残念。 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年06月05日

残念。

ストゥレガーレ


エコー検査は異常が認められませんでした。「左前に腫れがあり、水曜日にエコー検査をしました。腱には異常はありませんでしたが、皮下のムクミがあるようです。兄よりいい馬体の持ち主でしたし期待をしていましたが、最後まで気の悪さが解消せず、馬体の成長もあまり見られませんでした」(木原師)気性面や2回続けてのタイムオーバーで出走のメドが立たないことを考慮し、調教師と協議した結果、残念ながら5日に中央競馬登録を抹消することになりました。本馬に出資されています会員の方へは追ってお手紙をもちましてご案内いたします。


まぁ賢明な判断だと思います。
デビュー戦だけ見れば常識にかかっているのですが、走るたびにドンドン成績が悪くなっていきました。

ラストランは芝の良馬場で上がり3ハロン40秒9で着差が7秒8。2戦連続のタイムオーバーというこの結果を見れば出資者としてはこの引退も納得です。

ストゥレガーレは頑張ってくれたと思います。1次募集時のカタログで欲しかった馬。当時はもう少し成長してくれると思いましたが馬体の成長、気性の成長が結局ありませんでした。正直ブレイクやオーロツェッキーノなんかよりも期待していた馬だけに非常に残念ですが仕方ありません。お疲れストゥレガーレ。
posted by めてお at 00:09| Comment(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。