賞金的に少々不安です。

新潟記念でも京王杯AHでも富士Sでも武蔵野S何でもかまいません(贅沢になったもんだw)2着賞金でも贅沢を言わずにオープン特別でも何でもかまわないので、とにかく賞金を上乗せして夢の舞台に今一度立ってもらいたいです。
posted by めてお at 10:58| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。