トレセンでいかに過ごすか 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年06月24日

トレセンでいかに過ごすか

ブレイクランアウト


24日は軽めの調教を行いました。「引き続き体調も安定していますし、馬は元気にしていますよ。ここ数日は湿度が高くなる日も多いのですが、その点は心配要りません。しっかり馬房内の環境を調整できるようにして、暑さ対策をしていますし、馬がへこたれるようなことがないようにしています。普段の調教は角馬場で軽めのキャンターをゆっくり乗り込んでいます。もちろんその時の状態によって量の変化はつけていますが、反復することで基礎体力の向上につながりますからね。ブレイクはまだまだ子供ですし、もっと土台をしっかりとしたものにしなくてはいけません。今年の秋だけではなく来年以降も見据えて成長を促していかなければいけないと思っていますので、この夏を有意義なものにできるよう取り組んでいきます」(戸田師)



本当に来年以降の事を考えて、この夏を過ごして欲しいと思います。
夏を制するものが受験を制すなんて随分前に言われた記憶がかすかにありますがw 馬も同じ、ここで成長を期待するしかありません。
放牧に出さないという選択がプラスに転じる事を切に願います。
posted by めてお at 22:27| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。