ダービー観戦記 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年05月31日

ダービー観戦記

本日東京競馬場へ行ってきました。
勿論ダービーに出走するブレイクランアウトの応援のためでもあるのですが、久しぶりに親父との競馬観戦という事で楽しんでまいりました。

私もダービーはアグネスフライトの時以来。ずいぶんと久しぶりだったのですが、親父に聞いてみたら




「タニノハローモアのダービー以来だな」




というとても素晴しいお答えがw

タニノハローモアってあのタケシバオーに5馬身差つけて逃げ切った馬ですから31年前ですって・・・やるな親父w

ただ開門直後に現地に行ったにもかかわらず席を確保できず(涙)
またご存知の通り雨の影響もありましたので今日はパドックには午前中しか行きませんでした。なのでほとんど映像中心に馬を見て馬券を買ってました。ただ、最近のハイビジョン系のモニターだと生で見なくても十分対応できそうな感じですね。技術の進歩だわ〜

で、そんな前振りはどうでもよくてダービーですが


やっぱり厳しいなぁ〜



というのが感想です。厳しいというのは馬場が悪かったとかそういう事ではなくて



「やはりブレイクは成長力が無いなぁ」




という事実。これが今の私に重くのしかかっています。

そのブレイクですがパドックの出来は非常に良く見えました。ただしあくまでもブレイクとして出来が良かっただけで、皮肉にもパドック巡回の順番が




アンライバルド
ブレイクランアウトロジユニヴァース




だった事もあって、物凄く比較がし易かったんですね。
で、正直なところ「器」の違いを感じてしまったわけです。

アンライバルドも今回残念な結果でしたが、マイル〜2000mであれば相当出世しそうな凄い馬体をしていましたし、ロジは皐月の時とは雲泥の差。ブレイクも良い馬体なんですが、結果的にクラシックホース2頭に挟まれるている状況ですから高校生の中に中学生が迷い込んでしまった様に感じてしまいました。

これは結構重い現実だと思います。勿論私ごときが感じた事などブレイクには笑い飛ばしてもらいたいですし、吹き飛ばしてくれると信じておりますが、今のままですと同じ共同通信杯馬でもジャングルポケット・アドマイヤムーンと言った勝ち馬群ではなくショウナンアルバ・チアズシュタルク群になってしまう可能性が高いとさえ思います。


「今日の敗戦は馬場が全て」と片付けるのも一つですが、今後もう1〜2段階は成長が無ければ、もうG1の舞台には立てない気がします。

今日のレース前はこの後はジャパンダートダービーや新設重賞のレパードSに進んで欲しいと思っていましたが考えが変わりました。今はとにかく放牧に出して成長を促して欲しいと思っております

レースの疲れをまず取って、尚且つもう一段上昇を期待したい。復帰が今秋が無理なら来年の春あたりでもかまわないとさえ思っています。

重賞を勝たせてもらって贅沢な話ですが、更に上に行ける器だと信じているからこそ今回敢えて自分の正直な感想を書きました。秋か来年には




「こんな馬鹿みたいなエントリしてました」





的な記事を書ける事を期待しています。
でもこんなエントリをする出資者をダービーと言う夢の舞台に連れて行ってくれたブレイクには感謝の言葉しかありません。ブレイクの事をあれやこれや書きましたがそれも期待の裏返し。いつか必ずリベンジしてもらいましょう。

そしてダービーですがとても素晴しかった。横典のウイニングランは感動的でしたし、競馬場全体の雰囲気も何とも言えないもの。武豊騎手のスペシャルウィークでの初戴冠の時に近いような遠いようなという感じでした。

横山典弘という「愛される個性」がダービージョッキーになった場に居れた事は貴重な財産です。現地に行って本当に良かったと思っています、馬券は大はずれでまたボッカデラヴェリタを1口買える位の金額やられましたがw ブレイクが出るとなぁ・・・



追記
31日の東京競馬ではスタート後から1角での不利もあり、後方からの競馬。直線では外から差を詰めようとするが15着。「最終追い切りでいい手ごたえを感じていましたし、楽しみにしていました。跨がった感触も良かったので期待していましたが、今日はリズムよく走らせてあげることができませんでした。スタート後にまず挟まれるような形になり、1コーナー手前で進路が窮屈になり、その直後も前をカットされてしまいました。スムーズに走れず、馬にはかわいそうなことをしましたね。距離は延びても問題なかったですし、走りから道悪もまったく気になりませんでした。次はこの馬らしい走りをさせてあげたいです」(藤田騎手)「一瞬は脚を使ってくれましたが、さすがにあの位置では無理がありましたね。ジョッキーも勝ち馬あたりの位置から運ぶことを考えていたようですが、道中再三の不利があり、あのボジションになってしまいました。まともな競馬ができていませんし、馬にはかわいそうなことになりました。道中は泥を被ったし、ジョッキーも最後は無理をしませんでしたから、馬はまったく走っていないし、あまり疲れはないと思います。もう一度仕切直して、次こそはいい走りをさせてあげたいですね」(戸田師)今春は目標のレースを2つに定めて挑戦しましたが、残念ながらこの馬の力をフルに発揮することができませんでした。この後はレース後の状態を見てから、今後の予定を決めていきます。


藤田騎手は距離延長、道悪とも問題ないとのジャッジです。これについては今回だけで判断できる事ではないと思いますので今後も要チェックポイントと言う事で。
フィフスペトルの更新にはリフレッシュ放牧の文字がありますがブレイクには無し・・・連戦しちゃうのかなぁ? ダートを使いたいのかもしれませんね

1コーナー手前の不利は認識していましたが、その後に前をカットされていたというのは気づかなかったです。スタート時に挟まれていたのも見づらくて分からなかった・・・反省。
posted by めてお at 20:39| Comment(2) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダービー観戦お疲れ様でした。あの雨と人ごみでしたからブレイクだけでなくめておさん自身にも相当タフな府中だったかと。

ちなみに私は前の日の土曜に府中に。歳のせいか最近はすっかりG1DAYの混雑が体に応えるようになりましてwダービーはジャンポケの年以来行ってないなあ・・・

ブレイクの結果は残念でしたがあの小さな体であの極悪馬場では今回はノーカン、今後の秋以降成長次第と思ってたら・・・連戦ですか?夏にもう一回となればやはりJDD?馬券的には悩ましい一頭です(^^;

来年の今頃はマージービートの話題でダービートークをしたいですねえと、今の内だから言える誇大妄想な夢を最後に語っておきますw
Posted by firstroad at 2009年06月02日 23:07
私も次回からは指定で見ようかなと思ってます。やっぱりオッサンにはあの人混みは辛いw
ただ指定だとパドックまで行くのがめんどくさいので悩みどころです。
ブレイクは今後どうなるのかなぁ・・・あまりに使い込まれると厳しいですよねぇ。成長は無いから使えるうちに使うという陣営の判断だと辛いなぁ。
Posted by めてお at 2009年06月03日 08:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。